5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

元寇弱すぎだろ 上陸戦で日本武士に敗れるなんて

1 : 茶トラ(秋田県):2012/10/22(月) 18:17:55.51 ID:IEEQkSYM0 ?PLT(12001) ポイント特典

今からおよそ700年前の元寇で沈んだとみられる船が長崎県の沖合で見つかったことを受け、長崎市の高校生が、当時使われたと考えられている「投石機」と呼ばれる弾を飛ばす武器を復元しました。

長崎県では、去年、松浦市の鷹島の沖合で、およそ700年前の鎌倉時代の元寇で沈んだとみられる船の一部が見つかり、火薬を詰めてさく裂させる陶器の弾とみられる破片も周辺の海底に散乱していました。
「投石機」は、この弾をどのように飛ばしていたのかを探ろうと、長崎市にある県立長崎工業高校の生徒たちが県の依頼を受けて3か月かけて復元しました。
復元された投石機は、高さ4.5メートルの杉の柱を真ん中で固定して上下に回転するようになっていて、柱の先端には弾を包む皮の袋が結び付けられています。反対側に取りつけたおよそ130キロの
重りが落下する力を利用して弾を発射する仕組みで、22日、高校のグラウンドで行った試し打ちでは、およそ2キロの石を最長で44メートル飛ばすことに成功しました。
3年生の内田景太さんは「700年前の人の技術や知恵を知ることができた。試行錯誤しながら復元に携わったことで、地元の歴史や文化にも興味が湧きました」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121022/k10015927911000.html

2 : スミロドン(dion軍):2012/10/22(月) 18:19:05.76 ID:b6GR9/ic0
南宋の雑兵が主体で本気じゃなかった云々

3 : スミロドン(dion軍):2012/10/22(月) 18:19:40.59 ID:b6GR9/ic0 ?PLT(12000)

おれの方が強いし

4 : アメリカンショートヘア(関東・甲信越):2012/10/22(月) 18:20:39.64 ID:Lp1vsfs8O
長旅で疲れてんだ

5 : シャルトリュー(WiMAX):2012/10/22(月) 18:20:53.21 ID:z0Q1ZIJ+0
このスレ定期的に立つNE!

━━━O/⌒ヽ━ロニ>
  ∧∧(^ω^ )
 /ο・Oニ)< >
`/  ノ‖川(ヾゝ
(o_oイ_ヽ |(_)ノ⌒i彡
  ノリリリリヽ|| ̄ノlノ
 / /~ヽ ノ""ヽヘ\ヽ_
 ヽニフ|」  (_/ ヽノ
    (_>

 ┣"┣"┣"┣"┣"┣"

6 : ラグドール(関東・甲信越):2012/10/22(月) 18:21:32.73 ID:DYG8MiX00
お、俺の母校ではないか!
あと、どうでもいいところでは福山雅治とかいたな

7 : コドコド(鹿児島県):2012/10/22(月) 18:21:43.72 ID:Pme3rmSC0
鎌倉武士が腹がへってるキチガイだったんだろ?
相手が攻めてくるのにワクテカしまくってたっていう

8 : ジャングルキャット(dion軍):2012/10/22(月) 18:23:07.72 ID:CK9oDGQ/0
斬り合う前に名前を言わない時点で負けてるんだよ

9 : デボンレックス(兵庫県):2012/10/22(月) 18:23:54.55 ID:1gURviQ30
元寇が台風で破れたのはウソで
本当は海上自衛隊のイージス艦がタイムストリップをして
一夜で元寇を壊滅させたのだ。

10 : ペルシャ(京都府):2012/10/22(月) 18:24:34.67 ID:FzxrGnRB0
[ ::━◎]ノ 今も昔も補給を現地調達に頼る軍隊は必ず負ける.

