5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

岡井ちゃんが階段から落ちた…58

1 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 10:42:37.71 0
ある日、岡井ちゃんが階段から落ちて頭を打った。
その衝撃で、人格がお嬢様になった。


※このスレはフィクションです
  心配してこのスレに来た方はご安心ください

無理に保全しないで落ちたら立てる方向でお願いします

前スレ
岡井ちゃんが階段から落ちた…57
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1325290761/

避難所
岡井ちゃんが階段から落ちた@℃-ute板2
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/17759/1285297106/

まとめサイト2
http://www43.atwiki.jp/chisato_ojosama/
初代まとめサイト(最終更新:2010/08/14)
http://www20.atwiki.jp/stairs-okai/

2 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 10:43:01.67 0
過去スレ(その1)

岡井ちゃんが階段から落ちた
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1214189217/
岡井ちゃんが階段から落ちた2
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1214565888/
岡井ちゃんが階段から落ちた3
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1216039442/
岡井ちゃんが階段から落ちた4
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1218523154/
岡井ちゃんが階段から落ちた5
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1220795317/
岡井ちゃんが階段から落ちた6
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1221226831/
岡井ちゃんが階段から落ちた…5(実質7)
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1221388772/
岡井ちゃんが階段から落ちた…6(実質8)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1223207580/
岡井ちゃんが階段から落ちた…7(実質9)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1226663704/
岡井ちゃんが階段から落ちた…10
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1229581098/
岡井ちゃんが階段から落ちた…11
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1231598894/
岡井ちゃんが階段から落ちた…12
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1232772011/
岡井ちゃんが階段から落ちた…13
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1234438301/
岡井ちゃんが階段から落ちた…14
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1234534119/
岡井ちゃんが階段から落ちた…15
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1237846079/

3 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 10:43:23.61 0
過去スレ(その2)

岡井ちゃんが階段から落ちた…16
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1241666305/
岡井ちゃんが階段から落ちた…17
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1242823630/
岡井ちゃんが階段から落ちた…18
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1243037719/
岡井ちゃんが階段から落ちた…18.1(実質19)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1243422879/
岡井ちゃんが階段から落ちた…20
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1247302494/
岡井ちゃんが階段から落ちた…20.1(実質21)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1248916717/
岡井ちゃんが階段から落ちた…22
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1251631094/
岡井ちゃんが階段から落ちた…23
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1251866099/
岡井ちゃんが階段から落ちた…23.1(実質24)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1253481807/
岡井ちゃんが階段から落ちた…23.2(実質25)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1254409914/
岡井ちゃんが階段から落ちた…24 (実質26)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1258698526/
岡井ちゃんが階段から落ちた…26(実質27)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1258713142/
岡井ちゃんが階段から落ちた…28
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1260335451/
岡井ちゃんが階段から落ちた…29
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1262217128/
岡井ちゃんが階段から落ちた…29.1(実質30)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1263896468/

4 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 10:43:43.88 0
過去スレ(その3)

岡井ちゃんが階段から落ちた…30(実質31)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1264926673/
岡井ちゃんが階段から落ちた…31(実質32)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1265365680/
岡井ちゃんが階段から落ちた…32(実質33)
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1265844105/
岡井ちゃんが階段から落ちた…34
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1268044808/
岡井ちゃんが階段から落ちた…35
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1273483129/
岡井ちゃんが階段から落ちた…35.1(実質36)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1274855191/
岡井ちゃんが階段から落ちた…35.2(実質37)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1276523701/
岡井ちゃんが階段から落ちた…35.3(実質38)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1277602674/
岡井ちゃんが階段から落ちた…39
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1279231779/
岡井ちゃんが階段から落ちた…39.1(実質40)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1280349965/
岡井ちゃんが階段から落ちた…39.2(実質41)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1281341735/
岡井ちゃんが階段から落ちた…39.3(実質42)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1283423017/
岡井ちゃんが階段から落ちた…43
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1285409702/
岡井ちゃんが階段から落ちた…44
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1290298684/
岡井ちゃんが階段から落ちた…45
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1291596661/

5 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 10:44:01.61 0
過去スレ(その4)

岡井ちゃんが階段から落ちた…45.1(実質46)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1294749395/
岡井ちゃんが階段から落ちた…47
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1296641278/
岡井ちゃんが階段から落ちた…48
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1296770312/
岡井ちゃんが階段から落ちた…49
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1301523234/
岡井ちゃんが階段から落ちた…50
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1307529537/
岡井ちゃんが階段から落ちた…51
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1310255624/
岡井ちゃんが階段から落ちた…52
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1311220551/
岡井ちゃんが階段から落ちた…53
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1316774823/
岡井ちゃんが階段から落ちた…54
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1320744533/
岡井ちゃんが階段から落ちた…55
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1322219658/
岡井ちゃんが階段から落ちた…56
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1323418468/
岡井ちゃんが階段から落ちた…57
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1325290761/

6 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=6,xxxP】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 78.0 %】 :2012/01/15(日) 11:13:34.84 P ?PLT(12001)
乙なのです

7 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 11:15:21.19 0
(o・D・)<落とすなよ

8 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 11:25:00.33 O
申し訳ございません萩原軍団長

9 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 13:38:45.24 0
>>1

10 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 14:18:50.25 0
もう日が傾いてきたかんな

11 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 16:42:28.22 0
乙です
落ちてたか

12 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 17:58:08.18 O
ご新居落成おめでとうございますお嬢様

13 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 19:05:07.87 0
日も落ちたよwとか言ってw

14 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 19:32:16.90 0
朝方スレ一覧取得して書き込みしようとしたら
タッチの差で落ちちゃったんだよなぁ

15 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 21:22:43.70 0
今日のハロコンはネタ満載だったのかw

16 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 22:32:34.92 O
どんなん?

17 :名無し募集中。。。:2012/01/15(日) 23:10:03.39 0
名古屋ハロコンの雛壇で岡井と譜久村が口論していた
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1326626885/
鈴木愛理「岡井千聖とは一日一回くらいしか話さない 」「ジャンルが違う」
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1326626633/

18 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 00:04:53.12 O
スレタイからしてキチガイアンチスレっぽいが

19 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 01:10:53.11 O
おやすみなさいませお嬢さま

20 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 02:23:59.51 0
お嬢様おやすみなさい

21 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 03:37:49.65 O
若執事おやすみー

22 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 07:05:32.19 0
お嬢様いってまいります

23 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 10:03:16.91 O
おはようございますお嬢さまm(__)m

24 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 12:42:41.76 O
本日は寒うございますお嬢様

25 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 15:55:12.21 O
お嬢様おやつのお時間でございます

26 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:18:09.05 0
こんばんは作者です
スレ立てありがとうございます!
ではゆうかりんお嬢様過去編続きになります

27 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:19:04.08 0
4月の雨降りの日、私は見知らぬ会社の、見知らぬ部屋で、今まで飲んだ事のない味のお茶を啜っていた。


「もう少し待っててね。今、衣装が届くから」
「あ・・・はい」
「それにしても、前田さんにこんな可愛らしいお嬢さんがいらっしゃったなんて」
「はあ・・・」


一体、どうしてこんなことになったのか。
私はただ、お父さんの忘れ物を届けに、お仕事場を訪ねただけだったのに。


*****
「助かったよ、憂佳」
「もう、大事なものなんでしょ?気をつけないと」

休日の朝。
のんびりおきて、ご飯を食べていたら、お父さんから電話が来た。
なんでも、お仕事で使うデータの入ったUSBを置いてきてしまったとか。

フリーのカメラマンをやっているお父さんは、今日、よその会社のスタジオで撮影をすると言っていた。

結構ピンチな状況らしく、どうしても都合がつかなかったお母さんの変わりに、私はタクシーで、お父さんのいる場所へ向かったというわけだ。

「それにしても、お父さんってすごいね。こんな大きな会社の撮影任されるなんて」

私たちがいるのは、ある製薬会社のロビー。
私みたいな中学生でも、その名前を知っているぐらい、有名な会社だ。

「まあ、今回は岡・・・お父さんの大学の先輩から声をかけてもらってな。
どうだ、中学生になったことだし、せっかくの機会だから見学でもしていくか?」

28 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:19:33.94 0
そんなわけで、撮影スタジオのすみっこのパイプ椅子で足をブラブラさせながら、忙しく動き回る人たちを見ていたんだけれど・・・しばらくすると、俄に部屋の空気が変わった。


「・・・でも、そんな」
「突然のことで・・・」


なにやら、大人が深刻な表情で話し合っている。何となく気まずくなって、おトイレでも借りようかとスタジオをこっそり出ようとしたところで、「憂佳」と声を掛けられた。

「はい?」

「・・・どうですかね」
「・・・・・いや、なかなかどうして」
「よし、決まりだな。

憂佳、お前、モデルデビューだ!」

「はいい???」


*****
「ごめんなさいね、急にこんなことになって」
「あ、いいえ・・・」


一旦スタジオから出され、“控室”と書いてあるお部屋で綺麗な社員のお姉さんが話してくれたのは、こういうことだった。

今日は、子供用のお薬やマスクのカタログの写真を撮る予定だったのに、モデルの男の子と女の子が、揃って高熱でダウンしてしまったらしい。

29 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:20:34.88 0
お父さんは次のお仕事が詰まっているらしく(お姉さん曰く、お父さんは売れっ子カメラマンらしい。知らなかった・・・)もう代役を呼んでいる時間がない。そこで、ちょっと年上だけれども、私を・・・という話になったそうだ。

本当に、いいんだろうか。
正直、私なんかに務まることなのかわからない。自信がない。でも、私は「嫌」をはっきり言えるタイプじゃないから、こうして流されるままに衣装を待っているわけで・・・。時間が経つにつれ、不安が大きくなってくる。


「でも、私一人じゃないんですよね?男の子の代役って」
「ええ、多分もうすぐいらっしゃると思うけれど」

なぜか苦笑しながらそう言って、お姉さんがチラッと入り口を見ると同時に、ドアがほんの少しだけ開かれた。


「あ・・・お待ちしてました」


私に対する口調とは全然違って、畏まった感じで背筋を伸ばすお姉さん。
その声に呼ばれるように、おずおずと部屋に入ってきたのは、とても小柄な子だった。
黒目の大きな目が印象的で、綺麗な顔の男の子だなって思った。綺麗っていうと、私の友達だと、彩花ちゃんも綺麗系だと思うけど、またそういうのとは違うかも。小学・・・何年生ぐらいなんだろう。


「あ・・・あの・・・」

あ、すごく震えてる。おとなしい子なのかな。
お姉さんの態度からして、多分この会社の偉い人の息子さんとかだと思うんだけど、すごくおとなしそうだ。
ぶかぶかのセーターの袖を、ちょこんと出た指でギュッと掴む仕草が何とも可愛らしい。


「こちら、本日ご一緒に撮影なさる前田さんです」
「ど、どうも。前田です」
「・・・ぁ、えと・・・」

30 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:21:29.10 0
どうやら、本当に恥ずかしがり屋さんみたいで、顔を真っ赤にしたまま、お姉さんの後ろに隠れてしまった。

「・・・あの、よかったら一緒に、お菓子食べない?」
「ぇ・・・」

さすがにこうなってくると、私がしっかりしなきゃ、という気持ちが芽生える。
少しでも仲良くなってから、撮影に臨んだほうがいいだろうし・・・それに、不思議と構いたくなってしまう子だ。


「ふふ。それじゃ、私はスタジオに戻りますね。スタイリストに、衣装を急ぐよう言っておくので。それでは」


お姉さんが退席し、バリケードを失ったその子は、恐る恐る私の前に腰を下ろした。

「お名前、聞いても言い?」

改めてそう聞くと、華奢な肩がびくんと揺れた。
泣いてしまいそうに目が潤んでいる。
あまり、自分から友達を作るタイプではない私。慣れない事をしたから、何か良くない言い方をしてしまっただろうか。

「あ・・・ごめんね、ダメだったらいいんだ、」


一応そういってみると、かすかだけど、首を横に振ってくれた。
そして、ためらいがちに、私の顔とテーブルを交互に見た後、小さく呟いた。


「えと・・・な、名前、ちさと、です」
「ちさと。」


可愛い響きの名前だ。

31 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:22:20.99 0
男の子にしては、甘い感じの響きだけど、何だかぴったりな名前だと思った。
やっと名前を聞けた事が嬉しくて、私は少し調子に乗ってしまった。


「じゃあ、ちさと、って呼んでもいいかな」
「ひぇっ」

すると、ちさと君はものすごく驚いた顔で私を見た。
よっぽどびっくりしたのか、膝こぞうがテーブルを打って、おいてあったお菓子もピョンと跳ねた。


「ご、ごめん」

さっきから謝ってばかりだ。どうもしっくりいかない。


「あ・・・えと、あまり、呼ばれたこと、なくて・・・名前・・・で」
「そうなんだ。お友達には、何て呼ばれているの?」

そう聞くと、「えと・・・お、岡井、さん、とか」と掠れた声。

「岡井さん?・・・君づけじゃないんだね」
「?え、えと・・・はい」

まあ、そんなものなのかな。
仕立ての良さそうなセーターに、品のいいこげ茶色のコーデュロイパンツはいかにもお金持ちのおぼっちゃんのようだし、そういう子が集まる私立の小学校なら、さんづけが当たり前なのかも。


「あ、あの・・・」

そんなことを考えていたら、また小さな声で喋り出した。

32 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:23:53.97 0
「あの・・・とても、緊張、して、いて。
な、なんで、その、ち、ちさとが、モデル・・・今日は、お父様の、お仕事を見に・・・」


――どうやら、私と同じような状況らしい。


「・・・岡井さん!」

小学生の男の子相手に、変な呼び方だけれど、いつもと同じの方が落ち着くだろう。
私はその小さな手をギュッと握った。


「私も、モデルなんてしたことないの。
でもこんな機会、もう二度とないと思うし・・・一緒に頑張ってみよう」
「前田さん・・・」

通知表に、“引っ込み思案”“あまり意見を言わない”などと書かれてしまう私にしては、かなり勇気を出したほうだと思う。

深い茶色の瞳が、私をじっと見つめる。
しばらくすると、岡井さんは目を三日月の形にして、小さくうなずいた。


「・・・ウフフ」

あら、変わった笑い方。
可愛い弟が出来たような気がして、私は内心、とんでもなく舞い上がってしまっていた。

33 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 17:24:18.24 0
リ*・一・リ ???
今日はここまで
時期的には2人が中学に入学して間もないぐらいです
多分全3話になるかと思います

34 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 18:17:59.24 0
男の娘!?
…じゃなくて男装女児か!!いや女子か!!!!
イイヨイイヨー

お父さんこれをきっかけに違う道のカメラマンに目覚めたりしてw

35 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 19:36:36.34 0
作者さん乙です
何とも微笑ましいエピソードですね
大きくなってからの再会が待たれますね

36 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 20:12:55.38 0
なんか新しいジャンルの萌え系・・・
舞様や栞菜が「ちさと君」を見たら絶対間違いを犯しそうだw

ゆうかりんとちっさーってハロプロ的には当たり年の年代なんだよねー
続きがとても楽しみです

37 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 21:07:22.67 O
作者さんおつであります

38 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 22:26:53.99 0
ちんぷいさん乙でしゅ

39 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 23:11:55.77 O
おやすみなさいませお嬢さま

40 :名無し募集中。。。:2012/01/16(月) 23:48:01.87 0
リ*・一・リノシ

41 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 01:08:33.11 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

42 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 02:00:31.77 0
お嬢様お休みなさい

43 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 07:05:16.04 0
お嬢様いってまいります

44 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 08:13:07.09 0
リ*・一・リノシ<いってらっしゃい

45 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=8,xxxP】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 70.2 %】 :2012/01/17(火) 08:23:21.77 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
確かにあの頃は少年なんて言われてましたもんね
それが今ではすっかり…

しかしこの時は普段のわがままぶりwは見せてないようですね
そうすると今のわがままぶりは生徒会長のせい?それともえりかさんのせい?w

底抜けの変態作者さん元気かなあ

46 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 08:46:34.18 0
時期的には舞波ちゃんより前か

47 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 09:30:31.16 i
昨日はお嬢様と元生徒会長と長く話せて幸せでした
衣装だったそうですがとても可愛らしい服装で髪型も素敵で惚れ直しました
新年の挨拶も出来たし1974の話も出来たしで非常に満足度の高いイベントでした
友達を待ってる間イベントスペースでお嬢様がお話になっている声も柵を越えて聞こえましたしw

48 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 12:40:56.24 O
今日は暖こうございますねお嬢様

49 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 14:15:10.53 O
変態作者さんはガチ変態だから変態しながら元気だと思われ

50 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 16:39:30.54 O
おやつのおやつのデザートのお時間でございますお嬢さま

51 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 17:30:37.39 0
今日の執事は斎藤清六か

52 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 17:44:17.92 O
他にどんな執事がいるのだろう

53 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 19:11:09.61 0
「お嬢様の目は節穴でございますか」

54 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 20:31:58.70 O
おやすみなさいませお嬢さまm(__)m

55 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 21:51:24.21 0
>>46
舞波ちゃんより1年以上前だね

56 :名無し募集中。。。:2012/01/17(火) 23:16:19.53 0
>>53
それ違う執事w

57 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 00:04:31.82 0
リ*・一・リ<たのしいしつじが多いのよ

58 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 01:47:29.67 0
お嬢様おやすみなさい

59 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 05:21:14.84 O
おはようございますお嬢さまm(__)m

60 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 07:07:20.68 0
お嬢様いってまいります

61 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 08:12:17.24 0
リ*・一・リノシ

62 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 11:47:11.85 O
リ*・一・リ<家族になった雅さんとでぃずにーらんどにお出かけする夢を見ましたの

63 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 15:01:54.91 O
サザエさんのタイトルみたいな夢ですねお嬢さま

64 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 17:25:38.07 O
トワイライトお嬢さま

65 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 17:26:28.51 0
詳しく話を聞かせるゆ

66 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 18:55:57.30 0
デニーズ?

67 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 20:30:39.36 O
おやすみなさいませお嬢さまm(__)m

68 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 21:58:10.59 0
前スレ>>260
朝、僕は高校へ向かう。
いつもの通学路を歩いてこのバス停にやってきた。いつも通りに。
そして今日はここで立ち止まり、ずっと待ち続ける。そう、彼女が来るまでずっと。
こうやってここで待つのは久しぶりのことになる。

熊井ちゃんの言葉に勇気付けられて再びここにやってきたのだが、僕は平常心ではいられなかった。
次々とやってくる学園の生徒さんたちを眺めていると、緊張感が高まってきた。
そのうちきっと舞ちゃんたちがやって来る。あのとき以来、初めて舞ちゃんに会うことになるんだ。
舞ちゃんは僕を見て、どういう反応をするんだろう。
それを思うと、この場に立っているのはさすがに怖かった。

これでもし舞ちゃんに顔を背けられたりでもしたら、今度こそ僕はもう立ち直れない。

今、僕の心の支えはあの時に聞いたあの言葉。


(嫌われてないと思うよ。間違いないから!)


そうだ、大丈夫だ。
熊井ちゃんがそう言ってくれたんだから。


69 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:00:18.28 0
>>68
満開だった桜も、今はすでに散り始めている。
その舞い散る花びらの中、歩いてくる2人が見えた。


来た! 舞ちゃんだ。

舞ちゃんがお嬢様と連れ立って歩いてきた。
桜吹雪の中を歩いてくる舞ちゃん。その光景に僕は棒立ちになって見とれてしまった。
美しい・・・ 美しすぎる。
僕はこの美しく印象的な情景を、これからずっと忘れないだろう。
一度はあきらめかけた舞ちゃんのことを再び見ることができた瞬間として大切に記憶の中へとどめておきたい。

舞ちゃんの姿を再び見ることが出来たことで、思わず気持ちが高ぶってしまった。
もう自分の視界にはこの光景以外のものは入ってこなくなる。心臓の鼓動が早くなるのが分かった。
舞ちゃんに会うのはもちろんあれ以来だが、お嬢様にお会いするのも本当久しぶりのことになる。

お嬢様が先に、僕に気付いてくれた。
お嬢様、高等部に進級されたんですね。おめでとうございます。
その高等部の青い制服もお嬢様とてもよくお似合いですよ。

僕に気づいたお嬢様は、ちょっと驚いた表情になった後、パァッと笑顔を見せてくれた。

あぁ、勇気を出して会おうと思って良かった。
その三日月のような瞳の笑顔を見れただけで、もう十分です。

そして、お嬢様が舞ちゃんのことを突っつく。
舞ちゃんは、それからようやく僕のことを見てくれた。


70 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:03:04.93 0
>>69
舞ちゃんが、そのかわいらしいお顔を僕に向けてくれた。
その顔は、やっぱり無表情だったけれど、それでも僕と目を合わせてくれたんだ!
僕にとってこんなに嬉しいことはなかった。
心の中の閊えが完全に取れたような、爽やかな気分が胸一杯に広がって目の前が明るくなる。


露骨に嫌な表情をされるのではないかと、僕はずっとその恐怖心と戦っていたのだ。
考えるたび何度も挫けそうになったりしたけれど、今その全てが心の中から消え去った。
僕はまだこの通学路を歩くことが出来そうだ。

僕にとって舞ちゃんは絶対無二の存在なんだ。
舞ちゃんに告白したこと、あれはやっぱりあれで良かったんだ。
僕の本当の気持ちを舞ちゃんに知ってもらえたということ。その上で、こうやって舞ちゃんに会うことができているのだから。
前よりも一歩前進することが出来たのだろう、たぶん。

これも全て熊井ちゃんのお陰だよ。
もし熊井ちゃんにあのように言われなかったら、僕は舞ちゃんに再び会おうとは思えなかったかも知れない。
それで彼女への気持ちが冷めてしまうとは絶対に思わないけれど、機会を逸し続けてていたらそれはどうなっていたか分からないのだから。


歩いていってしまった舞ちゃんとお嬢様の後ろ姿、それを見送る。
並んで歩く2人の後ろ姿を見ると、やはりこの2人にはかなわないなと思ってしまった。
舞ちゃんとお嬢様の絆が目に見えるかのようだ。そんな2人からはオーラさえ感じられ、格の違いを見せ付けられるような睦まじさだ。
たぶん、舞ちゃんの心の中にはいつも、そしていつまでもずっとお嬢様がいるのだろう。
それでも構わない。それもひっくるめて、僕はそんな舞ちゃんが好きなんだから。
今は、この2人を見ることの出来るこの幸せな時間、それが続いたことがとても嬉しい。


71 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:22:58.92 0
>>70
そんなことをしみじみ考えていたから、気付かなかった。
いつのまにか、栞菜ちゃんがやって来ていたことに。

「おい女好き。なに舐めるような視線で見つめてんだ俺の嫁を。頃されたいのか? この間男が」

相変わらず意味不明だ。
でもひょっとして、そうやって軽口を叩いて僕の気分を紛らわせてくれようとしたのかな? 僕がまだ落ち込んでると思って?
口は悪いけど、意外と優しい一面もあるからな、栞菜ちゃんは。

「は? なわけねーだろ! 文字通りの意味だよ」

思わず苦笑してしまう。
相変わらずだな、有原は。

「有原さん、だろ。憶えの悪い奴だな」

はいはい。有原さん。
僕が言葉を発する前に考えてることを読まれちゃうから、口を開くこともできない。お願いだから喋らせてください。

僕に話すきっかけを与えず、一方的に僕を罵り続ける栞菜ちゃん。
でもこれは、栞菜ちゃんなりの逆表現なのかもしれないな。僕はこの人のこういう性格のことも結構好きみたいだ。
ありがとう、有原さん。落ち込んでいたこともあったけど、今はすっかり元気です。



・・・って、何か違うんじゃないか、この流れ。
なんで僕が彼女に感謝するような流れになってるんだ。
いま栞菜ちゃんは、“気持ちのいい奴じゃね自分”って感じのドヤ顔になってるけど、何かおかしくないか?

僕は忘れていない。
僕が舞ちゃんに告白したこと、それを熊井ちゃんやその他に言いふらして回ったのが誰かということを。

72 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:25:06.52 0
>>71
「あのですね、有原さん。ちょっとお聞きしたいんですけど、僕が舞ちゃんに打明けたりしたことを、有原さんはどうして知っていたんですか」
「ああ、そのこと? それを見てた人間がいたんだよ。お屋敷にお仕えしている人達がね。
何があったのか、それを知るのは本当に難儀したかんな。あの執事、私が聞いてもなかなか口を割らないから。
でも考えてみれば、わざわざ口を割らせなくても頭の中を読んじゃえば話しが早いということに気付いたんだよね」

この人の言ってることを聞いていると、本当に頭がおかしくなってきそうだ。
頭の中を読んじゃえばって、そんなこと出来る人、そうそういないでしょ。何が、気付いたんだよね(キリッ、だよ。

「そんな個人的なことを色々な人に言いふらしてまわるとか、ひどいじゃないですか」
「何言ってるんだよ。ふつう面白い事があったら、それを大勢の人に知ってもらいたいと思うもんだろ? 
それとも何か? 君はあんな面白い事を目撃しても、それを独り占めしようとするような心の狭い人間なのか?」
「面白い事って言うな!」

だんだん興奮する僕に対して、栞菜ちゃんはふんぞり返って上から目線の偉そうな態度を崩さなかった。
まあ落ち着けよ、なんてジェスチャーとかしちゃってきたりして。その落ち着きぶりがまた無性に腹立たしい。

「それに私が熊井ちゃんに言ったことで、オメー熊井ちゃんに励ましてもらえたんだろ。むしろ私に感謝するべきじゃない?」
「それは結果論じゃないですか。その前に僕はさんざん笑われまくってるし。いや待て、熊井ちゃんが励ましたとか何でそれも知ってるんだよ」

いつものことだけど、僕が興奮すればするほど、それを滋養にして栞菜ちゃんはどんどん高慢な態度になっていく。

「結果論? 君は何を言ってるんだ? 私は常に事象の全体像を把握しているのだよ。それゆえ、全ては私の計算通りってことなの」

この人の発想って。
脳味噌の中、本当に一体どうなってるんだろう。
でも、熊井ちゃんの行動を先読みしたっていうのだけは信じないけどね。
彼女の行動を予測するなんて、そんなのは絶対不可能だよ。


73 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:26:27.47 0
>>72
「あのな・・・」

あきれかえっている僕を、栞菜ちゃんが真っ直ぐに見つめてきた。
こうやって見ると、本当に美少女だ。彼女に対して何の先入観も持っていなければ、本当に美少女だと思う(二度も言ってしまった・・)。
その大きな黒目に真っ直ぐ見つめられ、彼女のつくりだした空気に飲み込まれそうになる。


「あきらめられちゃうと困るんだよ」
「え?」

そんな綺麗な瞳でそんなこと言われるなんて。
この彼女の言った予想外のセリフに、僕はちょっと(ちょっとだけ)心を打たれてしまった。
栞菜ちゃん・・・

「敵の敵は味方って言うだろ」

まぁ、言いたいことは大体分かるけど。
お嬢様の取り合いでのライバル関係ってことだよね。
栞菜ちゃんにとって、舞ちゃんは目の上のたんこぶなんだろう。

「おっと勘違いはするなよ。これは話しの喩えであって、決してオメーの味方になった訳じゃないかんな」
「あのですね、言ってることは分かるんですけど、ひとつ指摘していいかな。僕が舞ちゃんの敵って、それはないでしょ」
「そんな細かいことはいいんだよ。しっかし、本当に好きなんだな萩原のこと。いい根性してるよ。そこは、ある意味尊敬するわ」

僕のことを鼻で笑いつつ去っていく栞菜ちゃん。
本当に面白い人だ。この子と話すことは、いい頭の体操になるよ。
でも、今に見てろよ。いつか今言ったその言葉から“ある意味”を取らせてやるからな、今は無理だけど、ちくしょうめ。


74 :名無し募集中。。。:2012/01/18(水) 22:42:34.06 0
舞ちゃんが再び僕を見てくれたよ・・
熊井ちゃんにはまた頭が上がらなくなったというお話し
栞菜ちゃんはいい奴

>>27
チンプイさんおつですー
お嬢様中1の4月というと今までの学園編のお話しの中で最も最初期のお話しですね
まだ引っ込み思案な頃のお嬢様、何だかちょっと懐かしいです
男の子みたいなお嬢様と意外な形で出会った憂佳ちゃん
内気な彼女が思わず積極的にコミュニケーションしたくなってしまうの、分かります
かわいい男の子みたいな犬顔のお嬢様を見ちゃったらそうなるよねゆうかりん
そして今現在の憂佳ちゃんが感じている気まずい感情は何が原因なのか
このさきの展開をとても楽しみにしています


75 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 00:02:25.15 0
ttp://chisamai.jp/img/cm_08554.jpg
ttp://chisamai.jp/img/cm_08552.jpg
ttp://chisamai.jp/img/cm_08550.jpg

76 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 01:05:09.41 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

77 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 02:13:32.13 0
お嬢様おやすみなさい

78 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 02:17:21.45 0
お嬢様一緒にお布団に入って温まりませんか?

79 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 03:35:45.83 0
少年たくましくなったな少年

80 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 07:12:41.46 0
お嬢様いってまいります

81 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 07:16:51.47 O
リ*・一・リノシ

82 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 08:10:21.12 0
(o・D・)ノシ

83 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 09:16:25.81 O
ノソ*^ o゚)ノシ

84 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 11:39:06.94 O
ヾ(・ v ・`州

85 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 11:39:55.72 0
お嬢様保全させて頂きます

86 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 14:17:44.36 O
お嬢様今日は生憎の空模様ですね

87 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:07:34.58 0
「はい、じゃあ手をつないで。・・・憂佳、もう少し右に。そう、首傾げてみて」

所変わって、撮影スタジオ。
衣装を届けてもらった私たちは、その場で着替えて、係のお姉さんにここへ連れてきてもらった。
そのまますぐ、カメラ撮影に入ったわけだけれど・・・なかなか、緊張して調子が出ない。

夏のカタログに載せる写真ということで、私はノースリーブのワンピース、岡井さん・・・岡井少年は、少し大きめなサイズのTシャツを、カーゴパンツに合わせている。
背景にはひまわり畑の写真。
今はいかにも作り物って感じだけど、編集すると本当にそこに居るみたいになるんだよ、とお父さんが言っていた。

お互いの腕に虫除けスプレーをかける真似をしたり、バス停の前で酔い止めの薬を飲んでる演技をしたり。
引きつってる私とは裏腹に、さっきまで青い顔をしていたはずの千聖く・・・いや、岡井さんは、お父さんの指示どおりにテキパキ動いて、ポーズを決めている。


「・・・慣れてるねぇ」

小声でそうささやくと、「もう、やるしかないって思ったら、ドキドキしなくなりました」と返って来た。
・・・なるほど。いろいろ考え込んでしまうタイプとしては、うらやましい思考だ。

そういえば、花音も小学校の文化祭の出し物で、シンデレラ役に選ばれたとき、こんな感じだったっけ。
直前まで青い顔して「もう死ぬかもしれない」とか物騒なこと言ってたくせに、いざステージに立ったら、もう花音ワールド。
完全にナルシストな表情で「シンデレラレボリューション!」とか妙なアドリブを挟みまくって、しまいには魔法使い役の先生に怒られコントになってしまったんだった。


「ふふふ」

何度思い出しても笑えるその出来事、ふいに頭に甦ったものだから、つい吹き出してしまった。

88 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:07:53.12 0
「おっ、憂佳いいねー、笑顔笑顔!」
「ウフフ」

お父さんの声にあわせるように、岡井少年が私の顔に水鉄砲で攻撃を仕掛けてきた。

「やったなー!」

セットから少しはみ出しちゃうぐらいに、はしゃぎながらの追いかけっこ。

やりすぎたかな、と思ったけど、お父さん的にはアリだったらしく、そのまま止められることなく、しばらくはしゃいでいるうちに撮影は終わった。


「それじゃ、しばらくそこで待っててね」

お父さんたちが編集の作業に入って、私たちは隅っこに移動し、隣り合わせて座った。


「あははは」
「ウフフ」

今更ながら思ったけれど、この子は笑顔は不思議だ。なぜかつられて笑ってしまう。


「楽しかったね」
「はい」

最初の、泣いちゃうんじゃないかってぐらいに震えていた姿が嘘みたいだ。
さっきの撮影時の様子からしても、おとなしい子っていうより、単に極度の人見知りなタイプなのかもしれない。
そういう子の笑顔を引き出せたっていうのは、私にとってはとても貴重なことだった。・・・このままバイバイするのが寂しく思える。
だから、少し、勇気を出してみることにした。

89 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:08:38.77 0
「あの・・・今日はどうやって、ここまで来たの?私はタクシーで、少し遠いんだけどね・・・」


“仲良くなりたい人がいたらね、自分の話をしながら、質問するといいよ!”

年下の、ちょっと小生意気な可愛い友達の紗季が、昔そう言っていた。

たしかに、初めて紗季と話したのは“そのヘアピン可愛い!どこで買ったの?紗季のこのピンはねぇ・・・”という、とても唐突な、でも悪い気はしない不思議なとっかかりだった。


「あ・・今日は、あの、自宅から、小さい方の車で・・・」
「小さいほう。じゃあ、他にも何台かあるの?」

案の定、岡井少年も私の話しに自然に乗っかってくれた。

「昨日は時代劇を見ていて・・・」
「私はその時間は歌番組を見てたかな。時代劇、好きなの?」

「外で遊ぶのが好きです。えと・・・前田さんは」
「私はあんまり。最近はマンガばっかり読んでて、お母さんに怒られたりするんだ」

少しずつだけど、私のことも知ろうとしてくれているのがわかって、とても嬉しい。

家に車が5台もあって、メイドさんやコックさん、男の召使いさんまでいて、普通に夕ご飯でステーキとか食べちゃう、完全に私とは別世界に生きる男の子。

・・・本当に、ここでお別れなのかな?
まだ中1だから、ケータイとか持ってないし、住所や連絡先を聞いていいのかわからない。
それに、せっかくいい雰囲気なのに、変なアクションを起こして、拒否されてしまうのが怖い。社交的な紗季や花音みたいに、人と上手に関わる方法が、完全にわかったわけではないし・・・

「前田さん?」

90 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:09:28.98 0
「あ・・・う、ううん。ごめんね、ボーッとしちゃうの、癖なんだ」

綺麗な茶色の瞳。心配そうな表情で見つめられて、私は慌てて話題を変えることにした。


「・・・そうだ。何か肝心なことを聞くの忘れてた。
今、何歳なの?私はね、12歳。中学生になったばっかりなの」

すると、なぜか岡井少年の顔がパァッと明るくなった。


「本当に?あの、ちさと・・・」


中学校の話でも聞きたいのかな?とか思っていたら、「2人とも、お疲れ様!」と声を掛けられた。


「あ・・・」

お父さんともう一人、彫りの深い顔立ちのおじさんがこっちへやってくるところだった。
聞かなくてもわかる。岡井少年と同じ、綺麗な深い茶色の瞳。私は慌てて起立した。


「憂佳。こちらは・・・」
「あ、こんにちは!あの、娘の憂佳です。えっと、いつも父がお世話になっております」

カミカミながらも、大人の口上を真似て挨拶すると、「しっかりしたお嬢さんだ」と笑ってくれた。

「うちのも、憂佳ちゃんぐらいシャキッとしてほしいもんだな。どうも、ボーッとしてて危なっかしい。な、千聖」
「もう・・・」

ほっぺたを膨らます岡井少年。結構、あまえんぼうなのかな?安心しきった顔がまた可愛らしい。

91 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:10:05.93 0
「2人が頑張ってくれたおかげで、いい写真が撮れたよ。
キッズ向けのページ、反響あるかもな」

そう言って、お父さんが1枚ポラロイド写真を見せてくれた。

商品の目薬を持ったまま、岡井少年の水鉄砲から逃げる私。
岡井少年は目を三日月の形にしている。2人とも、目じりに皺が入っちゃうぐらい、笑っている。背景のヒマワリも美しい。
あまり、自分の笑顔って好きじゃないんだけど・・・これは、何かいいなって思えた。

「ま、商品が目立ってないからボツだけど、なかなかいいだろう?」
「うん」

すると、私の手元を覗き込んでいた岡井少年が、私が手にしているポラを少し強めに引っ張った。

「ん?」
「・・・これ、欲しいです。エヘヘ、前田さんと一緒に写ってる」


言ってから、ウフフと独特な声で笑う。
何だかじわじわと嬉しさがこみ上げてくる。ああ、ちょっとぐらいは、私のこと好いてくれてるのかなって。

「私も欲しいな」
「ああ、わかった。憂佳のは、あとで渡すから」
「それにしても、2人は仲がいいんだね」

岡井少年のお父さんが、しみじみした口調で言う。

「千聖は内弁慶だから、友達づくりが下手なんだよな。家族の前じゃ、妹や弟と同レベルではしゃぐくせに」
「でも、仲良くなれて、私本当に嬉しいです。あの・・・なんていうか、弟ができたみたい。男の子の、年下の友達は始めてで」

すると、岡井少年のお父さんと、うちのお父さんはいっせいに首を捻った。

92 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:10:56.35 0
「何を言っているんだ、憂佳は」
「え、だって、私あんまり男子と喋らないし・・・それに、お姉ちゃんしかいないから」

もしかして、また変な事言ったのかな。
そう考えて、岡井少年の方を見る。


「え・・・」

唇を噛み締めて、うつむいている岡井少年。

「ど、どうしたの」
「・・・ち、千聖は・・・私は」


――あれ?今なんて・・・


「わ、私は、男の子ではないです!」

悲鳴のような声色。
同時に、自分の血の気が引いていくのがわかった。貧血の時みたいに、頭がくらくらして、言葉が出ない。


「でも・・・男の子って・・・代役って・・・」

やっと振り絞った声に、お父さんが気まずそうに口を開く。

「どうしても、キッズモデルが見つからなかったから、千聖さんにお願いしたんだよ。
たまたまボーイッシュな格好をしていて、よく似合っていたからな」
「そんな・・・」
「それに、弟・・・って、千聖は前田さんと同じ年なのに・・・千聖は・・・」

93 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:11:28.21 0
怒ってくれればまだ良かったのに、岡井・・・さんはとても悲しそうな顔をしていた。

どうして気がつかなかったんだろう。
よく考えれば、丸くて柔らかい指も、鈴が鳴るような声も、男の子のものじゃないってわかったはずなのに。
そもそも、「さん」づけされているといった時点で、何も勘付かなかったなんて、鈍すぎるだろう、私・・・。
思い込みの強いタイプだとはよく言われるけれど、こんな形で思い知らされるなんて。


「はっはっは。
千聖、良かったじゃないか。本当の男の子に見えたなら、モデルとして、ちゃんと役割を果たせたってことなんだから。お前が幼く見られるのはいつものことだろう?いいじゃないか、老けて見られるよりは」
「いや、本当に。
凛々しくて、精悍な顔立ちをしていらっしゃる。
事前に知らなかったら、男の子だと思って撮影していたかもしれないなあ」

――もう、やだお父さんたちったら!フォローになってないし!


