5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【6502】東芝TOSHIBA【配当はいつ?】 [転載禁止]©2ch.net

512 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 01:42:49.55 ID:sYyLV0pT0
反原発の情報誌でも1年前は震災にもかかわらず原発好調って伝えてたぐらいだからな。
今、ここぞとばかりに原発不調と論調を変えているが。
実際のところ、世界では廃炉の数よりリプレースや新設の数の方が多い。

この1年に起きたことは、中国がWHとライセンスとコンサルタント契約を結び
WHのAP1000同型基を中国国内と輸出で大量建設の目論みが明るみとなった。
先日もトルコの原発を中国とWH連合が受注している。
他にイギリスや南米でも話が進んでいる。
東芝は中国が内製出来ない機器を供給することになりそうだ。

中国がAIIBを作った本命は、アジアの途上国に原発を売り込むことらしい。
WHと東芝にはライセンスに加え内製出来ない主要機器の供給を、
日本とアメリカには資金援助を期待しているとのこと。
たとえダメでも自分だけでやるつもりらしいがww
WHはライセンスと燃料供給で稼ぎたいようだ。
現在、新規原発の4割は中国製。
これに今後、WHの炉が使われてゆくとなると東芝と合わせて世界の半分以上が
東芝WHの炉になってゆくということだ。

エネルギー関係の業界研究レポートではこうした観測が伝えられている。
反原発派のレポートに比べ未来予想が真逆である。

513 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 02:01:04.33 ID:sYyLV0pT0
中国とWHの新たなコンサルタント契約が成立したのは今年だ。
中国製のAP1000が試験中である。
その結果が悪くないからと見る。

中国は今後大量生産する原子炉の候補を3つに絞り込んでいた。
フランスとロシアとアメリカWHを中国企業と組ませ互いに競争させている。
日本で言うところの東芝、日立、三菱重工のような育て方である。
どの技術も実際に作って検証中である
フランスの新型炉に関してはフィンランドで問題続きである。
中国にも建設が決まっているが稼働のめどが立ってない。
AP1000が頭一つどころか体一つ分抜け出したことは確かのようだ。
中国国内だけでなく既にそれをトルコに売り込んで成立しているくらいだから。

514 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 02:25:27.03 ID:sYyLV0pT0
東芝のAP1000と中国のAP1000は何が違うのかというと
安全基準が違う。中国製はIAEAの最低限をクリアしてるだけだ。
世界的には、日本のようにリスク0を求める国などごく少数である。
理想は理想としてわかるが安い方がいいという国の方が圧倒的に多い。
途上国のことである。これらの国には安物で十分なのである。
中国では石炭火力の粉塵で毎年120万人以上が無くなっている現実がある。
同じ現実が他の途上国にもある。
その一方で原発の放射能で死んだ人は報告されていない。

ちなみに先進国は世界に7か国しかない。

515 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 03:22:13.02 ID:MPrYYh+80
原発業界で今問題なのはアレヴァやWHが建設している新型炉がまだ稼働していないこと。
アレヴァはフィンランド・フランスで新型炉がうまく作れずコスト増を繰り返した挙句経営危機に。
WHも中国・米国で建設中のプラントの稼働時期は徐々に遅れている。
建設遅延は遅延損害金を発生させ、稼働しても訴訟を和解に持ち込んでコスト増を処理する必要に
迫られる。状況は徐々に詰みつつあるとみている。

516 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 03:22:16.39 ID:sYyLV0pT0
ちなみにIAEAが定める国際基準だと福島は人が住めない汚染地域ではない。
調査に入ったIAEAは日本政府に勧告している。
厳しすぎる基準でいつまでも規制しているから風評が絶えないのだと。
一刻も早く安全であることを説明して早く避難措置を解除すべきだと。

原発の稼働条件に安全神話を強要しない海外では原発のコストは安い。
日本では反原発デモの交通整理にも金がかかるのだから割高である。
しかしこれは、反原発派による意図して作られた割高である。

517 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 03:40:57.69 ID:sYyLV0pT0
WHの中国案件は技術移転案件である。
AP1000を中国に移植するためのものだ。
中国が主体となって作っている。
今年に入って中国企業とWHのコンサルタント契約が新たに結ばれたのは
それが順調だからと考えるのが自然だ。
AIIBも今年になって立ち上げられた。原発輸出に自信を深めたのだろう。
トラブル続きで先行き思いやられる状態ならこうした動きは説明がつかない。
更には先日、中国製のAP1000がトルコの原発を受注した。
中国国内で建設中のAP1000が失敗したのなら輸出などもっとあり得ない。

WHとしては、どうせ中国がいずれかの新型炉でバンバン建設を始めるというなら
ライセンス契約しておかないと損だと思ったのだろう。
断ると無断で作りかねない国である。

518 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 03:42:57.98 ID:yyIkqIUX0
>>464
瞬間の映像・・・・ナムナム

519 :山師さん@トレード中:2015/07/28(火) 03:59:36.95 ID:sYyLV0pT0
原発の新設は大幅に遅れるのがイメージとして定着している。
それは主に先進国での事情によるものだ。
安全基準の高度化や反対運動などアセスメントが厄介である。

そのような問題が一切無い途上国では新設計画は
大体予定通り完了する。中国なんか特にそうである。
少し前の韓国もそうだった。反対派の存在感が全く無い。
なのでコスト論争をやっても原発は圧倒的有利な状況に置かれている。
ほとんどの途上国の事情はどこもこれと同じである。

日本のように反原発派の妨害や「100%安全でなければ」とか
言って困らせないので資金さえ用意できればさっと計画してさっと作れる。
そういうわけなので、日本では机上の空論と批判される
原発電力のコスト優位性は、これらの国では完全に成立するのである。

211 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)