11 : マンチカン(大阪府):2012/10/22(月) 18:25:14.38 ID:DAtkrffv0
名乗りを上げないからだよ
加護がもらえないから神風に耐えることができない

12 : 茶トラ(山口県):2012/10/22(月) 18:25:46.22 ID:jHWu9/a50
日本海があって良かったっと

13 : 三毛(大阪府):2012/10/22(月) 18:26:03.30 ID:igd6yl7O0
>>9
それなんてジパング

14 : ぬこ(大阪府):2012/10/22(月) 18:26:56.20 ID:Vi7nGcxe0
>>11
元の敗退に台風はそれほど関係無かったらしいよ

15 : ロシアンブルー(新潟県):2012/10/22(月) 18:27:00.00 ID:C0Y4FIWh0
元寇というと、日本は弱くて馬鹿だったけど神風のおかげで勝った!みたいな教育をされるけど
調べてみると神風もあったけど、日本もまた総力を尽くしていい戦いをしてたっていう話で面白いよ
向こう側の文章に「夜に小舟で乗り込んできて大船の兵を皆殺しにされた、怖い」とか「海に突き落としたのに鎧着たまま泳いでた、なにあれ」みたいな記載があったとか

16 : ジャパニーズボブテイル(東京都【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:27:34.49 ID:2AuGc/ql0
馬に乗らない騎馬民族は所詮雑魚

17 : 茶トラ(秋田県【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:28:45.02 ID:IEEQkSYM0
>>15
九州の軍勢だけで戦ってたって凄いよな

18 : スフィンクス(静岡県【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:28:49.12 ID:yFVyZUcR0














グに掲載されてるの?

19 : メインクーン(庭【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:28:58.36 ID:bMTHrxLLP
既に日本に着く頃には内部崩壊してたんだ。

20 : アメリカンショートヘア(大阪府【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:29:28.84 ID:ZDOvqbyH0
元軍が出航したのが5月3日。台風が8月1日。
そりゃあ、そんなに長い間、海にいたら台風の1つや2つ遭うって。

で、なんで元軍はずっと海にいたかというと、6月6日に一旦は陸に上がったものの
2日後の6月8日の陸上戦で武士にボロ負けして海に叩き出されたからだとさ。

21 : スナネコ(長野県【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:30:50.46 ID:DoYFnIGt0
焙烙玉(?)とかの兵器で結構苦戦したんじゃなかったの?

22 : スコティッシュフォールド(芋【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:31:23.37 ID:A75EpS7t0
あまり語られない樺太の元寇

23 : スペインオオヤマネコ(北海道【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:31:38.25 ID:9FF4lNgX0
まぁ全身鎧着て海泳いでる奴みたら実家に帰りたくもなるよな

24 : ボンベイ(三重県【緊急地震:宮城県沖M4.8最大震度3】):2012/10/22(月) 18:32:04.47 ID:lw+bT95m0
あと蒙古軍は疫病や栄養不良とかでボロボロだったってのも大きいらしいね
いずれにせよ島国万歳


25 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 18:33:04.13 ID:RLs2jwdq0
本当に教科書ってミスリードだよな
絵も編集して日本が負けてて台風で助かったみたいになってるとか異常すぎだろ
あれか?大半はチョンの軍勢だったからその関係で捏造でもされてんの?

26 : ボルネオウンピョウ(家):2012/10/22(月) 18:34:04.08 ID:SH8zhi8O0
博多に上陸を試みたのが間違いだな
まずは北海道に上陸して北海道を丸ごと占領してから本州へ向かえばよかった

27 : ジャパニーズボブテイル(東京都):2012/10/22(月) 18:34:59.53 ID:2AuGc/ql0
蒙古襲来絵詞も一部分だけ見せて
日本が苦戦してますよと言うイメージの植え付け

元軍が逃亡している場面は見せない

28 : スナドリネコ(やわらか銀行):2012/10/22(月) 18:35:30.66 ID:Oy6U5AgO0
日本とイギリスが独立を守れたのは共通点があると思うんだよな