案の定、その失礼すぎる会話がとどめになってしまったようで、ついに岡井さんの目から大粒の涙がこぼれてしまった。


「岡っ・・・そんな、私・・・」

謝ろうにも、言葉が詰まって何も言えない。

そうこうしているうちに岡井さんは踵を返してスタジオを出て行ってしまった。

「あ、待って・・・!」


止めなきゃ。そう思っているのに、金縛りにあったように、足が動かない。

94 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:12:22.97 0
「まったく、うちのチビすけはすぐにいじけるんだからな。憂佳ちゃん、気にしないで」
「いや・・・しかし本当に美少年のような顔立ちで(ry」


「・・・・もう、大人のばかー!!!ヘンタイ!」

ついに、私の頭が大爆発を起こしてしまった。
普段の力の入らない、フニャフニャボイスはどこへやら、自分でも引くぐらいドスの効いた声。


「へ、変態はないだろお前・・・」
「うるさいうるさい!もう知らん!帰る!」

もう、感情を抑えきれない。私は勢い良くスタジオを飛び出し、廊下へ躍り出た。


どうしよう、岡井さんどこにいるの。
控室を見ても、誰も居ない。
近くのトイレにも居ない。

私の失礼すぎる勘違いで、どれだけ傷つけたんだろう。しかも2個も・・・。
さっきの泣き顔を思い出すだけで、どんどん心臓が痛くなってきて、私の視界もぼやけてきた。


――いない、どこにも。そんなに遠くへは行ってないはずなのに。

ついに建物を出て、雨の中ビルの周りを探したけれど、それでも岡井さんは見つからなかった。
こんなことなら、つべこべ言わずに連絡先を交換しておくんだった。
あとでパパに聞くんじゃ意味がない。今すぐに謝らないと。でも、でも・・・

考えがまとまらない。
完全にパニックになってしまった私は、もう何をどうしたらいいのかわからず、雨の中一人で立ち尽くすしかなかった。

95 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 16:13:23.06 0
今日はここまで
>>36
「舞や栞菜が」「ちさと君」「犯し」
このあたりのフレーズがいろいろ脳内でアレしてまったく違うことを考えてしまった哀しい夕暮れ
>>45
ワガママ・・・は今回のようなイレギュラーな状況ではなりを潜めるようですw人見知りの内弁慶お嬢様なので
寮生は人格形成にかなり影響してるでしょうね!
甘やかし部門や躾部門など寮生は自然に役割分担をしてくれていますし
>>47
名古屋のイベントですね!間近であんな美少女2人を・・・素敵ですね
貴重なお話をありがとうございます!
ちさとの声ってすごく響くみたいですねw
ツイッター等をチェックしていてもよくそういったお話をお見かけしますw
>>52
℃Sも℃Mもおじいさんも若人も居ると思いますが
はぐれ(ryの餌食になっているのは(執△事;)だけかとw
>>68
少年作者さん乙です!
おお舞様が!どうなることかとハラハラしてました
でもきっと舞様だって無表情の下で動揺してたのでしょうね
自分のせいでバス停に居なかったら・・・とか
だからきっと多少なりとも嬉しかったはず!少年がいつもどおりそこにいて!などと脳内で味方してみましたw
有原さん完全に男前じゃないですかw
何だかんだ言って舞様のこと大好きな有原さん
もし少年をしょうもないヤツだと判断したならこんな素敵なお言葉(暴言)はくれなかったはず
と都合のいい解釈をして今日も走れ突っ張れ少年よ!
>>75
二つ結びかわゆす・・・もっとやってほしいのう
おい中島よ岡井さんが青を要求してるから貴様のイメージカラーはなんか玉虫色とかそうゆうのに変更な
>>86
リ*・一・リ<なまにくは火を通して安全に食べるのよ(キリッ

96 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 17:19:06.03 0
【岡井千聖】ちさまいを見守るスレ Part26.3【萩原舞】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1326959075/

97 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 18:24:07.98 0
走れゆうかりん立ち止まるな

そういやちょっと前まで岡井ちゃんは少年にしか見えなかったんだよなー
それが今や℃イチのナイスなバデーで
女の子って神秘だわ

98 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 20:31:30.79 0
リ*・一・リ<褒めてもらえるなんて嬉しいわ

99 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 22:22:57.83 0
お嬢様お休みなさい

100 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 22:28:51.82 0
糞つまらなくてもなんか書いてやれよw

101 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 22:32:30.28 O
だからちさまい以外書くなよ

102 :名無し募集中。。。:2012/01/19(木) 23:41:00.29 0
作者さん乙です
傷ついたお嬢様… この頃はまだ学園でもお友達が出来なかったのでしょうか
真っ直ぐなゆうかりんに思わず引き込まれました
いいお友達になってほしいですね

103 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 00:13:03.58 0
まだ舞ちゃんも初等部だしね

104 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 01:31:19.50 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

105 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 02:07:36.94 0
お嬢様おやすみなさい

106 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 07:07:15.51 0
お嬢様いってまいります

107 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 08:11:02.15 0
リ*・一・リノシ

108 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 08:27:05.06 0
ちさまい厨少しは我慢しろよ

109 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 08:38:08.37 0
ただの荒らしでしょ

110 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 12:11:18.58 0
お嬢様お昼の時間ですよ

111 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 12:15:39.08 O
舞様ハワイに来いって言うのかと思ったら法事優先しろとかw
さすが舞様もう尊敬したマジで

112 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 15:46:54.89 0
お嬢様おやつの時間ですよ

113 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:19:45.82 0
私と彩花ちゃんしかいない、放課後の教室。
彩花ちゃんは、私の話が終わった後も、しばらく黙って外を眺めていた。


「・・・何か、こうやって改めて口に出すと恥ずかしいね。
私がその場でちゃんと対処できていれば、大事にいたらずに済んだはずなのに」

自嘲気味にそうつぶやくと、彩花ちゃんの視線が私の方へ戻ってきた。


「・・・憂佳ちゃんは悪くないよ」

それは意外なほど、強い口調だった。

「でも・・」
「悪くない。誰かが悪いんじゃなくって、運やタイミングが悪かっただけだよ」

真剣な眼差し。
彩花ちゃんはいつもマイペースで、その心がどこに向かっているのか、よくわからないことが結構あった。
だけど今、彩花ちゃんは真剣に私のこの問題を向き合ってくれている。
綺麗なアーモンド形の目。視線を逸らせなくて、そこに映りこんだ私と見つめ合ってしまう。
そして、彩花ちゃんは私の手を取ったまま、神妙な口調で喋り続けた。


「・・・岡井さんとは、その後、会えた?」
「ううん、ダメだった。控室に戻ったら、お父さんは居てくれたんだけどね。
岡井さんはちょうど、私と入れ違いぐらいに、荷物持って帰っちゃった後だったみたい」

――何で引き止めてくれなかったの!とか言って、お父さんを半日シカトの刑に処したんだっけ。

「じゃあ、もう全く連絡は・・・」
「それがね・・・何て言ったらいいのか」

114 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:20:00.66 0
私はブレザーのポケットに入れておいたシステム手帳から、1枚の手紙を抜いた。

「これ・・・」


“○○学園高等部に進学しました”

綺麗なピンク色の便箋の上に、愛想のない、ゴシック体の黒文字の印刷文字が躍っている。


「・・・つい最近、岡井さんから届いたの」
「そうなんだ」

彩花ちゃんは神妙な顔で、手紙を透かしてみたり、においをかいでみたり。


「ふふ、私と同じことしてる」
「いやー、何か隠し文字とか、暗号があるのかなって。わざわざ送ってくれたにしては、そっけないから」
「こういう、時候の挨拶みたいなお手紙を、毎年送ってくれるんだ。
お正月、クリスマス、暑中見舞い・・・でも、いつもこんな感じで、手書きではないの。本当に、これだけ」

うーん。

彩花ちゃんと私は、同時に唸った。

この手紙のことを、人に言ったのは初めて。
いつも独特の考え方をしてる彩花ちゃんなら、何か思いつくかなって思ったんだけれど・・・ちょっと、難しかったみたいだ。


「ちなみに、憂佳ちゃんは、返事を出してるの?」
「うん。ただ・・・」
「ただ?」

115 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:20:14.80 0
――ああ、ちょっと言いづらいな。
私は一旦言葉を切って、深く深呼吸をした。
まさか、こんなにたくさん打ち明けごとをすることになるとは。
少し心の整理をしたいところなんだけど、彩花ちゃんは相変わらずジーッと私の発言を待っている。

「・・・私も、返事、同じように印刷文で出してる。同じように、挨拶の言葉だけつづって」

彩花ちゃんが、目を丸くした。


「彩花ちゃん、私ね。あの・・・。岡井さんにひどいことして、もうこれ以上嫌われるのが怖くなっちゃったの。
傷つけた直後は、すぐに謝ろうって思ってた。でも、時間が経ってしまって、岡井さんの方から手紙をくれるようになって・・・これって、許してもらえたのかもしれないけれど、余計なことを書いたら二度と返事がこないような気がして・・・。
私の気持ちを何にも伝えないまま、今、ギリギリで繋がってる状態」


自分のメールアドレスや、携帯の番号。
何度も書こうと思って、結局綴れなかった。
初めて自分から、勇気を出して声を掛けた友達だったから、例えこんないびつな状態でも、絶対に断ち切れたくない縁。
だけどわかっている。いつまでも、こんなままではいけないっていうのは。だけど、私は・・・


「・・・彩、何か、岡井さんがうらやましいな」

ふと、彩花ちゃんがつぶやいた。


「どうして?」
「だって、憂佳ちゃんに、ここまで思ってもらえるなんて。
彩結構、ヤキモチ妬きだからね。花音ちゃんや紗季ちゃんにだって、嫉妬することあるのに、岡井さんはもっともっと憂佳ちゃんの気持ちを独占しちゃってるんでしょ?」

116 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:20:29.33 0
彩花ちゃんは、つないだままの私の手を強く握った。

「憂佳ちゃん。憂佳ちゃんは、どうしたい?
岡井さんとのこと、このままにする?何か、違う風にしたい?
私、憂佳ちゃんのこと、本当に好きだよ。彩にできることなら何でもする。憂佳ちゃんが苦しんでるの、見たくない。だから・・・」


「ゆーか!!」

いきなり、背後から名前を呼ばれた。


「あ・・・」

拳を握り締めた紗季が、ずんずんとこっちへ向かって歩いてくる。
真っ赤な顔。さっきの言い争いが、納得できなかったんだろうか。

謝ろうと腰を上げた瞬間。紗季は思いっきり抱きついてきた。


「・・・勝手にいなくならないでよぉ・・・・!」
「紗季・・・」


泣いてる顔を見られないようにか、胸にギュッと顔を押し付けて、紗季は私をポカポカと叩いた。


「ゆうかに、き・・・きらわれ、たっておもった」
「そんなわけないじゃん。怒ってごめんね。紗季が悪いんじゃないの」
「ちゃんと、いってくれなきゃ、わかんないもん・・・!」

117 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:21:16.82 0
――あぁ、そうだ。
本当に、紗季の言うとおりだ。
何も言わなくても、いつか問題が解決するかも・・・なんて、虫のいい話はないのかもしれない。

私は今まで、優しい友達に甘え切ってしまっていた。
少し不機嫌になれば、誰かがフォローにまわって、私の気持ちを汲んでくれた。
だけどそんなの、いつかは変わらなければいけないときが来る。きっと、それが今なんだと思う。
私の味方だと言ってくれた彩花ちゃんのためにも、怖がらせてしまった紗季のためにも。
そして・・・


「・・・あー、いたいた!ちょっと、ケンカしないでよー!っていうか、何でみんなで私のことフツーに放置してんの?
てか、あのさ、考えたんだけど、ちゃんと仲直りしよう。でね、お菓子持ってきたから、今から・・・」

いつもすこーし間が悪いけれど、気配りと調整の天才、花音。
私を支えてくれる、大切な友達。ケンカした後だっていうのに、みんなが集まってくれると、ホッとする。

「あはは、花音ちゃん。もうそれは解決したんだよー」

彩花ちゃんがそういうと、わかりやすく花音のほっぺたがプクッと膨らんだ。


「もー!そーやっていっつも私抜きで勝手にさー」
「花音。・・ね、お菓子もらっていい?あと、そこに座ってくれる?」
「あ・・・う、うん」

大丈夫、大丈夫。
たまには自分から、自分の思いを話そう。3人なら、一緒に頭を捻って考えてくれるはず。一番いい、答えを。


「紗季、花音。
私ね、実はずっと前から・・・」

118 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 16:22:53.29 0
今日はここまで
番外編ゆうかりんお嬢様過去もこんな感じで締めです
また今度続く・・・かも?
いろいろありがとうございます!
次回から学園本編です
最初の目線主御提案いただけると助かります
あとは思いついたら階段ちさまいのシリアスを挟んでいこうかと
来週は忙しくなるので更新がまちまちになります
宜しくお願いします

119 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 18:49:50.01 O
成る程これは気まずいだろうねゆうかりん
目線はここはお嬢様を希望

120 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 19:18:31.78 0
会われへんかったんかぁぁぁぁーーー!!!!
そらアカン!アカンでぇゆうかりん!!

しかしお嬢様の人心掌握術は見事としか言い様ないな
印刷文の一言だけってめっちゃ気になるやんめっちゃ気になるやん

目線はお嬢様で

121 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 21:02:02.60 O
作者さんおつであります♪

122 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 21:12:36.58 0
くっそー、雅めぐが無事修復して安心したのも束の間、また新たな問題が出てきやがって…。気になりすぎるわ

123 :名無し募集中。。。:2012/01/20(金) 22:22:12.45 0
作者さん乙です
ヤマアラシのジレンマですかこの関係は切ないですね
学園の外では寮生達との様な関係にはなれないのでしょうか

124 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 77.0 %】 :2012/01/21(土) 00:11:49.03 P ?PLT(12001)
今からでも遅くはない
勇気を出してお嬢様にアタックだゆうかりん

125 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 01:53:22.62 0
お嬢様おやすみなさい

126 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 06:16:53.68 O
おはようございますお嬢様

127 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 09:31:51.06 0
花音ちゃんがかわいいにょん

128 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 12:01:06.56 0
お嬢様昼餉にございます

129 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 13:50:52.36 0
リ*-一-リ Zzzz....

130 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 16:11:18.40 0
寒いですねお嬢様

131 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 17:06:05.08 0
少年編のありかんがオットコマエ&思考盗聴が怖すぎてもうハンバーグしかわかんないだもん状態

132 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 19:03:49.56 0
ありかんちょっかい出し過ぎw気があるんじゃないかw

133 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 19:26:44.83 0
少年よ調子に乗ってンな
今のは萩原に報告しとくかんな

134 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 21:22:50.80 P
お嬢様復活でございます

135 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 23:17:14.57 0
熊井ちゃんと仲が良いようだから間に入って掻き回してもらおう

136 :名無し募集中。。。:2012/01/21(土) 23:30:53.24 0
あやちょと舞様が代理戦争になったりして

137 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 01:14:08.11 0
それはそれで見たい

138 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 01:58:28.96 0
お嬢様おやすみなさい

139 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 07:34:40.53 0
お嬢様おっはよー

140 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 10:18:00.61 0
お嬢様はおねむにございますか

141 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 10:19:03.52 O
栞菜ちゃんかわいい

142 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 12:44:42.00 0
759 :名無し募集中。。。 :2012/01/22(日) 12:25:08.29 0
http://st73.storage.gree.jp/album/23/42/27952342/b28a2eda_640.jpg

771 :名無し募集中。。。 :2012/01/22(日) 12:39:57.21 0
>>759
飯窪の側の焼肉だけが減っててワロタ
小学生コンビは焼くのを待ってるだけかw

143 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 78.1 %】 :2012/01/22(日) 15:17:16.85 P ?PLT(12001)
お嬢様おやつにしましょうか
白いアレをたっぷり入れたアレを飲みましょう

144 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 17:38:54.71 O
v・)

145 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 18:51:16.59 0
>>73
舞ちゃんに決して嫌われたわけじゃなさそうではあるが、あの時の答えがNOであることには変わりないわけで。

でも、それでも構わない。
僕の気持ちをはっきりと伝えることが出来たということで、むしろ何かふっきれた気持ちになっているんだ。
それに、いつかは舞ちゃんも僕に振り向いてくれる日がくるかもしれない。


舞ちゃんたちを見送ったあと、幸せな余韻に浸っていたら、後ろから僕の名前を呼ぶいつもの声が聞こえた。
聞きなれたこの声。

だが、振り向いてその人を見たとき、そこにいるのが誰なのか一瞬分からなかった。

熊井ちゃん・・・だよね・・・
何だ、その目元のやたら濃い化粧は。
今日はまたずいぶんと張り切ってお化粧をされているようで。どこのシャイニープリンスだよ。
この人は、このメイクで学校に行くつもりなのか。熊井ちゃんさすが、としか言い様がない。
濃いメイクをした熊井ちゃんはいつもと雰囲気が違っていて、まあ大人っぽいは大人っぽいように見える。
だが、ひとたび口を開くと、そこはそれ、そのクマクマした口調はやっぱりいつもの熊井ちゃんだった。

「あれー? 今日はずいぶん明るい顔してるけど、いいことでもあったの?」
「熊井ちゃん、おはよう。お陰様で舞ちゃんに会えたんだよ」
「お、舞ちゃんに会えたんだ。どうだった?」
「うん、見てくれたんだよ! 僕のことを舞ちゃんが!!」


146 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 18:54:04.72 0
>>145
興奮さめやらぬ思いで、熊井ちゃんに先ほどの出来事を報告する。何といっても、熊井ちゃんには感謝しているのだ、一応。
そのとき僕はあまりにも嬉しい気分だったので、このマジレッサーに対してつい軽口を叩いてしまった。

「舞ちゃんの気持ち、僕には感じられたよ。舞ちゃんもきっと多少なりとも嬉しかったはず!僕がいつもどおりここにいるのを見て!」
「まぁ、それはないだろうけどね」

自分を鼓舞する意味で希望的観測を口にしてみたのだが、それに対しては大きな熊さん一蹴。正論をキッパリと言われてしまう。
せっかく盛り上がってたのに・・・なんて思いながら、口を真一文字に結んでいじけそうになってしまう。
そんな僕を、熊井ちゃんがじっと見つめる。
だから、その顔でそんな見てくるなよ。怖いよ。
目の前にいる王子様は、唐突に僕にこんなことを言ってきた。

「よし! これからうちと一緒に来て」
「熊井ちゃんと一緒に? って、どこへ?」
「ごちゃごちゃ言わず、ついて来れば分かるから」

何かを思いついたのか。
熊井ちゃんの思いつきとか、何それ怖い!状態だけど、僕には彼女の言うことに反論するという選択肢は無いのだ。
急な展開にとまどいつつも、言われたまま彼女に連れられて歩いていくことになった。

だんだん同じ方向に歩く学園の生徒さんが増えてくる。
この方向ってことは学園に向かっているのか。



147 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 18:56:24.75 0
>>146
女子生徒の流れの中を歩くのはちょっと恥ずかしい。かたや熊井ちゃんは、いつも通りの堂々とした態度で颯爽と歩いている。
この人は学園の通学路を男連れで歩くということさえ、何とも思っていないんだな。
そんな流れに乗って歩き、程なくして学園の正門に着いた。
そのまま正門をくぐろうとする熊井ちゃん、だが僕は当然そこで立ち止まる。

「ちょちょ、ちょっと待って熊井ちゃん!」
「なにさ、急に立ち止まって?」
「僕が学園の中に入れるわけないだろ。もういいかな。僕もそろそろ学校に向かわなきゃn
「大丈夫だよ。こっそり中に入っちゃえば、あとは何とかなるって」

何もしなくても目立っている熊井ちゃんが大きな声でそう言った。
男子生徒が女子校の中に入って、何とかなるわけないだろ・・・
しかも正門から堂々と入ろうとしてたじゃん。そういうの“こっそり入る”とは言わないと思うけど。
この人の思考回路は本当にどうなっているのだろう。一度真剣に考察してみたいものだ。


「だいたい僕が学園に来てどうするんだよ」
「今日の1時間目、たぶん舞ちゃんはサボって給水塔にいるから。そこに行こう」

“そこに行こう”って、僕が学園の中に入れるわけないだろ。何考えてるんだ。

「会いたくないの? 舞ちゃんにさ」

だから、そんな大きい声で聞くなよ・・・

そりゃ会えるものなら会いたい。
でも、だからといって学園まで押しかけるっていうのは・・・
そういうのストーカーって言うと思うんだけど、熊井ちゃん。


148 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 18:58:43.44 0
>>147
「舞ちゃんが本当のところはどう思ってるのか、舞ちゃんに会って話しをするべきだよ、うん!」
「いや、そんなのハッキリとなんかさせなくていいんじゃ・・・ゆっくりと関係を再構築していった方が・・・」
「そんな悠長こと言ってていいの? ことわざでも言うでしょ、急いては事を仕損じる、って!」
「ことわざ間違ってるよ・・・ てか、やっぱりデリケートな問題なんだからさ。舞ちゃんだって、あまり突っ込んで欲しくないと思ってるんじゃ」
「だめだよ、すぐにハッキリさせないと。そういうの、うち落ち着かないから!」

自分の感情の高まりのままに告白した結果、今こういう状態になってるのだ。
再び同じ過ちを犯すほど、僕は学習能力の無い人間では無い。
自分でも冷静な分析が出来たと思うが、熊井ちゃんは僕の訴えを全く聞いてくれなかった。

熊井ちゃんは、僕の考えてることを聞いても最初から最後まで丸ごと無視したあげく、うちが落ち着かない!という僕には関係ない理由で舞ちゃんに会おうとしている。
彼女の頭の中ではどのような素晴らしい考えになっているのか、熊井ちゃんは自分の考えにすっかり心酔しているようだ。
こうなった彼女にはもう何を進言しても無駄なのだ。このまま流れに身を任せるしかないのだろうか。

「大丈夫、まかせて。うちがちゃんと会わせてあげるから」


こんな正門のどまん前でそんなやりとりをしているのだから、僕たちは目立ちまくってる。
熊井ちゃんはただでさえ目立つのに、今日はこの王子様のようなメイクなのだ。
通りがかった生徒さん達がみんなこっちを見て通り過ぎていく。
熊井ちゃんにうっとりとした表情で見入っている中等部の生徒さんまでいるよ。
その子にケイタイで写メられたりしても、熊井ちゃんは全く意に介してない様子だったけれど。
さっきの通学路といい、その動じない姿勢、さすが大きな熊さんです。

まわりが女子生徒ばかりというこの環境、さすがに僕は気恥ずかしかった。


149 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 19:00:39.33 0
>>148
「熊井ちゃん、ここは目立ちすぎるからさ。ちょっとこっちへ」

とりあえず、正門のどまん前ははずそう、そう思って熊井ちゃんを誘導していたら、僕も知っている人がやってきた。

梨沙子ちゃんだ!
りーちゃん、おはよう!!

りーちゃんは今日もかわいい。そのうちまた放課後に彼女と会える日が来るのかと思うと楽しみでならないなムフ。
そしてもう一人、梨沙子ちゃんと一緒に歩いてきたのは、ちょっと恰幅のいい貫禄のある感じの生徒さんだった。
彼女たちに気付いた熊井ちゃん。

「まーさ、梨沙子、おっはよー!!」
「おはよう、熊井ちゃん」

熊井ちゃんが、まーさ、って呼んだこの人。
そういうことか。この人がお姉ちゃんの後任の生徒会長さんだ。茉麻さん。

彼女のその長く美しい黒髪に目を引き付けられてしまう。とても綺麗な髪だなあ、それが強く印象に残ってる。
たぶん、この学園の生徒会長さんには、当然のように日本美人の人が選ばれるんだろう。
さすが、伝統ある女子校だ。

彼女は今この状況を見て、当然思われたであろうその疑問点を僕に質問してきた。

「うちの学園の生徒に何か御用ですか?」


150 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 19:02:27.22 0
>>149
他の高校の、しかも男子生徒がこの時間に学園の正門にいるのだ。誰が見ても怪しいと思うだろう。ましてや彼女は生徒会長なのだ。
生徒会長さんはその職責からか、自分の学園の生徒を守るように熊井ちゃんの前に立ちはだかり、僕に問いかける。
学園の生徒である熊井ちゃん側に立つのはわかるけど・・・
彼女の後ろで守られている熊井ちゃんの方が、僕よりもずっと怪しい外見なのではないだろうか?と思うのは、それは僕の主観だろうか。

僕は彼女の問いに対して、何て説明すればいいんだろう。

(僕は訳も分からず一方的に、熊井ちゃんによってココへ連れてこられたので、その質問はその後ろの人にお願いします)

こういう答えをしたいところだが、それでいいのだろうか。
“熊井ちゃん”とはどういう人かが分かってもらえば話しは早いだろうが、それをイチから説明するのはめんどくさいな。

そう思った僕にとって幸運だったのは、彼女の横には梨沙子ちゃんがいたことだ。
梨沙子ちゃんが生徒会長さんに説明してくれた。

「この人、熊井ちゃんの子分の人だよ、まーさ」
「子分? 熊井ちゃんの?」

だから、僕は熊井ちゃんの子分なんかじゃない・・・


151 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 19:05:04.01 0
>>150
僕が熊井ちゃんと知り合いらしいということで、だいたいの事情を察してもらえたらしい。
茉麻さんは熊井ちゃんという人のことをよく知っているようだ。
今この場所に立っているのは僕の意思ではないということ、つまり僕が決して怪しい人間ではないということを理解してもらえた。
さすが熊井ちゃんだ。“熊井”その名前を出すだけで、全ての行為を万人に納得させることのできる人間力。それが熊井ちゃん。

でも、とりあえず良かった。
もし、この場所に立つ僕を現認したのがなかさきちゃんだったとしたら、申し開きも許されず一方的に不審者扱いされるところだっただろう。
それを考えると、見咎められたのが風紀委員長ではなくて生徒会長だったのは僕にとって幸運だったのかもしれない。


「熊井ちゃんの友達なんだ。でも熊井ちゃん、ほどほどにね色々と」

茉麻さんは熊井ちゃんに向き合うと、大きな熊さんを軽くたしなめる。茉麻さん、まるで猛獣使いみたいw
さらに茉麻さんは熊井ちゃんに温かい視線を保ったままこう言った。

「あと熊井ちゃん、その化粧も。今日は風紀チェックが無かったからいいけど、そんな化粧したりして、またなっきぃの血圧が上がっちゃうでしょ」
「ねー、まーさ、今度一緒に男装喫茶とか行ってみようよ。茉麻は絶対似合うと思うんだよねー、男装。メイドさんたちにモテるよーきっと」

うわー・・・ 相変わらず人の言うことを全く聞いてないよ・・この人。
そんな熊井ちゃんの返答を聞いて、苦笑する茉麻さん。それでも熊井ちゃんに対して温かい瞳はそのままだった。

さすが生徒会長さんになるような人だ。人間が出来てるなあ。
温かく見守るその姿勢といい、まるで熊井ちゃんの保護者のようだ。


152 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 19:25:40.96 0
つづきます

>>118
チンプイさん乙ですー!
憂佳ちゃんよりによってお嬢様の気にしているであろうことを間違えてしまうとは
それで憂佳ちゃん自身も傷ついてしまっているのが切ないです
ふたりの今後の関係にも要注目ですね
それにしても、繊細で傷つきやすいお年頃のお嬢様に対して大人たちのヒドい対応w
あと、花音ちゃんのキャラ、好きですw
この4人組の中でいいアクセントになっていますよね
少年もこれだけ熊井さんに振り回されていたら、そのうち花音ちゃんに咎められたりするのかな
学園本編もとても楽しみ、そして久しぶりの階段編も楽しみにしています
楽しみばかりでなんか幸せ感じてます


153 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 20:58:31.84 0
須藤さん熊井ちゃんの取り扱い方法を教えてあげてw

154 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 22:20:50.66 0
从o゚ー゚从<男装喫茶・・・ジュルリ

155 :名無し募集中。。。:2012/01/22(日) 23:52:29.62 0
リ*・一・リ<おやすみなさい

156 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 01:26:21.53 O
お嬢様お先に寝ませていただきます

157 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 01:57:17.20 0
お嬢様おやすみなさい

158 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 07:06:08.02 0
お嬢様いってまいります

159 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 08:14:10.35 0
熊井ちゃんをやんわり御することが出来るのはまあさだけだな
流石ビッグママ

少年の熊井ちゃんに対する服従心はもうDNAレベルにまで刻み込まれてるなw

160 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 11:41:31.72 O
パシリだなw

161 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 84.3 %】 :2012/01/23(月) 12:49:34.29 P ?PLT(12001)
今更ですが
舞波ちゃんは今でも元気にしている様ですよ
お嬢様

162 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 15:46:23.08 O
リ・一・*リ

163 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 16:18:28.64 0
くどぅの再登場を願っています

164 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 19:25:02.62 O
初等部も出して欲しい子たくさんだ
まぁちゃんとかかりんちゃんさんとか

165 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 21:00:35.71 0
栞菜ちゃんかわいい

166 :名無し募集中。。。:2012/01/23(月) 22:43:11.16 O
おやおやなさいませお嬢さま

167 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 00:16:51.34 0
ttp://chisamai.jp/img/cm_08556.jpg

168 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 01:53:47.98 0
お嬢様おやすみなさい

169 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 07:05:53.35 0
お嬢様いってまいります

170 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 07:59:34.59 0
リ*・一・リノシ

171 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 83.1 %】 :2012/01/24(火) 12:41:31.61 P ?PLT(12001)
お嬢様路面が凍っております
お気を付けて

172 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:40:56.99 O
ツルッツルお嬢さま

173 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:46:07.50 0
身動きの取れない寝心地の悪さで、私は目を覚ました。


「・・・・栞菜。」
「むにゃ」

右手を私の頭の下に、左手を腰に回した彼女・・・栞菜は、寝ぼけ眼で私に顔を近づけてくる。


「やめなさい!どうしてそうやって、千聖の体に触れたがるの!」

あまり、体に触れられるのは好きではないと伝えているはずなのに・・・。一緒のベッドで寝ている栞菜は、最近、そういう私の訴えを聞き入れなくなってきた。


「腕まくらもリハビリの一環だかんな、お嬢様。・・・あー、腕が痺れる」
「当たり前でしょう。頭の下に腕を置いたら、そうなるに決まってるわ」

腕をさすってさしあげると、栞菜はなぜかニヘッと嬉しそうな顔で笑った。

「腕まくらは男のロマンだかんな」
「・・・栞菜は女の子でしょう?」


全く、冗談ばかり言って。
栞菜はとても頭がいいから、煙に撒かれて、考えている事がよくわからない。
それはまあ、確かに、栞菜に抱きつかれたり、体に触れられるようになってから、以前ほどスキンシップに抵抗がなくなってきたとは思うけれど・・・まるで子ども扱いをされているみたいだ。


「栞菜、もう千聖は高校生なのよ」
「知ってるかんな」
「そうやって、抱いてあやすようなことはしないでちょうだい。私は高校生なの」

174 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:46:23.38 0
大事な事なので、2回繰り返させていただきました(キリッ)

そう、壁に掛かっている、青い制服は高等部進学の証。
舞がいくら私を子供だと言おうとも、お父様にチビすけなどと呼ばれようとも、私はもう、赤い制服に袖を通す事はない。
だから、これからは上級生らしく、大人の振る舞いを見につけなくては。
生徒会だって、代替わりをして、私も役職に就かせていただくこととなった。
いつまでもあまえんぼうではいられないのだと思う。


「・・・はぁーん、何か考え込んでるその横顔、凛々可愛いかんな!」
「きゃんっ!どうしてそんなところに触れるの!やめなさい、命令よ!」


*****
「いってらっしゃいませ、お嬢様」
「ええ、千聖がいない間、家のことをよろしくね」

いつもどおり、め・・・村上さんに見送られながら、寮の入り口へ足を運ぶ。


「おはようございます、お嬢様」
「ごきげんよう、なっきぃ」

皆さんよりも先に、門扉の前で待っていてくれたのは、なっきぃ。
お見本のような制服の着こなし、スラッとした肢体に、可愛らしいお顔。お人形さんのような美少女とは、なっきぃのためにあるような言葉だと思う。
私は背が低くて、変に肉付きの良い箇所があったりしてバランスが良くないし、比べるのもおこがましいけれど・・・あと1年したら、なっきぃのようになれるのかしら?
栞菜のように、難しい言葉を自然に使ったり・・・その先の未来では、舞美さんやえりかさんみたいな優しくて美しい女性になれるのかしら?

175 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:46:40.27 0
どれも、自分に当てはめてみるとしっくりこない。きっと、わたしのまわりには、魅力的な女性があまりにもたくさんいすぎるから。

「お嬢様、今日は舞ちゃん、総務の仕事が滞ってるとかで、先に行ってるみたいです。栞ちゃんは愛理と話があるとかで・・・」
「あら、そうなの?」
「なので、今日は私と2人で行きましょう。キュフフ」

そんなわけで、私はなっきぃとともに林道へと足を運んだ。
去年までは寮の方3人以上と一緒でなければ、登下校は車を使うように言われていた。
だけど、高等部に上がるのを契機に、私はお父様とじっくり話し合って、幾つか約束を改定してもらうことができた。

「キュフフ、2人で登校って新鮮ですね」
「ええ、本当ね。初めてかもしれないわね」


これもそのうちの1つ。
今年度からは、一人でなければ、徒歩で登下校してもいい、ということになった。
通学以外の外出に関しても、同じく一人でしないこと、行き先を現地から逐一めぐ・・・村上さんに報告するのを守れるなら、構わないと。


「お前も、いつまでも子供じゃないんだよな」

なぜか少し寂しそうに、お父様は笑っていた。
同時に、こうも言っていた。その代わり、ちゃんと責任を果たせる人間になりなさい、と。


高等部1年生、生徒会役員。
まだ始まったばかりの新しいスタートだけれど、今までのようにボーッとしているわけにはいかないと思う。

176 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:46:59.12 0
生徒会長就任の挨拶を堂々と成し遂げ、学校中の生徒の心を掴んだ茉麻さん。
これが天職、と笑って、2期目の副会長に就任したなっきぃ。
言葉は少ないけれど、みんなの気がつかないようなポイントを見逃さず、ゆるりふんわりと議題に上げる、新副会長の愛理。
会計補佐から正規役員になった栞菜も、昨年度同様、そつなく実直に業務を遂行することだろう。
新設となった総務の舞に大きな熊さん・・・斬新な切り口で、学園内の様々な問題に着手していく姿が、容易に想像できる。
すぎゃさんは、広報の仕事をなさると言っていた。新聞部の皆さんも、色々とお力を貸してくださると。


私は・・・一体、何が出来るのだろう。
生徒会役員として、書記として。

あまり考え込まなくていいんですよ、と前書記のえりかさんはおっしゃっていたけれど、私の場合は、誰よりも努力しなくてはいけない。
皆さんと、良い学校づくりを目指していくために、もっとしっかりしないと。


「あら、お嬢様ったら。難しい顔して、どうなさったんですか?」
「・・・なっきぃ。千聖、書記のお仕事、精いっぱいお勤めするわ。制服も青になったんですもの。お姉様学年だわ。後輩をお導きする立場。そうでしょう?」
「まあまあ、そう気張らずに。一歩一歩ですよ、お嬢様」


なっきぃはいつもどおりキュフフと笑って、私の胸元のリボンをキュッと結びなおしてくれた。
そんな仕草だけでも、安心感を覚える。
私もいずれは、こうして誰かのリボンやタイを直す側になりたいけれど・・・気持ちばかりが焦ってしまう。



「あら・・・?」

なっきぃと一旦別れ、靴箱を開けると、そこに手紙が何通か入っていた。
水色やピンクの可愛らしい封筒。私のために選んでくださったのだと思うと、申し訳ないような、気恥ずかしいような気持ちになる。

177 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:47:20.25 0
中等部の頃も、たびたびこうしてお手紙をいただくことがあった。
こんな私に憧れている、などと言ってくださる下級生もいて、改めて、気を引き締めなければと感じる。

今夜、お返事を書こうかしら?
そんなことを考えながら、靴をしまっていたら、「ちしゃと」と声を掛けられた。

「うふふ、舞ね」

振り向かなくてもわかる。
私を名前を口にするときの、独特の舌たらずな声。甘い、ベビーパウダーの香り。
今朝は朝食のタイミングが合わず、お顔を合わせていないから、久しぶりに会えたような不思議な感覚を覚える。

「ごきげんよう、舞。総務のお仕事は?」
「もう終わった。いこ」

舞は私の手首を掴んで、ぐいぐいと引っ張る。

「舞ったら、中等部の昇降口はあっちでしょう?わざわざこちらに来てくれたの?」

そう問いかけると、舞はなぜか眉をしかめた。

「舞?」
「・・・ってか、それ、また全部返事書くわけ?きりないじゃん、そういうの」

私の問いかけには答えてくれず、不機嫌そうな顔で手紙を指さす舞。

「でも、せっかくいただいたのだから、千聖はお返事をしたいわ。下級生からのお手紙なら、尚更。
学校のことでお悩みがあるなら、千聖が上級生としてお答え・・・」
「いちいち上級生って言わないでよ」
「どうしたの、舞」

178 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:47:36.64 0
このところ、舞はあまり機嫌が良くない。
寮やお屋敷で遊んで過ごしているときはいつもどおりなのだけれど、私が学校生活の話をすると、途端にこうして表情を曇らせてしまう。


「・・・青の制服、似合ってない。
ちしゃとは舞と同じ赤でよかったのに」

独り言のようにつぶやくと、もう舞はこちらを向いてくれずに、私の手を引いたまま前を歩き出した。

179 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 15:48:29.29 0
今日はここまで
学園本編です
はりきりお嬢様とイライラ舞様
>>142
おっ華やかなお席ですな
たしかにお肉の減り方で何らかの力関係というか関係性がw
キュートちゃんたちは概ねダンゴになっていたようですがこういう席のこと
ウロチョロ交流があったものと思います
のでそういったものをユーストリームで流してください偉い人
>>145
少年作者さん乙です!
熊井ちゃんヅカメイクは絶対似合うでしょうね
あの美貌に長身・・・学園熊井ちゃんの思考ならうっかりコスプレ界に迷い込んでしまいそうなw
熊井ちゃんは別に少年を励まそうとか地獄に叩き落そうとかそんな意図は全くなく
ただ自分がこうだと決めた方向に軌道修正してあげているのではないかと思い始めました
恐ろしい子・・・!
安定の茉麻ママなら少年を救う手立てを考えてくれそうな予感が
何せなっきぃには全女性の敵のような扱いを受けてるわけで・・・初の(?)救世主となるのかママ!
しかし少年は女ったらしとか子分とか散々な位置づけにいますねw一番良いあだ名が「ももちゃんさん」ですな
>>163
再登場予定です
>>164
ちゃんさんにまさきちゃんですね!
特にまさきちゃんは色々只者ではない話を聞きますwおすすめのつべなどあったら是非教えていただけるとありがたいです
>>167
ちしゃとの二の腕プッシュ会開催まだー?
>>172
ノk|'−')<トゥルトゥルハァハァハァ

180 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 18:56:43.26 0
作者さんおつです
お嬢様目線は久しぶり?無神経お嬢様を堪能したいw

フォトテクニックデジタルに千聖が出るとか楽しみな情報が

181 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 19:23:24.15 0
舞様はもうすっかり牙が抜けて心中晒しまくりだな
だがそれがいいw

つか栞菜の添い寝がもう添い寝とは呼べないレベルな気がしないでもない

182 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 21:06:57.17 0
リ*・一・リ<うふふ

183 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 22:16:24.76 0
>「きゃんっ!どうしてそんなところに触れるの!やめなさい、命令よ!」

そんなところについてkwsk

拾ったんだけど、くどぅーとまさきちゃんw
http://hello.uh-oh.jp/cgi-bin/aaa/img/hell79171.jpg


184 :名無し募集中。。。:2012/01/24(火) 23:37:54.69 O
村上さん不審者侵入です

185 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 01:32:19.94 O
お嬢様お先に寝ませていただきます

186 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 07:05:06.61 0
お嬢様いってまいります

187 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 08:01:04.94 0
リ*・一・リノシ

188 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 79.5 %】 :2012/01/25(水) 12:48:06.03 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
いくらお嬢様が無神経とは言え舞様ももっとどっしり構えれば良いのに
そんなに胸中を露わにするのは自分に自信が無い証拠ですぞ
胸も無いけど(ばき☆)

そして栞ちゃんは既にレズ痴漢の領域…w
入寮当初はお嬢様のお世話なんて無理って言ってたのにww

189 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 16:15:10.18 0
お嬢様が会長となり生徒会を引っ張っていく
いつかそんな日が来るのかしら

190 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 16:28:11.30 0
初等部の幽霊さんも手紙書いたりするのかな

191 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 18:46:01.33 O
まさきちゃんが例の震える字で書いて幽霊さん共々お嬢様を怖がるらせてるよ

192 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 19:57:57.79 0
何で愛佳を出さないんですか作者さん?

