5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【MLB】球速低下が指摘される田中将大。問題はそこではない [転載禁止]©2ch.net

1 :砂漠のマスカレード ★@転載は禁止:2015/04/14(火) 14:23:38.49 ID:???*
福島良一MLBコアサイド

現地4月6日に本拠地ヤンキースタジアムで行なわれたトロント・ブルージェイズとの今シーズン開幕戦。
初の開幕投手を務めたニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は、4回5失点という残念な結果に終わりました。
ツーシーム主体の新しいピッチングで臨んだものの、コントロールに苦しみ今季初黒星。
地元ニューヨークのメディアは田中投手の球速低下を問題視し、昨シーズン傷めた右ひじの影響だと指摘しました。

開幕直前。ヤンキース&レッドソックス、名門復活の予感

そして迎えた2試合目の登板。4月12日のボストン・レッドソックス戦に先発した田中投手は、
5回4失点で初勝利を手にしました。
ただ、ストレートの球速は最速93マイル(約149.6キロ)。昨年のように150キロ台を連発することはありませんでした。
そこで今回は、「球速」と「ひじの故障」の関連性について、アメリカ国内で話題となっていることを取り上げたいと思います。

近年のメジャーリーグでは、ピッチャーの球速が年々増しています。
アメリカの球速測定器システム『ピッチ・エフエックス(PITCH f/x)』の発表によると、
先発投手の速球は、2007年の平均時速が89.8マイル(約144.4キロ)だったのに対し、
2014年は91.4マイル(約147キロ)。ここ7年で約2.6キロも平均時速がアップしました。
ただ、それに比例するかのように、ピッチャーのひじの故障は増加しています。
その結果、じん帯まで損傷してトミー・ジョン手術をする選手も増えていきました。

そこで今、メジャー関係者の間で新たに提唱されつつあるのが、「トミー・ジョン手術を回避したければ、全力投球はするな」ということです。
今年3月にダルビッシュ有投手(テキサス・レンジャーズ)を執刀したトミー・ジョン手術の権威、
ジェームズ・アンドリュース医師もこのように力説しています。

「常に100パーセントの力で投げてはいけない。ピッチャーの目的は、スピードガンで高い数字を叩き出すことではない。
いかに相手に点を与えないかだ。一流ピッチャーは速球のスピード差を広げ、ボールを動かす技術に長(た)けている」

つまり、常に全力で投げていると、必ずひじを傷めることなると、警鐘を鳴らしているのです。

また、他の専門家たちもひじを傷めないピッチングについて、「速球の最高時速と平均時速の差が大きいのが望ましい」と語っています。
その例として、2013年以降にメジャーで投げた先発ピッチャーのストレートの球速が紹介されていました。
アメリカのデータ管理会社『ピッチ・インフォ(Pitch Info)』のデータをもとに、3人のピッチャーを取り上げてみましょう。

まずは、デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダー。彼の速球の最速は100.3マイル(約161.3キロ)で、
平均が94.2マイル(約151.5キロ)。その差は6.1マイル(約9.8キロ)です。
もうひとりは、ヤンキースのCC・サバシア。最速97.4マイル(約156.7キロ)、平均92.0マイル(約148キロ)で、
その差は5.4マイル(約8.7キロ)です。
そして3人目が、ワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザー。彼
は最速99.4マイル(約159.9キロ)、平均94.2マイル(約151.5キロ)で、その差は5.2マイル(約8.4キロ)でした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150414-00010003-sportiva-base&p=1
webスポルティーバ 4月14日(火)14時0分配信

2 :砂漠のマスカレード ★@転載は禁止:2015/04/14(火) 14:25:02.82 ID:???*
バーランダーは今年初めて故障者リストに入ったものの、原因は右上腕三頭筋を傷めたもので、これまでひじの故障はありません。
昨年まで8年連続で200イニング以上を投げています。
サバシアは昨年右ひざの炎症で戦線を離脱しましたが、彼もひじのトラブルはありません。
2013年まで7年連続で200イニングを投げていました。そしてシャーザーも、
過去にひじを傷めることなく5年続けて180イニング以上を投げ、ここ2年は200イニングを突破しています。

速球を武器とする本格派ピッチャーは、圧倒的にひじを傷めやすいと言われています。
しかし、球界を代表する彼ら豪腕ピッチャーは、いずれもひじを故障していません。
最高時速と平均時速の差を広げることによって、つまりストレートを常に全力で投げないことによって、
ひじを傷めずに選手生命を伸ばしているのです。

一方、ひじのじん帯を傷めながら、トミー・ジョン手術を回避して結果を残したピッチャーもいます。
たとえば、セントルイス・カージナルスのアダム・ウェインライト。
彼はマイナー時代の2004年に右ひじのじん帯を部分断裂しましたが、手術を回避して翌年にはメジャーに昇格して大ブレイク。
2011年2月にトミー・ジョン手術に踏み切るものの、それまでの5年間はメジャーの第一線でエースとして活躍しています。

ミネソタ・ツインズのアービン・サンタナも、回避しながら結果を出したピッチャーです。
2009年に右ひじのじん帯を部分断裂するも、2010年は自己最多の17勝、
そして2011年も11勝と、2年続けて200イニング以上を投げました。

したがって、田中投手のようにじん帯を部分断裂していながらも、手術を回避して投げ続けることは不可能ではありません。
ただ、それまでの投球スタイルから変えていくことも必要だと思います。
開幕戦でツーシーム主体のピッチングにしたのは、まさしくそれの表れでしょう。
ひじへの負担を軽減させるために、新しいスタイルにチャレンジしているのです。

メジャー開幕直前、田中投手は共同記者会見で、「今シーズンは新たな投球スタイルを確立するので、
球速は期待しないでください」と語っています。
また、ジョー・ジラルディ監督も、「球速が変化することで、相手バッターを惑わすことはできる」と述べ、
ひじへの負担を考慮した田中投手の投球スタイルの変化を、プラスとしてとらえる発言をしています。
開幕戦では敗戦投手となりましたが、現地メディアが問題視するように、
「球速が落ちたこと=敗因」というわけではないと思います。

前出のアンドリュース医師は、先発ピッチャーが成功するカギとして、次の4つを挙げています。
「速球のスピードの変化」「ボールの動き」「コントロール」「安定したメカニック(投球フォーム)」。
ストレートのスピードを変化させ、ツーシームでボールを動かし、思ったところに投げ、
投球フォームを安定させることが大事だと語っています。
開幕戦後に田中投手も、「今日はメカニックが悪かった」と言っていました。
上記の4点さえしっかりできれば、たとえ150キロの球速を叩き出さなくても、おのずと結果はついてくると思います。
田中投手が確立しようとしている新しい投球スタイルに、今後期待しています。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)