29 : デボンレックス(兵庫県):2012/10/22(月) 18:35:42.34 ID:1gURviQ30
台風は関係ないだろ 鎌倉武士が強かっただけ

30 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 18:36:30.46 ID:ZDOvqbyH0
モンゴル帝国の武士評
王ツ『汎海小録』
「兵杖には弓、刀、甲がある。しかし戈矛は無い。武士は騎兵を結束している。殊に武士の精甲は往往黄金を以って之を為り、珠琲をめぐらした者
が甚々多い。 刀は長くて極めて犀なるものを造り、洞物に入れて、出し入れする。
ただ、弓は木を以って之を為り、矢は威力はあるが、遠くには届かない。
人は則ち勇敢にして、死をみることを畏れない。」

鄭思肖『心史』
「倭人は狠、死を懼れない。たとえ十人が百人に遇っても、立ち向かって戦う。勝たなければみな死ぬまで戦う。戦死しなければ、
帰ってもまた倭王の手によって殺される。倭の婦人もはなはだ気性が烈しく、愛すべからず。倭刀はきわめて鋭い。地形は高険にして入りがたく、
戦守の計を為すべし」

呉莱『隣交徴書』
「今の倭奴は昔の倭奴とは同じではない。昔は至って弱いと雖も、なお敢えて中国の兵を拒まんとする。いわんや今は険を恃んで、その強さは、まさに昔の十倍に当たる。
さきに慶元より航海して来たり、艨艟数千、戈矛剣戟、畢く具えている。(中略)その重貨を出し、公然と貿易する。その欲望を満たされなければ、城郭を燔して居民を略奪する。
海道の兵は、猝かに対応できない。(中略)士気を喪い国体を弱めるのは、これより大きなことはない。しかし、その地を取っても国に益することはなく、またその人を掠しても
兵を強めることはない。」




31 : ヒマラヤン(福岡県):2012/10/22(月) 18:37:18.08 ID:qm6REeEy0
>>28
ノルマンディー公に支配されとるけど

32 : ぬこ(大阪府):2012/10/22(月) 18:38:23.79 ID:Vi7nGcxe0
> 倭の婦人もはなはだ気性が烈しく、愛すべからず。

何があったんだろうか…

33 : ボンベイ(山口県):2012/10/22(月) 18:38:40.50 ID:9BcyitGC0
鎌倉武士は“てつはう”っていーなこっちも導入しようぜって気にならなかったのか?

34 : 猫又(dion軍):2012/10/22(月) 18:39:25.76 ID:zArg8C1N0
>>9
自衛官の股間にメロメロとは 元はホモの集まりですね

35 : ソマリ(長崎県):2012/10/22(月) 18:39:46.14 ID:1946FYX70
中華なんて今も昔も外国相手のでかい戦争では勝ったことのない雑魚だからな

36 : 茶トラ(秋田県【18:27 秋田県震度1】):2012/10/22(月) 18:39:56.83 ID:IEEQkSYM0
>>32
犯そうとしたんだろうな

37 : ぬこ(大阪府):2012/10/22(月) 18:41:11.83 ID:Vi7nGcxe0
>>33
日本は良質な火薬を産出できない
戦国時代の鉄砲用も輸入に頼ってたとか

38 : リビアヤマネコ(神奈川県):2012/10/22(月) 18:41:14.73 ID:w0OI2BSg0
上陸した場所が悪かった
よりによって修羅の国選ぶなんて…

39 : ボンベイ(三重県):2012/10/22(月) 18:41:32.87 ID:lw+bT95m0
モンゴル帝国の凄さ
http://livedoor.3.blogimg.jp/chaos2ch/imgs/c/a/ca4863d7.gif


40 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/22(月) 18:42:06.22 ID:f0DIMRtnO
勝てば官軍

41 : ロシアンブルー(大阪府):2012/10/22(月) 18:42:19.76 ID:gjJ1HZYx0
>「投石機」
石投げるとか卑怯すぎワロタw

42 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/22(月) 18:43:16.21 ID:f0DIMRtnO
>>39
ドルジの地元すげーな

43 : マヌルネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/22(月) 18:43:58.97 ID:1c05mw6g0
やーやー我こそは