193 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 21:54:08.30 0
今夜は冷えるからお嬢様はやくこっちにくるかんな

194 :名無し募集中。。。:2012/01/25(水) 23:08:26.97 O
出たな物の怪

195 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 00:07:00.34 0
村上さんこっちです

196 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 01:30:47.40 O
お嬢様お先に寝ませていただきます

197 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 02:28:36.56 0
お嬢様がすごいことにw

832 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2012/01/26(木) 02:15:15.28 P
shuheimiyachi:
中学校の副教材に! #okaichisato #okaichansleep #c_ute http://t.co/ODxd2Rn5

shuheimiyachi:
岡井千聖のあの記事が!! #okaichisato #okaichansleep #c_ute http://t.co/HQxcl5EI

198 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 07:06:28.32 0
お嬢様いってまいります

199 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 07:32:15.16 0
まとめの人の覚書

まとめの続きは12/7更新分の
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1322219658/
以降

200 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 07:56:38.93 0
リ*・一・リノシ

201 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 10:33:17.51 0
>>197
ワロタww何の冗談かと思ったw
凄いなお嬢様!!
学園でこれをフクちゃん達が使ってるかと思ったら興奮した

202 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 13:25:15.34 O
ちしゃとはマイが育てた

203 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 16:42:00.23 O
リ*・一・リウフフ<舞さんったら

204 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 18:11:20.72 0
千聖はワシが育てたかんな



性的な意味で

205 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 18:33:44.26 0
村上さんこの人です

206 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 20:53:10.94 O
∀`l|<(階段)千聖はワシが育てたんだよ

207 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 83.5 %】 :2012/01/26(木) 22:01:55.73 P ?PLT(12001)
そういえば
http://www43.atwiki.jp/chisato_ojosama/pages/144.html
これの「えりかスペシャル」が気になりますとか言ってw

208 :名無し募集中。。。:2012/01/26(木) 23:54:44.15 0
リ*-一・リ<おやすみなさい

209 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 00:42:34.23 0
お嬢様!さあ早くこの炎を飛び越えて来るかんな!!

210 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 01:12:08.89 O
何故潮騒w

211 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 02:03:52.24 0
お嬢様おやすみなさい

212 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 07:06:16.58 0
お嬢様いってまいります

213 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 08:00:32.73 0
リ*・一・リノシ

214 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 11:43:57.22 O
陽射しが暖かいですお嬢様

215 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 15:53:12.57 O
こちらは寒いですお嬢様

216 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 17:23:39.55 0
「千聖様、おはようございます!」
「ごきげんよう」
「おはようございます、千聖お嬢様」


教室に行く途中、何人かの下級生に声を掛けられる。
以前、私の“親衛隊”をお名乗りになっていた上級生はもう卒業し、現在は下級生が、そういった名前のグループを継いでいるという。・・・私のことを気に掛けてくださるのは嬉しいのだけれど、少し、気恥ずかしい思いもある。

「・・・ちしゃと、早く」

舞はさっきよりも苛立たしげに、私の手を引っ張る。

「ちょ、ちさまいktkr」
「あの舞様を振り回せるのって、千聖お嬢様だけだよね!」

せっかく話をしてくれた下級生の声が、遠ざかっていってしまう。


「もう、舞・・・何を怒っているの。そんな態度を取ったら、怖がられてしまうわ」
「・・・ふん、どこが怖がってんだか」


舞は自分の知らない人が、私に話しかけることを極端に嫌がる。
理由を聞いたこともあるけれど、“聞かなきゃわかんないの?”と怒られてしまった。

いつも私のことを考えてくれて、私を守ってくれる舞。
だけど、頭の良くない私には、こうして舞の頭を悩ませている原因が良くわからないのだった。


「・・・舞」

少し大きめの声で呼びかけると、階段の途中で舞が止まる。

217 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 17:23:53.79 0
「今日のお昼は、二人で食べましょうか」

そう呼びかけると、その大きな目が、さらに見開かれる。


「・・・でも、生徒会は」
「ウフフ。定例会議は放課後だから、昼食会はキャンセルさせていただきましょう。
給水塔でいいかしら?」
「・・・栞菜に見つからないように、気をつけてよね」


もう、舞は笑顔になっていた。
よかった。最近は2人っきりで過ごす事が少なかったから、舞もそれで苛々してしまっていたのかもしれない。
お昼までに、話すことを整理しておかないと・・・。そんなことを考えながら、舞と手をつないでいると、「千聖様」と後ろから名前を呼ばれた。

「あら・・・」


初等部の丸襟ブラウスに、紐リボン。
すっきりと、和風なお顔立ちのその下級生を、私は知っていた。

「ごきげんよう、宮本さん」
「わあ、覚えていてくださったんですね!うれしい」
「お手紙、よくくださるでしょう?
いつも同封している、あの・・・プリクラというのかしら。写真のシールで、お顔を拝見しているから」


そこまで話して、ふと、舞の方を見る。
お昼の屋上での約束があるからか、さっきのように不機嫌な顔はしていないみたいだ。
口をキュッと引き締めて、宮本さんの顔を、じーっと見つめている。舞が何かを思い出そうとする時の癖。本人が嫌がるから言わないけれど、獲物を狙う猫を思わせる。

218 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 17:24:09.85 0
「今日は千聖様にお願いがあって、高等部の先生に許可をいただき、お邪魔しました」
「お願い?どんなことかしら」

とても綺麗な言葉遣いで、初等部の生徒とは思えない落ち着きぶり。
そういえば、宮本さんはお手紙も上手だった。
丁寧な字で、その日あった珍しい事を簡潔に、感想も添えて文章に起こしていた。

「萩原さんがいらっしゃるのに、このようなお話は恐縮ですが。千聖様。私と・・・」


「ちょっと、かりん!!」

宮本さんが何かを言いかけたとき、今度は他の初等部の生徒が、叫ぶような声とともにずんずん階段を上がってきた。
栗色の髪。くっきりとした二重瞼が、やけに艶っぽく、大人びて見える。小柄で華奢な体とアンバランスで、その危うさが不思議と魅力的に感じられた。


「あの・・・?」

そのハスキーな声を、どこかで聞いたことがある気がして・・・もう一度聞きたかったのだけれど、彼女は私とは目を合わせてくれず、一礼して宮本さんの首根っこをつかんで階段を下りてしまった。


「ちょっと、遥ちゃん!なにすんのよ!」


何だか、慌しい。
せっかくわざわざ会いに来てくださったのに、ほとんど会話も出来なかった。
今日いただいたお手紙の中に、宮本さんのもあればいいのだけれど・・・。

「・・・ちしゃと」
「え?」

219 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 17:24:27.37 0
そんなことを考えていると、ずっと黙っていた舞が口を開いた。

「・・・まあ、とにかくお昼、忘れないでよね。舞、多分先に行ってるから」
「ねえ、舞。今のお2人」
「ね、わかった?」
「・・・ええ」
「じゃ、舞中等部の方戻るから」


――怒ってはいない、と思うけれど、何とも言えない笑顔を浮かべた舞は、手をひらひらさせて、この場を離れていってしまった。

歩きながら電話でもしてるのか、声だけが響いてくる。


「あ、有原?ちょっと調べてよ。オメーの脳内℃変態ロリコン美少女図鑑にさ、ミヤモトカリンとクドウハルカ・・・」

220 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 17:24:45.42 0
今日はここまで
キレてないでしゅよ。舞キレさせたら大したもんでしゅよ
>>180
わーいデジ聖ちゃんや!楽しみに待ってます
>>183
ありがとうございます!
まさきちゃんなかなか濃ゆいキャラのようで・・・どう描いていくか練ってみますね
>>189
Σリ`一´*リ キリッ
メロンの大谷さんのAAみたくなってしもうた
>>192
お待たせしていてすみません!
学園編での登場を考えているのですがさゆみさんのような形になると思うので
今の代の形が見えてきてから描かせていただこうと考えています
>>197
何かきたー!!!
岡井さんと生○きゅんとこびとづかんとオカルト本で埋め尽くされたアマゾン履歴にやっと知的な刊行物が・・・
>>199
いつもありがとうございます!
どうぞ御負担にならないペースで・・・
>>207
ハーレクインと雑誌の袋綴じとan○nの○○ッ○特集で磨いた梅さんの知識が炸裂した感じです

221 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 18:17:22.81 0
なんだかんだでまいまいさんはありかんと仲いいよねw

かりんちゃんのお願いが気になるわー
いきなり出てきて問答無用のくどぅーにワロタ

222 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 20:28:09.77 0
ちゃんさんキタ!!
宮本工藤のふたりとも千聖を好きと公言してたからねー
お嬢様を巡るバトル楽しそうw


223 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 20:56:26.99 O
>>222
宮本工藤のバトルを陰から妖しげな目付きで見守るA原さんとF久村さんが


>「ちょ、ちさまいktkr」

“親衛隊”のこの発言はF久村さん?w

224 :名無し募集中。。。 :2012/01/27(金) 22:21:42.13 0
本人が嫌がるから言わないけれど、獲物を狙う猫を思わせる。

この表現って先週のtube動画を見ているときの表情だったりするのかな?

225 :名無し募集中。。。:2012/01/27(金) 23:14:30.29 0
光井とか辞めてよチンプイさん

226 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 01:02:17.35 0
おやすみなさいお嬢様

227 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 02:16:48.12 0
お嬢様おやすみなさい

228 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 07:29:57.96 O
Good morning! Ms.Chisato.

229 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 08:19:54.72 0
リ*・一・リ<ぐーてんもるげん

230 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 68.2 %】 :2012/01/28(土) 08:23:26.51 P ?PLT(12001)
今日はドイツ語のお勉強ですか
お嬢様

231 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 12:14:53.29 0
リ*・一・リ<どうかしら?

232 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 12:30:21.20 O
この頃よりはお上手になりましたね
http://www.youtube.com/watch?v=j_2HL_8gr2U

233 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:38:43.58 0
>>151
自分のすることを注意されたりしても反抗的な態度を取らないなんて、熊井ちゃんはこの生徒会長さんにずいぶん懐いているんだな。
どうすれば熊井ちゃんをそんなに御することが出来るのだろう。茉麻さん、只者ではないな。
そんな彼女に見惚れていると、いきなり明るい声が聞こえた。

「みんな、おっはよー!」

朝のこの時間、次々と生徒さんがやってくる。今もまた2人。
いま挨拶をした人の、その横に立っているのは僕も知っている人だった。

み、雅さんだ。
間近で見る雅さんは、それはそれは美しかった。
こんなに美しい人だもん、そりゃここにいるりーちゃんの目も輝くわけだよ。

「梨沙子ちゃん、おはよう」
「夏焼先輩!お、おはようございますっ!!」
「おいおいりーちゃん、徳永先輩には挨拶なしかい?」
「おはよ、ちー」
「何だ、そのテンションの違いは!」

「ちー、みや、おはよー」
「おぅふ熊井ちゃん。今日もまたずいぶんと個性的なメイクだね」


あの雅さんが今目の前にいるとは、何か信じられない思いだ。
Buono!ライブであのオーラを放っている姿、そしてあの歌声を思い出す。その雅さんが目の前に。
それにしても、本当に何という美しさだろう。しかもこのクールな感じがたまらない。見とれている梨沙子ちゃんの気持ちがよくわかる。

そしてもう一人、隣の雅さんとは対照的なニコニコ顔の明るそうな人。
徳永さん、でいいのかな。


234 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:40:44.89 0
>>233
「おー、もぉ軍団の残党が集合してるねー」
「残党て。もぉ軍団はうちを新しいリーダーに今も進化し続けてるんだけど!」
「そうなの? じゃあ、その新リーダーの熊井ちゃんにそのうちインタビューしてみよっかな。面白い記事になりそうだね」
「違うよ、ちぃ。あくまでも“自称”新リーダーだゆー」

りーちゃんのつぶやきは聞こえなかったのか、徳永さんにおだてられた熊井ちゃんはあからさまに機嫌がよくなった。

「うちが学園新聞の一面トップかー。もちろん写真付きだよね。あ、それならさ、今日撮ってよ」
「いや熊井ちゃん、一面はないから」
「ぐんだんちょーが聞いたら怒っちゃうよ、熊井ちゃん。勝手なこと言って!って」
「そういえば、桃のことしばらく見てないわー。どうりでここのところ平和だと思った」
「たぶんまたすぐ会えるよ、この学園の中で。それも近いうちにねー。徳さんによろしくって言ってたし、もも」
「なんで私を名指し? うっぜーな、相変わらず」


僕に気付いた徳永さんが、熊井ちゃんに続けて尋ねる。

「ところで熊井ちゃん、その子が例の舞ちゃんに告白して玉砕した少年かな?」
「そうだよ。でもあきらめきれなくて、それで今日も舞ちゃんに会うために来たんだって。こんな時間にわざわざここまで」

ちょ、、、それ、違う! 
そんな言い方されたら、まるで僕がストーカーみたいじゃないか。
僕は一方的に熊井ちゃんにここまで連れて来られたんだ!


235 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:43:06.63 0
>>234
でも、熊井ちゃんのその発言を聞いても、彼女達はそれで僕に変な目を向けてくることはなかった。
良かった。茉麻さんもそうだったけど、この人たちは熊井ちゃんの性格や人となりをよく知っているようだ。

「舞ちゃんに告白するなんて、それこそ学園新聞の一面なんだけどね。あー、記事にしたいわ」
「ちょっと、ちぃ。そんなことしたらまた舞ちゃん新聞部に乗り込んできちゃう」
「あの・・・ そーいうの、そっとしておいてあげたほうが。あまり舞ちゃんをそのことで刺激しないほうがいいんじゃないかと」
「梨沙子はさー、この間から何か冷めてるよねー。せっかくみんなが一緒になって楽しもうとしてるのにさー」
「まぁまぁ熊井ちゃん。私も梨沙子と同じ意見。そういうのはさ、他人がどうこう口を挟まない方がいいよ」

本当にみんな知ってるんだな・・・ 僕が舞ちゃんに告白したこと。
今のみなさんの発言も、何かいろいろとツッコみたいんだけど(特に熊井に対して)、この人達に対して僕ごときが口を差し挟めるような雰囲気ではなかった。
梨沙子ちゃん頑張れと心の中で応援することしか出来ない僕。

すると、その僕と同じスタンスの人がいた。

「梨沙子ちゃんの言うとおりだと思う。いま茉麻も言ったけど、そういう口出しは余計な御世話だよ。当事者じゃないならね」
「夏焼先輩!(はあと)」

「それと関係あるのか分からないけど、実はわたし見ちゃったんだよね。ちょっと前に舞ちゃんがね・・・ あ・・」

言葉を切った雅さんが僕のことをチラっと見る。

「みや、何を見たの?」
「うん、春休みになる前のことなんだけどね。でも・・・・」


236 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:44:29.90 0
>>235
雅さんがやはり言いよどむと、熊井ちゃんが僕に言った。

「ねぇ! ちょっと向こう行ってて」

席を外すように言われてしまう。
まあ、そうだろう、それはしょうがない。

が、それ以上に今の光景は僕に驚きを与えてくれた。
だって、熊井ちゃんが、雅さんの言葉を濁した断片的な発言だけで、その言わんとすることを察したのだから。
僕の経験上、熊井ちゃんに腹芸というものは一切通じないと思ってたから。
あの熊井ちゃんが場の空気を読むなんていう高度な気遣いが出来るとは、僕にとって驚き以外の何者でもない。

雅さんが舞ちゃんの何を見たのかは気になる。その話しを聞きたい。
でも、舞ちゃんのために、僕はその場をはずして少し距離を置いた。


-------------


少年が場をはずすと、みんなの視線がいっせいに私に集中した。

「え? そんな注目される程のことじゃないんだけど」
「何を見たの?みや」
「いや、まあホント大したことじゃないんだ。でも、やっぱり珍しい光景だったから」
「もったいぶるなよー、みや」


237 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:48:12.70 0
>>236
「舞ちゃんが、って言うより、お嬢様のことなんだけど、ずっと舞ちゃんと一緒にいるんだよね。私が見かけるときは、いつも一緒なの」
「えー!? そんなのいつものことじゃんw」
「違うよ。分からない?いつもは舞ちゃんがお嬢様にくっついてるでしょ。でもそのころ私が見るといつも、ずっとお嬢様が舞ちゃんのそばにいる。この違い分かる?」

笑っていたみんなの顔が真剣な眼差しに変わった。
そんな中、熊井ちゃんだけは表情が変わらず、焦点の定まってないような、あいまいな笑顔を浮かべていた。

あぁ、分かってないな、熊井ちゃんだけ。
だから少し解説するような話し方になってしまった。

「そう、お嬢様の方から舞ちゃんのそばについてあげてるの、ずっと。
舞ちゃんもいつもの舞様舞様な感じじゃなくって。元気が無いっていうわけでもないんだけど、何か思い込んだような顔に見えて。
しかもね、お嬢様が舞ちゃんの手を包み込むように握ってあげたりもしてるんだよ。そんなの有り得ないでしょ。あのスキンシップは好きじゃないお嬢様が」
「お嬢様、スキンシップ好きじゃないんだ。よく知ってるねー、みや」
「熊井ちゃんは知らなかった? お嬢様のそばにいる人ならたいてい知ってるよ。私も昔お嬢様の付き人みたいなことやってたから知ったんだけど」
「そうなんだ。あのお嬢様がそこまで舞ちゃんに」



うん、あとね、実はまだあるんだ。
この前、舞ちゃんに会ったとき、私は舞ちゃんに聞かれたことがある。

でも、これはみんなにも話せない。
だって、あのとき聞かれたことは私と舞ちゃんの間だけのことだから。


****



238 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 15:52:51.56 0
>>237
あれは新学年になってから一日目、始業式の日。
舞ちゃんと私はバッタリ出会った。目が合ったとき、ジロっと睨まれたような気がした。
まぁ、新聞部は舞ちゃんからは快く思われてないだろうから、その時もそのまま穏便に通り過ぎようとしたんだけど。

それがどういう風の吹き回しか、舞ちゃんが私を呼び止めてきた。
そして私は、思いつめたような表情の舞ちゃんからこんなことを聞かれたのだ。


「夏焼さんなら分かるんじゃないかと思って」
「え? 分かるって、何が?」
「男の人ってそういうことを簡単に口にするのかな」
「そういうことって?」
「好き、っていう言葉を言ってくるのって、それってどういうことなんだろう、夏焼さん」

どういうことも何も、そんなの文字通りの意味じゃないのかな。
・・・って、そこは置いとくとして、今の質問、それって・・・

「舞ちゃん、ひょっとして、好きだって言われたの?男の子に?」
「舞は千聖のことが好き。大好き。舞美ちゃんも好き。なっちゃんも好き。だけど、じゃあ例えば栞菜はどうだろ。舞は栞菜が好きなのかな」

天才さんの話しは論点がすぐに飛んでしまうから、言わんとすることを理解するのは難しいな。
でも、そこで真面目な顔をしたまま有原さんの名前を出してきたことで、私は舞ちゃんの真剣さを察することができた。
いつもの舞ちゃんだったら、“栞菜?あんな℃変態のこと好きな奴なんかいるんでしゅか”とでも小バカにした表情をするだろう。
なのに引き合いに出したりして、舞ちゃん本当は結構好きなんだろうな、有原さんのこと。

「栞菜・・・もちろん嫌いなんかじゃない。嫌いじゃないなら、それって好きってこと? 好きと嫌いの差ってなんだろう?」

また随分と哲学的なことを。
そう聞いてくる舞ちゃんのその目は、全く笑ってなんかいなかった。
彼女の言っていること、これは決して冗談なんかじゃないのだ。私は反射的に背筋が伸びた。


239 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 16:18:25.14 0
今日はここまで
ごちゃごちゃした展開になってしまいましたが
少年目線→雅さん目線→雅さん回想、です

次回も雅さん回想のこのシーンから続きます
続きは明日には

>>173>>216
チンプイさん忙しいところ乙です!
後輩さん達が次々と出てくる学年になったんですね、お嬢様も
怯えた子犬のようだったあのお嬢様が・・感慨深いかんな
でも、舞ちゃんが心穏やかでいられないのはよく分かります
みんな青い制服になってしまって、自分ひとりだけ中等部でひとり取り残された気分
そんなところで、後輩達に慕われるお嬢様
自分だけを見て欲しいと思ってる舞ちゃんにとっては、その光景は認めたくないんでしょうね
それを当のお嬢様に当たったりするところが、まだまだ子供っぽくて舞様かわいいよ舞様
かりんちゃんとくどぅのライバル関係にも注目しています
遥ちゃんがこれからどうやってお嬢様にアプローチするのかも楽しみです

まさきちゃんの破壊力は凄いですよね。色々な意味でw
物怖じしない子みたいですね。面識あまりない先輩にもちょっかい出せるぐらいだし、しかも相手はあのももちw
(それで桃子に気に入られて、それを見た真野ちゃんが嫉妬するとか面白いことが)
優樹ちゃんのあの笑顔を見ると彼女の虜になっちゃうんですよね。目を細められた瞬間にやられるのを実感できますから
札幌のブス哲イベで里保ちゃんと共に、舞美ちゃんをロリに目覚めさせた子ですからね優樹ちゃん


240 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 18:28:05.99 0
ヤバいwまいまいさんメッチャかわいいww抱きしめたいww

矢島さんは前から幼女好きなハズ
公園で遊ぶ幼女がいるとつい見蕩れてしまうと語ったり
在りし日のまいまいさん入浴中に突撃してケータイムービー撮ったのは有名な話

241 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 20:31:13.72 O
>>240
うわぁーえらいこと聞いてもた

242 :名無し募集中。。。:2012/01/28(土) 20:54:12.76 0
ボノコン昼公演観てきた
珍しく州´・ v ・)がMCでリ ・一・リの名前出してたと思ったら℃-uteメンバー全員観に来てたのね

リ ・一・リが州´・ v ・)のちゃんと目と口が閉じてる寝顔写真をブログで上げてくれたので、今年は自分の穴という穴が開く残念な寝顔を直したいという話

243 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 81.4 %】 :2012/01/28(土) 23:38:39.46 P ?PLT(12001)
少年作者さん乙です
お年頃な舞様の揺らぐ乙女心
気持ちは分からないでもないですが複雑ですな

244 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 00:55:49.49 0
お嬢様高1時点での後輩学年別備忘録
中3 舞様
中2 岡井明日菜 譜久村聖 小川紗季
中1 
小6 宮本佳林
小5 工藤遥 佐藤優樹

245 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 02:05:59.83 0
お嬢様おやすみなさい

246 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 03:46:56.88 0
リ*-一・リ<おやすみなさい

247 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 06:38:18.39 0
夏焼TIMEの岡井ちゃんはお嬢様っぽい服装だなって思った
そして夏焼さんを前にした時の安定の残念っぷりw

夏焼さんはおしゃれ番長ということで当然イケてたが
まあさんも負けず劣らずおしゃれさんだなーって思った
…けどTVだからみんな衣装かなw
それにしてもショートの夏焼さんは神がかかってるわ

248 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 08:40:58.21 O
リ*・一・リ<雅さんがショートなら千聖はセカンドでアライバですわ

249 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 10:56:48.60 0
ttp://chisamai.jp/img/cm_08560.jpg
ttp://chisamai.jp/img/cm_08561.jpg
ttp://chisamai.jp/img/cm_08562.jpg
ttp://chisamai.jp/img/cm_08563.jpg

250 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 75.0 %】 :2012/01/29(日) 12:56:41.67 P ?PLT(12001)
お嬢様流石です
http://ameblo.jp/nakajima-saki-official/entry-11149185455.html

251 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 15:32:26.23 0
リ*・一・リ<みーやびさんっ!オイッ!みーやびさんっ!オイッ!

252 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:07:23.69 0
>>238
「好きっていう言葉は知覚過程における肯定的な感覚を表現するデジタルな記号にすぎないと思ってた。違うのかな?」

相変わらず難しい言葉を駆使してくる舞ちゃん。私にはその質問の意味からしてよく分からない。
でも、こんなことを私に聞いてくるなんて。舞ちゃん、私に心を開いてくれてるのかな。
それが嬉しかったから、私も舞ちゃんの言葉に誠実に答えようと集中を高めた。

「好き、っていう言葉の中にもたくさんの意味があるんだよ、きっと。LoveとLikeの違いもそうだしさ。
その中でも自分が一番大切にしている気持ちがあるよね。その気持ちだけは相手に真っ直ぐ伝えたいと思えるような。まあ、実はそれが一番難しかったりもするんだけど」
「それなら、舞にとってその言葉を使うのは千聖だけ。そこだけは責任を持ってそう言える自信がある」
「だよね。いま舞ちゃんが言った通りだと思う。好きって言葉を口にするってことは、つまりそれだけの覚悟を持ってるってことなんだよ」
「覚悟・・・」


「舞ちゃん、ひとつ聞いていい? 何でそれを私に? 新聞部の人間なんだよ、わたし」

舞ちゃんはじっと私の顔を見た後、今度はいつもの見慣れた舞様の表情を作られてこう言った。

「夏焼さんは、男の人と付き合ったことありそうだから」

おいおい、私という人間のことをどう思ってるんだか。まあいいけどね。それ、当たりだし。
はぐらかしてもいいところだが、真っ直ぐに話してくれる舞ちゃんを見ると、ありのままを話してもいいかと思う。

「うん、あるよ。もうずいぶん昔のことだけど。ちょっとの間だけだったけどね」
「別れちゃったんだ、その人とは」
「いろいろあってね。まぁ、いい経験、だったのかな」


253 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 75.2 %】 :2012/01/29(日) 18:09:01.27 P ?PLT(12001)
お嬢様
今日も寒いですね
今頃お屋敷で暖かいご夕食でしょうか

254 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:09:21.65 0
>>252
舞ちゃんは私の話を真剣に聞いてくれた。
そんな舞ちゃんだったが、ふいに彼女の表情がニヤリと歪んだ。

「それで今は鬼軍曹とでしゅか」
「・・・・・」
「後夜祭では随分といい雰囲気だったでしゅね。ふふん」
「・・・・・」


****


そんな、舞ちゃんと交わした会話を思い出した。
去り際には「ありがとうね、夏焼さん」とまで言ってくれたのだ。
あの舞ちゃんが私に心を開いてくれたこと、それがとても嬉しかった。
そうやって知ることが出来た舞ちゃんの気持ちだから、私はそれを心の中で大切にしていたい。


「だからさ、私は梨沙子ちゃんや茉麻の意見に賛成かな。他人の私達が口出しすることじゃないし。
今はデリケートな時期だろうから、しばらくは舞ちゃんをそっとしておいてあげた方がいいと思う」

私が同調すると梨沙子ちゃんは、そのかわいらしいお顔をほころばせてくれた。
他のみんなも、だいたい同意見のようだ。

でも熊井ちゃんだけは、みんなとはちょっと違う方向にベクトルが向いているようだった。
私の話したこと、そこに熊井ちゃんなりの独特な解釈を行ったのか、彼女は一人とても盛り上がっていた。

「そっかー。舞ちゃんもそんなに思いつめてたんだ! 友情純情oh青春だね!! ♪とまら〜ぬ せ〜いしゅんに 規定は無し〜さ」

そう言った熊井ちゃんは、とても楽しそうな、そして、温かさを感じるとてもいい表情をしていた。
こういう意外と情に厚いところも熊井ちゃんのいいところなんだろうな。

255 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:11:25.09 0
>>254
でも、私の言ったこと分かってるのかな?
舞ちゃんに変なちょっかい出したりしないよね。

心配ではあるが、真っ直ぐな性格の熊井ちゃんのことだ、決して舞ちゃんの嫌がるようなことをしたりはしないだろう。
この熊井ちゃんの情熱の向かう先はあれだ。たぶんこれからも熊井ちゃんの餌食になるのは、きっとあの少年なんだろう。


「高まるー!! 何か歌いたくなっちゃったねー、あははは」



-----------


離れたところに、話している雅さんとそれに真剣な表情で聞き入っている他の人達の姿が見える。熊井ちゃんだけは緊張感に欠ける表情だ。
どんな内容の話をしているのだろう。落ち着かない気分。

真剣な表情の彼女達は凛々しく美しかった。
寮生の人達も美しくてかわいい人揃いだけど、この人達もなかなかだよなあ。
この人達の方が学年が上の分、ちょっと大人っぽくて。
カッコイイ人達だな、遠目で眺めながら、そんなことを思う。

一人離れたところに立っているというのも手持ち無沙汰なもので。見るとも無く回りの風景を見回す。
そんな中、一人の中等部の子がそばにいることに気付いた。



256 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:15:00.74 0
>>255
あれ? この子、さっき熊井ちゃんをケイタイで撮っていた子だ。
一旦学園内に入っていったのに、また戻ってきたのか。

さっきとは違って、今度は本格的なカメラを構えている。
ずっとファインダーを覗き込んだままの彼女。そのカメラは、僕も見ているあの5人の美少女に向けられていた。
そのカメラに付いている長いレンズ、あれは望遠レンズだ。離れているこの距離でもかなりアップで撮れているはず。

いま流行りのカメラ女子ってやつか。
なるほど、かわいらしい女の子がカメラを構えているというのも、なかなか絵になるものですね。
彼女は撮り慣れているようで、聞こえてくるシャッター音もテンポが良く心地いい。
撮影することに没頭しているのか、そばに僕がいることなんかお構いなしだ。
ファインダーを覗く彼女からは「ヌホホホ」なんていう声が漏れ聞こえてくる。
何故か栞菜ちゃんを連想してしまった。彼女のその艶やかな黒髪といい、その辺が似ているように見えるからだろうか。

みなさん、撮られているのに気づいていないのかな?
ま、いいか。僕には関係ないことだ。


視線を戻すと、熊井ちゃんが手招きしている。雅さんの話しは終わったのかな。
5人のもとに行くと、皆さんは僕のことをじっと見つめてくる。

こ、怖い・・・
この人達が固まって立っているのを見ると、ぶっちゃけちょっと怖い。


257 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:17:37.09 0
>>256
今ここにいる5人の女子生徒さん。5人とも皆さん背が高くて、そして、みなさん揃って美人系のお顔。
だからなのか、この人たちの存在感は際立っていて、そこには何かとても迫力が感じられる。

大いなる貫禄を漂わせながら、5人の美少女が集っているのだ。
通り過ぎていく中等部の後輩さん達がチラチラとこっちを遠慮がちに見ていく。
高等部の人達でさえ、この5人の横を通っていくときは緊張気味になっているようだ。挨拶する姿も直立不動だ。

学園の人達でさえそんな反応をするこの5人に囲まれて、僕は今本当にちょっと怖いんですけど。


そんな僕の緊張を徳永さんが解いてくれた。
僕のことをじった見た徳永さんは、ニッコリと話しかけてくれたのだ。

「ふーん、いろいろ面白い話を聞けそうだよね。今度、一度詳しく取材させてもらおうかな」
「ちょっと、ちぃ。個人的な興味で取材したりしちゃダメだよ。学園新聞はゴシップ紙じゃないでしょ」

茉麻さん、いい人だなあ。
さっきの熊井ちゃんとのやりとりでもそうだったが、結果的に僕をかばってくれたのだ。
なんていうかお姉さんって感じの人(おかみさんって感じ、とも思ったけど、いくらなんでもそれは失礼でしょ)。
そんな彼女に僕の(熊井とのやりとりとかで)疲弊した心を癒して欲しいという気持ちになる。ちょっと甘えてみたいな、なんてことも思ったり。
茉麻さん、いいなあ・・・ 彼女を見ていると心が落ち着くよ。

それに何といっても熊井ちゃんの扱い方の上手さ、それだけでも敬服してしまう。
会ったばかりのこの生徒会長さん、僕にとってさっそく一目置く存在になったのだ。


258 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:19:24.09 0
>>257
「今日の放課後、久しぶりにカラオケにでも行かない? 佐紀ちゃんも誘ってさ」
「やったー! でも、生徒会長が学校帰りにそんなところへお誘いなんかしていいの?茉麻」
「やることきっちりやって遊ぶときは遊ぶ。それでいいでしょ、明日は休みだしさ」
「さすがまーさだ! よーし、歌うぞー。ひろーいーーーん」
「ももはどうする?」「誘う?どうする?」
「桃はいいんじゃね?来られるとウザいし」


徳永さんがそう言ったまさにその時、彼女のケイタイが短い着メロを奏でる。

「あ、メール」

徳永さんはケイタイを開くと、その画面を凝視して固まってしまった。

「・・・・桃からだ」


「メール、なんて書いてあったの? 千奈美?」

茉麻さんの問いかけに、徳永さんが抑揚の無い声でメールを読み上げる。


(やっほー、千奈美ー。今日の放課後、もぉと遊びに行かない?)


「「「「「もも、怖えー・・・」」」」」


259 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:21:57.50 0
>>258
熊井ちゃんが僕に向き直って命令を下す。

「聞いたでしょ。そういうことだから、放課後この近場でカラオケ出来るところ押さえておいて。人数は7人で、時間は(ry」


「さて、そろそろ行かないと。この話しは後でね。さぁ、ちゃんと切り替えて授業も集中するんだよ。わかった梨沙子?」
「わかってるもん。いちいちうるさいなぁママは」
「梨沙子ちゃん、高等部の勉強、大変だと思うけど頑張ってね」
「はいっ!夏焼先輩。りぃ頑張ります!!」

茉麻さんが皆さんを促して校内に向かう。
楽しみだねー、なんてわいわい言いながら彼女達は学園の正門をくぐって行った。


ちょっと熊井ちゃん・・・

僕を今から舞ちゃんに会わせてくれるって言ってたことなど、もうとっくに忘れ去ってしまったんだね。
結局、僕は何をしにここへ来たのだろう・・・

正門前に一人取り残された僕。
今からでは、もう遅刻確定なのだ。今更あせっても仕方が無い。優先順位を考えて行動しよう。
そう思って、まず熊井ちゃんに言われた条件に合うカラオケボックスを探すべく検索をかけるのだった。


260 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 18:48:17.00 0
昨日の話しの逆で
雅さん回想→雅さん目線→少年目線、です

>>223
F久村さん面白いですよねw
こちらでも登場していただきました

>>240
そうでした
妹が欲しかったんでしたよね舞美ちゃん
忘年会で9期をみつめる舞美ちゃんの視線がこっち側の人の目だったw


261 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 85.7 %】 :2012/01/29(日) 19:17:07.61 P ?PLT(12001)
少年作者さん乙です
途中で割り込んでしまって申し訳ないです…

それにしてもフクちゃんすげえ桃ちゃんこええ熊井ちゃんひでえw
やはり熊井ちゃんの中では少年はただの奴隷である気がしますww

262 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 21:29:56.87 0
お嬢様学校な女子高だったら熊井ちゃんが他校の男子と仲いいなんて知れたら
付き合ってるような噂になりかねないと思うんだけどそうはならないんだよなぁw
もちろん熊井ちゃん本人やその周りが認識してないだけかもしれないけどw

263 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 23:04:13.28 O
新聞部出番ですよ
・・・ってこういうのは旧体制の頃にやるネタか

264 :名無し募集中。。。:2012/01/29(日) 23:50:00.65 0
リ*・一・リ<おやすみなさい

265 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 00:52:06.40 0
お嬢様おやすみなさい

266 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 01:56:07.12 0
おやすみなさいませお嬢様

267 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 06:55:52.50 O
(*執∀事)<Доброе утро Мой милый ангел

リ*っ一-リ<どぅーぶろえ うーとら…zzz

268 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 07:58:31.36 0
(o・D・)<つぇーでーげーえふげーあーはーAha!
ノソ*^ o゚)<時間は止まんねっす!Yo! Check it out!

269 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 18:03:11.78 O
やっと直ったか

270 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 18:19:29.41 0
ちさまいは落ちてる?

271 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 18:22:47.70 0
鯖落ちに巻き込まれて落ちたのかな

272 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 18:30:55.16 0
スマン
復活してた

273 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 20:29:16.54 0
結局なんだったんだろ

274 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 22:07:08.33 0
書き込みがないと不可視

275 :名無し募集中。。。:2012/01/30(月) 23:56:29.53 0
おやすみなさいませお嬢様

276 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 01:09:05.25 O
今宵は冷えまするなお嬢様

277 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 02:02:19.49 0
お嬢様おやすみなさい

278 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 04:13:55.97 0
こんな寒い夜は鈴木さんが風邪をひいてないか心配

279 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 07:20:43.29 0
お嬢様いってまいります

280 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 08:00:43.29 0
   |ハヽ
   | o゚) ダレモイナイ…ソロライブスルナラ イマノウチ
   |⊂
   |


   ♪
     ♪ ノノハヽ   ミンナッ、キョウハアタシノライブニ
       ノソ*^ o゚)ノ   キテクレテアリガトウ
         (ヽ/ )    ケロキュフッ
          巛> >     ソレデハキイテケロッ



   |ハヽ
   |ヮ‘)| セイガモンッ
   |⊂
   |


     ♪ ヽ从 /
   ♪   ノハヾヽ  ドリデデ ドリデデ
       (゚o ^;bリ   ドリデ ドリデ ドリデ
         (ヾ/ー)   リレリレ…
          巛 > >      


キュフ━━━━━━ノソ;^ o゚)━━━━━━ン!!!!!

281 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 83.3 %】 :2012/01/31(火) 12:11:15.58 P ?PLT(12001)
でもってなっきぃがみんなには言わないでと懇願して
鬼軍曹が悪いみたいな雰囲気になるとw

282 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 15:50:14.14 0
リ*・一・リ<さいきんめぐとなっきぃのようすがおかしいわ

283 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:08:48.41 0
お昼休みの屋上。
給水塔に登り、舞とごはんを食べる。
私が生徒会の正規役員ではなかった頃は、ごく当たり前のことだったのに、こうしてここで肩を並べるのは、随分久しぶりだと気がついた。

舞はいつになく、上機嫌な様子で、私の鞄に手を入れ、重箱型のお弁当箱を先に開けてしまう。

「あ、インゲンと豚肉のカラシ醤油あえ。
舞のお弁当にはいれてくれなかったくせに、あの執カス」
「しつかす?」
「ううん、こっちのこと。それ、ちょーだい。舞の唐揚げあげるから」

私の返事も待たずに、舞はインゲンの和え物を取っていってしまう。
もう、私も食べたいのに・・・と思いつつ、こうして思うがままに振舞う舞を見ているのは、安心する。

頭のいい舞は、いつも何か考え事をして、神経を研ぎ澄ましているように見える。
だから、こういう等身大の中学3年生らしい振る舞いは・・・とても可愛らしく感じるのだと思う。舞に言ったら、きっと怒られてしまうけれど。


「そーいえば、千聖。手紙は?」
「ええ。今日のはね・・・」


いつからか舞は、私が学園の生徒からいただくお手紙の内容を、とても気にするようになっていた。
最初は全部読ませてほしいと言われていたのだけれど、それは良くないことだと思ったので、プライバシーに触れないような内容だけ、私がお話している。
今日のは・・・そうだ。少し面白いことがあった。

284 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:09:06.54 0
「ウフフ、千聖の妹になりたい、と言ってくださる下級生が何人かいたわ。奇特な考えね」
「妹?・・・ああ、小川さんの影響だろうね、それ」


そうなのかしら?私は曖昧に首を捻って、鮭のおにぎりを少し齧った。
舞の言う、“小川さん”というのは姉妹校の生徒で、2個年下の明るい子。
彼女が学園に来たときに、ちょっとしたご縁があって、仲良くさせてもらっている。

「あの子、学園来るたびに、“ちさとおねーちゃーん!”って飛びついてるじゃん。そーゆーの見たら、自分もちしゃとの妹になりたいって思う子も増えるんじゃない?別に、不思議なことじゃないよ」
「そうかしら・・・」

確かに、舞が言うように、紗季は私を「お姉ちゃん」と呼んで、元気に飛びついてきてくれる。
だけど、ボーッとして頼りない私を姉にしたい下級生が、他にも・・・?お父様が聞いたら、大笑いされてしまいそうだ。


「ちしゃとはさ、もっと自分の事を理解した方がいいよ。人気者なんだからね」
「そんなことはないと思うけれど・・・。皆さん、物珍しく感じているだけだわ」

私がそう答えると、舞はなぜか嬉しそうに笑った。

「ふふん。・・・ま、いいけど。
てか、多分小川さんの事抜きにしても、今流行ってるんじゃないかな。学園で。姉妹になりましょう、みたいなごっこ遊びが」
「・・・舞も、そういうお申し出を受けたのかしら?」

私の勘は、珍しく当たったらしい。
舞は一瞬、びっくりしたように肩を揺らして「・・・明日、大雪でも降るんじゃない」とつぶやいた。

285 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:09:35.37 0
「最近多いんだよね。妹にしてください、姉にしてください。何でよりによって、舞に」
「あらあら、ウフフ」

妹ならともかく、この天邪鬼な天才さんの姉になりたいだなんて。
ああ、そういえば、舞には実のお姉様がいたのだった。一体、おうちに帰ったときは、どんな妹になっているんだろう。


「・・・ちしゃと、また余計なこと考えてたでしょ」

心を見透かしたように、ジロリと睨まれて、私は首をすくめた。

「クフフ。・・・それで、舞は、どのようなお返事をなさったのかしら?それとも、保留に?」
「決まってるでしょ。舞はおままごとには付き合ってらんないの。直接言われたら、その場でごめんなさい。
手紙なら、すぐ返事書いてごめんなさい。早いほうがいいでしょ、こういうのは」

一見、そっけなく突き放すような言い方だけれど、私にはわかる。
これは舞の優しさなのだと。
望みがないのなら、思わせぶりな態度で、答えを引き伸ばさないほうがいい。そういう考えなのだろう。


「舞はつんでれなのね」
「・・・それ、微妙に使い方違うから。ごちそーさまでした」

舞はお弁当箱をナプキンにくるむと、今度は大好きなキャラクターがプリントされたブランケットを広げた。

「舞?」
「ちょっと、お昼寝したい」

御丁寧にネックピローまで取り出して、本格的に睡眠を取りたいみたいだ。

286 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:09:53.22 0
最近の舞は「総務」や「運営」に関する本を、熱心に読んでいると栞菜が言っていた。
萩原も生徒会に入って、いろいろ考えているんだかんな、と。
頭のいい舞のことだから、考える事がたくさんあるのだろう。その分、疲れてしまっているのかもしれない。

私はちゃんと、舞の疲労や苛立ちを、解消できているのだろうか。こうしてそばにいてさしあげることしか、思いつかないのだけれど・・・。


「・・・ごめんね、ちさと、暇になっちゃうね・・・」
「あら、いいのよ。ウフフ」
「んー・・・」

横になった舞は、すぐにスースーと寝息を立て始めた。

あどけない寝顔。丸いほっぺたに、上品な小さい唇。何となく、遠く離れて暮らしている、末の妹を思い出した。
そんな私の心を読み取ったかのように、舞の手が、私の太ももの辺りに添えられた。

「まあ・・・ウフフ」

舞は結構、人に触れるのが好き。愛理の腕に手を絡めたり、舞美さんの膝枕で甘えたり。
きっと無意識の中でも、過度に触れられるのは苦手な私を気づかって、「ここまで」と決めているのだろう。
時々意地悪だったり、私をからかうこともあるけれど、舞はとても優しい心の持ち主だと、こういう時に改めて思う。


――それにしても。

「お姉様、ね・・・」

さっきの手紙の事を思い返す。
舞はお断りしたというけれど、私には紗季がいる。
紗季は明るくて無邪気で可愛い。「お姉ちゃん」といわれるのも嬉しい。
だけど、全く面識のない中等部の生徒を、突然“妹”にするというのは、何かが違う気がする。
でも、それをどう言ったらいいのか、よくわからない。

287 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:10:55.00 0
以前にも、こんなことがあった。
舞が“お取り巻き”と呼んでいた、私を過度に気づかってくださっていた、上級生。
そんなことはしなくていいのに、とちゃんと伝えられなかった。
今とは状況が少し違うかもしれないけれど、私が伝えるべきことを飲み込んでいれば、また同じことになるのは間違いない。


ああ、そういえば・・・兄弟や姉妹といえば・・・


“弟ができたみたい。年下の、男の子の友達・・・”

随分昔の思い出。“彼女”の可愛らしい声が、急に耳元に甦って、心臓がキュッと痛む。

「・・・嫌だわ、私ったら」


一人座り込んでいると、昔の関係ないことまで思い出してしまう。


「難しいわね、舞」
「んー・・・?」


舞の髪を梳かしながら、私は考えた。
放課後、生徒会の集まりのとき、皆さんの意見を聞いてみようかしら、と。

288 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:11:28.00 0
今日はここまで
目線変えようと思いますのでまた御意見があればお願いします!
生徒会メンバーで
>>223
フクちゃんは親衛隊には入らず美味しいところに便乗するタイプですw
A原さん同様高感度美少女センサーの持ち主なので・・・
>>224
舞ちゃんはものすごく見つめる癖があるなあと思って
顔立ちもですが猫っぽいなと
舞様の猫耳とか召される自信がありますw
内面的にはちさとの方が猫なんだろうなとは思いますが
>>232
舞様が幼い!ちしゃとがモサモサしてる!かんちゃんは早熟っこだから美人の土台が出来上がってますな!感慨深い・・・
誰一人として特に上手に喋ろうという気が全くないのが面白いですw
>>233
少年作者さん乙です!
こういう時の対応に個性が出て面白いです!
みやびちゃんにりーちゃんは女の子としての視点
まーさちゃんはママとして・・というか人としてどうあるべきかという基本的な見方
面白がりつつ空気を読み取るのを忘れないちなみちゃん
少年?なにそれピン芸人?なのが熊井ちゃん
舞様がお嬢様のそばにいること
お嬢様が舞様のそばにいること
この違いを理解しているみやびちゃんかっこいいよみやびちゃん
フクちゃんはもうこっちのイメージで固まりましたねw男子は眼中にないんですねフクちゃん・・・
再び少年と舞さまが向き合うときを楽しみにしています!
>>242
参戦乙です!
あいりんの寝顔は前にどこかで話題になってましたねw全部半開きとかw
あいりんの画像でコメントが押し寄せて喜怒哀楽全部が次のブログに現れたちしゃとかわいいよちしゃと

289 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 17:13:25.53 0
>>244
助かります!
すぐわすれるので・・・
>>247
ちさとは自分に似合う服を見つけるのが上手いんだと思います
きっとちさとのクローゼットにはキティちゃんのグレーのジャージとユニオンジャックのニット(色違い)がズラーッと並んでるんだ・・・あと踊ってみたパーカー・・・
ミニスカニーソも人を選ぶ格好ですがちさとには似合うものだと思いますし
ただオシャレは全然関心がないのも同時に伝わってくる感じですねw冒険しない感じが
あれは私服っぽい気が・・・みやびちゃんはおしゃれな人の服装をよくみてるんだろうなと
まあさちゃんも服のバリエーションが結構多くておしゃれさんですよね!
スカイツリーパフェを食べるみやびちゃんをとるちさとが羽目鳥のテンションでキモすぎてコマ送りだよちさと
>>249
ハァハァこのツリーどこで売ってるんですかハァハァついに定額預金を全おろしするときがきたようだなハァハァハァハァ
>>250
こういう清々しいまでのキモヲタっぷりをみるたびもしちさとがアイドルじゃなかったら・・・とか思うんですが
別に今と変わらないよね!ということに気がつきましたw
>>278
オメー暖炉設置しろよ
寮全室とお嬢様のお部屋な
費用は給料から天引きだかんな
>>280
ほうきギターなっきぃ人気すぎw
何の邪気もないめぐぅの残酷さよ・・・これからはライブ会場は自室に限るねなっきぃ!(しかし舞美ちゃんがノックなしで入ってきて振り出しに戻る)

290 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 19:36:01.69 O
作者さん乙です

お嬢様がお姉様に見えてとても嬉しいです


291 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 19:55:33.41 0
お嬢様がぐんぐん成長してきて
舞様が片意地張らず年相応になって
ちさまいの主客が逆転してきてますな

目線はまあさんで
新生生徒会の相関関係や人物評とかをどう見てるのやらと

292 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 21:18:41.89 0
妹にして下さいなら分かるけど
姉にしてください っていうのがちょっと笑ったwしかも舞様だし



293 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 22:59:26.00 0
>>288
州´・ v ・)<毛穴は開いてないもん・・・

294 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 79.9 %】 :2012/01/31(火) 22:59:33.47 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
お嬢様の妹かあ
確かに馴染み易いと言う魅力がお嬢様にはありますからな
あの可愛らしい声の“彼女”にはそのうち再会しそうな気がする…

次の目線ですがとりあえず熊井ちゃんだけは避けておこう
とんでもない展開になりそうですからw
無難になっきぃ?

295 :名無し募集中。。。:2012/01/31(火) 23:04:54.86 O
チンプイさんおつカレーライスー

いやいやここはあえて熊井ちゃん目線でw
真野さん初登場時に“マノスパイ”呼びした話以降熊井ちゃん目線ありましたっけ?
難しいのかもしれませんが熊井ちゃんや舞美ちゃんみたいな周りを退屈させないタイプの方々目線の話をもっと見てみたいです

296 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 00:16:23.74 0
リ*-一・リ<おやすみなさい

297 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 02:07:57.31 0
お嬢様おやすみなさい

298 : 【ぴょん吉】 :2012/02/01(水) 07:07:45.24 0
お嬢様いってまいります

299 : 【ぴょん吉】 :2012/02/01(水) 11:15:26.77 O
リ*・一・リノシ

リ*・一・リ<ちさともおみくじひいてみますわ

300 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 14:59:44.69 O
お嬢様ぴょん吉ですか

301 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 17:18:56.62 0
夕方ですねお嬢様

302 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 18:39:05.97 0
℃根性ですねお嬢様

303 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 【Dmorningcoffee1326085398581862】 【東電 87.8 %】 :2012/02/01(水) 21:01:16.56 P ?PLT(12001)
本来なら今日は駒沢体育館でしたでしょうか
お嬢様

304 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 22:42:07.63 O
お嬢様今晩は

305 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 22:56:20.50 0
はいこんばんわ

306 : 【大凶】 :2012/02/01(水) 23:34:49.31 O
お嬢様との相性を占うかんな

307 :名無し募集中。。。:2012/02/01(水) 23:35:36.91 O
ノk|#‘д‘)=3 ムキャー

308 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 00:05:50.51 0
まぁそんなこともあるよ栞菜!とかいってw

309 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 01:30:59.43 0
執カスw

310 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 01:59:36.04 0
お嬢様おやすみなさい

311 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 07:20:29.60 0
お嬢様いってまいります

312 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 10:51:43.34 0
ソロDVDっていいな
お嬢様が堪能できる
チンプイさんも見たかな


313 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 10:57:59.70 0
いつもどおり℃変態な感想を書いていたようなw

314 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 12:07:12.30 O
http://www.youtube.com/watch?v=A44cxob8P40
前生徒会長のキック力すげーw
そりゃ少年もPKで負けるわな

315 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 13:46:38.84 0
http://i.imgur.com/jEPMQ.jpg

316 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 14:06:42.90 0
陳さん口癖ってあるの

317 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:27:05.77 0
「・・・同性同士で、お友達以外の関係というのは、どのようなものがあるのかしら?」

放課後の生徒会定例会議。
雑談中、千聖お嬢様がふと発した言葉で、沈黙が流れる。
私も一瞬何のことだかわからなかったけれど、そういうことかと思い当たって、ニヤリと笑ってしまった。

「ケッケッケ」

愛理も察したらしく、いつもの個性的な笑い声を漏らしている。


――告白されたな、お嬢様。
すごいな。この超お嬢様に、そんな大胆なことをする生徒がいるとは。
少し前までは、見えざる力(というか妄想)で、ある種恐れられていたお嬢様なのに、このぽわぽわしたキャラクターのおかげなのか、今はどちらかというと、慕われ関心を持たれる存在になっているみたいだ。


「んー・・・例えばだけどぉ、同性でも、恋人同士っていうのはあるんじゃない?」

みんながちょっと言いよどんでいる中、私のベイビーちゃんこと梨沙子が、髪の毛をいじくりながらつぶやく。


「まあ、男子と女子が付き合うのがフツーなのかもしれないけどぉ」
「あはは、梨沙子もみやと付き合えたらいいね」
「あばばば何言っそんっわた(ry」

もぉ軍団の漫才はさておいて、梨沙子のその回答は、お嬢様的にはピンとくるものではなかったみたいだ。さっきよりも難しい顔をしている。


「お嬢様、告白っていうのは必ず気持ちを受けとめなきゃいけないわけじゃないんですよ。
お断りしたいと思ったら、そう伝えればいいんです」

318 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:27:40.03 0
私や愛理と同じ結論に至ったのだろう、なっきぃが至極真面目な顔でお嬢様を諭す。

「そうだかんな。お嬢様には俺というアレがいるんだかんな。それ以外のあれはまあ、それだかんな」
「かんちゃんは黙るケロ!」
「あ・・・あの、告白というわけではないのよ」

おや、先走りすぎたみたいだ。
じゃあ一体何のことを・・・。舞ちゃんの顔をチラ見すると、ニヤニヤしている。お嬢様のこととなると、途端に心が狭くなる舞ちゃんがこういう表情なら、少なくとも悪い話じゃないというわけだ。


「ふふん、はっきり言えばいいのに。知らない生徒に妹になりたいとか言われて、混乱してるって」
「もう、舞ったら」
「あー、なーんだ!そっちか!」


私はおでこをパチンと叩いて“あちゃー”みたいなジェスチャーをしてみせた。
途端に笑う、もぉ軍団。・・・はいはい、どうせリアクションが古いですよ、私は!


「今さ、学園で流行ってるんだよねー、姉妹ごっこ」
「ほら、舞の言ったとおりでしょ?ふふん、ただの遊びでちしゃと悩みすぎだし」

どうやらガチ告白というわけではなかったようで、安心したというかなんというか・・・。まだまだお子ちゃまなお嬢様に、恋だの愛だのはまだ刺激が強すぎるとママは思います!(キリッ)


「へー、お嬢様もそういうの言われたんだ!」
「“も”ってことは、まままさか友理奈ちゃんも!?」
「うん、何か手紙もらったよー」

うわぁ・・・。

319 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:28:07.77 0
口に出さないまでも、なっきぃがあからさまに引いた顔をしている。小熊軍団的なものを想像したんだろう、多分。


「てか、ぶっちゃけみんな言われてるんでしょ?姉妹になってください的な。はい、言われた人、挙手!」

舞ちゃんの号令で、反射的にビシッと右手をあげる私。
予想通り、手を下げたままの人は一人もいない。みんな、何らかの形でこの学園内のブームに巻き込まれているようだ。


「ふふん。ほら見ろ。・・・ってか有原もかよ。選んだ奴マジキチでしゅね」
「はーん?あたしは姉も妹も打診がいっぱいあったかんな。萩原なんてどうせ(自主規制)奴隷にしてくださいとかだろ」
「(自主規制)奴隷?それは何かしら」
「えーと、それはねお嬢様」
「熊井ちゃんマジレス禁止!」

「・・・それで、みんなはどんな返事をしたの?」

しばらく黙ってニコニコしていた愛理が、いつもののほほん口調で問いかける。

「どんなって・・・愛理は?」
「ケッケッケ?」
「ええ?」

――この悪女め!


「あ、うちはねー、いいよ!って言ったよー。お姉さんにもなるし、妹にもなるって」
「ギュフ!友理奈ちゃん、何考えてんのっ」
「別にいいじゃーん。楽しそうじゃない?そういうの」


まあ、これは予想通りだ。

320 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:28:38.63 0
玩具が手に入れば、とりあえず興味を示して遊ぶのは野生動物・・・いや、羆・・・というか熊井ちゃんの習性。
姉や妹志願の勇気ある生贄さんたちが、熊井ちゃんの中身をちゃんと理解しているのか、はたまた単なるメンクイさんなのかで、大分今後の展開は変わってくるだろうけど。


「・・・舞ちゃんは、全部断ったんでしょ?即答で」

一人一人聞いてくのもなんだし、私はばしばしと言い当てていくことにした。

「・・・あ、うん。そうでしゅけど」
「へへー、当たった!じゃあ、梨沙子。梨沙子は“おねーちゃんになってください!”とは言われなかった。そんで、“妹になってください”についてはごめんなさい。でしょ?」
「すごい!ママ!・・・だって意味わかんないし」
「なっきぃは姉妹どっちの話もあったけど、保留になってる。ぶっちゃけ、いい辞退の文句を探している。違う?」
「キュフゥ・・・」
「次、栞菜。あんたは・・・侍らせてるでしょ、すでに何人も」
「はーん?まあ、姉や妹は何人いてもいいはずだかんな。浮気とは違うから。ね、お嬢様はぁーん」
「え?・・・よ、よくわからないわ」
「お嬢様に話を振らない!そんでもって・・・愛理は・・・」
「・・・ケッケッケ?」
「ああ、はいはいケッケッケですね愛理ちゃんは」
「さすが茉麻ちゃんでしゅ。舞が見込んだだけのことはあるね」

まあ、我ながらいい分析だったと思う。推理ゲームみたいで楽しい。
ここにいない千奈美とみやは・・・そうだな、意外と気難しい千奈美なんかは「考えとく!」で全部はぐらかしそう。
みやはちょっと美人すぎて、そういう申出はそもそもなさそう(ガチ告白のみ)だけど、琴線に触れるものがあれば認めてあげてもいいよ、的な。

「茉麻ちゃん、頼もしいケロ。キュフフ、日ごろから生徒を良く見ている証拠だねっ」
「ケッケッケ、大当たりだったねー」
「(いや、あなたのことはよくわかr)なんのなんの、褒めすぎでしょー」

321 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:31:55.53 0
謙遜しつつ、ちょっとお鼻がピノキオになってしまっているのがじぶんでもわかる。
生徒会長として、役員それぞれのパーソナルを把握しておくのは基本だしね。読んでてよかった、某蝶ネクタイメガネバーロー探偵マンガ!



「てゆうかー、肝心の茉麻は?」

そんな鼻高々な私に、熊井ちゃんが問いかけてくる。

「あー、私?今は特に、妹っていう存在はいないかな」
「今“は”?じゃあ未来は?」
「んー。わからないな。1つ言えるのは、お相手の素性がわからないのに、いきなり姉妹関係は考えられない」

真ん前に座っている、お嬢様の顔がパアッと明るくなった。このおかしなブームに関して、私と同じような感想を持っていたみたいだ。
単なる遊びとはいえ、“姉妹”という言葉は重い。少なくとも、私の感覚ではそう。
その言葉で結びつくことを望んでいるのなら、大げさかもしれないけれど、履歴書かなんかを提出してほしいぐらいだ。

「お堅いよねー、茉麻は。もっとかるーく自由に考えればいいのにさー。若者は愛し愛されて愛を知るのさ。恋愛のプロのうちとしてはそう思うよ。ラブ&ピース!」
「・・・どんだけプロの敷居低いんだよ、恋愛業界って」

まあ、こういうのは一過性のものだし、別に気にするほどのことじゃないだろう。前のガングロギャルブームと同じ。


そう思って、このときは笑っていた。・・・この“姉妹ブーム”が、思わぬ大波乱へと発展していくことなど、知る由もなかったから。

322 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 17:32:50.89 0
今日はここまで
目線主ご意見ありがとうございました!
名前のあがりましたなっきぃ熊井ちゃんも後日書かせていただきます
>>295
天然の人目線って書いてみると難しいなーと思いますね
何せ天然だから天然である自覚がないわけで
その辺のズレの感じを出すのがなんとも
>>312
インpなんとかガールですよね買いましたとも!
お友達(♀)が見たいといったので一緒に鑑賞したのですが
「素材が活かしきれていない」「なんだこのおもしろシャツは」「もっとシンプルなルームウエアと髪型で素材の良さを(ry」
などと塩厨のコピペみたいなことを言っていました
ちさとの顔はずーっと見てると可愛いんだか可愛くないんだかよくわからなくなってくるところが宇宙一可愛いと思います!お気に入りは何か誘惑っぽいふいんきで階段を上っていくシーンです
>>314
舞美ちゃんの蹴ったボールはゴールポストなんかには収まりきらないってことですね・・・
フットサルのことはよくわからないですがやりたいのなら復帰させてあげてほしいですね
>>315
この速さならいえる
舞πは小さいけど柔らかい谷間づくりに最適な萌えπハァハァハァハァ
>>316
じゃあそんな感じで!

323 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 18:11:44.34 0
スゴイよ名探偵マアサ
でもリアクションが古いからコナンはコナンでも山高帽にフロックコートのイメージだなw

あー有原、姉や妹を何人も侍らせてるってちょっとどいうことかな?放課後、職員室まで(ry

324 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 18:29:14.60 O
作者さん乙です

恋愛のプロw誰がやねんw少なくとも生徒会室には居ませんね
しかし今度の生徒会長大した洞察力ですね
どんな局面でも乗り切れそうで頼もしいです

325 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 19:59:59.51 0
小熊軍団を想像したらウザイことウザイことw

326 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 22:00:16.39 0
チンプイさんおつです
>>322
ソロDVDってのはコンサートのソロアングルDVDのことでした
IMPももちろんいいですけど、超ワンダフルも超良かったですよ!

327 :名無し募集中。。。:2012/02/02(木) 23:51:26.60 O
今更だけど熊井ちゃんは飛び抜けて変わってるなあ

328 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 00:18:44.87 0
ギュフってるのは迫り来る小熊軍団のせいなのかそれともヤキモry
さぁさぁ早く吐いて楽になるんだかんなー

329 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 01:08:23.42 0
栞菜ちゃんは後輩の子からチョコを貰えるぐらいだからなー

330 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 01:59:44.13 0
お嬢様おやすみなさい

331 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 07:06:42.09 0
お嬢様いってまいります

332 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 08:02:12.73 0
リ*・一・リノシ

333 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 12:25:52.88 O
昼めしタイムでございますお嬢さま

334 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 12:29:35.29 O
カリン様再び動くのか

335 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 16:14:45.94 O
栞菜様

336 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 18:53:46.12 O
これから帰りますお嬢様

337 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 19:11:24.40 O
フクちゃんも妹志願?

338 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 20:56:38.91 0
リ*・一・リ<千聖には明日菜と海夕音という妹がちゃんといるのよ

339 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 22:05:53.75 0
>882.なっきー可愛くていつも羨ましく思ってます(*^^*)☆質問っ!!℃ーute卒業メンバーとは今でも連絡とったりしてるの?

>ん〜、色々ですねっ。
>でも、皆がお母さんとかになった時に同窓会みたいな感じで集まりたいなっ♪


これって何か深くないか?いろいろと
お話しひとつ書けそうじゃない?とチンさんを焚きつけてみるw


340 :名無し募集中。。。:2012/02/03(金) 23:44:04.57 O
豆まきはなさいましたかお嬢様

341 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 00:18:50.97 O
風紀委員長さんの口に恵方巻きをガーッと無理やり捩じ込む前生徒会長さん

342 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 01:42:28.68 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

343 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 05:44:12.78 O
お嬢おはようございます

344 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 08:29:50.63 0
    /ノ 0ヽ
   _|___|_
   ヽ(#o・D・)ノ   鬼は外!鬼は外!鬼は外!
    | 个 |      いい鬼は死んだ鬼だけでしゅ!
   ノ∪∪ヽ
                                        A A
    ノノハヽ ドルルルルルルルルル!!!!!                  @@@@@
    ノk|‘−‘)____  \从/      。_ 。_−。  _。  。    (執д事;@
   ミ (  つ【〔ロ=:(∈(二(@ > ‐゚。 ―゚ − 。 −゚ _―゚ -。  ⊂ <V>,,O
      ∪∪ B ̄゛  /W'ヽ     ̄          ゚      ⊂\_)

345 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 08:37:47.96 0
                   ___ _ 
.                /:/  ̄ ̄ ヽ
                /:::::!  ノノハヽ l
                |:::::;| (;少д年) | 
                ∩;;ゝ___ノ_,ノ
               / /    ∩
           /   / /     | |
              / /       | |
  .        / / /ノノハヽ / /
            / /川*^∇^)/  鬼は外ぉぉぉ!!!
          / |       /
            |    /

          ___ _
        /" ̄ ̄`ヽ::::ヽ
       / ノハヾ∞ !::::::l
       | (゚o ^;bリ  l::::::;!
       ゝ、___ノ_,ノ;;;;ノ
        ∩   ∩
        | |    ヽ\   \
        | |     \\     福は内ぃぃぃ!!!
        ヽヽ ノハヽヽヽ\ \
         \(^∇^*川ヽ )
           \      |  \
            ヽ     |

346 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 10:50:07.92 0
カオスw

347 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 13:11:50.56 0
何やっとるw

348 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 15:56:15.90 0
t

349 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 15:56:16.05 0
>>259
ここは僕の通っている公立の高校。

うちの高校は旧制中学から続く伝統校。
そう言うと聞こえはいいが、校舎はボロいし設備は古いし、ついでに購買のパンも不味い。
上品で綺麗なあの学園とは対照的な学校だ。

校訓は質実剛健。校風はかなり自由。
その伝統ゆえ何事にも熱い人が多く、それなりに楽しい高校だと思う。

そんな高校に通う僕は、その全てが中庸とも言える、ごくごく普通のありふれた一生徒。
クラスの中でも特に目立つところもない僕だけど、友達の数は結構多かったりもする。
こう見えて僕は意外と女子にも人気?があったりするのだ(キリッ
女子からは“○○君って、いい人なんだけどねー”とよく言われるぐらいにして(“○○君っていい人だよね!”じゃないのは気になるが)。

いろいろな人達に刺激を受けて、僕はそれなりにこの高校での生活をエンジョイしている。

あぁ、でも勉強だけはもうちょっと頑張らないとダメかも。
こんな僕でも、しっかり勉強しておかなければ、とは思っているのだ。
うちの学校は卒業後100%が進学するのだが、僕の今の成績ではちょっと見通しが暗い。
でも、進学のためだけにとか、そんな理由で勉強をするというのは、本来あるべき本質から外れていると思う。

僕には勉強を頑張ろうと思う確固たるモチベーションが存在するのだ。
だって、そのうち舞ちゃんと親しくなったら、勉強のこととか相談されることがあるかもしれない。
その時に、ちゃんと教えてあげられるようにね。舞ちゃんが聞いてくれたことに答えられなかったりしたら恥ずかしいじゃないか。
舞ちゃんのためだと思えば勉強も頑張れる。そんな気がする。

今年からは補習も始まるし、まぁ僕は大器晩成型の人間なのだ(たぶん)。
これからですよ、これから。


350 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 15:59:38.19 0
>>349
放課後、ホームルームが終わると、友達に話しかけられる。

「これから1年の教室に行かないか。今年の1年生に凄くカワイイ子が入ってきたらしいんだ」
「へぇ、そうなんだ。でも悪いけど、このあとちょっと行くところがあるから」

そう。放課後はあのカフェで過ごすのは、すっかり僕の日常生活の一部になっている。
しかしこいつら、いくらカワイイ子が入ったからって、わざわざ見に行くものなのか? しかも下級生の教室まで。

まったく、男子生徒って奴は本当にカワイイ女の子のことが好きだよな。
新しい子が入ってきた、しかも可愛い、だから見に行こう。男子のその直情的な三段論法。
カワイイ女の子を見ると、すぐに飛びついたりして、軽すぎだろ。
そういう奴は、また新しい子が入ってきたら、すぐにまたそっちに飛びついたりするんだろう。・・・何だかな。
男ならもっと硬派に生きるべきだと思う。そう、僕みたいに一途に(キry

そんな雑談をしながら帰る準備をしていると、クラスメートが僕のところに来て、教室の入り口を指差して僕にこう告げた。

「先輩の人が呼んでるよ」

え? 先輩の人? 誰だろう。
先輩から呼び出しを食らうようなことはしていないと思うけど。
ちょっと緊張しつつ教室を出たところで、いきなり呼びかけられた。


351 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 16:05:24.54 0
>>350
「よっ! 久しぶりだねっ!!」

そのハイテンションな甲高い声。
この声を聞くのは久しぶりだなあ。


小春ちゃ、、、久住先輩。


懐かしい気分が胸一杯に広がってくる。
まさしく僕の青春の一ページがそこに、っていうとそれは大げさだが。


「久住先輩!! お久しぶりです」
「そんなかしこまっちゃってw 前みたいに呼んでくれていいよ」

相変わらず元気者で明るい人だ。
以前と全く変わっていない。

久住先輩はサッカー部のマネージャーさんをやっている先輩。
その明るい性格で部員みんなから好かれている人気者だ。
僕はサッカー部には半年もいなかったけど、その間に先輩から貰った励ましは今でもよく覚えていますよ、小春ちゃん。


352 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 16:08:00.19 0
>>351
僕が初めて試合に出たときのことを思い出す。
初めてのスタメンで緊張を隠せない僕を、小春ちゃんはニッコニコの笑顔で落ち着かせてくれた。

でもその試合、僕は一発レッドカードを貰って退場になってしまった。
初めての試合で退場処分なんて。

トボトボとピッチから出た僕を小春ちゃんは一生懸命慰めてくれたっけ。
でも自分が情けなくて先輩の顔を真っ直ぐに見れなかった。それでもずっと話しかけてくれた小春ちゃん。


小春ちゃんはいつも声を掛けてくれた。
僕があのケガをした時も。結局それで部活を辞めた時も。
いつも明るく励ましてくれたんだ。
本当にその励ましが無かったら、僕は自暴自棄になっていたかもしれない。


小春ちゃんが僕にかけてくれる言葉は、いつでも前向きだった。
僕への言葉に限らず、彼女がネガティブな発言をしたことは、ただの一回も聞いたことがない。

たった半年にして志半ばで辞めてしまった部活動だけど、本当にそれはいい思い出になっている。
そして、それは小春ちゃんのおかげでもあること、それは間違いないところなんだ。


何かいろいろと思い出しちゃったよ。サッカーしたいなあ。久しぶりにボールを蹴りたくなった。
そういえばお姉ちゃんとPK戦をしたっけ。あの時以来、しばらくボールを蹴ってないな。
今度、あの公園のピッチに蹴りに行こうかな。


353 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 16:12:06.49 0
>>352
懐かしいな。
そんな思い出が脳裏に浮かんでいる僕に、小春ちゃんが話しかけてくる。

「膝の具合はどう?」
「まあ変わりないですね、今の所は。まだしばらくは大丈夫みたいです」
「そう、それは良かったー」

安心したような表情を見せてくれる先輩。
ひょっとして、僕の様子を見に来てくれたのかな。それは嬉しいぞ、小春ちゃんの笑顔独占。

でも、こんなところを他の部員に見られたらやっかいなことになる。
特に3年生の先輩に見られでもしたら、僕は間違いなく先輩達からボコられてしまう。

小春ちゃんは人気者なのだ。
サッカー部員全員が彼女に好意を抱いていると言っても過言ではないんだから。
サッカー部以外にだって、校内に小春ちゃんのファンは多いらしい。しかも、そのファンの中には熱狂的で過激な奴もいると聞いたことがある。
もし、そんな奴にこれを見られたら只ではすまないだろう。袋叩きにされる危険性がある。フクロは嫌だ。

そんな小春ちゃんが、いま僕の目の前にいる。
わざわざ僕のところまで来るなんて、なんなんだろう。気になる。


ひょっとして・・・
僕のことが今でも忘れられなくて会いたくなったとか?

ま、まずいよ小春ちゃん。何で今頃になって。
もし僕のことをそんなに想っているのなら、あの頃に伝えてほしかった。
それで例え周りの部員や男子を敵に回したとしても、小春ちゃんのためなら僕は闘った。
でも、もう遅いよ、小春ちゃん。
あの頃と違って、今の僕は舞ちゃんっていう子と付き合っ・・・


354 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 16:14:27.42 0
>>353
「いま何か変なこと考え込んでたでしょ」
「いや? 別に」
「そんなこと言って。本当にすぐ顔に出るんだから」

ごまかそうとする僕に、ケラケラと笑う小春ちゃん。
そして僕をじっと見つめる。顔、近いよ。
これ凄く嬉しいんだけど、もしこれを小春ちゃんファンの過激な男子に見られたら(以下同文

「少し身長も伸びた?」
「えぇ、170cmを越えました」
「そうなんだー」

驚き方がわざとらしい。
小春ちゃん、何か話しを切り出すタイミングを伺っているような感じがする。
今日僕のところに来たのは、何か理由があるのかもしれないな。
そう考えると、僕に向けられている満面の笑顔が、かえってその疑念を膨らませる。

告白しに来たのかと思ったが←、どうやらそうではないみたいだ。
じゃあ、何しに来たんだろう。
いろいろと考えをめぐらせてみるが、ちょっと思い当たるフシがない。

そのとき、だんだん思い出してきた。
目の前にいる美人のこの先輩、この人もまた人知の及ばない予想外の規格の人だったんだ。
それゆえ、この後なにが起きるのか、考えるほどに不安が大きくなっていくのだった。


355 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 16:45:28.23 0
少年側の話しはあまり広げないようにしようと思ってたんですが
チンプイさんの描く新学期のお話しを読んでいたら妄想が広がりましてw
少年の学校生活の描写をちょっと書いてみようかなと、一人キャラをお借りしました

>>261
遅レスですが、かぶった件でしたら全くお気になさらないで下さい
熊井ちゃん絶対服従の呪縛は強力なので、完全に奴隷状態なのにも関わらず
当の少年はその辺り全く疑問に思っていないのです
そして同様に熊井ちゃんもまたそれを当然のごとく全く疑問に思ってませんがw
>>262
それはですね、一緒にいても恋人同士のような睦まじい雰囲気には全くならず
ぱっと見でこの2人が主人と家来という主従関係であることが周りの人には一目瞭然だからです
>>283
やっぱりちさまいの2人の話を見るにつけちさまい最強ですね
少年の絶望は深まる一方かもしれないけど、舞ちゃんとお嬢様の2人が幸せな関係でいることそれもまた少年の願いであるというそんな複雑な思いも彼にはあったり
お嬢様への姉妹の申し出が多くてもそれほど舞ちゃんが怒り心頭になっていないのは
お嬢様が舞ちゃんのことをちゃんと特別に想っているということがちゃんと感じ取れているからでしょうね
お嬢様の横で安心して昼寝する舞様がかわいすぎる
>>317
小熊軍団・・・
なっきぃには申し訳ないけど、少年作者的には楽しみすぎるw
愛理ちゃんの黒っぷりがもう何ていうか!
2年生になった愛理ちゃんの動向もひそかに注目していますよ愛理ちゃん
物語が大きく動きそうな展開に楽しみが膨らむ一方です
wktkしつつお待ちしております
>>345
熊井ちゃん、それ、僕のセリフ・・・


356 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 19:37:36.62 O
作者さんおつであります♪

357 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 21:33:09.39 0
リo´ゥ`リ ヘラヘラ

358 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 22:54:42.78 0
移転ですお嬢様

359 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 23:07:07.94 0
移転でちさまい落ちたかな?