44 : スナネコ(長野県):2012/10/22(月) 18:44:52.46 ID:DoYFnIGt0
フビライハンはすべての宗教の祝日を祝ったそうだ。
為政者として優れていたんだろうな。

45 : スミロドン(宮崎県):2012/10/22(月) 18:45:08.54 ID:uZbtfMeV0
近代戦でも海を隔てれば攻略の難易度は段違い
だからロシア恐れて半島なんかに手を出すべきじゃなかったんだよ
見ろ今のザマを

46 : ヨーロッパオオヤマネコ(福岡県):2012/10/22(月) 18:46:32.71 ID:ktOCLHQb0
俺が通ってた大学の近くに古戦場あるわ
多分当時の海岸線からはほんのちょっとだけ陸に上がったとこだな

47 : ベンガル(秋田県):2012/10/22(月) 18:47:19.97 ID:Gr9LYqhT0
ウィキペディアの元寇の項目はここ数年でどんどん日本が優勢になっていってる気がする

本当の所はどうだったんだよ

48 : マンチカン(山口県):2012/10/22(月) 18:48:52.93 ID:J53bn7Yh0
元寇で日本が勝てたのは高麗のおかげだって
前にテレビでやってた

49 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 18:49:55.33 ID:ZDOvqbyH0
>>47
ウィキはちゃんと一次資料を紹介してるから、今までなぜか
武士が奮戦した資料が隠されていたか、無視されていたってことだろ。

50 : ヒマラヤン(福岡県):2012/10/22(月) 18:50:20.11 ID:qm6REeEy0
>>47
第一回目においては日本軍は準備不足もあり劣勢だったが
元軍は夜になると船に戻ったためそれほど深刻な被害は出なかった(夜襲を恐れたとも言う)
そのうち夜半に雨が降った日があったらしく、夜が明けると元軍はいなくなっていたという
なお台風というのはおそらく間違いで、1回目は現代で言う梅雨の時期

51 : ボンベイ(山口県):2012/10/22(月) 18:50:44.30 ID:9BcyitGC0
元寇防塁って見た目ショボいけど役に立ったんだね

52 : ボンベイ(三重県):2012/10/22(月) 18:53:27.93 ID:lw+bT95m0
島国万歳
http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_b.html


53 : デボンレックス(静岡県):2012/10/22(月) 18:56:04.05 ID:6C4dQ0y50
700年ぶりだねぇ

54 : ノルウェージャンフォレストキャット (家):2012/10/22(月) 18:57:51.84 ID:MOZd5tt7P
飛行機でもない限り元寇が日本に勝てる道理はないな

55 : ヒョウ(滋賀県):2012/10/22(月) 18:59:54.35 ID:4anqMdhr0
元寇はロマンやね・・・

56 : (dion軍):2012/10/22(月) 19:01:02.37 ID:fWXUlUur0
>>26
アイヌ民族なめんなよ!

57 : ジャパニーズボブテイル(福岡県):2012/10/22(月) 19:01:44.08 ID:6Abf3Qy00
>>15
これ本当だったらめちゃくちゃ怖いなw


58 : ノルウェージャンフォレストキャット (東京都):2012/10/22(月) 19:02:49.23 ID:CTiZwOB7P
逃げ帰ってる途中に台風が来たんだっけ?
泣きっ面に8だな

59 : キジ白(福井県):2012/10/22(月) 19:02:52.68 ID:Wmlo039g0
これを実写化したらプライベートライアンみたいになんのかな?

60 : (和歌山県):2012/10/22(月) 19:04:16.47 ID:qQgIjBtY0
攻めてきたのは高麗と女直
元寇って言い方やめたら?

61 : スナネコ(長野県):2012/10/22(月) 19:05:22.77 ID:DoYFnIGt0
>>59
ハンバーガーヒルじゃないか?