360 :名無し募集中。。。:2012/02/04(土) 23:43:34.31 0
リ*・一・リ<最近いてんがおおいわね

361 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 00:12:36.55 0
【岡井千聖】ちさまいを見守るスレ Part27【萩原舞】
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1328368092/

362 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 00:19:23.58 O
次期生徒会長なっきぃ様お誕生日おめでとうございます

現代軸に考えると恐らく会長任期を全うして次期会長(お嬢様?愛理?すぎゃさん?舞様?)を指名したあたりでしょうか

363 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 01:10:30.30 0
風紀委員長おめ

364 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 01:57:16.80 0
お嬢様おやすみなさい

365 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 06:42:20.87 O
おはようございますお嬢様

366 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=2,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 62.5 %】 :2012/02/05(日) 07:27:14.98 P ?PLT(12001)
少年作者さん乙です
小春が出てきた所で何だかきらぴかの再来なのかと言うのをイメージしてます
確か少年は舞様のことを「芸能人では観月ひかるに似ています」とイメージしてたもんなあw
しかし少年は小春の家来でもあったり?ww

367 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 10:10:11.85 O
リ*・一・リノシ

リ・一・*リ ・・・

リ*・一・リ<どなたもいらっしゃいませんでしたわ

368 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 12:07:39.45 0
グーッ リ*・一・リ

リ*;・一・リ<あらいやだ 誰も聞いていませんように・・・


|−‘)

369 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 14:50:04.38 0
出たな妖怪

370 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:02:48.00 0
>>354
そうだ、小春ちゃんがわざわざ僕の所にまで来て、何も無いはずがない。
警戒しておくにこしたことはないだろう。

「わざわざ2年の教室まで。今日はなんですか?」

「最近はどう?」
「どうって・・・ 何がですか?」
「部活もやめちゃったから、毎日ヒマしてるんじゃないの?」
「ヒマなんかじゃないです。勉強してますから、毎日」
「絶対ウソだーw」

笑ったあと一呼吸置いて、小春ちゃんが話しを続ける。

「ヒマしてるんならさ、生徒会の仕事とかやる気ないかなあ」
「小春ちゃん、生徒会の仕事もやってるですか」
「うん、そうなんだ。だから忙しくてしょうがないんだよねー。誰か手伝ってくれる人いないかなと思ってたの」
「でも、僕も忙しいんですよ。だから生徒会なんて大変なものはちょっと」

小春ちゃんのお願いとはいえ、生徒会の仕事なんて思いっきりつまらなそうだからちょっとなあ。
それに、僕はいろいろとやることがあって忙しいのだ。
熊井ちゃんに申し付けられている任務もあるわけだし、毎日の放課後は。

「忙しいんだ・・・」
「えぇ、まぁ」


371 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:05:17.97 0
>>370
否定的に答える僕に、小春ちゃんはその明るい笑顔で楽しそうに話しを続けた。

「良かったー! わからない事とかは小春がちゃんと教えてあげるからね。心配はしないで」

おかしいでしょ。

前後の会話の内容がつながってないよ。
断ろうとすることを匂わせているのに、まるで僕が生徒会に入ることを快諾したかのように会話を進める小春ちゃん。

そうだった。
久住先輩もまた、あまり人の話しを聞かない人だったっけ。

「いや、あの小春ちゃん?」
「なに?」

ご自身の発言に全く疑いを抱いていないようで、屈託の無い笑顔で僕を見る。
来たよ、これ。小春ちゃんの、この笑顔にやられるんだ。
そんな笑顔で見ないで。

「あの・・ 生徒会に入るとは、ひとっことも言ってないんだけど」
「え? 入ってくれないの?」

まずい。まずいぞ。
心が揺らぐ。


372 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:07:08.56 0
>>371
「いや、その・・・・」
「小春のやってる渉外部の仕事は、他の学校にも行けるし面白いんだよ。女子校の生徒会の人とか面白い人が多くてね」


!!


先輩、今、何とおっしゃいました!?


「私立の女子校とかにも行けるよ、あの学園とかさ。あと、あっちの学園のセーラー服の子とも知り合いになれちゃうかもよ〜」

それを先に言って下さい、小春ちゃん!
その学校名が出てきたことで、僕は得意の決め顔を作ってそれに答える。

「や、やります。ぜひ僕にやらせてくらさい!! 生徒による自主的な生徒会運営には前から興味があったんです」
「引き受けてくれる? 良かったー」
「えぇ、他ならぬ小春ちゃんのお願いですから」
「本当に? 嬉しいー!」

先輩の笑顔を見ることができた僕の方が嬉しいですよ。
でも、こんなところを小春ちゃんファンの過激な男子に見られたら(以下同文

「じゃあ、さっそくなんだけど、これから生徒会室に行ってくれる? 資料の整理をして欲しいの。小春の紹介だって言えばすぐ通じるからね」
「今日これから? しかも僕ひとりで? 小春ちゃんが一緒じゃないんですか?」
「ごめん! 今日はこれからみっしげさんと会う約束してて急いでるの。それなのに資料整理とか言われるんだもん」


373 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:09:01.58 0
>>372
誰に会うって? そんな知らない人の名前も平気で出すところも小春ちゃんらしいや。
でも、シゲさんとか、それってまさか彼氏じゃないですよね、小春ちゃん!

「大量の資料だから整理するの大変だろうけど。しかも今日中に整理しなきゃいけないんだって」

えー・・・ ひょっとして今日は帰れるの遅くなるのかな。
それはまぁいいけど、資料整理とか本当につまらなそうな仕事だな・・・
なるほどね、小春ちゃんが今日わざわざ僕のところに来た理由が分かったよ。


「渉外部って、意外と地味な仕事ばっかりなの。他の学校行ってお喋りでもしてればいいのかと思ったら、他の学校に行っても仕事ばっかりなんだもん」

あれ?
僕が思い描いたバラ色の仕事とはちょっと異なる返答になってきてるんですが。

ひょっとして、僕は騙されたのかな。
男子の気を引くには女子校で釣るのが一番と思ったのだろう。
そんな先輩の勧誘に僕は見事に引っかかったようだ。

しかしながら、他の学校行っても仕事ばっかりでって・・・

そりゃそうでしょうよ先輩。
他の学校に行くのだって遊びで行くわけじゃないんだから。


374 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:10:58.83 0
>>373
でも、そんなにつまらないのかな渉外部の仕事って。
だから、なり手が無いんじゃないだろうか。
何か急激にテンションが下がってきた。


そんな僕を小春ちゃんが真正面から励ましてくれる。
昔からそうだったっけ。小春ちゃんは、こうやっていつも励ましてくれたんだったな。そんな懐かしい感覚。

「誘って良かったー! これから一緒に頑張ろうね!!」

はい!
頑張ります!!

その笑顔でそんな励ましをされちゃったら、頑張らざるを得ないじゃないか。
それに、そのうち学園に行けるかもしれないことには変わりない。
可能性がある限り、それに賭けてみよう。あきらめたらそこで試合終了だ。

「あっ、もう行かなきゃ。じゃーねー!!」

一緒に頑張ろう!と言ったそばから、久住先輩は台風のように去って行ってしまった。
そんな小春ちゃんを見送り、僕は頼まれた仕事をするべく生徒会室に向かうのだった。


375 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 17:26:36.87 0
ノリo´ゥ`リ<女子校に行けるのは女子生徒だけだったような気がするけど、ま別にどうでもいっかw

みっしげさんはあのさゆみさんです
ふたりは知り合いの設定で
さゆみさん、出てくるのかは分かりませんけどw

>>366
小春ちゃんですからねーw
熊井ちゃんとはまた違った感じではあっても少年は間違いなく振り回されるかと

そして、
なっきぃ誕生日おめでとうなっきぃ
あの不思議ちゃんが18歳とは感慨深いよなっきぃ


376 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 19:17:28.72 0
去年のドリムス裏トーク行ったら小春が意外とまともで(失礼 びっくりしたっけ・・・(遠い目
リアルももっとぶっ飛んだキャラなのかと思ってたらからw

377 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 21:10:30.10 0
t

378 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 21:26:15.09 0
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/5691cd9f_640.jpg

379 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=3,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 85.1 %】 :2012/02/05(日) 22:17:41.32 P ?PLT(12001)
少年思いっきり騙されてるぞ少年
仮にあの学園に行けたとしてもそこには熊井ちゃんという大きな壁も居るしw
しかし「あの」さゆみさんとの交流を優先するとかさすが小春ちゃんww


380 :名無し募集中。。。:2012/02/05(日) 23:19:51.88 0
キュフフ
ttp://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/1e90e528_640.jpg

381 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 00:41:35.81 0
お嬢様おやすみなさい

382 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 02:03:09.26 0
おやすみなさいませお嬢様

383 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 07:05:11.83 0
お嬢様いってまいります

384 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 12:28:24.47 O
キュフフ

385 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 13:29:47.75 0
風紀委員長さんパイ投げはいかがでしたか?
この話をネタにできないかな

386 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 17:41:09.67 O
(o・ⅴ・)<ただいまでしゅ

387 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 19:27:14.81 0
雨ですお嬢様

388 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 21:00:42.94 0
>>386
15歳の舞ちゃん1年間ありがとう

389 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 22:20:30.26 0
お嬢様今晩は

390 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 23:14:03.66 0
19歳の舞美ちゃんのこと忘れないよ

391 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 00:04:00.26 0
リ*-一・リ<おやすみなさい、何か忘れてるような・・・

392 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 01:22:44.83 O
|ⅴ・) ・・・

|彡 サッ

393 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 02:04:09.19 0
お嬢様おやすみなさい

394 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 06:51:30.19 0
? Umeda Erika ? @umeda_erika
Happy♪(*^-^)ノ”B Birthday… M&M

395 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 07:06:07.72 0
まいまいみおたおめ
お嬢様いってまいります

396 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 07:59:32.12 0
リ*・一・リノシ

397 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=4,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 68.7 %】 :2012/02/07(火) 08:04:06.25 P ?PLT(12001)
えりかさん一昨日はどうしたの
えりかさん

398 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 13:12:37.25 O
二十歳の女の子

399 :358026014614880:2012/02/07(火) 13:53:46.87 O
螺旋階段も罠じゃね

作りが複雑すぎだし、かえって不便だ

400 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:18:54.66 O
夕方ですお嬢様

401 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:19:48.87 0
その日の放課後。
私はお嬢様と2人で、図書室へ資料を返却しに来ていた。

「御返却ありがとうございます」
「いえいえ。・・・じゃ、帰ろうか。今日林道通るし、送ってくよ。たしか、誰か一緒なら徒歩下校でもいいんでしょ?」
「まあ、一緒に帰ってくださるの?嬉しいわ」
「千聖様。」

そんな話をしていると、ふいに後ろから呼び止められた。

「あ・・・」

初等部の制服。
大人びた顔立ちの女の子が、丁寧に一礼をして、私とお嬢様を交互に見た。


「ごきげんよう、宮本さん」
「ごきげんよう、千聖様」

どうやら、知った仲らしい。
賢そうな子だ。背筋をピンと伸ばして、お嬢様に倣うように、口元を微笑の形に固めている。
だけど千聖お嬢様のようなお金持ちのお嬢様、という感じではなくて、ごく普通の女の子が、生真面目に話す相手に合わせて背伸びをしているという感じ。
それが余計に、彼女の優等生らしさを際立たせているみたいだ。
細い腕に今年の中等部・高等部の推薦図書をがっちり抱いていて、読書家のようでもある。


「ずいぶんたくさん借りるのね、宮本さん」

お嬢様は深い茶色の瞳で、じっと宮本さんを見つめている。

402 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:20:05.23 0
「いえ、それほどでも。・・・あ、御挨拶が遅れました、須藤生徒会長。私、宮本佳林といいます。初等部の6年生で、クラスは・・・」
「ああ、そんな気にしないで。よろしくね、宮本さん」


――すごいな。ここまできっちりやれる小学生って、そうはいないだろう。
私の方が圧倒されてしまって、きちんと挨拶できてない気がしなくもない。


「宮本さん、初等部の生徒会に入ってたりする?」

何の気なしにそう聞いてみると、ビクッと肩が跳ねて、宮本さんの顔色が変わる。


「あ、ごめん!別に深い意味があるわけじゃないんだけど」

それまでの、落ち着き払った宮本さんの態度からすると意外な反応で、何かまずいことを言ったのかと、私は一人でうろたえてしまった。
一方、宮本さんはすぐに動揺を笑顔で封じ込めて、またハキハキとした声で喋り出した。


「いえ、こちらこそすみません。
生徒会には入っていません。私には、あまり向いていないようなので」
「そんなことないと思うけど・・・」
「あの、それより、千聖様」

宮本さんは半ば私の話をぶった切る感じで、今度は千聖お嬢様にまっすぐ向き直った。


「今朝の話の続きなんですけれど」
「あ・・・私先行ってようか?」

403 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:20:21.16 0
内緒の話ならと、席を外そうとしたのだけれど、「いえ、須藤先輩もここにいてください」と引き止められた。


「こういうことは、証人になってくださる方がいたほうがいいと思いますし」
「証人?」


「・・・千聖様、私の姉になってくれませんか?」


よく通る声で、宮本さんは唐突に言った。
私たちの半径2mぐらいの空気が、ピタッと止まったのがわかる。


「どうでしょう、千聖様」

だけど、宮本さんはそういう空気も気にせずに、さらにずいっとお嬢様に顔を近づける。


いや・・何だか意外だ。
姉妹ごっこブームのことは知っているし、お嬢様が人気者なのもわかっている。だけど、宮本さんのような子なら、例えば愛理タイプのほうがしっくり来る気がするんだけど。一緒に本を読んだり、勉強したり。
結構活発な面もある、不思議ちゃんなお嬢様だとちょっと違う気が・・・なんて、余計な事を考えてしまう。


「・・・いかがでしょう、千聖様」

ハキハキした宮本さんの声で、妄想の世界から心が戻ってくる。
お嬢様の顔をチラ見すると、目をパチクリさせたまま、固まってしまっている。・・・さては、面と向かって妹志願されたのは初めてだな。

404 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:20:36.10 0
「千聖様はまだ、学内には妹をおつくりになっていないと聞いています。でしたら、私を」


しかも、なぜだかわからないけれど、宮本さんは返事を早急にもらいたがっているようで、ぽわんぽわんなお嬢様の頭はショートしかかっているように見受けられる。

「えと・・・その、ふがふが」
「私、きっとお役に立てると思います。どうかお願いします、千聖様。この場でお返事を」
「で、でも、そんな、千聖は・・・」


その焦り気味のオーラが余計にお嬢様を慌てさせ、遠巻きに見ている周囲の空気と相俟って、収集のつかない雰囲気になっている。
この場に舞ちゃんがいたら修羅場だろうな。熊井ちゃんじゃ放送事故。栞菜なら放送禁止。


「・・・まあまあ、そんな急には、ねえ?」

とりあえず、マトモ組として助け舟を出してみることにした。


「今、その姉妹になりましょうっての、流行ってるんでしょう?でも、私とかお嬢様は結構慎重派だから・・・」
「私、別に流行だから言っているわけじゃありません」


すると、意外なほど鋭い声で反論が返って来た。


「私は本当に、千聖様と・・・」
「宮本さん」

その声をさらに遮るように、しばらく黙っていたお嬢様が口を開いた。
乾いた声。緊張感がこちらにまで伝わってくる。

405 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:21:01.26 0
「・・・千聖のことを、姉と思ってくれても、構わないわ」
「本当ですか!」
「ええ」
「ええ。って、ええっ!?」


何だこの展開。
お約束どおり、両手を挙げてズッこける私をよそに、あれよあれよと言う間に、2人は姉妹の契りを交わしてしまった。


「ちょちょちょ、お嬢様」
「嬉しい、千聖お姉様。ああ、そうだ。私のことは、かりんって呼んでくださいね」
「ええ、わかったわ、かりん。
では、私と茉麻さんはまだ、生徒会のお仕事があるから、今日はこのへんで、ね」

会釈とともに、弾けるような笑顔で去っていく宮本さん。
対照的に、周囲の生徒も私も、事態を飲み込めずにざわめいている。・・・焼け石に水かもしんないけど、新聞部がネタにしないよう、ちなみやびにクギさしとかないと・・・。


「・・・お嬢様、本当にいいの?」
「ええ」
「でも、」

言いかけて、私はぐっと言葉を詰まらせた。
たった今、妹を得たとは思えないほど、お嬢様の表情は強張っていたから。

「今日、一緒に下校していただけるって、先ほど・・・」
「あ、うん。もちろん」
「良かったわ。聞いていただきたいことがあるの、茉麻さん」

406 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 17:23:01.96 0
今日はここまで
久しぶりに少し重いエピソードが挟まるかもしれないです
>>326
おぅふそっちですね!
ソロアングルのいつも買い逃していて・・・FC限定や期間販売でないのがあればそこら辺から探っていこうかと思ってます
>>339
いろいろというのはいろいろなのでしょうねw必ずしも否定表現でなかったのが何となく嬉しかったり
階段はしばらく書いていないので何か練ってみますね!
>>344
カオス豆まきを見てたら1ネタいきたくなりましたw2月中に節分ネタ考えます
熊井ちゃん恵方巻きは投げちゃダメだよ熊井ちゃん
っていうかそれお友達だよ熊井ちゃん
>>349
少年作者さん乙です!
小春ちゃん登場ですね!あのKYを超えたハナッから人の話を聴かない突き抜けた感じ・・・熊井ちゃんとの対談とかひどいことになりそうですねw
生徒会・・・少年が行く事は出来なくても女子高からの来訪は!?今後の展開が楽しみです
セーラーの学校にもつわものがそろってますからね・・・
それにしても少年は根っからのパシリ体質w
>>378,>>385
なっきぃおたおめです!
私の中島さんの愛で方って大体こんな感じ>>378です!ケロキュフッ
誕生日ネタというかなっきぃどっきり的な方向で練ってみます
>>394
わーいからのケロキュフゥ・・・
>>399
Σリ・一・*リ

なっきぃ舞美ちゃん舞ちゃんおたおめです!
二十歳の舞美ちゃんとか胸熱!なっきぃは18禁解禁おめでとうございます!舞様舞様オシオキキボンヌ!

407 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 18:22:24.33 0
从・ゥ・从<二十歳の舞美は胸厚です! …とか言ってw

ちょっと重い話とな
では茉麻の昭和リアクションでの緩和にも期待しよう

408 :385:2012/02/07(火) 18:43:24.83 0
ちんぷいさん、楽しみに待ってるよ〜(^^)/

409 :名無し募集中。。。:2012/02/07(火) 19:53:14.03 0
作者さん乙です

西洋文化流入のまだ日の浅い頃には女学校内で(Sistersの)エスと呼ばれる
関係が有ったとか無かったとか こう書くと某変態が湧いてきそうだな

410 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=5,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 81.8 %】 :2012/02/07(火) 21:49:04.73 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
お嬢様も何か思いつめているような気がしますな
紗季ちゃんの事とか色々あるでしょうし

チン師匠の重い話と言うのはホントに重いからなあ
ワクワクするような怖いようなそんな気分でございます

411 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 00:00:49.05 0
かりんちゃんか
どうなるんだろ楽しみだ

412 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 01:28:33.13 0
手鎖御免!
ノリ・ 。・リっ∽∽∽∽-

413 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 02:02:24.49 0
お嬢様おやすみなさい

414 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 07:05:27.77 0
お嬢様いってまいります

415 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 08:01:27.62 0
リ*・一・リノシ

416 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 14:54:49.82 O
そうこうしてるうちにおやつ

417 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 17:27:44.04 0
夕方ですお嬢様

418 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 19:23:33.37 0
夕餉にございますお嬢様

419 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 20:58:33.85 0
http://chisamai.jp/img/cm_08579.gif

420 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 22:26:29.39 0
お嬢様はどうしたんだろ

421 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 23:03:10.74 0
体調をくずしているのか
それとも身内に不幸があったりしたのかな

422 :名無し募集中。。。:2012/02/08(水) 23:43:22.55 0
明日のイベントで何か情報あるかな

423 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 02:04:37.25 0
心配だねえ

424 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 07:33:31.34 0
お嬢様いってまいります

425 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 07:35:18.95 O
インフルかな?

426 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 08:00:45.89 0
リ*・一・リノシ

427 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 12:22:26.55 0
613 :名無し募集中。。。 :2012/02/09(木) 11:50:31.80 0
『アーティストQ&A』
Q:あのメンバーに一言物申す!ハロプロメンバー一人を指名して物申しちゃってください! (2012.02.09)

从・ゥ・从 <茉麻…
        腕相撲強すぎですっ!!!
        参りました!!

ノソ*^ o゚) <真野ちゃん!
        ご飯行こーよー 笑
        メールで言えないから、ポケモー。通して言います。

州´・ v ・) <佐藤優樹ちゃん☆
         あのー…私の名前 知ってますか?
         (キャンペーンとか違ったし、前に「高橋さん!」って呼ばれたから…覚えてくれてるかなーって!!覚えてくれたら嬉しいなーって!!)

リ ・一・リ <夏焼雅ちゃんへ!
       雅ちゃん可愛すぎるから...それ以上可愛くならないでください(〃∀〃照)
       雅ちゃんが可愛すぎるから千聖のファンの方も雅ちゃんに流れてます...なんも言えねー(-_-#)

(o・・) <なんでりさこはそんなにかわいいの?ww

428 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 13:19:17.14 0
皆さんおはようございます!


2日間更新できなくて
ごめんなさい

2日間の間で色んな事がありましたが、千聖は元気です!
ご心配おかけして申し訳ないです!!!


今日はまあさちゃんとの
イベント

全力で楽しみたいと思います!


ばいちゃーこ


429 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 14:15:26.22 O
まあさ(俺の)お嬢様を頼むかんな

430 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 17:15:05.08 0
お嬢様が無事なようでよかった

431 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 17:45:41.97 O
自分は千聖推しなんだけどここの皆さんは誰推しなの?

432 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 19:42:01.85 0
チンプイさん推し
というかチンプイさんが書くもののファン

433 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 21:26:28.08 O
キャラで言ったら学園は若執事と黒愛理で階段はなっきぃ
実際の推しは舞舞美だけどチンプイさんや少年作者さん、たまに現れるスポット作者さんのキャラみんな好き

434 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 21:54:58.86 0
从o゚ー゚从リ ・一・リイベント行ってきた
最大のネタは他所のスレとかで話題になってるだろうからそっちでは触れられないだろうことだけ

・从o゚ー゚从がリ ・一・リの伊達メガネかけて登場
・みやびちゃんみやびちゃん言うたび拗ねる从o゚ー゚从
・キッズ時代のリ ・一・リは自然な笑顔を作れない从o゚ー゚从の笑わせ担当だった
・リ ・一・リのノノl∂_∂'ル以外の推しメンは譜久村聖
・リ ・一・リのライバルは今でも鈴木愛理
・リ ・一・リがツンデレ風に从o゚ー゚从を褒める
・从o゚ー゚从が可愛い女の子風にリ ・一・リを褒める
・今のリ ・一・リはエクステ
・ロングブーツにニーソで激ミニスカの絶対領域、1曲歌うたびにニーソを引き上げる

リ ・一・リの装いは髪を全部下ろしてリボンのついた編込み髪風なカチューシャ
ピンクのグッズTシャツ左肩落ち、赤に黒チェックのミニスカ

レポェ・・・まとめェ・・・_| ̄|○

435 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 22:40:21.81 0
ミニスカっぽいけどあれ短パンだったぞ

436 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 23:03:22.09 0
スカートか短パンか迷ってスカートかと思ったけど短パンかorz
確かに足元無防備だなとも思ったんだよなぁ・・・
ちなみに茉麻は黒のロングスカートにブーツで足元見えず

437 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 01:39:30.86 0
お嬢様おやすみなさい

438 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 02:12:12.82 0
明日のブログでお嬢様のショートカットが見れるのかな

439 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 07:05:56.85 0
お嬢様いってまいります

440 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 08:02:54.96 0
リ*・一・リノシ

441 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=7,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 75.2 %】 :2012/02/10(金) 08:14:31.75 P ?PLT(12001)
>>431
お嬢様二推し
全力リーダー三推しでございます

442 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 12:47:43.13 O
>>431
お嬢さま一択です

443 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 15:53:05.17 O
おやつのお時間ですお嬢様

444 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:02:06.34 0
リ*・一・リ<おやつは8つ欲しいわね……おやつだけに

リ*・一・*リ

445 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:22:50.40 0
「お姉ちゃん、姉妹ごっこって知ってる?」

夕食後、食堂でくつろいでいる時に、いきなり舞から発せられた言葉。

「姉妹?」
「あー、今高等部で流行ってるんでしょ?さっき栞菜に聞いた。
“あたしは来るもの拒まずだかんな!去るものは追う!”だってさ。まったく、あの子は」

反応が遅い私のかわりに、えりがニヤニヤと笑いながら答える。


「へー、それってどういうことするの?」
「仲良くなりたい上級生や下級生に、“私と姉妹になってください!”って申し込むんだよ。
無事思いが届いたら、他の生徒たちよりも親密な、特別な先輩後輩になれるってわけ」
「あとは個々の関係で変わるんだろうけど、休日一緒に遊んだり、まー、デート的なこともあるんじゃない?」
「そうなんだ、すごいね!」

違う学年の生徒さんたちとも仲良くなれて、いい制度じゃないか!
と、思ったんだけれど、なぜかえりは呆れたようにため息をついた。

「・・・そうなんだ、って。
舞美、あーた高等部のときにあれだけ姉妹の申出があったのに、忘れちゃったの?」

そう言われてみると、そんなことがあったような気もするんだけれど・・・あはは、3日より前の出来事なんて、すぐに忘れちゃうよ、うんうん。

「今ね、その姉妹ごっこっていうのが、また流行ってるの」

何が楽しいんだか、と眉をしかめる舞。

「キュフフ、舞ちゃんったら。
お嬢様がいる時は、私は気にしてないでしゅみたいな顔してたくせに、本当はお嬢様がモテモテなのむかつくんでしょー」
「ちょっと、余計なこと言わないでくれる」

446 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:23:06.76 0
へー、お嬢様、人気があるんだ。
でもわかる気がする。子犬みたいな愛くるしさと、ぽわーっとしたあの空気には引き込まれるものがある。
嫉妬してる舞も可愛いな。でも、舞だって・・・


「舞だって、マゾヒストの皆さんから支持を受けそうじゃない?」
「・・・みぃたん、正式名称で言うとなんだか重いケロ」

あれ、使い方違ったかな。えりの顔も半笑いだ。


「ふん。舞はそういうガキっぽいことには興味ないの」
「でもさ、例えば舞がお嬢様の妹になるのは?それなら・・・」
「は?絶対やだ。そういう変な枠でくくられたくないんだけど。おねーちゃん、何にもわかってない」

お、怒られた・・・。
なんだよー、私のことは“お姉ちゃん”なんて呼んでくれるのに、お嬢様はだめなの?あんなに仲がいいのに。
舞ったら、反抗期なのか(いつもだけどね。とかいってw)最近言葉がキツいんだから。


「お姉ちゃん、いい?舞とちしゃとはね・・・」


「ちょっと、千聖!!」

いきなりの大声が、私たちの会話を中断させた。


「え、今の・・・」

447 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:23:24.37 0
続いて、ドスドスと床を踏み鳴らす音。
どんどん近づいてきたと思ったら、おもむろに食堂のドアが全開になった。


「・・・あら、皆さんいらしていたのね」

唇をギュッと噛み締め、拳を握り締めているのは制服姿の千聖お嬢様。
部屋着ではない、ということは、まだ帰ってきたばかりなのだろう。
確かに今日は、茉麻と話をしてから帰ると電話で伺っていたけれど・・・もう20時近い。
ずいぶん話し込んでいたんだろうな。こんな時間になるなんて。


「千聖ったら!」

そんなことをボーッと考えていると、続いてめぐぅが姿を現した。


「来ないでちょうだい!」

でも、お嬢様はピシャリとそう言い放って、めぐぅを凍りつかせた。


「・・・めぐならわかってくれるって、信じていたのに」
「だから、それは」
「もういいわ。仕事にお戻りなさい。命令よ」

お嬢様は深くため息をつき、漸く私たちの方を見た。

448 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:23:58.21 0
「お嬢様・・・」
「・・・ごめんなさい、お騒がせして。お水でもいただこうかと思ったのだけれど、皆さんがお使いになっているならいいわ。」
「あの、良かったらご一緒に」
「いいえ、少し休むわ。千聖のことは気になさらないで」

いつもどおり、穏やかな口調ではあるものの、こっちからの質問を一切許さないような、緊張感を感じる。
鈍感に定評のある私でもわかる。お嬢様は、今何か思いつめている。

いつもふんわりと笑っていて、寮生の心を癒してくれるお嬢様。こんな姿を見るのは、痛々しい。
そうだ、“あの時”もそうだった。こういう厳しい表情で、誰も寄せ付けないようなオーラで・・・


「それでは、失礼します」
「待ってよ、ちしゃと・・・」


踵を返したお嬢様を、舞が追おうとする。


「舞ちゃん」

それを引き止めたのは、愛理だった。


「あのさ、愛理」
「適材適所。ね?」


にっこり笑いながら愛理がそういうと、舞はおおげさに肩をすくめて、乱暴に椅子に座りなおした。

「じゃ、私行ってくるから」
「え?あ、うん!いってらっしゃい!」

449 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:24:39.60 0
テンパり気味に愛理を送り出した後、えりと顔を見合わせて首をかしげた。


「・・・今の会話、意味わかった?」
「わかんない。年長者コンビ、だめだめだねー、とかいってw」
「とかいってwじゃないですよ、全く」


愛理のかわり、というわけじゃないだろうけど、メイド服のめぐぅが食堂に入ってきた。


「ギュフーッ!」

お尻でなっきぃをぼいーんと押しのけると、手前にあった椅子に脚を組んで深々腰掛ける。
こめかみを押さえためぐぅは、乱暴にテーブルの足を1回蹴った。

「ふふん」

舞はニヤニヤと笑っている。私たちは慌てているのに、舞の笑いのツボって時々よくわからない。
それにしても・・・勤務中は真面目なめぐぅが、こういう状態になるのはとても珍しい事だった。よほどのことがあったに違いない。


「・・・ったく、千聖の奴」
「・・・めぐぅ、お嬢様、どうしたの?」
「帰りが遅いと思ったら・・・気持ちはわかるよ?だけどね、不確定事項をそーやってぺらぺらと他の人に」

私たちなんて目に入ってないかのように、めぐぅはぶつぶつとつぶやいている。


「これ、いい?もらうよ」

450 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:25:16.14 0
かと思うと、置いてあったなっきぃのみかんジュースに手を伸ばして、ガーッと飲み干してしまったり、どうもいつものめぐぅとは違う感じがした。


「ギュフーッ!ひどいケロ!ひどいケロ!」
「え?・・・あ、ごめん。ちょっと変だわ、私」
「ケロ・・・めぐぅ、本当にどうしたの?」

なっきぃの半泣きの抗議で我に返ったのか、めぐぅは少し照れくさそうに笑った。
「あのさ・・・。何があったか、ウチらには、話せない?」


状況を整理しようと、優しい声で問いかけるえりに賛同して、私もうなずいた。
みんな、お嬢様とめぐぅの強い信頼関係を知っている。2人は言い争ったり、小さなケンカをすることもあるけれど、いつだってこんなに深刻な状態にはならなかった。

「ふふん。メイドなのに、仕えてる家のお嬢さんにそんな態度でいいわけ?
舞がちしゃとの扱い、教えてあげてもいいけど」


舞だって、茶化すようなことを言っているけれど、真剣な眼差しでめぐぅを見つめている。

「・・・いや、私が勝手に言うわけにはいかない」

しばらく考え込んでいためぐぅは、そう言って頭を掻いた。

451 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:26:32.65 0
「だって・・・簡単に言っていいことじゃない。それは千聖だってわかっていたはず・・・でも、千聖が苦しいのは・・・」


大きな目を見開いた、めぐの声にどんどん熱が篭る。
止めなければ。わかっているのだけれど、頭が真っ白になって、体も動いてくれない。



「めぐ、わかった。何にも聞かないから、今日はウチの部屋で一緒に寝よ?」


そんなこの空気を切ったのは、えりの声だった。



「新作のお菓子もあるからさ。ね?ウチもお嬢様みたく、たまには添い寝してくれる人がほしいな」

冗談交じりに、でもはっきりした声で、えりは言った。


「あ・・・じゃあ、あの!私も一緒に寝ていい?3人で!わー、何か、久しぶりだね、こういうの!」
「・・・お姉ちゃん」

――私の一言は、ちょっと違ったらしい。
舞に瞬時に目線で窘められ、私はしょんぼり腰を下ろした。


「ふふ・・・もう、舞美は。」

でもめぐぅは少し笑ってくれて、「あとで、えりの部屋行くね」と仕事場に戻っていった。

452 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:27:03.73 0
「じゃあ、うちらもそろそろ」
「うん」

そのままの流れで、何となくお開きになり、みんな自室に戻る仕度を始めた。

「舞ちゃん、お嬢様のとこ行かないの?」

なっきぃと舞が話をしている。
今日は失言率が多い気がするので、黙ってみていると、舞はなっきぃの問いかけに首を横に振って答えた。

「まだ、聞かないほうがいいんだと思う。特に舞は」
「どういうこと?」

それには答えず、なぜか舞は私をじっと見た。


「・・・お姉ちゃんが行って。」
「んん?」
「ずっと考えてた。愛理が適材適所って言った意味とか、鬼軍曹がみんなに言わない理由。
多分、舞の予想は当たってるから。だから、お姉ちゃんが行って」

相変わらず全然、舞の言葉の意味はわからないけれど、舞がそういうのなら、そうなんだろう。
もともと断るつもりなんてないし、私はうなずくと、3階のお嬢様の部屋を目指した。

453 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 17:27:34.24 0
今日はここまで
まーさとお嬢様が話したこと
めぐぅとお嬢様が話したことなどは追々書いていきます
>>419
けしからん肉体だかんな
ちさももと二の腕のぷにぷに感
乱れる髪
ぎこちない腰d(有原著書:肉体は正直なエロスより抜粋)
>>427
ちしゃとェ・・・
>>428
そうでなければいいな、と考えていたことだったので・・・ですがちさとの身にアクシデントがあったのではなくてそれだけは本当に安心しました
>>434
まとめサイト管理人さんですね!素敵レポをありがとうございます
そうそう最近フクちゃん推しですよねーちさとって
茉麻ちゃんとちさとのコンビ好きです
前にハロプロTIMEで見たときも良い感じで
ちさとの安心している顔が好きで茉麻ちゃんはたぶんそれを1番引き出せる人なのではないかと
ちさとはニーソにミニスカ(短パンかも!)がよく似合いますよねー
しかし最大のネタであるアレをアレした場合服装はどうアレになるのか気になるところです
まとめの方は本当に!お気に似なさらず御無理のない範囲で・・・!
>>444
(o・D|

皆様の推しメンちゃんのお話とても興味深いです!
私推して・・・!それは何だかあれでそれでしょうもない話ばっかしててもうしわけない感じです

454 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 18:06:53.72 0
こんなに早く緊迫した空気になるとは予想外だったぜっ
そんな時でも安定のnkskいぢりw

455 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 20:47:11.94 0
久しぶりに思い雰囲気だね
チンプイさんいいよいいよ

456 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 22:18:06.83 0
このスレが無かったらベリキューに興味が湧いたかどうか

457 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 23:49:45.39 0
>あはは、3日より前の出来事なんて、すぐに忘れちゃうよ、うんうん。

鳥頭w

458 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 00:46:24.98 O
kanna93_coco 最近しょっちゅうペットショップ行ったりして浮気ばっかしてた。 ごめんよ、ここあ。 大好きだ!ぶっちゅー 嫌がる(;_;)_| ̄|○ http://t.co/ay9HE6mI
28分前

かんちゃんw

459 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 01:49:10.88 0
お嬢様おやすみなさい

460 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 07:14:57.14 O
おはようございますお嬢様

461 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 11:16:41.45 0
舞美さんのキャラは昔から全く変化しないなw
もちろんいい意味でですがw

462 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 13:21:38.36 0
お嬢様昼下がりです

463 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 15:27:38.90 0
Buonoの皆さんはパリですかお嬢様

464 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 16:01:52.19 0
なんでかわからんけど舞美さん出て来る度にの大型犬っぽいなって思う

465 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=8,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 72.5 %】 :2012/02/11(土) 18:24:25.95 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
なんか史上類を見ない重い展開の予感
果たしてどうなるのか

それにしても栞ちゃんはスゴ過ぎるw

466 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 20:46:23.45 0
まとめで学園の第一話を読んだら
栞菜がごく普通の女子中学生だったのでワロタw

467 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 22:12:53.91 0
それが今や・・・

468 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 22:35:35.93 0
772 名前:名無し募集中。。。 ◆0oxpU7dYDk [] 投稿日:2012/02/09(木) 23:34:43.55 0
須藤「男の子考えてる事って解らないじゃん。
   私もお兄ちゃんいるけど、何考えてるか解らないんですよ。」
岡井「わかんないよねー」
須藤「わかんない。男の子って難しいって思う。難しくない?男の方……」
岡井「男性の方−!」
須藤「お兄ちゃん普通に21なんですよ。しゃべり掛けてくるときは凄いしゃべり掛けてくるんですよ。
   でも家にいるときでも喋らないときがあって、なんなのって思うんですけど、
   何考えてるかわからないんでコミュニケーションが大変。」
岡井「マジで?あーでも私の弟ってゲームが好きで、
   最近あるじゃん、モンスターの…勝てる的な…あの…」
須藤「モンハン?」
岡井「それにハマってて、すっとやってるのね。ちょっとゲーマーなのかもしれない。
   もうちょっと彼女とか連れてきたらいいじゃん。
   彼女いないの?って聞いたら、めんどくさいからいらないって言うの。
   でも姉としてはさ、見たいじゃん。どういう人連れてくるのか。
   男らしさがないんだようちの弟。」
須藤「かわいいイメージしかなかったから」
岡井「今あったらびっくりするかもしれない。喋ってもヘラヘラしてるから。
   ほんとヘラヘラしてるの。舞ちゃんとかなっきぃがうちに来たときも、
   『舞ちゃん、鉄砲ごっこしようよ〜』って言って、鉄砲を舞ちゃんに渡して撃たせたりするの。」
須藤「えー」
岡井「男らしさゼロ。まあさちゃんのお兄ちゃんは男らしいよね。
   一緒にご飯食べたときに、まあさちゃんの方が身長高かったのお兄ちゃんより。」
須藤「そうなんですよ。力も強かった。」


リアルつばさくんもマイマイさんには弱いらしいw

469 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 22:35:52.84 O
今やごく普通のJKだかんな

470 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 23:58:01.26 0
リ*・一・リ<栞菜はいつも楽しいのよ

471 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 02:07:38.98 0
お嬢様おやすみなさい

472 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 07:53:25.69 0
ヾリ*・一・*リノシ

473 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 08:43:55.68 0
まあさ兄は男らしいと言ったすぐ後に
まあさのが背が高くて力も強いとか
岡井ちゃんめちゃくちゃだなw

474 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 09:10:04.89 0
773 名前:名無し募集中。。。 ◆0oxpU7dYDk [] 投稿日:2012/02/09(木) 23:34:59.62 0
岡井「今はお兄ちゃんの方が身長上だもんね。」
須藤「全然勝てないもん。時は経ったよねぇ」
岡井「時経ったよね」
須藤「10年経ったんだよ。」
岡井「ねー」
須藤「若干うちらの話からはそれましたけど、とても仲いいってことですよ」
岡井「仲いいよね」
須藤「ねっw」
岡井「ねっw」
須藤「仲悪くないですからね」
岡井「話す方だよね楽屋とかでも」
須藤「話す方…?」
岡井「熊井ちゃんとか千奈美ちゃんとはあんまり話さないもん。ココだけの話。」
須藤「まま、そういう時もありますよね」
岡井「…仲良しだよね」
須藤「これからも仲良くしようね」
岡井「しようね。遊びいこうよ。」
須藤「遊び行こうって約束してるんだよね。」
岡井「前からしてるのに行けてないからね」
須藤「口だけにならないように。」
岡井「行きましょう」
須藤「ということで私たちのこと知って頂けたかなと思います」

>>473
ごめんね続きはこうなってたから文脈は合ってるんだw

475 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=9,xxxP】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 70.3 %】 :2012/02/12(日) 12:00:24.10 P ?PLT(12001)
>>466-467
どーしてこーなったw

476 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 12:00:50.03 0
>熊井ちゃんとか千奈美ちゃんとはあんまり話さないもん。ココだけの話。

みやヲタなのにギャルっぽいのはいかんのか?

477 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 12:04:22.48 0
ギャルどうこうより話しかけてきてくれるかどうかだと思う
特に熊井ちゃんは自分からはめったに話しかけない
花音に声をかけたのは奇跡

478 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 14:35:51.10 0
成程ああ見えてみやは結構気が付くというか気配りできる人なのね

479 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 15:42:02.91 0
言い方変えれば社交性の高低か

480 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 17:57:18.32 0
熊井ちゃんはぼんやりさん

481 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:29:01.56 0
>>374
中一日でいつものカフェにやってきた。

あぁ、落ち着くな、ここは。
今ではもうすっかりこの場所が、自分の居場所として馴染んでいることに今更気付いた。

今日は誰か来るのだろうか。
そういえば、ここしばらく誰も来ていないな。おかげさまで平和な時間が続いている。
なんて思っていたら、やって来ましたもぉ軍団の人が。

やって来たのは、まぁいつものこの人だった。

熊井ちゃん。


だが、僕はびっくりしてしまった。ドアを開けて入ってきた熊井ちゃんのその姿。
この間のあのメイクにも大いに面食らったものだが、今日の彼女はそれにもまして強烈だったから。


第一印象としてはメタルバンドの出来損ないのような。
じゃらじゃらとしたアクセサリー、その髑髏とかどこで手に入れたんだろう。
ネックレスにイヤリングにブレスレット、全て銀づくし。ギンギラギン。

なんだ、その格好は・・・

パーカーの下のスカートが、見慣れた青いチェックのスカートであることを見ると、なんとこれは制服姿なのか。
まさか、この格好で学校に行ったっていうのか、この人は。
いや熊井ちゃんのことだ、正にこの格好で学校に行ったんだろう。
この人に常識というものは無いのだろうか・・・(我ながら愚問・・)。


482 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:31:21.22 0
>>481
「く、く、く、熊井ちゃん?」
「YO!」

意味が分からない。
本当にこの人はどうしてこうなんだろう、いつもいつも。

目の前に座った熊井ちゃん。
とても迫力があるその異様なたたずまい。こ、怖い。マジで。
僕は今いろいろな意味での恐怖感を味わっていた。


うわー、関わりたくない・・・

この手のタイプの人は、もし見かけたりしたとしても、あまり近づきたくないと思うだろう。
怖いから。

それなのに、まさに今そのタイプの人が目の前にいて僕を真っ直ぐに見ている。
僕の知り合いにこんなタイプの人がいるなんて・・・ そのことに、一番びっくりしているのは僕自身だ。


注文を取りに来た店員さんも完全にビビっている。

「いらっしゃいませ・・ ご注文は・・?」
「テキーラのストレートを。ロックで」

お酒かよ!
着崩しているとは言え制服姿で堂々とアルコールを注文する熊井ちゃんに、僕も店員さんもドン引き。


483 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:32:17.47 0
>>482
「すみません、未成年の方にお酒はちょっと・・・」

店員さんは消え入りそうな声だった。
何やってんだよ、熊井ちゃん! 店の人に迷惑をかけたら、もうこの店に来れなくなっちゃうじゃないか。

「す、すみません。今の注文は冗談なんですよ。ロックで!って言ってみたかっただけですから。あははは」

なんで僕がフォローしなきゃならないのか。まったく。

「ほら、熊井ちゃん。本当は何を注文するの?」
「じゃあ、抹茶オレ」


しかし、なんなんだ、その格好は。
この人、本当にあの学園の生徒さんなんだよね。だんだん信じられなくなってきた。

うちの学校なんかは相当自由な方だと思うけど、それでもこんな格好の人は一人もいない。
ましてや、あのお上品な学校の生徒さんがこんな格好。許されるのか、これ?
風紀委員の人とか何をやってるんだろう。職務怠慢じゃないのか、それって。

・・・なんてね。
この熊井ちゃんのやることを抑えるなんて、そんなの何人にも無理な仕事だ。
そんな困難なミッションに挑んでいる風紀委員の人には同情を禁じえないよ。頑張れ、なかさきちゃん。


484 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:33:42.69 0
>>483
落ち着いたところで、熊井ちゃんはいきなり僕のことを詰問しはじめた。

「昨日はなんで席を取っておいてくれなかったのさ!」

睨みつけるように、僕のことを真っ直ぐに見てくる。
本当に、怖い。

「うちがちょっと早めに来たから良かったものの、席が取れなかったらどう責任を取るつもりだったの?」

責任とれとか、無茶苦茶言うな、この人は。
そもそも、一体いつから僕がそんな責任を負うようになったのだろう。

だいたい、席を取っておいても、誰も来ないで僕を放置してることの方が多いじゃん。
ここ一週間だって全く誰も来なかったのに、僕の来れなかった昨日に限って熊井ちゃんはやって来たのか。
なんという間の悪さ。

でも、相手は熊井ちゃんなんだ。
この人のやることなんですよ? わざと僕に難癖をつけるためにやってるんじゃないか、と勘ぐりたくもなる。
まぁいい。理性ある人間である僕のやることは、挑発に乗らず淡々と説明をしていくことだけだ。
心がけるのは、相手をなるべく刺激しないように。ネゴシエーションにおける基本だ。


「そのことなんだけど、これからはもう席を取りに毎日は来れなくなったんだ」
「どういうこと? ちゃんと説明しなさい」

一方的に問い詰められるという流れで分かるように、話しの主導権はいつもの通り当たり前のごとく熊井ちゃんが握っている。


485 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:34:35.71 0
>>484
待てよ?
感情的にならず冷静に話しを進めればきっといい結果で終わるというのは、それは相手が理性的な人の場合だ。
いま目の前にどっかり座っているのは、熊井ちゃんなのだ。
この熊井ちゃんに僕がただ釈明をしてみたところで、まともに聞いてくれるとも思えない。

だいたい、ふだんは放置されている僕が一日休んだだけでこの言われ様なのだ。
こんな理不尽な言われ方に対して、男なら強気な態度に出てみたりする必要もあるのではないだろうか。

最近読んだ雑誌に書いてあったのだが、近頃は草食系男子というものが増えてきているのが問題になっているらしい。
その雑誌には、これからの男は少し強気で行くべきだと書かれていた。
そういえばあの執事さんも、そんなこと言ってたような気がするし。

そうだよね。相手が熊井ちゃんじゃ無ければ、まぁ僕もそう思っただろう。
でも、今現実的に目の前にいるのは熊井ちゃんなのだ。
熊井ちゃんが僕をじっと見ている。この目の前にいる彼女を見ていると僕は絶望的な無力感に苛まれる。

が、僕も男だ。
男なら負けると分かっている戦いでも勝負しなければいけないこともあるのだ。
試しに、こういう反論をしてみるとか妄想してみる・・・

(うるせーな、熊井には関係ないだろ)

・・・・こんなこと言ってみたいもんだな。
男である以上、絶対的な力というものへの憧れはやっぱりあるのですよ。


486 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:36:07.72 0
>>485
でも、そんなこと彼女に言ったりしたらどうなるかは、火を見るよりも明らかだ。

(ぬわんですってえぇぇ!)
(ごめんなさい)

秒殺。

だよね。
こんなこと言ったら、昔の彼女だったら、それこそ僕に暴力行為まで加えてくるところだぞ。

そもそも僕は何事でも事を荒立てない主義なのだ。無用のトラブルは避けるべきだと思う。
だから、熊井ちゃんの詰問に対しても僕に出来ることは、ひたすら彼女の理解を得られるよう下手に出ることだけだ。


方針の定まった僕は、熊井ちゃんに聞かれたことに素直に答えた。今の長い妄想は全く顔に出さずに。

「昨日は遅くまで生徒会の仕事だったんだ。僕も忙しいんだよ」
「何それ? 生徒会なんか入ってたっけ?」
「今年から入ったんだ。小春ちゃんのお願いだから断りきれなくて」

しまった!
言わなくていいことを口にしてしまった。僕としたことが痛恨のミスだ。
今のところを彼女が聞き逃してくれることを祈った。

でも、熊井ちゃんがそんなことを聞き逃したりするはずがない。
案の定、熊井ちゃんはそこにがっつりと食いついてきて、僕は更に問い詰められることになった。


487 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:37:17.77 0
>>486
「小春? 小春って誰?」

よびすけすんなよ僕の先輩に対して! って抗議したかったけど、怖いから出来ませんでした。
何でそんな怖い顔で問い詰められなきゃならないんだ。

まぁ、別に熊井ちゃんは怖い顔をしたわけではなくて、単に真顔で聞いてきただけなんだろうけど。
でも、熊井ちゃんの真顔は本当に怖い表情に見えるわけで。

「ウチの学校の先輩だけど・・」
「先輩? ふーん、先輩ね」

熊井ちゃん、何か言いたげな表情だ。
これはアレだな、きっと。
やっぱり、僕が他の人のお願いを熊井ちゃんの指示より優先したのは気に入らなかったのかもしれない。
うちの子分が他人の指示を受けてるなんて、気に入らないんだけど!ってことだ。

でも、ひとこと言っていいかな。
僕は決して熊井ちゃんの子分なんかじゃなry


「うん、先輩。僕の、学年一個上の人」
「じゃあさ、先輩に対して“ちゃん”付けで呼ぶとか失礼じゃないの? 呼び方はきちんとしないとケジメがつかないでしょ」

熊井ちゃんに注意されてしまいました。
怖い顔して何を言ってくるのかと思えば、言われるのはそんなことかよ。
そんなこと言ってる熊井ちゃんが先輩に対して敬称を使ってるの、聞いたことないけど。
桃子さんは“もも”だし、雅さんも“みや”、新しい生徒会長さんのことも“まーさ”って呼んでた。


488 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:39:11.22 0
>>487
そう言われても、昔からみんな小春ちゃんって呼んでるしなあ。他人行儀にされるのは当の本人が嫌がるから。

「それで頼まれた生徒会の仕事を優先したってわけ? あのさ、もぉ軍団の任務をなんだと思ってるの?」

任務って何だよ・・・
僕の行動を勝手に縛り付けるな!
なーんて思っても、僕の口からでてくるのは受身の言葉ばかり。

「でも、こっちもちゃんとやるからさ。生徒会の仕事ないときはちゃんと席取りも出来るから。生徒会の仕事は週一回ぐらいらしいし」

なぜ僕はこんなに全力で必死に言い訳してるのだろう。
僕と熊井ちゃんの力関係では、これが現実なのか。

「ふん、まあいいか。何事も勉強だからね。しっかり成長してもらわないと」

なんで熊井ちゃんが僕の成長を願うんだよ。
でも、話しがまとまりそうなのだ。下手に反論して話しを長引かせたくない。
だから、熊井ちゃんの言ったことに僕はただ頷くことしかできなかった。


「実はね、うちも生徒会に入ったんだよ。これでなかさきちゃんと一緒」
「熊井ちゃんが生徒会に・・・それは、なかさきちゃん御愁sy・・じゃなくて、熊井ちゃんは生徒会のどんな仕事をしてるの?」
「うん、総務部っていうところなんだけど、何をするのかよく分からないんだよね、あははは」
「総務部だから、あらゆる仕事があるんじゃないの? そんな忙しそうな仕事引き受けて大丈夫?」
「大丈夫、大丈夫。順調だよ。でも、もぉ軍団のもぉ軍団によるもぉ軍団のための学園にするまでは、もうちょっと時間がかかりそうかな」

この人は何をしに生徒会に入ったのだろう。
生徒会に何を求めているのか。いや、生徒会で何をしようというのか。もぉ軍団のryって・・・
総務部とやらで、この熊井ちゃんと一緒に仕事をする人がかわいそうでならない。心から同情するよ。


489 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 19:41:06.19 0
>>488
それにしても、熊井ちゃん2年生になってから張り切ってるなあ。
普段はのんびり屋の熊井ちゃんだが、たまに思いついたようにパワフルに変貌することがある。
そんなときの方向性は大抵の場合彼女らしい独特な方に向いてるけど。

「熊井ちゃんがそんなに学校のことに関わってるとは知らなかったよ。やる気だしてるんだね、熊井ちゃん」
「ももが卒業しちゃったから、もぉ軍団の統括責任者として今まで以上にうちが頑張らないとね」
「この間もうちが新しいリーダーって言ってたけど、熊井ちゃんが軍団のリーダーになったの?」
「そうだよ。後に歴史家が伝説と評価したうちの時代が今始まるんだぜ」
「意味わからないけど。でも、いいの?それ・・」

桃子さんはそのことちゃんと承諾してるの?って思ったからそれを聞こうと思ったのだが、言いかけたその質問は飲み込んだ。
だって、そんなの聞いたところで僕に何か利があるわけでもない。
むしろ、首を突っ込まない方がよさそうじゃないか。熊井ちゃんと桃子さんの2人の問題だ。触らぬ神に祟りなし、ってね。


「そっちこそ、生徒会ではどういう仕事をすることになったのー?」
「僕が入ったのは渉外部って部署だから、他の学校との色々交渉事や各種打ち合わせといったことらしいんだ。まだ何も仕事してないけど」
「そうなんだ。じゃあこれが初めての仕事になるかもね・・・」
「えっ? なに? 何か言った?」

熊井ちゃんはニヤニヤとするばかり。
凶悪ラッパーのその不気味な姿と合わせ、それを見た僕は背筋が凍る思いがした。
何か、猛烈に嫌な予感がする。


490 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 20:29:12.18 0
>>406
チンプイさんおつですー!
姉妹になりたいという性急な申し出といい何か事情がありそうなかりんちゃん
そしてお屋敷に帰ってくると感情に乱れの見られるお嬢様と
珍しくお嬢様とがっぷり四つに組んでやりあっているめぐ
愛理ちゃんは何を察したのか?
多方面の展開がどう繋がって来るのか楽しみです
重い展開とのことで話しに引き込まれていきます
舞美ちゃんは大学生になっても舞美ちゃんのようで安心したよ舞美ちゃん


℃-ute初見で愛理ちゃん見てかわいいな・・なんて思って
ハロのこと何もわからないような人間でしたが、そのうち狼にやってきて
階段スレのPart2あたりからこのスレ常駐して、チンプイさんの小説に衝撃を受けつつ物語を読み進み
気付いたらすっかり千聖ヲタにw
ハロヲタとしての自分はこのスレに育ててもらいました
階段編読んで℃-uteに感情移入するとか何という在宅脳w
基本℃-uteは箱推ししてます。みんな大好きです!

491 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 83.8 %】 :2012/02/12(日) 21:53:34.32 P ?PLT(12001)
熊井ちゃんはホントに何をしてくるか分からないしなあ
少年こそ御愁傷様ですw
それにしても熊井ちゃんを生徒会に誘ったのが舞様だと知ったら
少年はどんな顔をするだろう…

492 :名無し募集中。。。:2012/02/12(日) 23:51:00.34 0
t

493 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 01:09:12.04 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

494 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 02:10:04.10 0
お嬢様おやすみなさい

495 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 07:08:12.03 0
お嬢様いってまいります

496 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 12:59:03.58 O
午後の授業前に保全しとくかんな

497 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 15:48:20.61 O
おやつのデザートの御時間でございますお嬢様

498 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 18:19:38.34 O
そろそろ晩飯でございますお嬢さま

499 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 20:18:30.37 0
ショート楽しみだかんな

500 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 21:58:56.17 0
なきくまイベ行きたかったな

501 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 23:26:50.98 0
さいでしゅか

502 :名無し募集中。。。:2012/02/13(月) 23:52:05.53 0
リ*・一・リ<おやすみなさい

503 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 01:33:39.76 0
お嬢様おやすみなさいませ

504 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 07:04:01.17 0
お嬢様いってまいります

505 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 08:00:24.72 0
リ*・一・リノシ

506 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 12:09:27.85 O
お嬢様からのチョコ独占だかんな

507 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 15:02:36.82 0
まいまいさんはリードされたい派

508 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 15:56:55.41 O
まいまいさんにリードでつながれたい派な少年

509 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:08:38.31 0
3階の一番奥。
ライトブラウンのドアを叩くと、細くドアが開いた。

「あ・・・」

出てきたのは、お嬢様ではなく、愛理だった。

自分の部屋だというのに、お嬢様が応対なさらない。
その事実に、心がチクッと痛んだ。


「えっと、私?お嬢様?」

愛理はお嬢様の心の門番みたいに、くりんとした目に少し力を入れて、私をじっと見る。
当然のように、部屋に入れてもらえるつもりでいたけれど・・・今は緊急事態なんだった。相変わらず、頭が回ってないな、私。

「えっと・・・できたら、お嬢様に」
「・・・愛理、どなたかしら」


そのまま立ち話をしていると、お嬢様の声が聞こえた。
泣き声でも、怒っている感じでもない。・・・話、できるかも!


「お嬢様!私です私です!入っていいですか?」
「・・・舞美ちゃん、名前言わないと」
「あ・・・お嬢様、舞美です舞美です!入(ry」


「・・・もう、舞美さんたら。お声でわかるわ」

苦笑する愛理の後ろから、ぴょこんと顔を出したお嬢様。

510 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:09:03.23 0
「何か、ご用かしら?」
「あー、えっと」

――うぅ、慌ててしまう。
大抵の事件は、私がぼーっとしている間に終わってしまうから・・・なかなか、当事者としてこういう場で調整をお引き受けするという機会がない。

しっかりするんだ、まじまやいみ!・・・自分へのカツでも噛むとは、さすが私!とかいってw


「むふふ」
「もう、舞美さんたら・・・。いいわ、入ってちょうだい」
「ケッケッケ」

そんな私の一人漫才を眺めていたお嬢様は、ふっと表情を緩めて、くるりと踵を返した。


「どうぞ、おかけになって。・・・千聖の様子を見てくるよう、舞やなっきぃに言われたのでしょう?」
「はい。・・・いや、それもそうですけれど、私自身がお嬢様を心配しているというか」
「そう。お優しいのね」

ふかふかソファの定位置に座ったお嬢様は、正面にいる私と愛理を静かに見つめた。

さっきの、めぐぅに対して憤っていた雰囲気はもうない。
だけど、相変わらず纏う雰囲気は重くて・・・私は意味もなくそわそわしてしまう。


「・・・舞美さんが、」

やがて、お嬢様は静かに口を開いた。


「舞美さんが生徒会長になる前は、あまり、学園の雰囲気が良くなかった、と聞いたことがあるわ」

511 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:10:10.06 0
千聖は毎日登校していたわけではないから、わからないけれど。と小さく続ける。

「舞美さんも、そのように感じていたのかしら?」
「あ・・・えーと」


その話題は、かなり唐突なように感じられた。
今日の深刻そうなお嬢様の様子と、一体どんな関連が・・・?だけど、今のお嬢様は、私からの質問を一切受け付けてくれないような、ある種の近寄りがたさのようなものがあった。


「そうですね・・・あの、上手く言えませんが」

それでも、無機質な表情の下で、お嬢様が悩んで苦しんでいるのはわかった。
3日以上前のことは(ryな私も、その思いに応えないわけにはいかないだろう。


「あまり、雰囲気の良くないところはあったかもしれないです」

高等部からの編入生の私は、品行方正な名門校と言われていた学園の、そうではない部分にとまどうことが多々あった。

「例えば、どのようなことかしら?」
「そうですね・・・。何か、うわばきを踏み潰して履いてる人がいたのにはびっくりしました」
「う、うわばき?そう・・・」


どうやら、私の回答は、お嬢様的にはあまりピンとこなかったらしい。
だとしたら・・・あてずっぽうかもしれないけれど、私は思うがままに、話してみることにした。


「・・・あとは、その、上から目線になっちゃいそうなんですけど、けじめのないところがあるかなって」
「けじめ?」

512 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:11:43.13 0
お嬢様の目に、少し力が篭った。

「うーん、言い方が難しいですね。アハハ・・・。
つまり、学園祭とかレクリエーションとか、楽しいことがあったらそっちに走っちゃう傾向があって。
授業のはずの時間も、生徒側からの強い要望で、そういったことの準備に充てられたりして。本当にいいのかな?という違和感はありましたね。
それで、つまり・・・あの」
「その影響で、真面目に授業を受けたい生徒が損をしたり、酷い場合だと、仲間はずれのような状況になったりして。まあ、はっきり言えばイジメのような状況ですよね」


私の言いよどんでいた部分を、愛理が淡々と続けた。
息が詰まる。
でも、愛理はいつもどおりの口調と表情で、まるでお天気の話でもするかのように、落ち着いていた。


「私のクラスでも、ありましたよ。そういうの。私もやられたかな、一時期。
幸い、味方になってくれる友達が多かったから、悪化しませんでしたけれど」


愛理の言うとおりだ。
学園中が、今より勉強以外の活動に重きを置いていた頃、その風潮についていけない生徒たちが、必要以上に糾弾されてしまうようなことがたびたびあった。
変に足並みをそろえようとする割りに、意見がまとまっていないというか・・・私が生徒会長に推薦してもらったときも、まずそれを議題にあげ、改善できるよう取り組んだりもした。


「・・・そうね。ももちゃんの机にヘビを入れたり、上履きを違うところに置いたりするのも、悪ふざけだったのかもしれないけれど、千聖から見たら苛めていたのと同じだわ」

お嬢様は、軽くため息をついた。

513 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:13:02.31 0
「愛理、舞美さん。単刀直入に言うわ。
・・・私は、かりんがいじめられているのではないか、と思っているの」


お嬢様の声は室内に大きく響き、やけに生々しく耳に届いた。


「・・・それは、どうして」
「なぜ、そんなことをするのかしら。
虐げられる人の気持ちを考えたら、何も楽しい事なんてないでしょうに」


――まただ。

お嬢様の目つきがどんどん鋭くなって、私や愛理の声なんて届かないような状態になっている。


「ももちゃんのように、強い人ばかりではないのに。
愛理みたいに、同級生が庇ってくれるばかりではないのに。
誰かをわざと傷つけるようなこと、絶対に許すわけにはいかないわ」


お嬢様の声に、熱が篭っていく。
この持て余すほどの強い感情を抱えた、お嬢様のお話の行きつく先がわからない。
だけど、これだけはわかる。止めなきゃいけない。お嬢様の心を、お守りするために。

「だから、私はかりんを」
「お嬢様!」


怒りながら傷ついて、混乱しているその姿があまりにも痛々しくて、私は思わず、その言葉を遮ってしまった。

514 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:14:22.14 0
「舞美ちゃん・・・」


目を丸くする、愛理の声が遠い。
自分自身でも久しく聞いてなかった、自分の大声。体が熱くなって、なのに震えて、倒れこみそうなほどの疲労感を覚えた。


「・・・私も、イジメは良くないことだと思います。絶対にあってはならない」

何とか声を振り絞ると、お嬢様が大きくうなずいた。



「そうよ・・・舞波ちゃんも、そうやって傷つけられたの」


――ああ、やっぱり。


心優しいお嬢様がこんなにも、感情をむき出しにして怒る。
そんな原因となりうるのは、彼女――舞波さん、ぐらいしか思い当たらない。

学校でトラブルがあり、休学を余儀なくされ、お嬢様のお屋敷で静養していた舞波さん。
きっと、“かりんさん”の身に起こった何かから、お嬢様は舞波さんのことを思い出したのだろう。

“舞はまだ聞かないほうがいい”そう、舞自身が言ったのも、これで理解できた。
頭のいい舞のことだから、食堂でのお嬢様の御様子から、舞波さん絡みかもしれないと察したんだろう(舞は舞波さんの話しになると、何か不機嫌になっちゃうから・・・)。それで、一歩引いてみせた、と。

お嬢様がまず、めぐぅに話を振ったというのも、合点が行く。
それから、私に愛理。お嬢様は、舞波さんのことを知っている寮生にだけ、こうして打ち明けてくれたみたいだ。

515 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:15:26.23 0
「でも、めぐはわかってくれなかったわ。舞波ちゃんのこと、近くで見ていたのに、冷たいわ、めぐ」
「お嬢様・・・」

でも。

残念ながら、私にはどうしてもわからないことがあった。



――それで、カリンさんというのは、どこのどちら様なんだろう・・・?



さっき、確認しておくべきだった。
今更それを聞ける空気でもなく、この後の話についていけるのだろうかと思うだけで、背中に汗がにじむ。


「ケッケッケ」


私の焦りを見透かしたかのように、愛理が首をすくめてちょっと笑った。

516 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:16:01.94 0
今日はここまで
そんなにめちゃくちゃ重くはしない予定です
大熊さんややじさん等のぶっとんだ方々にお力を借りつつ
>>458
ちがうんだかんな
栞菜はいくつも愛を持っていてあちこちに愛をばら撒いて好きよウッフンだかんな
>>466
お嬢様との対比でごく普通の感覚を持ったキャラにしようと思ってました・・・もはや見る影も・・・
>>469
えっ
>>468,>>474
兄弟も知ってる仲とは深いよちしゃましゃ
2人の空気感は和やかで大好きです
つばさくんは思春期で女ウゼーモードなのかと思いきや
行動は完全に子供w
>>490
少年作者さん乙です!
出たなラッパー熊井めw
少年をもぉ軍団認定してくれてるのかただの舎弟なのか・・・とりあえずお役立ち認定はしてくれているみたいですがw
自分は平然とよびすけしまくりのくせに少年には正しい道を教えてあげる熊井さんはんぱねーっす
>後に歴史家が伝説と評価した
未来なのに過去形とはもはやわけがわからないwでも熊井ちゃんの中では予め決められていることなのでしょう
しかしもぉさんのいない間のもぉ軍団での熊井ちゃんの暴言を全部もぉさんに聞かせたいw
渉外部のお仕事・・・?これは熊井ちゃん許可なし大暴走の予感ですな
そしてそんなに前から小説を・・・ありがとうございます!
っていうかてっきり舞ちゃんヲタだとばっかり!今一番驚いた!w
キュートちゃんたちはほんと可愛いですねー飽きる兆しがまったくないというクオリティ!
>>506
では私は本体を!

517 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 17:46:10.98 0
そうか今はどんな状況も打破する「ちきゅうはかいばくだん」みたいな人が
お嬢様の周りにはゴロゴロしてるもんな
あんま心配することないかwよかったなかりんちゃん

518 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 19:17:06.02 0
作者さん乙です
久しぶりに舞波ちゃんの名を聞きました
バレンタイン大作戦(?)のAAを作ったのを思い出しましたが
今日ってバレンタインデーだったんですねw私女の子には縁が無いので気付きませんでした

519 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 20:54:38.02 0
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/19317cf9_640.jpg
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/36440a0d_640.jpg

520 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 22:13:50.46 0
ノシとは何にございますかお嬢様

521 :名無し募集中。。。:2012/02/14(火) 23:31:25.39 O
髪を切ったわけはなんでございましょうかお嬢様

522 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 00:52:34.21 0
お休みなさいませお嬢様

523 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 02:07:00.41 0
お嬢様おやすみなさい

524 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 06:59:12.80 P
おはようございます

525 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 12:20:12.42 O
かりんちゃん知らないで話し合わせる舞美さんにワロスw

526 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 13:51:00.64 0
そうか実際のつばさクンはもう思春期か
このスレで知ったからまだはな垂れ小僧のイメージだったw

527 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 15:02:26.10 0
学園中高等部で鳴らしたウチら特攻部隊は、濡れ衣を着せられ風紀委員に足止めされたが、服装チェックを脱出し生徒会に潜った。
しかし生徒会でくすぶってるようなウチらじゃあない。筋さえ通りゃ気分次第でなんでもやってのける命知らず。
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、ウチらは特攻野郎もぉ軍団!
「わたしはリーダーの嗣永桃子。通称ももち。アイドルとファッションのプロフェッショナル。
もぉのような天才アイドルでなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらない!」
「僕は○○。通称少年。自慢のルックスに女はみんなイチコロさ。
ハッタリかまして、カフェの座席からカラオケの場所取りまで、何でもおさえてみせるぜ。」
「熊井友理奈、通称熊井ちゃん。なんかよくわからんけど天才だ。
nkskちゃんをいぢめていいのはあたしだけ!でも、トマトとイチゴだけは勘弁な!」
「んー、お待ちどうだゆー!わたしこそ菅谷梨沙子。通称りーちゃん。
夏焼雅様親衛隊としての腕は天下一品!キモヲタ?メイクが濃い?だから何??」
ウチらは、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の、「特攻野郎もぉ軍団」!
助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!

528 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 15:44:01.56 O
ノソ;^ o゚)<・・・

529 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 18:35:14.28 O
おつですw

530 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 20:02:05.38 0
方向性が見えないw

531 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 21:24:55.56 0
リ*・一・リ<水戸黄門みたいな決め台詞なのね、かっこいいわ

532 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 23:02:43.54 0
いいんちょさんが噴火しそう

533 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 00:09:11.51 0
ttp://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/ee99169f_640.jpg

534 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 01:10:04.07 0
お嬢様お先にやすませていただきます

535 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 02:02:48.73 0
お嬢様おやすみなさい

536 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 07:12:45.79 0
お嬢様いってまいります

537 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 11:22:47.98 0
リ*・一・リノシ

538 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 15:02:13.01 0
955 :名無し募集中。。。 :2012/02/16(木) 14:55:59.24 0
http://a4.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash4/409548_332411376800912_131889436853108_896031_1381228589_n.jpg

539 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 15:06:55.40 0
お嬢様めんこめんこしてあげたい

540 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:47:26.45 0
「・・・ダメね、私。少し一人で落ち着かないと」

苦笑いの私と、ケッケッケモードの愛理を見比べると、お嬢様はまた深いため息をついた。

「わざわざ来てくださったのに、ごめんなさい」
「あ、いえいえ!また何かあれば、なんなりと。・・・あ、就寝時間に栞菜はお呼びしますか?それとも、今日は・・・」
「また後で、私から栞菜に連絡するわ。どうもありがとう、舞美さん」

肩を落として、少し寂しそうに微笑むお嬢様。
どうにかしてあげたいけれど、今日のところは引き下がるしかないのかもしれない。というか、そもそもカリン(ry


「・・・お嬢様、ひとつだけ、よろしいでしょうか」


ドアを開けようと、ノブに触れたとき、ふと愛理が後ろを振り返った。


「何かしら」
「お嬢様は先ほど、めぐぅが冷たいとおっしゃっていましたが、それは違うと思います。」
「でも、」
「めぐぅは舞波さんを忘れていないから・・・今でも、舞波さんのことを思っているからこそ、お嬢様のお話にうなずくことができなかったんじゃないでしょうか」

口を挟もうとするお嬢様を制するように、愛理は一気に喋った。


「・・・よく、わからないわ」

――私もよくわかりません、愛理ちゃん。

「それでも、いいんです。
ただ、私の意見として小耳に挟んでいただければ。・・・では」

541 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:48:44.54 0
愛理は一礼すると、私を手を取って、もう振り返らずに部屋を後にした。



*****
「あ、そうだ舞美ちゃん。かりんちゃんっていうのはね、お嬢様の妹になりたがっている子だよ」

お嬢様のお部屋を出て、寮に戻る帰り道、私はやっと最大の疑問点を解消する事ができた。


「妹・・・あ、舞が言ってた、姉妹ごっこの?」
「ケッケッケ、舞美ちゃん知らないで話合わせてるんだろうなーって思ってた。」


――なんだよー、黒愛理ちゃんめ!こっそり耳打ちしてくれればよかったのに。


「それで・・・かりんちゃんさんは、お嬢様が言うように、いじめられているの?」

私が問いかけると、愛理はぴたっと足を止めた。

「わかんない」
「そっか」

即答してくれたけれど、その横顔は何かを考えている風で・・・。ふわふわとつかみ所のない愛理の、心のうちがますます見えなくなってしまう。


「・・・有名な子だから、なんとなく人となりは知っているけどね。
成績優秀、スポーツ万能。初等部の交流会で、クラスの子たちをまとめてるのを見たこともあるよ」
「へー、なっきぃみたいな感じかな?」
「ケッケッケ」

542 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:49:20.79 0
――余談だけれど、愛理の「ケッケッケ」には幾つか種類があって、「ケッケッケ(↑)」は肯定で、「ケッケッケ(↓)」は否定、「ケッケッケ(⇔)」は

「思ったんだけど、めぐぅがお嬢様のお話に難色を示したっていうのは」
「はっ!」


また余計な事を考えていたら、愛理が喋り出した。

「それは、お嬢様が混乱しているからだと思うんだ」
「そうなの?さっき、落ち着いてみえたけど」
「表面上はね」

寮のロビーにたどり着くと、二人そろってソファに腰をおろす。


「恐らく、お嬢様はめぐぅに、私たちに話したのと同じ内容を打ち明けたんじゃないかな。
知っている下級生がいじめられているようだから、助けたい、って。・・・もしかしたら、もっと断定的な言い方をしたのかも」
「お嬢様はめぐぅのこと、信頼してるもんね」
「そうだね。・・・だから、めぐぅはすぐに察したんだと思う。
お嬢様が舞波さんの件と関連付けて、二度とあんな辛い気持ちをする人が現れてはいけないって、焦ってしまっているお気持ちを」


愛理はいつもどおり落ち着いて、淡々としていて、その冷静さになぜか私の方がそわそわしてしまう。
――いや、いつもどおりではないのか。少し饒舌なのは、今のお嬢様の御様子から察したことを整理しようとしているからかもしれない。

「でね、多分だけど・・・お嬢様は、直接かりんちゃんがいじめられているのを見たんじゃないと思うんだ」
「どうして?」
「それなら、その場で何かアクションを起こすんじゃないかな、お嬢様なら」

543 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:50:19.99 0
なるほど。
そういえば、ももが前に言っていたっけ。

ずっと前、嫌がらせしてくるグループの子たちがいて、今よりもずっとずっとおとなしかった千聖お嬢様が、その子達に直接注意をしてくれたことがあったらしい。怯えた子犬時代の、お嬢様がですよ!

だから、もぉはこれから何があっても千聖を守るから、と。あのドライなももが。


これ、私のお気に入りのももちさエピソード・・・まあそれはいいとして、このことからも、お嬢様の正義感の強さというのは伺い知れる。
まして、今のお嬢様がかりんちゃんさんがいじめっこに絡まれている現場なんて見ようものなら、あの黒目がちなお目目をキッと吊り上げて、即お説教モードに入ることだろう。

「・・・何か、かりんちゃんさんの様子や状況で、いじめを連想させることがあったのかな?」
「うん。状況証拠ってやつだね」


ああ、何か、少しずつわかってきた気がする。

お嬢様は、信頼してるめぐぅなら・・・まして、舞波さんの件を知っているめぐぅなら、いじめを止める方法を一緒に考えてくれると思っていた。
なのに、めぐぅはお嬢様の意見に反対した。・・・というか、全面的には味方になってくれなかった。というのが、お嬢様からの視点。
めぐぅからすれば、こういう件でお嬢様がヒートアップしてしまうのはわかっているから、ひとまず冷静になってと諭したんだろう。
自分が直接知らない人のことで、まして何か現場を見たわけでもないのに、いきなり意見を述べるのは難しいという考えもあったのかもしれない。

お嬢様が、新聞部の騒動で心を痛めていたときもそうだった。
傷ついたお嬢様に寄り添いながらも、できないことはできないと突っぱね、その裏では自分が悪者になってでも、お嬢様と舞を仲直りさせようとしていた。

544 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:51:49.45 0
そういう優しさは、後にならないとなかなか気がつかないものだ。・・・私クラスになると、後になっても気がついてないことがたくさんありそうだけど(キリッ

「舞美ちゃん、えりかちゃんと2人でめぐぅのこと、宜しく頼むね。
お子様チームは、お嬢様を支えるから」
「もちろん。
嫌なことは、すぐに解消されるといいよね。なんにしろ。みんなで笑い合えるのが一番!」

私がそういうと、なぜか愛理は嬉しそうに笑った。

「ん?」
「いやー、何か、舞美ちゃんってやっぱりいいな、って思って」
「本当ー?じゃあ今からでも、なる?姉妹に!とかいってw」
「はいよろこんで、舞美お姉様。なんつって。ケッケッケ」
「そういえば、愛理は学園に、お姉さんや妹は作らないの?お嬢様みたいに」
「・・・ケッケッケ?」
「あはは?」


――やっぱり、よくわからない子だ、愛理ちゃんたら!