62 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:05:53.40 ID:ZDOvqbyH0
>>58
文永の役だな。ただ、文永の場合は今でいえば12月近くのことだから台風ではないと思う。

普通に危険な玄界灘を絶対にさけなければならない危険な夜間に無理矢理出航して
大損害くらった。

63 : デボンレックス(東京都):2012/10/22(月) 19:05:54.05 ID:dp2Jx4Kw0
日本の歴史教育では武士は過小評価されているしな。
有名な、てつはうの絵も元寇が逃げ出している部分をカットしてるからな。
日教組のサヨク教育には反吐が出る。

64 : メインクーン(dion軍):2012/10/22(月) 19:06:04.02 ID:jna6WNIUP
>>25
今の教科書の基本ラインができた頃はマジで歴史学会に
マルキシストしかいなかったから学会的には秀吉の朝鮮出兵はおろか
白村江の戦いまで無法な日本による大陸・半島侵略で
元寇は大陸からの正当な征伐だったんだよ
ネトウヨの妄言にしか聞こえないかもしれんがどんな歴史書読んでも全部この論調だよ
元寇には絶対に侵略という言葉を使わない

65 : マンチカン(京都府):2012/10/22(月) 19:06:19.18 ID:HMZ41zfM0
映画にするなら博多の街の略奪地獄絵図をちゃんと描かなきゃ

66 : イエネコ(東京都):2012/10/22(月) 19:06:51.17 ID:BszpUSUj0
神風が事実以上に強調されてるのは当時の幕府のせい
活躍した御家人に与える土地がないから、寺社のお陰ということにしたかった

67 : 茶トラ(関西・東海):2012/10/22(月) 19:11:38.44 ID:ft4rKrF9O
名乗りを上げないで匿名で戦うとかどうしようもないクズだな
涙目で敗走したくせに大陸では元大勝利とか祭りになってたんだろうな
キモいわ

68 : メインクーン(dion軍):2012/10/22(月) 19:12:33.64 ID:jna6WNIUP
ああそうそう、ついでにちょっと前の歴史学者に言わせると
朝鮮半島どころか坂上田村麻呂あたりの東北出征も
大和朝廷による許すまじき非道な侵略行為なんだよな
そりゃ確かに侵略なんだけどあの人達ほんとにそのことで
それも天皇制が悪いから廃止するべきって思ってるからすごいよ

69 : シャム(宮崎県):2012/10/22(月) 19:12:45.71 ID:i3Z+0P0h0
日本軍は白村江の戦いで火箭(原始的ロケット兵器)の洗礼を受けていたので
当時の最新兵器鉄はうがあまり効果がなかったのもモンゴル軍が苦戦した一因とか。

70 : サバトラ(関東地方):2012/10/22(月) 19:17:16.39 ID:Cv0m/JHMO
神風が吹いたんだよ

71 : しぃ(福岡県):2012/10/22(月) 19:17:23.75 ID:Qxjw3Ls10
元は戦車戦が得意だったから勢力を伸ばしていったが日本みたいな山間部に覆われて戦車が通れない地域は大量に上陸できたとしても
日本軍のゲリラ戦で全滅だな

72 : 黒トラ(WiMAX):2012/10/22(月) 19:18:35.04 ID:ZwkM73PC0
対馬の惨状はここでは語られないのですか…

73 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:23:11.36 ID:ZDOvqbyH0
文禄・慶長の役も本当に嘘が多い。文禄では快進撃したけど、慶長では苦戦して
手も足も出なかったとか教えられるけど、実際は慶長の役の方が派手な勝利が多い。
ちなみに日本軍はほとんど負けていない。
結局は、日本側が軍事的に勝利するってことが気に食わない歴史学者が多いってことだな。


日本軍と明軍の主要な戦闘


1.祖承訓率いる明軍先鋒隊五千騎が平壌城を急襲   
  →小西行長の軍勢によって撃退される(第一次平壌城の戦い)

2.李如松率いる明軍四万三千余が平壌を総攻撃  
  →小西行長とその配下一万五千はたまらず敗走、明軍は平壌城を奪還(第二次平壌城の戦い) 