545 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 16:52:31.81 0
今日はここまで
区切りがいいので次回は学園短編で
来月に入る前に時事ネタを
>>518
バレンタイン・・・
ゴディバのCMに洗脳されてあのチョコが欲しくなり
頑張ってるあたしへのご褒美バレンタイン(ケロキュフッ)ということでデパートに行ったらもう目玉とか記憶とかいろいろ飛び出る価格設定で
はなまるうどん何杯食えんだよなめてんのかという貧乏人換算により断念したのが今年のいい思い出です!他には特になし!
>>527
特攻野郎もぉチームw
テンポがよくってにまにましてしまいました
なんかよくわからんけど天才な熊井ちゃんとメイク過剰なマダムりしゃこ
きっとこうしてキャッチフレーズを作っても少年と熊井ちゃんが噛んでグダグダになるんでしょうねw

>>519,>>533,>>538
お嬢様のショートカット!!!何か意味もなく部屋中をぐるぐる歩き回ってもうたでした
わりと重症のジャニヲタの自分から見てどう考えてもイケメンジャニーズJr.(一人だけ衣装が違う待遇の子)です本当にありがとうございました
顔だけ見ると170センチぐらいある美形インテリスレンダーモデルみたいなのに実際はへにょっとしてちょこんとしてボインとしてそのギャップがハァハァハァハァちしゃとおおおう
私はロン毛でも短毛でも金でも赤でも青でもとりあえず萌える派なのであまりあてにならないですがこれはいい!!!すごくきゃわゆい!!

546 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 18:54:17.88 0
チンちゃん乙っす

州´・ v ・)<ケッケッケ♪

547 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 20:41:13.04 0
作者さん乙です
ももちさエピソードに泣かされました
生徒会長さんは卒業後は母校の体育教諭でしょうか
するとももち軍団長は初等部ですね

548 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 21:42:43.53 O
チンプイさんおつでふ

ってーとみおんちゃんの担任がももちなんてことも・・・ないか
岡井家で学園に通えるのは中等部からだし

つばさくんは男子禁制の学園に通えるのかな?
それとも系列の共学or男子校?
それとも少年と同じ公立校とか?w

549 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 23:25:25.13 0
めぐに久しぶりにスポットが当たって嬉しい

550 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 23:25:28.01 0
変態コメントさせたらチンさんの右に出る人はいないなw

551 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 00:44:21.42 0
岡井千聖応援スレ Part125
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1329403841/

552 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 00:44:23.95 0
おやすみなサイ

553 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 02:12:18.55 0
お嬢様おやすみなさい

554 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 03:26:07.20 0
普段は鷹揚としてるけど肝心要なトコはちゃんとおさえるやじーさんは
スペシャリストが揃ったチームのリーダーとしては理想的だな

555 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 07:06:10.64 0
お嬢様いってまいります

556 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 71.7 %】 :2012/02/17(金) 08:15:32.48 P ?PLT(12001)
チン師匠乙です
なるほどお嬢様はかりんちゃんに舞波ちゃんと同じ匂いを感じたのか
まあでも先走りは禁物と言うかこういう場合はどっしり構えるのが吉かと

舞波ちゃんは新しいお友達も出来て元気にしているようですよお嬢様
http://stat.ameba.jp/user_images/20120122/21/manat-manat/74/93/j/o0800053011749750188.jpg

557 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 08:34:46.68 0
ゴディバのチョコレート知らべたら高すぎワロタ

558 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 12:45:39.30 O
みおんちゃんかわいい

559 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 16:10:11.58 O
お嬢様おやつですよ

560 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 18:48:12.77 0
若執事が腕を振るったかな

561 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 19:34:23.93 O
寒天フルコースでしゅけどね

562 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 20:51:42.45 0
http://p.twimg.com/AlyBDeQCIAAtT5r.jpg

563 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 22:21:02.07 0
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/01522d2e_640.jpg

564 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 23:42:54.81 0
お嬢様今晩は

565 :名無し募集中。。。:2012/02/17(金) 23:58:00.50 0
はいこんばんわ

566 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 02:01:10.78 0
お嬢様おやすみなさい

567 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 07:02:37.25 O
おはようございますお嬢様


568 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 11:56:08.01 0
>>562
ともちよりも凄いカッコなのだろうか学園ももちは

569 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 14:25:29.06 0
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/b7e2c396_640.jpg

570 :133.101.211.161:2012/02/18(土) 16:54:38.14 0
>>569
お嬢様何か生えてますよ

571 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:30:56.79 0
>>489
一日の授業も終わり、ホームルームの時間。
席の近い奴らで雑談をしていた。

「噂の新入生の子を見てきたけどさ、マジ可愛かったぞ」
「本当に可愛かったな。話しに聞いたところだと、あの子性格もいいらしいじゃないか」
「お前も一緒に見に来ればよかったのに。かわいい子とか好きじゃんお前」

何言ってるんだか。こんな硬派な僕に向かって。

あまり興味ないそんな話しを聞き流しながら、僕は窓の外をぼんやりと見ていた。
ふと、校門の方に何となく目をやると、そこに一人の人物が立っているのに気付いた。


そこにいたのは、見るからに不良っぽい怪しい風貌の人物だった。

不良の御来校か。
だとしたら、最近では珍しいな。
我が校に語り継がれている昔話では、昔はそうやって殴り込みに来る不良連中とよくやりあっていたそうだ。
時代は変わって、今現在そんな光景は全く見たことが無い。
だから、今となっては非常に珍しいこの光景に、思わず見入ってしまった。


・・・なんて、呑気に考えていられる時間は短かった。

そこにいる人物をよくよく見て、僕は固まってしまうことになる。
黒いパーカーのフードをすっぽりとかぶっていて不気味な雰囲気を醸し出しているが、そのスカート姿でこの人物が女の子だということが分かった。
この凶悪ラッパー・・・まさか・・・まさか!!


572 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:32:35.92 0
>>571
その凶悪そうなラッパーは校門を通り過ぎて校内に侵入すると、何故か校庭のど真ん中までゆっくりと歩いていった。
そして、そこで仁王立ちになり、こちらの校舎を堂々と眺め回している。

パーカーのフードを頭からすっぽりとかぶっているから顔がよく見えないが、この人物僕には見覚えがあるよ。
その青いチェックのスカートのその制服。
そして、何といっても、その長身。


熊井ちゃん・・・・・


何してるんだよ!
うちの学校になんか何しに来たんだ。しかも、その格好かよ。
どこかのDQN生徒が殴り込んで来たと思ったら、まさかそのDQN生徒が僕のよく知っている人とは。
これは一体どういう展開なんだ。


案の定、先生が数人血相を変えて飛び出してくる。そこには、さすまたを持っている先生も。
そりゃそうだ。学校に不審者が入ってくるなんて、今どきそんな行為に対しては大騒ぎになるに決まっているのだから。


この教室でも、次第に外の様子に気付きはじめた。

「なんだ、あれ。ひょっとして殴り込みか?」
「今時こんなの珍しいぞ。こりゃ楽しいことになりそうだな、おい」

当校の生徒は、こういうのを見ると祭りの予感に血が騒ぐらしい。
興奮気味に話している奴もいたりする。
そいつらが無責任に盛り上がっているのを聞いて、僕はますます気が滅入っていく。


573 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:34:09.74 0
>>572
「一人で乗り込んで来たのか。すごい度胸のあるやつだな」

何も知らずにそんなことを言っているのは、僕と小学校が一緒だった友達だ。
うん、いま見ているあの人は、実は君も知っている人なんだよ。
乗り込んできたその人物の正体を教えてあげたら、どういうリアクションになるのだろう。


駆け寄ってくる先生たちを見ても、凶悪ラッパーは全く動じるところがなかった。
熊井ちゃんに声をかける先生。それに対して、凶悪ラッパーは不良らしく決して先生には迎合しなかった。

熊井ちゃんなりに不良生徒を演じているのだろう。
そして彼女はそれを楽しんでいるに違いない。
いま彼女の表情は、彼女が考える不良生徒の表情というものになっているのだろう。
熊井ちゃんの演じる不良の表情か、ちょっと見てみたいな、と思った。
だが、パーカーで影になっていて、その美しいお顔を拝見することはできなかった。

頭が混乱の極致にあるときに限って、そんなどうでもいいことを考えてしまう。
精神の平衡を保つため、無意識のうちに現実逃避をしてしまうのだ。

現実を認めたくないあまり思考停止に陥りそうになるが、かろうじて踏みとどまった。
固まっている場合ではないのだ。
現実を直視しよう。この学校に熊井ちゃんが来ているという現実。
早くこの現実を受け入れて、早急に対策を考える必要があるのではないだろうか。
だが、対策を立てるにはあまりにも情報が少なすぎる。


574 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:36:48.82 0
>>573
熊井ちゃんがいったい何のためにうちの高校にやって来たのかが分からない。
いや、だいたい彼女の考えなんか凡人である僕の理解の範疇に収まっているはずがない。
他校の校庭をど真ん中で独り占めできるようなメンタリティの持ち主なんだ。

熊井ちゃんの堂々とした立ち姿。
いま彼女は殴り込みのようなことをやってる自分の不良っぽい行動に酔っているんだろう。

でも、うちの学校はバンカラな気風だから、他校の生徒からちょっかい出されるような、こういう行為に対してはとても厳しいのだ。
應援團(以下、応援団)の人達とかが黙ってないんだよ、こういうのには。


予想通り、先生方に続いて、こわもての男子生徒がおっとり刀で駆けつけてきた。
その人達を相手にしても、全くひるんだ様子の無い熊井ちゃん。
さすが熊井ちゃんだ、なんてちょっと誇らしい気分になった。
いやいや、状況はそんな呑気な事を考えている場合ではない。

なるほど、先生方を相手にしなかったのはこういうことか。
この凶悪ラッパーが待っていたのは、この高校の生徒だったのかもしれない。
相手をするのは対等に生徒同士でなければ、というわけだ。
かっこいい仁義だが、いかんせんミスマッチな組み合わせなのだ。話しが全くかみ合ってなさそうなのが一目瞭然。
当校の応援団相手に、ラッパー熊井がくまくまトークを展開して、コミュニケーション不全を起こしている状況が僕にはハッキリと見て取れた。

そうだろうな・・・・
あの熊井ちゃんが何を言ってるのかここからでは分からないが、応援団の人が納得できるような説明を彼女がするわけがない。

埒が明かないと思われたのだろう。
とりあえず、校舎内に誘導されるラッパー熊井。あくまでも威風堂々。

彼女の姿は、そうやってこの高校の校舎内に消えていった。


575 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:38:22.11 0
>>574
「すげえな今の。うちの学校の応援団に囲まれても全く動じてなかったぞ」
「どっかの高校の名のある番長かもしれないな」

友達が興奮気味に話している会話が耳を通り過ぎていく。

僕はもう目眩が止まらなかった。
なんだってうちに学校に。
何しにきたんだよ、熊井ちゃん。

どうか、どうか僕には無関係でありますように。



祈りも空しく、ほどなくして教室のドアが乱暴に開かれた。
そこに立っているのは、見るからに怖そうな応援団の上級生だった。
その上級生の大きな声が教室に響きわたった。


「○○って奴は居るか!」


教室にいる全員の視線が僕に集まる。


やっぱり・・・


僕はもう泣き出したい気分だった。


576 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 18:57:12.60 0
>>509
チンプイさん乙です!
かりんちゃんがいじめられているのではないかと思うお嬢様
他人のことだからこそ痛みが分かるお嬢様、心がキレイだからこそ苦しいんでしょう
そんなお嬢様に感情移入してしまいます
そんなお嬢様の力になってあげて!舞美ちゃんやめぐぅ、あと大きな熊さんもw
昔の学園は荒れてたんですよね
それを今の素晴らしい状態の学園にまでした舞美ちゃんのことはもっと評価されていいと思いませんか愛理ちゃん

>>516
熊井ちゃんから少年は同格とは見えてもらえてないのです。当然、軍団員の位置より一段低い舎弟扱いです
熊井ちゃんの中では無意識のうちに少年は奴隷扱いなので、ごく当たり前のことですねw
むしろもぉさんの方が少年に対して意外と優しかったりするんだけど、その優しさがもぉさんにイジられてテンパった少年には全く見えてないのが何ともだったり
いずれにせよ、もぉ軍団のおもちゃ扱いであることに変わりは無いわけですけど

>>527
乙です!少年も入れてもらえてるw
自慢のルックスて・・・
そのポジションは少年にはちょっと無理がw
少年は山猿のようだとよく言われるような典型的いじられキャラ顔ですから
(少∀年)<サムライのようだとよく言われます(キリッ


577 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 19:12:22.58 0
ついに他校でも熊井ちゃん無双w
なんかもうホワイトハウスでも自由に入っていきそうな凄みを感じるわ


岡井TIMEで矢島萩原コンビがギャルメイクされたのを見て
学園編でギャルメイクが流行った時の話を思い出してニヤニヤした
ファンデーションが普通だったので
ギャルというよりはハリキリ過ぎた貴婦人っぽかったけど

578 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 87.1 %】 :2012/02/18(土) 21:43:33.95 P ?PLT(12001)
熊井ちゃん怖すぎる…
もしかしたら生徒会の関係できたのかも知れないけど
だとしたらもしも熊井ちゃんと小春ちゃんが顔を合わせたら
少年の命は風前の灯となることは火を見るより明らかでしょう…

579 :名無し募集中。。。:2012/02/18(土) 23:54:04.81 0
久々に見る殺し屋の眼だったんでしょうか

580 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 01:12:56.34 0
おやすみなさいお嬢様
と熊井ちゃん

581 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 02:02:11.85 0
お嬢様おやすみなさい

582 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 07:03:02.43 O
おはようございますお嬢さまm(__)m

583 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 09:43:31.48 O
チンブイさん作者さん
ご苦労様でありま〜す♪


584 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 72.7 %】 :2012/02/19(日) 13:01:39.32 P ?PLT(12001)
お昼にございますお嬢様

585 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:28:18.64 0
>>575
教室を後に、おっかない先輩の後ろを俯きながら歩いていく。
先輩曰く、彼女は意味不明の言葉を連呼したあとに、僕の名前を出して、そいつを連れてきて!とだけ言ったそうだ。

高校に単身乗り込んでくるような凶暴ラッパーに名指しで呼び出される、そんな恐ろしい状況に置かれているのか、僕は。
しかも、我が校に殴りこんできたその人は熊井ちゃん。
もう僕には何が何だか、全く状況が理解できなかった。


生徒指導室の扉を開けて中に入ると、そこにはいました、先ほど当高校に侵入してきた凶悪ラッパーが。
僕の姿を認めた熊井ちゃん。彼女の第一声。

「ヘイユー!なに泣きそうな顔してんだYO!」

泣きたくなる元凶の人にそう言われ、その瞬間僕の視界は涙で滲んでいった。

「なんだよ、熊井ちゃん何してるんだよ。てかまだその格好してるのかよ。僕を呼び出してどうしようって・・・」
「チッチッ、質問ってのは一つにまとめてするもんだぜチェケラ!」

周りを怖そうな先輩方に囲まれて、僕はもう息がつまりそうだ。
他の学校の奴にナメられてんじゃねーぞ、という先輩からのプレッシャーを全身で受けつつ、目の前の熊井ちゃんと向き合った。

目の前の熊井ちゃんは、この状況でも、勿論いつもと全く変わらない熊井ちゃんだった。
まぁ彼女のブレなさは一級品だから、それは当然のことなのかもしれないけど。
堂々としたその態度。いったいどこからこの自信満々のエネルギーが出ているのだろう。


586 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:30:12.94 0
>>585
緊張感あふれる空気の中、僕は恐る恐る熊井ちゃんに問いかけてみた。

「あのー・・・ それで、今日は何の用でうちの高校へ? 熊井ちゃん」
「もちろん用事があって来たんだけど、それに対してこの学校の人の対応はひどいよねー」

先輩たちをじろりと睨みまわす熊井ちゃん。
この状況でよくそん態度取れるな。ホント尊敬するよ、この人。

「もう最初からケンカ腰だしー」
「それが殴り込んで来た人間の言うセリフか!」
「だって、そうでしょ。こっちは一人なのに大勢でかかってきてさー。男のくせに情けなくないの?」

お願いだから刺激しないで、熊井ちゃん。

「なんだと!!下手に出てりゃ付け上がりやがって。女のくせに!」
「女のくせにって何? そうやって性別で差別するなんてダメなんだよ!」

僕はもう縮み上がっていた。この空気、怖すぎる。
先輩方を横目で伺って見ると、一様にうんざりした顔をしている。
なるほど、校庭でも終始こんなやりとりだったのだろう。
先輩方も、すでに薄々お分かりのようですね。反論するだけ労力の無駄遣いだということが。

そんな空気にはお構いなしの熊井ちゃん。
一同をジロリと見回したあと、気を取り直したように話し始めた。

「まぁ、いいや。今日うちが来たのは、これを持ってくるためだったの」

熊井ちゃんが何かをカバンから取り出す。

「これ。チラシを作ったから、これをこの学校でも配布してもらおうと思って」


587 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:33:32.76 0
>>586
チラシ? 何だそれ?
ちょっと嫌な予感がする。それを顔に出さないように気をつけながら、熊井ちゃんに続けて尋ねる。

「チラシって、何?」
「より良い学生生活を送るための手助けをしようと思ってさ。いろいろな学校の人にもね」

見せてもらったチラシ。それは、

(学生生活の上で何か事件はありませんか。身の回りで起きたあらゆる出来事を解決します。学園・もぉ軍団)

もぉ軍団、って・・・
そんな怪しい団体に頼みごとをする生徒なんかいるわけがない。
そもそも、何だ?事件って。
そんなチラシをわざわざ作って、しかもうちの高校まで配りに来たと。
それは分かったが、それが何でこんなトラブルになるんだ。そっちの方がよっぽど事件だよ。

「これを配るために、一人で乗り込んできたんだ」
「うん、そうだよ」
「言ってくれれば、この学校には僕が持ってきたのに」
「たった今出来上がったばかりだし。だから直接持ってきちゃった」

僕を名指しで呼び出したってことは、配るのは最初から僕にやらせるつもりだったな、熊井ちゃん。
でも、配布するっていっても、持ってきたチラシはせいぜい20枚ぐらいじゃないか。配るってほどの部数ではないじゃん。

「学園の生徒会室で大量にコピーしようとしたら、なかさきちゃんが経費がどうのこうの言い出すから、それだけしかコピーできなかったんだぜ」



588 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:35:29.70 0
>>587
「うちがよりよい生徒社会の実現を考えてるのに、そんな些細な事でケチつけようとする人がいるんだから。
そんな抵抗勢力に負けるわけにいかないでしょ。うちひとりでも頑張らないと」

微笑みを浮かべながら崇高な理念を語る熊井ちゃん。なかさきちゃん、抵抗勢力扱い。
それじゃあ、まるでなかさきちゃんが悪者のようだ。

先輩方の中には熊井ちゃんのこの話しに頷き始めてる人もいる。
彼女のことを何も知らない人は、こうやって熊井ちゃんの笑顔に騙される人もいるんだな。
でも、まあいいや。とにかく、こんな話しだけど無理にでもまとめていくのが今の僕の仕事だろう。

「というわけなんですよ。この人は決して悪い人ではないんです。
えーと、この人、熊井ちゃんは、熊井ちゃんというジャンルの人なんで、つまり、こういう人なんです。
僕がよく言って聞かせておきますから、ここは一つ穏便に事を済ませて頂けないでしょうか」

先輩方は、もうそれほど怒ってはいない様子だった。
むしろ、貰ったチラシを興味津々に眺めている。あー、この人達がシャレの分かる人達で良かった。

何だ、ちゃんと説明すれば全く話しがこじれずに済んだじゃないか。
熊井ちゃん校庭ではどういう説明をしたんだよ。


違うか。
この応援団の人達がいま熊井ちゃんの言うことに頷いているのは、説明に納得したとかそんな「理屈」じゃないのだろう。

この人達、最近の大人しい風潮に退屈していたのかもしれないな。
もうここ何年も他校の生徒が殴り込みにやってくるなんてことは無かったのだから。
なんだかんだ言って、乗り込んでくるような漢(おとこ)を待っていたのかもしれない(そこにやってきたのは女の子だし、熊だったけど)。
だから、一人でやってきた熊井ちゃんの度胸は、応援団の人達の心の琴線に触れるものがあったのだろう。
この人達は、そういう世界観の人達なんだろうから。
僕にはよく分からないが、熊井ちゃんにはそういう世界観も分かったりするのだろうか。


589 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:37:15.20 0
>>588
チラシを読みながら頷いている人がいる様子に、熊井ちゃんの口上も滑らかになっていく。

「そこに書いてある通り、学生さんたちの間で起きた事件を解決してあげるから。うちらもぉ軍団が」
「質問だけど、このもぉ軍団っていうのは、学園のどういう団体?」

その質問に、待ってましたとばかりに得意気な表情で答える熊井ちゃん。


「うちが率いる学園のエリート集団。筋さえ通りゃ気分次第でなんでもやってのける命知らずの集まりさ」

「不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する。うちらにかかれば解決できない事件などこの世に存在しないから」


・・・・・

このあたりから、先輩たちの口数が少なくなっていくのだった。


しかしだ、あらゆる出来事を解決してあげますって、いったい誰が解決してあげるんだろう。
もぉ軍団が解決してあげるって? そんなこと出来るのか?
恐らく熊井ちゃんはこんな相談が来ることを期待しているんだろう。


(家の古い納屋の奥から徳川埋蔵金のありかを書いた古文書が見つかりました)

川*^∇^)||<よし、発掘に行こう


(昨日、謎の飛行物体が裏山に着陸するのを見ました)

川*^∇^)||<よし、裏山に探検に行くよ

590 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:38:55.73 0
>>589
熊井ちゃん、影響されやすいからなあ・・・ テレビで何かそんな映画でも見たのだろうか。
そうやって映画や小説に出てくるような面白いストーリーに影響されてるんだろうけど、現実社会ではそんな話しは絶対ありえないよ。
この平凡な日常に、そうそう面白い出来事などあるわけはないのだ。
あるとすれば、もっとこう楽しさのあまり感じられない、つまらない事件とかじゃないだろうか。
ましてや持ってこられたのが面倒くさい人間関係のトラブルとかだったら、どうするつもりなんだ熊井ちゃん。

「そんなの、決まってるじゃん!」

最高の笑顔を浮かべた熊井ちゃんが、ビシッと僕を真っ直ぐに指差す。

「その時は、やっと君の出番だよ! 頑張れ!!」


ダメだ。僕の力では、この人に太刀打ちできない。
もとより僕のかなう相手では無いのだ。
誰か助けて、と先輩方を見回すが誰も目を合わせてくれない。

今の話や一連のやりとりを目の当たりにして、この熊井ちゃんと積極的に関わろうなどと思うような奇特な人は、もちろん一人もいなかったのだった。
語り始めたときは崇高な理念を語っていたのに、だんだん話しがグダグダになってきている。
この展開に、先輩達もようやく分かってきたようだ。そして疑問に思い始めてる。この先の話しを真剣に聞く必要性というものを。

先輩方がこの熊井ちゃんの扱いにそろそろ疲れてきたのが、ありありと分かる。
このままでは僕は熊井ちゃんのこの話しに一人で付き合わされることになる。それだけは避けたい。
この状況を打破しなければ。
必要とされるのはこの状況で熊井ちゃんに対抗できるようなメンタルの強い人だ。
いま僕の頭に浮かぶのはあの人しかいない。


591 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:40:35.56 0
>>590
「あの、先輩、僕の手には負えません。生徒会の久住先輩を呼んできてもらえませんか?」
「久住? どうして彼女を?」
「生徒会の渉外部の部長さんですから。この場に適役なのは久住先輩しかいません」

そのやりとりを聞いた熊井ちゃんが話しをかぶせてくる。

「生徒会の人が来るの? うん、その方が話しが早いかもねー。ここから先は実務レベルで話しが出来る人がいいからね」

ここから先の話しって。
まだ、何かあるのか。もう勘弁してくれ。

「生徒会の話しは生徒会の人同士で話しをしたほうがいいと思う。うちは学園の生徒会の代表として、この学校に来たんだから」
「そう!そういうことなんですよ。ですから早く久住先輩を!」

学園の代表とか、それ絶対に熊井ちゃんの脳内設定だろうけど、そういうことにしておこう。
先輩方もこの辺で幕引きをしたいと思ったのか、そこに落としどころを見出してくれたようだ。

「そういうことなら、あとは生徒会の仕事だな。俺達はこれで失礼する。それじゃあ久住を呼んでくるから、ちょっと待ってろ」


592 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 15:42:16.59 0
>>591
応援団の人達が行ってしまうと、僕はどっと疲れが噴出してきた。ぐったりと机に突っ伏してしまう。
部屋には熊井ちゃんとふたりきり。


「熊井ちゃん、あのさあ・・・・」
「なに?」
「あんな殴り込みみたいなやり方しなくても・・・」
「だってその方がインパクトがあるし、カッコいいじゃん」
「なんていうか、さすがだとしか言いようがない・・・ おかげで僕はこれで完全に応援団の人から目をつけられry」
「なに?聞こえない? まぁ、感謝してよねー。今日はリーダー自ら来てあげたんだからー。本来もぉ軍団の切り込み隊長は梨沙子の役目でー」
「また勝手にそんなこと決めて・・・ いいのかよ?梨沙子ちゃんはそのポジション承諾してるの?」
「でも、良かった。あの人達もうちのこと分かってくれたみたいだし。やっぱり話せば分かるんだね。ラブ&ピース。あははは」

もうすでに僕の話しを聞いてない熊井ちゃん。
そして何故か、とてもご機嫌な様子。

熊井ちゃん、今日の出来事は、たぶん語り継がれちゃうよ。
初めてうちの高校に来るなり伝説を作ってしまう熊井ちゃんって、いったい・・・


593 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 16:03:24.75 0
小春ちゃん呼んじゃった・・・


>>527
特攻野郎もぉ軍団、読むほどにじわじわ来るものがあるw
口上を一部お借りしました


594 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 17:08:46.72 0
特攻野郎もぉチームが番外編本筋にw
でも基本は熊井ちゃん一人でかき回すだけなんだろうなww

595 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 18:49:35.28 O
熊井ちゃんの特攻力あなどれないなw

596 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 85.9 %】 :2012/02/19(日) 20:51:42.06 P ?PLT(12001)
少年よ遂に自ら破滅への道を選んだか
熊井ちゃんから小春ちゃんへそしてさゆみさんへと伝言ゲームが行われ
事態はますます取り返しの付かないことになる…かどうかは
作者さん次第ですな(ばき☆)

597 : 【Dmorningcoffee1307543144633832】 :2012/02/19(日) 21:32:05.20 0


598 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 23:15:23.88 0
さゆみさんと桃ちゃんも知り合いなんだよな
なんていうか包囲網?

599 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 00:05:38.99 0
10 :名無し募集中。。。 :2012/02/20(月) 00:03:31.28 0
shuheimiyachi来週はBuono! #buono 少年とポスター。 #okaichisato http://twitpic.com/8lzj3y

600 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 01:38:20.50 0
お嬢様お先に寝ませていただきます

601 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 02:12:28.09 0
お嬢様おやすみなさい

602 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 07:01:12.72 0
お嬢様いってまいります

603 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 07:55:18.75 0
リ*・一・リノシ

604 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 08:45:38.79 0
ポルナレフ「少年編かと思ったら熊井ちゃん編だった!超ス(ry

605 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 12:11:43.71 O
熊井ちゃんは数学女学園の渋谷さんに影響されたのかな

606 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 16:02:51.43 O
夕食仕込み中

607 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 16:30:39.26 0
ワクワク リ*・一・リ<御夕飯は何かしら? その前におやつが食べたいわ

608 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:09:52.18 0
熊井ちゃんマジワンマンアーミー

609 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:33:58.22 0
「ねー、ちしゃとは?」

いつもどおりの、食堂でのまったりタイム。
そんな中、さっきから250回ぐらい耳にしている、舞様の不満そうなお声。

「お部屋にはいないの?」
「いない。てか、舞それさっきも答えたよ!おねーちゃん、話聞いてるの?」

自分のことは棚にあげて、そんな八つ当たりをする舞ちゃんを、汗をかきかきなだめる舞美。


「・・・お庭は?あと、入れ違いで寮のロビーとか・・・」
「いなかった。トイレもお風呂もついでに車の中も覗いてきたけど、どこにも」

――ああ、そうですか・・・トイレって・・・もう、梅さん舞ちゃんのことがよくわからないよ・・・。

「オメー、探してこいよ。何のための執事でしゅか」

おやつのチョコケーキを配ってまわっている若い執事さんも、あえなく舞様の八つ当たりのターゲットになっている。


「ふ・・・ふん。僕は巻き寿司の下ごしらえがあって忙しいんです。
お暇そうなははは萩原さんが行かれてはどどどうですか?」

お、反抗した!めっちゃ足ガクガクしてるけど反抗した!


「あ?今なんて?」
「ひぎぃ!で、では村上さんに申し付けてみてはいかがですか?彼女、お嬢様の専属メイドですし」

今日は粘るな、執事さん。
お屋敷の新年会のスピーチでは「今年は男らしく肉食系でいきたいと思います!(キリッ)」「「プギャー(萩有)」」という大変心温まる出来事があったから、てっきり心が折れているものかと思いきや、頑張ってるじゃないの。

610 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:34:43.64 0
「ったく、誰の入れ知恵だか知らないけど、舞の下僕のくせに、立場をわきまえるべきでしゅ」
「で、ですから、僕は」
「でも、お嬢様も執事さんの美味しいお手製ケーキ、早く食べたいんじゃないかなぁ。ケッケッケ」
「ヒャッホー!いってまいります!俺がケーキだ!」

――あ、もう負けた。しかもわけのわからないセリフつき。
まあ、愛しの愛理ちゃんの介入があったらしかたないか。


「愛理さぁ・・・まあ、いいや」
「へ?ほ?ケッケッケ」

お代官様笑いで、パチンとハイタッチをする2人。・・・舞様はともかく・・・愛理ちゃん、恐ろしい子!


「まあ、そんなに気にする事もないんじゃない?
行方知れずといっても、確実にお屋敷か寮の敷地内にはいらっしゃるだろうし」
「そこは別に舞も心配してないけど。ただ・・・」

舞ちゃんはふと、窓の外に目をやって舌打ちした。
その方角で、なんとなく理解できた。
寮の三角屋根の、右端のお部屋。舞ちゃんの天敵?親友?のお住まい。


「・・・舞ちゃん、そりゃあ栞菜はちょっと、っていうかだいぶ変わった子だけどね?仮に、お嬢様と一緒にいたとしても、別に何か変なことをしているとは」
「えりかちゃんがそーやって甘やかすから、有原のやつがちょーしのるんじゃんか。
あいつの添い寝・・・あれだけは今年中にどげんかせんといかん」

ぶつぶつとつぶやきながら、舞様は檻の中の猛獣の如く、うろうろと食堂を行ったり来たり。
栞菜・・・。お姉ちゃん的立場の私から見れば、ちょっと小生意気でマセてるけど、友達思いのいい子だと思う。
ただ、舞ちゃんが危惧するように(っていうか舞ちゃんもですよね!)お嬢様のこととなると大暴走がすぎるところはある。

611 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:35:21.46 0
「大体ね、あいつは肉欲に溺れすぎなんだよ。
ちしゃとの魅力ってのはねえ、たゆんたゆんやぷりんぷりんだけじゃなくってぇ、挑発するとすぐに怒るとことか、難しい話してると赤ちゃんみたいな顔で眠っちゃうとことかさあ」


果たして舞ちゃんの萌えポイントが健全なのかどうかはおいといて、心配しながらも軽口を叩くその様子はなんともほほえましい。

「肉欲ってなに?お肉食べたいってこと?」とゴールデンレトリバー特有の純粋な瞳で聞いてくる舞美をなだめていると、さっきの執事さんが食堂に戻ってきた。


「ちしゃとは?」
「・・・ドゥフフw」

舞ちゃんの殺戮ピエロな視線が突き刺さったというのに、なぜかものすごい顔で微笑んでいる。
なんていうか、お嬢様の下着(お胸のほうね)のサイズの話をするときの栞菜に似ている。・・・それ、超だめじゃん!


「おい、聞いてんのかよ!」
「・・・違うそんなはずはない。僕は何か都合のいい夢を見ているんだ。そうだこれは全部夢なんだ。目が覚めたら12歳の夏休みでラジオ体操に(ry」


ロボットみたいなカクカクした動きで、眼鏡越しに濁った笑みを浮かべたまま、調理場の方へと去っていく執事さん。
あまりのキモ・・・挙動不審な様子に、さすがの舞様もドン引きだ。


「何あれ・・・」
「あー、いたいた!みんなやっぱおやつ食べてたんだー、キュフフ」

612 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:35:59.37 0
続いて入ってきたのは、なっきぃ。

「あれ、なっちゃんいなかったの?」
「ギュフ!それヒドくね?いたの?よりヒドくね?」
「てか、ちしゃとしらない?」


抗議は当然のように無視され、少々不本意そうではあるものの、なっきぃはすぐに笑顔に戻った。


「ふっふっふー」
「何その笑い」
「てかー、今日なんの日だか知ってるー?」

今日?何だっけ?
携帯を開くと、ぴょこんと覗き込んできた愛理がケッケッケと笑った。


「節分だねえ」
「あー、そっか!」


だからさっき、執事さんは巻き寿司がどうのと言っていたんだ。
女子としては、その約10日後ぐらいに控えているチョコの祭典のほうが重要事項だから、うっかり伝統行事のことは頭からすっぽりと抜けてしまっていた。


「で?それとちしゃととどう・・・」
「おーい、入っておいで!」

613 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:36:27.37 0
「ほーい」

その呼びかけに答えて入ってきたのは、私のかわゆい妹、栞菜。


「・・・なんだよ、有原には用は・・・ぷぷ、何そのカッコ!」

赤い虎柄のノースリーブに、ミニスカート。
頭からはツノが一本生えている。


「あは、栞菜、鬼?」
「そうだかんな。悪い子はいねがー!」
「それ、違うし。ふふん、良く似合ってるけどね。有原の人間性が現れてるでしゅ」
「はーん?そんなこと言っていいのかなー?」

舞ちゃんの憎まれ口も何処吹く風、栞菜はなぜか一旦顔を廊下に向けると、「さあ、こちらへ!」と誰かに声を掛けた。


「でも、あの私」
「いいだかんな最高だかんな!さあ!お嬢様!」


そのまま肩を抱かれて登場したのは、千聖お嬢様だった。
探していた愛しの人にあえて、舞ちゃんもさぞかし・・・と思ったけれど、その格好を見た寮生は、全員固まってしまった。

栞菜と同じ、鬼さん・・・なのはいいんだけれど。
青い虎柄のそれは、チューブトップのキャミソールとショートパンツのセパレートタイプで、何と言うか、その・・・おヘソ丸出しの、大変セクシーな衣装だった。
貞淑で恥ずかしがりやさんなお嬢様なのに、そのお胸はとってもとっても豊かで、小さめの生地で押さえつけているから、いつにもまして大変な状態になっている。

614 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:36:59.07 0
「ギュフー!かんちゃんっ、ちゃんと附属の鬼さんパーカーを着ていただくようにいったはずだかんな!」
「はーん?あんなの全然可愛くないかんな。このセクシーできゅーとな格好こそが、お嬢様をチャーミングに彩るんだかんな」

なるほど、執事さんはおそらくこの格好を見て・・・
愛理ちゃん命みたいなことを業務用ホワイトボードに書いてたくせに、男の人ってこれだから!


「・・・」

そっと、舞ちゃんの方を見る。

「おぅふ」

思わず変なため息が出た。

舞ちゃんは大きな瞳をぱちくり見開いて、口を半開きにしている。
いつでも余裕綽々の天才っこの、滅多に見れない姿。
黒愛理ちゃんはそれを見てケッケッケしていらっしゃるけれど、私は一人でアワアワと慌てていた。
舞美とか、上手い言葉が見つからなくて、「すごーい!」とか言ってるし。

「あ、あの・・・」


一方、自分のせいで食堂を凍りつかせてしまったと思ったのか、お嬢様はオロオロしている。
そして、何を思ったのか、両手を大きく上げて、ためらいがちに口を開いた。


「が・・・がおー・・・」



舞ちゃんが目を見開いたまま、床に倒れこんだ。

615 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 17:37:32.58 0
今日はここまで
節分ネタでしゅ
>>548
つばさくんに関してはキャラ的に公立かなーと
少年と同じ学校・・・それも面白そうですねw
>>556
あいかわらず魅惑のほっぺちゃんですね!
大人っぽくなってまあ!
>>557
ギギギ・・・気がくるっとる・・・!
>>562
ニーソのフリル、襟、口の順番で腹が立つかんな!
>>563,>>569>>599
なんかもう完全にオーディション時に戻りましたね・・・メイクが薄いと余計に
動画で見たい!
>>568
学園もぉさんはどちらかというと色彩の暴力系ですw
>>571
少年作者さん乙です!
まさか道場破りに参るとは思わなかったw熊井ちゃん背格好と眼力じゃ団部も圧倒しそうだよ熊井ちゃん
でも思ったのは熊井ちゃんみたいなタイプは硬派と相性がいいのだろうなと
是非はともかく筋は通しているし自分の道があるというかw
無関係でいようとすればするほど巻き込まれる少年・・・もう運命だと思って諦めたほうがいいかんな
自由人小春ちゃんも出てきてさらに少年がもみくちゃにされること間違いなしですね!
(執△事)<それハーレムっていうんですよ!
>>607
寒天寒天寒天でしゅ!

616 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 19:54:59.57 O
執事さんが地味に成長しててワロスw

617 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 20:04:06.88 0
>俺がケーキだ!
>愛理ちゃん命みたいなことを業務用ホワイトボードに書いてたくせに
若執事が着々と壊れてきてるなw

つかまさかお嬢様が鬼なるとはwww

618 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 21:30:02.17 0
そんな格好でがおー!とか言われたら舞ちゃんじゃなくても卒倒するわ

619 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 23:05:29.68 0
チンプイさん乙です
>愛理ちゃん命みたいなことを
若執事自重ww


620 :名無し募集中。。。:2012/02/20(月) 23:07:13.46 0
作者さん乙です
ラムちゃんですかw


621 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 00:44:31.68 0
チンさんおやすみチンさん

622 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 01:45:09.91 0
お嬢様おやすみなさい

623 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 07:06:10.42 0
お嬢様いってまいります

624 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 08:34:20.14 0
鬼はまだもう一体いるはず

625 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 12:15:35.64 O
執事と少年ではどちらがハーレムなのだろ

626 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 12:54:39.30 0
わたしにきまってるかんな

627 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 16:51:46.18 O
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/73208e22_640.jpg
http://st84.storage.gree.jp/album/38/81/30393881/a1dafdf0_640.jpg

628 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 16:54:28.56 0
が・・・がおー

629 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 19:20:28.14 0
すごーい!w

630 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 19:24:12.45 0
>>627
鬼のパンツを穿いてる舞様・・・に見えなくもない

631 : 【Dmorningcoffee1307543144633832】 :2012/02/21(火) 20:17:05.07 0
チンプイさん関係者説あるで

632 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 21:54:14.95 0
それは無いなw

633 :名無し募集中。。。:2012/02/21(火) 22:48:24.92 0
実はチンプイさんは国の情報機関に務める凄い人なんだよ
そしてその力を無駄にwハロに注ぎ込んでるから
現実とこのスレとがリンクすることは結構あることなのさ

634 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 00:06:27.78 0
お嬢様おやすみなさいませ

635 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 00:30:52.52 0
リ*-一-リzzz・・・

636 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 01:15:43.86 0
从・ゥ・从!?

637 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 07:09:55.44 0
リ*-一-リ

638 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 07:16:10.33 O
実は階段編オンリーの時から関係者説はあった

639 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 07:59:38.08 0
リ*・一・リノシ

640 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 67.7 %】 :2012/02/22(水) 08:11:40.88 P ?PLT(12001)
しかしこうしてみてみると2月はイベントが盛り沢山ですな
節分になっきぃ生誕全力リーダーと舞様の同時生誕
そしてバレンタインデー
外は寒くても皆様の心はホクホクですな

641 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 13:12:15.17 O
昼下がりの団地妻保全

642 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:07:16.59 O
从・ゥ・从<女子大生が華麗に保全

643 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:18:39.34 0
「ねえ、栞菜・・・やっぱり、上に羽織るものがほしいわ。そのパーカーを」
「ダメです、お嬢様。最上級のENJOYお嬢様をみんなにみてもらわなくては。
ヌホホ、それにしても本当にたy」

栞菜がつべこべ言ってるうちに、なっきぃが「男の人は入ってきちゃだめケロ!」と勇敢にも扉の前に立ちふさがり、事態の深刻化を食い止めようとはりきっている。


「うう・・・」

うつむいて、モジモジと足を動かすお嬢様。なんといじらしく、嗜虐心を煽るお姿!

私は舞ちゃんや栞菜みたいなアレでアレな性癖はないんだけど、その恥ずかしがるお姿は、大変グッとくるものがある。

適度にお肉のついた手足に、ダイエット効果でキュッと締まったおなか。豊かなたゆんたゆん。
そこに鬼さんの角だの牙だのという萌えオプション(?)が追加されて、こりゃあ執事さんの精神崩壊も、舞様の失神もうなずける。


「・・・でも、その格好ということは、お嬢様が鬼の役をするんですよね?」
「ええ、そうよ」
「私たちが、お嬢様に豆をぶつけるってことですよね?ケッケッケ」


「ギュフー!!!!」

なぜか楽しげな愛理の言葉で、一瞬間が空いた後、なっきぃの甲高い絶叫が響いた。


「んだよ、なっちゃんうるせえな」
「あっ」

その騒音(ひどいケロ!)で、舞ちゃんが目をさます。

644 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:19:23.45 0
すぐにキョロキョロとお嬢様を探すも、失神前同様の℃スケベ鬼コスのままだと知るや、顔を赤くして目をそらす。
――むふふ、意外と純情なのね、天才さん。

「まま舞ちゃん、ちょうどよかった!ねえ、お嬢様に」
「あーわかってる。てかなっちゃん、鬼の格好させた時点で、ちしゃとがどういう目にあうかわかるでしょ?ったく、気づくの遅すぎ」
「キュフゥ・・・私とした事が・・・お嬢様のかわゆい鬼ッ娘姿を見たくて、栞ちゃんに言いくるめられてしまったケロ・・」

あら、優等生さん不覚。


「じゃあさ、今年は豆まきはなしにしない?」

だけど、普通に考えて、お世話になっている寮の管理人様のお嬢様に、豆をぶつけるようなことはできない。
そう考えて、私は提案してみた。

「ほら、執事さんも恵方巻き作ってくれたみたいじゃん。
それ食べて、和やかに終わりでよくない?」
「いや、節分は例年通りやりましゅ」

そんな私の提案をいち早く却下したのは、なんとなんと意外なことに、舞様だった。


「え・・・だって」
「去年も楽しかったもん。やらないのはもったいない」
 
去年・・・たしか、若執事さんがクジ引きで鬼になって(ただしクジを作ったのは舞栞コンビ)、みんなで豆を投げたんだったっけ。
逃げ惑う執事さん、どこからか調達したセグウェイを駆使して、執拗に追いかける舞栞。
いじめてはだめよ、と言いながらも楽しそうだったお嬢様。やめてくださいしんでしまいますとかいいつつ愛理からの砲撃に顔面を弛緩させていた執事さん。・・・ま、たしかに誰も不幸せではなかったけれど(ちなみに舞美はキュフキュフ風紀委員長に豆をガーッしてた)。

645 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:20:30.02 0
「でも・・・舞、お嬢様に豆を投げつけるの?それはかわいそうだよ」

寮生の良心、大型犬の舞美ちゃんが、まるで自分が豆をぶつけられたみたいに、いたーい!って顔をして舞ちゃんを諭す。

「そりゃあたしかに、去年はすっごく面白かったけどね!」

――若執事さん、なっきぃ、ご愁傷様。


「みんなわかってないなあ。舞がちしゃとにそんなんするわけないでしょ」
「どういうこと?」

どうも、この天才さんは言葉を端折ってしまう癖があるのか、なかなか意図をつかめない。

「・・・ケッケッケ、そうだねぇ。鬼は一人じゃないもんね」


そんな中、ブラックな笑みを浮かべた愛理だけは、舞ちゃんの言わんとすることがわかったみたいだ。
理解者が現れて、舞様も満足げなようで何より。


「ふふん。でしょー?だって、鬼は一人じゃないもん」

「・・・あー、なんだそういうことね!」


その言葉で、やっと私にも意味がわかった。
お嬢様のセクシーな鬼コスプレのせいで、すっかり印象が薄くなっていたけれど・・・コイツも鬼さんなんだった。


「な、なんだ!やんのかコラ!」

646 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:21:13.87 0
おおよそ女子校の優等生とは思えない言葉づかいで、栞菜がファイティングポーズを取る。
お嬢様のよりは露出度の少ないミニワンピとはいえ、その格好は立派な鬼。鬼原さんやで!


「鬼はさー、一匹退治すればいいんでしょ?」
「匹って数えるな萩原!」
「まあ、そうだと思うケロ」

――ふっふっふ。
――ケッケッケ。
――キュフフフ。


寮生の心が、今1つになったようだ。
ぽわーっとした、まったく悪さをしないお嬢様鬼よりも、変態・・・いや、天才的な発想で、学園や寮を引っ掻き回す小悪魔鬼を成敗してやればいいのだ。

「で、でも、5対2じゃ不利だよ(実質5対1ですけど)」

とはいえ、一応栞菜の姉役としては、かわゆい妹が投豆によってフルボッコされるのを黙ってみているわけにはいかない。


「えー?じゃあ、えりかちゃんも鬼でいいよ」
「・・・でも、どうせウチのこと狙わないんでしょ。意味ないじゃん」
「何、狙えってこと?いいよ、わかった。あんま気が進まないでしゅけど、そk」
「はいごめんなさい梅田が間違っておりました」
「もー、ヘタレおねーちゃんめ!妹の危機だかんな!」


――梅田、秒殺。敵う相手じゃございませんでした。

647 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:22:26.40 0
「あら、舞ったら。千聖に豆をぶつけてもいいのよ。頑張ってよけるから、遠慮しないで」
「そんなこと、俺の嫁に出来るわけないでしょ。もう、ちしゃと一人の体じゃないんだからね」
「そうそう、お嬢様のけしからんボディはお嬢様とあたしのものだかんな」
「勝手に会話に入ってくんなよこの(自主規制)が」
「うっせーこの(自主規制)」


「・・・まー、たしかにちょっと、不公平感はいなめないよねぇ」

すると、相変わらずのブラックモードの愛理が、横から救いの手を差し伸べた。
あの聞くに堪えないお嬢様論争を受け流せるなんて、さすが愛理ちゃん!マイペース!


「愛理ちゅわん・・・!さすが俺の嫁2号!それじゃさっそく、鬼のコス・・・」
「あ、私じゃないよぅ。ケッケッケ」
「へ?」
「それは、私です!」


バーンと音を立て、調理場と食堂をつなぐドアを全開にし、腕組みをして立っていたのは、我らが鬼軍曹様だった。
こちらは黄色いトラ柄のキャミワンピ・・・に、網タイツにピンヒール。胸の谷間とかモロ出し。卑猥?自分の長所をアピールして何が悪いの?そんな無言の主張を感じる。

おやつの前に、廊下ですれ違ったときは、めぐぅはいつものメイド服だった。
ということは・・・調理場で着替えたのか。さっきおかしな動きと挙動で、若執事さんが閉じこもっていた、調理場で。


「ば・・・ばかじゃないの・・・」


いろんな意味を込めてのツッコミだったんだけれど、めぐぅは「ハッ」と鼻で笑うだけだった。

648 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 17:23:25.00 0
リ|*'ヮ') |<若執事が「村上さんは鬼コスなんて必要ないと思いまププッ」とか言ってきたから、とりあえず食紅で全身着色しといてやった
>>625
隣の芝生は・・・
>>627
舞様タイムリーな格好だね舞様
前髪わけると超いろっぽいよ舞様!特に何の理由もなくケツを蹴られたいよ舞様!
>>631,>>633
私は内部犯でも国家スパイでもないしがないオフィスレディなのですが
強いて言えば「ぼくのかんがえるさいきょうのきゅーとちゃん」みたいなことを日がな延々妄想しているので
その毒電波的な残留思念が時折キュートちゃんたちに生霊として襲い掛かり行動をシンクロさせてしまうのかもしれないですね!というオカルト的解釈で・・・

649 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 19:02:15.44 0
作者さん乙ですー!
これは楽しみな展開となって来ました

「あれ、いなかったの?」「それヒドくね?いたの?よりヒドくね?」 とか
やめてくださいしんでしまいますとかいいつつ愛理からの砲撃に顔面を弛緩させていた執事さん。
とか絶えず笑いを散りばめてくださるのでそれもまた楽しみですw

650 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 19:28:13.02 0
マジ鬼キタ━━(゚∀゚)━━!!ww
鬼軍曹だけ角の有る無しに触れなかったのはわざとだなきっとw

651 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 21:02:04.01 0
やんのかコラw

652 :名無し募集中。。。:2012/02/22(水) 22:13:46.48 0
梅さん久し振り
こういう時はあまり考え込まず騒ぎの輪に交じっちゃう方が楽しいかも

653 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 00:15:48.47 0
梅さんは優しいけどヘタレだから頼りにはならないw

654 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 02:10:16.77 0
お嬢様おやすみなさいませ

655 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 05:33:15.35 0
t

656 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 07:09:55.20 0
お嬢様いってまいります

657 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 11:18:21.96 0
リ*・一・リ<雨ね・・・

658 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 14:29:20.00 0
磐石のなっきぃ

659 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 16:36:10.85 O
ディナーのご用意ができましたお嬢様

660 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 17:02:28.68 0
リ*・一・リ<わたしもなにか素敵な前口上が欲しいわ…

661 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 18:54:42.31 0
「遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ」みたいなのですか

662 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 19:34:06.09 0
その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし
失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん

663 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 19:47:37.78 0
はじめチョロチョロ
なかパッパ

664 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 20:33:42.42 0
从・ゥ・从<赤子死んでも蓋取るな

665 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 20:37:44.16 0
リ*・一・リ <水子の霊が恐いですわ

666 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 21:02:28.49 O
執事よりうまいもん作るから雇ってください

667 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 22:34:48.04 0
執事の業務は料理が本分ではないのだが

668 :名無し募集中。。。:2012/02/23(木) 23:51:54.16 0
リ*・一・リノシ<おやすみなさい

669 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 01:35:05.92 0
お嬢様おやすみなさいませ

670 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 06:05:24.35 0
リ*-一-リzzz・・・

671 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 07:07:06.11 0
お嬢様いってまいります

672 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 07:55:59.63 0
Σリ*・一・リ

リ;・一・リノシ

673 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 12:03:26.44 O
昼食はエビフライですお嬢様

674 :353690021750584:2012/02/24(金) 16:05:54.73 O
おやつはアルフォートでございますお嬢様

675 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 19:06:14.17 O
夕食はししゃもの寒干しでございますお嬢様

676 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 21:37:28.39 0
お嬢様補

677 :名無し募集中。。。:2012/02/24(金) 23:32:37.76 0
リ*・一・リ<おやすみなさい

678 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 01:29:00.31 0
t

679 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 07:48:18.11 0
リ*・一・リ<えすぴーもーどがきせいされてるからほぜんできないのよね

680 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 11:06:52.95 0
いないのか

681 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 13:38:02.57 0
リ*・一・リ<さびしいわね

682 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 16:15:00.37 0
t

683 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 18:44:00.43 0
t

684 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:48:06.66 0
>>592
待つことしばし、小春ちゃんがやってきた。
部屋に入ってきた小春ちゃんは、熊井ちゃんを見るとさっそく声をかける。

「渉外部の久住小春です。わざわざ学園から来たんだってー?」

小春ちゃん、この外見の熊井ちゃんを見ても、全く驚いたりしないんだな。
この人もまた何があっても動じない人だよなあ。
さすが強心臓の小春ちゃんだ。

「小春? あの時言ってた小春って、この人のこと?」

熊井ちゃんが僕を見た。
その言い方だと僕が呼び捨てで呼んだみたいじゃないか!
だから、ちょっとムキになって熊井ちゃんに答える。

「そうです。先輩の久住小春さんです。3年生の方です。部長さんですからね」
「小春、って呼んでくれていいよー」
「あの、うちは熊井友理奈です。よろしく」
「よろしくねー、熊井ちゃん!!」

「まーさが言ってた。あの高校の生徒会には凄い人がいるからって。それって小春のことでしょ」
「まーさって、須藤茉麻ちゃん? 彼女と知り合いなの? 茉麻、生徒会長になったんでしょ」
「茉麻のこと知ってるの?」
「学園には今年まだ行ってないなー。茉麻に会ったらおめでとうって伝えておいてね」
「それは伝えますけど、だからー、小春は茉麻のこと知ってるの?」
「去年の生徒会からどう変わってるのかな。会うのが楽しみだよ」
「だから!小春は茉麻のこと知ってるの?」
「生徒会同士だからね。もちろん知ってるよ。熊井ちゃん、人の話しはちゃんと聞こうねっ!」


685 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:50:45.32 0
>>684
小春ちゃんのその発言を聞いたとき、僕は小さく悲鳴をあげるところだった。
この2人のやりとり、恐ろしすぎる。

この時になって、ようやく気付いた。
熊井ちゃんの相手をするのに小春ちゃんを呼んだのは判断ミスだったのではないかと。
例えるなら、てんぷら火災を消火するために水をかけたようなものだ。
あまりにも危険。僕はすっかり正常な判断力を失っていたのかもしれない。

でも、しょうがないよね。
だって、さっきまであんなに緊張した空気の中にいたんだから。とても自分を責める気にはなれない。
これはあれですよ、緊急避難ってやつです。仕方の無いことなんだ。


そうは言っても、ここまで恐ろしいことになっている目の前の光景に僕はどうすればいいのか。
この緊張感、ハンパない。。
2人のやりとりをそばで聞いているだけなのに、僕は縮み上がっていた。
今にも熊井ちゃんが爆発するんじゃないかと気が気じゃない。


でも、熊井ちゃんは思ったよりイラついてはいなかった。
あれ? 不思議。
ひょっとして・・・・小春ちゃんの突き抜けたキャラに、ちょっと呆れぎみ?
熊井ちゃんのその生温かい視線を見るのは久しぶりだ(前に見たのは桃子さんの許してニャンの時だったか)。

あの熊井ちゃんに主導権を取らせないとは・・・さすが小春ちゃん。


そんな小春ちゃんはと言えば、楽しくなってきたな。テンションが上がっている様子が分かるよ。


686 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:53:55.33 0
>>685
あらためて、熊井ちゃんが小春ちゃんに話しかける。

「なるほど、凄い人って茉麻が言うだけのことはあるね」

熊井ちゃんがじっと小春ちゃんを見つめた。

「でも、小春と話しができるならちょうど良かった。この話しをするのも今日来た目的のひとつなの」

さっき言ってた話しってやつか。
なんだそれ。どうかまともな話しでありますように。

「私に話したいこと? なに、熊井ちゃん?」
「実はね。こいつのことなんです!」

熊井ちゃんが再び僕のことを真っ直ぐに指差す。

ぼ、僕のこと!?


「こいつが生徒会に入ったそうですね。それで当方の任務に支障が出ているんです」
「任務?」
「そう。うちらもぉ軍団がこいつに与えてる任務があるの。だから、先輩だか知らないけどこいつに勝手なことされると困るんですよね」
「学園から何か仕事を引き受けてたんだ。知らなかったよー」

小春ちゃん、そこ熊井ちゃんにもっと突っ込んで。それはおかしい、って。
何でこの僕に他校である学園の任務なんてものが存在するのか、どう考えてもおかしいでしょ。
そもそも、学園の一生徒が他校の生徒会の人事に口出しをしてくること自体、その行為は内政干渉と言って一般的にその行為は重大な国際問題であって・・・・


687 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:56:01.17 0
>>686
だが、僕の願いは小春ちゃんには届かなかった。
熊井ちゃんの言うことに、小春ちゃんは面白がる一方だ。
上から目線で訳の分からないことを言ってくる熊井ちゃんを見ても、引いたりするどころか最初から面白がることの出来る小春ちゃん。
この人も凄いな、と思った。さすがミラクル小春の異名を取るだけのことはある。

「でも、うちらは分別があります。その辺は譲歩してあげないわけでもないので、だから話し合いをしたいと思ってこちらに来ました」
「そうなんだ。熊井ちゃんはしっかりしてるねー」

小春ちゃん、本気でそう思ってるのだろうか。

「ところで熊井ちゃん、もぉ軍団って何なの?」
「もぉ軍団っていうのは、学園の生徒のなかでも特別な精鋭だけで結成されたエリート集団です。道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦ry」

もぉ軍団の説明をする熊井ちゃん。
さっきもそれ言ってたけど、エリート集団だったのか。それは初耳だ。
さっき応援団の人達を固まらせたような、常人には理解が難しいそんなもぉ軍団の説明を、ニコニコ顔で聞いている小春ちゃん。
まぁ、小春ちゃんがどこまでちゃんと聞いているのかは非常に疑わしいところだけど。


「それで、今お聞きしたいのは、こいつにやらせる仕事割りを当方とそちらでどのような配分にするかってこと。その具体的な割合を協議したいの」
「渉外部は毎日決まった仕事をやるってわけじゃないからね。その時々で仕事は変わるから、臨機応変にやってくれればいいよ」
「でも、その辺を適当にしとくと、こいつすぐサボるんで。マニュアル化しておいた方がいいですよ」


!!

その言われ方は納得できない。
あれだけ毎日席取りに励んでいる僕に対して何て言い方だ。ひどい、ひどすぎる。


688 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:57:28.24 0
>>687
「すぐサボるって、僕がいつサボったりしたんだよ!」

熊井ちゃんの言ったことに、つい脊髄反射してしまった。
口を挟むだけ時間の無駄だから、早く終わって貰うためにひたすら沈黙してようと思ってたんだけど。

そんな僕の反論に、熊井ちゃんが即答する。

「おととい。席を取っておいてくれなかったでしょ?」
「それはサボったわけじゃない! 生徒会の仕事があったからだって言ったじゃないか」

なんで僕はムキになって言い訳してるんだろう。
それを聞いた熊井ちゃんは、僕に対してあくまでも上から目線だった。

「だから、その調整の為に今うちと小春が話をしてるんでしょ? 人の話しはちゃんと聞いてなさいよ」
「そうだよ、人の話しはちゃんと聞かなきゃダメだよー」


よりによって、この2人からそんな指摘をされるなんて・・・

ダメだ。熊井ちゃんにはかなわない。
僕のかなう人じゃないということを再度確認しただけに終わった。
しかも、熊井ちゃんを抑えるために呼んだ小春ちゃんだったが、向こう側の人が2人に増強されるという結果に。
なんという逆効果。


689 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 21:00:04.14 0
>>688
おわかりのように、この人達は僕の力の及ぶ人達じゃないのだ。
この時点で僕はもうあきらめモードに入っていた。
人生、あきらめも肝心なのだ。


「熊井ちゃんはしっかりものだね! じゃあ、その辺は熊井ちゃんの一存におまかせするよ。ちゃんと考えてくれそうだし」
「それでいいですか? じゃあそうします。しっかりと考えてあげるから任せてください」

2人とも、何というか、第一当事者である僕の都合とか僕の考えというものは一切聞こうとしないんだね。
今のたったそれだけのやりとりで決まってしまったらしいが、そこで出たのは何という恐ろしい結論だろう。
熊井ちゃんにまかせる・・・
本当にそれでいいの、小春ちゃん?


「そういうことだから。分かった?」


ドヤ顔の熊井ちゃん。
僕は不安だった。小春ちゃんはあんなこと言ってるけど、どこまで真剣に考えての発言なのかは大変疑問が残る。
面白がって熊井ちゃんの話しに乗っているだけじゃないのだろうか。

うん、そうだろう、間違いない。
きっと僕は小春ちゃんのきまぐれに、これから先も振り回されることになるんだ。
なんだよ、それじゃ今と何も状況が変わらないじゃん!今の2人の話し合いは何だったんだ!それで何かあったら、どうせまた僕が問い詰められるんだろ!

そんなパニックになっている僕の心境など全くお構いなし。
熊井ちゃんが満足そうな顔で僕に言う。


690 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 21:01:59.65 0
>>689
「うちと小春がここまで考えてあげたんだから、しっかりやりなさいよ」
「ハイ・・・」
「それじゃ、こいつのこと、よろしくお願いしますね。いろいろ厳しく教え込んでやって下さい」

どんな立場の人だよ、熊井ちゃん。
なんで僕が熊井ちゃんからそんな風に言われなきゃならないんだ。

「熊井ちゃん、保護者の人みたいだねーw そもそも2人はどういう関係なの?」

今頃その質問するんだ・・・小春ちゃん。

「こいつはですね、うちの奴r「熊井ちゃんは僕の小学校の時の同級生なんです。何でか最近よく関わってますけど、まぁそんな関係です」
「幼なじみなんだー。それにしても、付き合ってる人がいるなんて小春まったく知らなかったよ。しかも学園の生徒さんと!」

小春ちゃん、人の話しはしっかり聞いてちゃんと理解して。
僕と熊井ちゃんが付き合ってるなんて、今の話しの中には全く出てきていないよ。


「えー? 付き合ってなんかいないんですけど」

マジレスされると余計に恥ずかしいよ、熊井ちゃん。
小春ちゃんも小春ちゃんなら、熊井ちゃんももちろん熊井ちゃんだ。
そんな2人のやりとりの間におかれるのって、かなり苦痛のような気がしてきたぞ。


691 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 21:04:14.40 0
>>690
さっきから何か、この2人が喋るたびに僕はいちいちツッコミを入れている気がする。
頼むから、もっと普通に交わる会話をして下さい、2人とも。
この状況、非常にストレスがたまるよ。

そして、ついに熊井が爆弾を落とした。


「だって、こいつが好きなのは舞ちゃんなんだから」
「く、熊井ちゃん!」
「いっつも舞ちゃん舞ちゃんってw ホント面白いんですよー。この間だって・・・」

いきなり小春ちゃんに何てことを暴露してくれるんだ。恥ずかしすぎる。
しかも何か僕のエピソードを話し始めようとする熊井ちゃん。
やめろ、熊井!
あわてて制止しようとするが、僕がかなう相手では(以下略。

この間って、何かそんな面白がられるような事があっただろうか。
あのことだろうか、それともあのこと?

そんな心当たりをあれこれ考えていると、熊井ちゃんの話しを聞いた小春ちゃんが思いがけないことを言いだした。
小春ちゃんの言ったこと、それは僕を大いに驚かせてくれた。



「舞ちゃんって、もしかして、萩原舞ちゃん?」



692 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 21:41:42.36 0
>>604
(少△年)<もはやすっかり熊井ちゃん編・・・
川*^∇^)||<この番外編はもぉ軍団が乗っ取ったから!!
(少△年)<少年編は僕とお嬢様と寮生の人達の物語のはずなのに(泣

>>614
チンプイさん乙です!節分ですね!
何といっても、セクシーできゅーとな青鬼お嬢様を見た舞ちゃんのリアクションが秀逸です!
恥ずかしそうにしているお嬢様が、が・・・がおー・・・なんて言うの見たら、そりゃ舞様も倒れますな
そして気が付かれてからの、意外と純情な天才さんが、再度お嬢様を見て顔を赤くするところで萌え死にました
寮内でのコメディにはえりかちゃんが語り部として最適任者ですね
舞美ちゃんだと説明がわけわかめになりそうだし、あいりんはシュールかんちゃんは放送事故舞様も危ない
なっきぃではこういう場では常に虐げられる側wだから語り部やってる場合じゃなさそうだし
調理場内でのめぐぅと執事さん、どんな空気だったのだろう・・・そのやりとりといい笑えますw

693 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 23:20:13.00 O
おやすみなさいませお嬢様

694 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 00:27:13.59 0
2月26日か

695 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 06:13:14.20 0
おはようございますお嬢様

696 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 07:28:32.67 0
リ*・一・リノシ

リ;・一・リ<・・・今日は日曜日だったわ

697 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 09:48:47.76 O
おはようございますお嬢様

698 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 09:53:46.16 O
こはるちゃんはマイマイさんとキラぴかの仲か

699 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 13:06:00.53 O
昼下がりですお嬢様

700 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 14:49:04.55 O
リ*・一・リ<700!

701 :エレコマニア・マリオJ 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 【Dmorningcoffee1328364090003833】 【東電 72.4 %】 :2012/02/26(日) 16:22:45.00 P ?PLT(12001)
ますます少年の肩身が狭くなっていると言うか
小春ちゃんは「あの」さゆみさんと仲が良いくらいだから
熊井ちゃんのどや顔にも動じないんでしょうな

多分舞様の事もさゆみさん経由で聞いていると見た
いずれにしろ事態の複雑化は免れませんなw

702 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 16:50:24.56 0
グロ辻

703 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 19:38:45.04 0
t

704 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 21:27:15.83 0
t

705 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 21:34:47.82 O
落ちるゆ

706 :名無し募集中。。。:2012/02/26(日) 23:24:13.28 0
http://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/957599.jpg

707 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 04:32:58.70 0
t

708 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 07:07:24.04 0
お嬢様いってまいります

709 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 07:55:12.52 0
リ*・一・リノシ

710 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 13:18:02.55 O
| v ・) ケッケッケ

711 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 16:22:59.32 O
鈴木さん…

712 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:20:38.67 0
めぐぅという人間兵器を手に入れたお嬢様、さっきのおどおどした態度はどこへやら、勝気な眼差しで私たちをぐるりと睨みつけた。

「ウフフ、今年の節分は、人間対鬼の豆まき合戦ね」
「それ節分の意味ないじゃん。てか、ちしゃとがこっち来ればいいじゃん。鬼はキャラにあったそこの2人にまかせて」
「あら、舞ったら。そもそも鬼が悪だなんて、一体誰が決めたことなの?
鬼から見れば、豆を投げつける人間こそが悪なのではないかしら」

おお・・・お嬢様が何かようわからんけどかっこいいことを語っている。
これには舞ちゃんも面食らったらしく、一瞬言葉に詰まる。


「そうだかんな。大体、鬼は誰の心の中にもいるんだよ萩原。貴様の、そして私の心にもな!(キリッ)」
「いや、ちしゃとの中にはいないから」
「完全同意ケロ」

どうでもいい舌戦を繰り広げる面々をよそに、さっそく舞美とお嬢様は、ワンちゃん特有のうずうずした表情でストレッチを始めている。
お互いの背中を、ぐいぐい押し合って、とっても楽しそうだ。


「そうだわ、舞美さん。予め逃げていい範囲を決めておきましょう。あとでメイドたちが片付けるとき、手間になってしまうわ」
「じゃあ、外にしませんか?お屋敷に遊びに来る鳥さんたちが喜ぶかも」

これから豆をぶつけ合う2人とは思えない、和やかトーク。
ああ、お嬢様ったら!そういう格好で前屈をすると、胸元に隙が・・・!


「えりは準備運動しなくていいの?」
「だって、誰もウチなんて狙わないでしょ。・・・え、大丈夫だよね?ウチはそういう立ち位置だよね?」

713 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:21:41.00 0
ケッケッケ、ふっふっふ。

意外と張り切ってる愛理とめぐぅが、不気味な笑いを漏らした。
あれ?あれ?そういえばウチって、結局・・・


*****

「はい、というわけで、今から仁義なき抗争を始めたいと思います!」

鬼のめぐぅの掛け声に、拍手で応える一同。


「・・・ちしゃと、大丈夫だからね。何があっても舞が守ってあげるから」
「舞・・・。」

ああ、何て感動的な!
敵の姫(鬼)と恋に落ちた武将。待ち受ける過酷な運命。砲弾(豆)も、2人の堅い誓いを引き裂くことはできない・・・


「・・・何泣いてるんだかんな、えりかちゃん」
「おだまり!あーたも、人の恋路を邪魔するんじゃないの!」

その言葉に、勘のいい我が妹は、ピクリと反応した。


「はーん?まーたそうやってだまされて・・・。いい?おねーちゃん。お嬢様が誰の腕の中で・・・」
「よけーなこと言うなってば!」
「痛いよ!まだ始まってないのにぶつけないでよっ」

まったく、仲がいいんだか悪いんだか。
再び喧嘩を始めた二人を眺めていると、「えりかさん」と声をかけられた。

714 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:22:05.52 0
「どうしました?」
「ウフフ。ちょっと、頭を屈めてくださる?」

茶色い瞳を眇めたお嬢様。

「こう?」
「ええ。そのまま、目を閉じて・・・」


指示通りお嬢様に顔を寄せて、軽く目を伏せる。
すると、頭の上に何かがポンッと置かれる感触がした。

「ん?」
「ウフフ、えりかさん、千聖とおそろいね」


どうやら、お嬢様は私の頭にカチューシャを乗せたようだ。
そのてっぺんには、鬼のツノ。お嬢様は2本で、私は1本と少々趣は違うものの、立派に鬼の仲間となれたみたいだ。
・・・ん?鬼?


「えー、ウチも鬼?」
「ええ、さきほど舞美さんとチームわけを考えて、えりかさんには千聖の味方になっていただくことにしたの」
「そ。今年は、鬼が一方的に豆をぶつけられるんじゃなくて、鬼からもやりかえすっていう趣向だからね」

めぐぅがドヤ顔で説明してくれて、なるほどと妙に納得してしまった。
鬼チームはお嬢様、めぐぅ、栞菜と全員身体能力が異様に高いのに対し、人間チームで特筆すべき運動神経の持ち主は、舞美ぐらいしかいない(愛理は戦力だとは思うけど・・・ブラックメンタル的に)。
となると、握力7・精神力マイナス50の私を鬼側に入れれば、バランスが取れるということか。

非力な私を、心お優しいお嬢様が、守ってくれると信じて・・・私はその小さな体の後ろに隠れるように、鬼さんの陣地に立った。

715 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:22:52.95 0
「さ、始めましょうか。ルールは特にないでーす。鬼は人間に、人間は鬼に豆を投げつけるだけ」
「ケロ・・・じゃあ、どうやって決着がつくの?」
「んー、そうだなあ。“まいった!”って言ったら終わりでいいんじゃない?」

ひじょうにざっくりした、しかしめぐぅだから、と思うと納得のいく男らしい御説明。

「それじゃ、どっちかが全滅するまで・・・はい、スタート!!」


きっぷのいい声とともに、まずは舞ちゃんが動いた。


「鬼はー外!鬼はー外!」
「え・・・ええ!?」



天敵の栞菜か、目の上のたんこぶ軍曹鬼を狙うかと思いきや、舞様はおもむろにお嬢様に豆を投げつけ出した。
“ちしゃとに豆ぶつけるわけないでしょ”そんなことを言っていたのは、梅田の気のせいだったのでしょうか?
好きな人に理不尽な意地悪を堂々とやらかせるというシチュエーション、舞ちゃんのS心に火をつけずにはいられなかったみたいだ。


「きゃんっ!よくもやったわね、舞ったら!」

だけど、おてんばで負けず嫌いなお嬢様だってやられっぱなしじゃない。
最初はバチバチと顔にぶつかる豆に驚いていたけれど、すぐにいつもの(キリッ顔になって、応戦し始める。


「あってめー萩原!あたしのお嬢様いだだだだ」
「あんたの相手はこっちだよ!ったく、いつもいつもお屋敷に変な風俗を持ち込みやがって」
「え、なに?ちょっとどういうこと?」

716 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:23:39.46 0
お嬢様を救出しようと意気込む栞菜に攻撃を仕掛けたのは、どういうわけかめぐぅだった。

「ちさとの部屋の壁に掛けた縄梯子撤去しろって言ってんだろうがー!」
「なんだとー!めぐぅこそ、割ったお皿何枚部屋に隠してるんだよー!そーゆー態度ならメイド長さんにチクッてやるかんな!」
「ちょ、やめなって2人とも!」

止めに入ろうにも、2人の超絶高速豆ぶつけ合いの間になんて入っていけない。蓮○ラみたいになっちゃう!


「ギュフー!!!!!」

そんなヘタレ梅田の後ろで、今度は聞きなれたあの悲鳴が響き渡った。


「や、やめるケアガガガ」
「あははあはあはあははははなっきぃガーッ!」


ああ、去年の悪夢再び・・・。
舞美ちゃんたら、スイッチが入ると一気に舞様クラスの℃Sになっちゃうんだから。ちしゃまいも一旦手を止めてドン引きやで!


もはや、鬼とか人間とか関係なく、みんな欲望の赴くままに、豆を投げ、ぶつけ、流し込んでいる。
節分って、なんだっけ・・・。


「舞、覚悟なさい!千聖の必殺技・トルネードスピンソイビーンズをお受けしてもらうわ!」
「もー・・・体力ありすぎなんだよちしゃとは!わかったよ舞の負けでいいよ!・・・おい、聞いてんの!痛い!」

「はあ・・・元気なことで」
「・・・ケッケッケ」

717 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:27:42.60 0
ふいに、耳元で笑い声がした。


「ぎえええ」

その可愛らしいたれ目と、人間だけど鬼さんライクな八重歯を確認した途端。私はエク○シストのような体勢で飛びのいた。


「逃げないでよぉ〜えりかちゃぁ〜ん」


愛理のふわふわした声は、いつもならお嬢様と並んで、寮生の心を癒してくれる魔法の音色。
だけどこの状況においては、それは悪魔の響き。それが証拠に、その女の子らしく白く可憐なお手手には、たっぷりと豆が握り締められている。


「あ・・あのー、梅さん、まだ召されたくないなぁ、なーんて」
「・・・ケッケッケ?」


この可愛らしい笑顔が、私の気力を奪う。
おかしい。角がはえてるのは、私の方なはずなのに・・・この圧倒的な威圧感。
ああ、そうか。鬼は誰の心にもいるんだったね、お嬢様!愛理の鬼と、私の鬼・・・。勝負の前から、決着はとうについている。


「えりかちゃぁ〜ん」
「は、はひぃ」


もはや、覚悟の座禅で出迎える私の頭に、コツンと1粒だけ豆が落ちてきた。

718 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:28:20.21 0
「あ・・・あれ?」
「ケッケッケ、鬼はー、外!」

ふわんふわんと妙な動きをしながら、愛理はちょこんちょこんと豆を投げてきた。
どうやら、成敗するほどの鬼じゃないと判断してくれたらしい。・・・い、命拾いした!

「よ、よーし、こっちもいくぞー!鬼はー外!」
「わぁー、ケッケッケ。にげろにげろー」

そう、これよこれ!女子校らしい、のんびりしたふいんきの節分。梅さんこういうの望んでた!


「どるるるる」
「キシャー!!!」

もはや人間の言語を超越した音声で戦う、めぐぅと栞菜。


「なっきぃ?もう一袋いくー?あはははは」
「キュフゥ・・・」

癒しの膝枕・・・と思いきや、首をヘッドロックしたまま、大きな手で豆を掬う舞美。なぜか恍惚の笑みを浮かべるなっきぃ。

かわゆいちしゃまいちゃんたちは、はしゃぎ疲れてお嬢様の鬼さんパーカーにくるまれてお昼寝を始めてしまった。

「アハハ、鬼はー外!」
「待て待てーえりかちゃん!ケッケッケ」


誰か、私たちの正統派の節分を見なさいよ!なんて思いつつ、私と愛理はバカップルの海岸イチャイチャダッシュのテンションで、キャッキャウフフと豆を投げ合って楽しんだのだった。

719 :名無し募集中。。。:2012/02/27(月) 17:29:12.98 0
(執△事)<鈴木さんの鬼コス画像ください!!!!!
(o・D・#)<いきなりでけぇ声あげんなよ!うるせぇよ
(執△事)。o(鈴木さんの鬼コス画像ください)
(o・D・)<こいつ直接脳内に・・・!


今日はここまで
節分ネタもここまでで
次回学園続きです
>>650
作る必要性を感じなかったかんな
>>660
>>527の「特攻野郎もぉチーム」的なあれですねw
私はタイーホされちゃうぞみたいなのしか思いつかないのでぜし!お嬢様のも!どなたか!
>>666
はぐれ(ryの執ハラに耐えられる方ならあるいは・・・
>>684
少年作者さん乙です!
おお・・・なんて怖い心理戦・・・!熊井ちゃんのズレっぷりがw
基本人の話を聞いてなくて自分の問いかけに答えたかどうかでしか判断してない
そのあたりのくまくまっぷりが面白くもあり恐ろしくもありw
小春ちゃんは聞く気があるけど聞いてないタイプで
熊井ちゃんは耳の中に入ってきたかどうかだけが判断材料という話を聞かない子同士でもタイプが違って面白いです!
それにしても・・・少年のカタオモイ情報はついに自分の学校にまでwいつかの「舞ちゃんが好きだから待ち伏せしている」という口上を熊井ちゃんが思い出さないかヒヤヒヤですね
小春ちゃんと舞ちゃんの関係にもwktkしてます!
>>706
ファイルノットファウンドの刑に処されてしまいました・・・

302 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)