3.李如松は平壌城を落とした勢いに乗じてさらに南下。体勢を立て直した日本軍二万は漢城近郊で明軍二万と激突   
  →明軍を大破(碧蹄館の戦い)。

4.明・朝鮮連合軍が守る南原城を日本軍が襲撃   
  →陥落(南原城の戦い)

5.稷山で解生率いる明軍先遣隊八千と黒田長政率いる五千の部隊が遭遇戦   
→一進一退の攻防の末、明軍は戦意を喪失。日本側に援軍が現れたのを機に撤退。日本軍勝利。(稷山の戦い)



74 : リビアヤマネコ(禿):2012/10/22(月) 19:24:20.66 ID:9PgnTKMF0
刀の切れ味も凄まじいからね

75 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:24:21.25 ID:ZDOvqbyH0
6.楊鎬、麻貴率いる明軍四万四千と、朝鮮軍一万二千の連合軍が完成前の蔚山城を急襲(蔚山城の戦い)   
→加藤清正を指揮官とする篭城側一万が防戦、
その後日本軍一万二千が駆けつけ連合軍を大破。。
日本軍は敗走する連合軍を30里に渡って激しく追撃し、壊滅的な打撃を与えた。明軍戦死者2万

7.麻貴率いる明軍二万四千、 金応瑞率いる朝鮮軍五千五百の連合軍が再び蔚山城を襲撃(第二次蔚山城の戦い)    
→日本軍は防戦に徹し、これを破る。


8.董一元率いる明・朝鮮連合軍およそ三万七千(諸説あり)が泗川城を襲撃(泗川の戦い)
→島津義弘配下七千が城外へ打って出て連合軍壊滅(すげえ)

9.劉テイ率いる明軍二万二千、権慄率いる朝鮮軍六千、
陳リン率いる明水軍二万、李舜臣率いる朝鮮水軍七千からなる連合軍が順天城を襲撃(順天城の戦い)
→小西行長配下一万三千が防戦し、これを撃退。明軍は兵糧を退路にばら撒きながら敗走。

10.明・朝鮮連合水軍五百隻が島津水軍五百隻と激突(露梁海戦)
→双方に甚大な被害。しかし島津水軍は小西行長らを撤退させるという作戦目標を達成し、
連合軍は明水軍副将のケ子龍、朝鮮水軍大将の李舜臣が戦死した


76 : ジャガー(埼玉県):2012/10/22(月) 19:25:41.97 ID:SAvoLIMC0
主力が朝鮮人だから

77 : マレーヤマネコ(東京都):2012/10/22(月) 19:26:14.58 ID:yp8RWGst0
>>64
日本が朝鮮半島南部に一定の勢力を持っていたこともほとんど触れないよね。
なぜ白村江の戦いが起こったか?なぜ当時の日本軍はあの場所まで軍勢を送れたか?
歴史のつながりを無視するから教えられるほうも体系的に理解できずにただの暗記になる。

78 : 茶トラ(関東・東海):2012/10/22(月) 19:26:46.62 ID:ajaPfmUNO
キャ〜!奮戦する竹崎季長ンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

79 : バーマン(SB-iPhone):2012/10/22(月) 19:26:52.88 ID:G0K6uvFvi
は?
ひ?
ふ?

80 : (dion軍):2012/10/22(月) 19:27:33.20 ID:fWXUlUur0
結局のところシナは現在でも洋上戦は苦手ということだなw

81 : ノルウェージャンフォレストキャット (埼玉県):2012/10/22(月) 19:27:59.40 ID:dRaGTyTSP
朝鮮兵が中心の軍だから弱かった

82 : メインクーン(埼玉県):2012/10/22(月) 19:28:14.03 ID:bMTHrxLLP
結果的に鎌倉幕府を滅亡に追いこんだんだから、弱かったってことはないだろ。

83 : デボンレックス(東日本):2012/10/22(月) 19:30:50.41 ID:HtcnjIfj0
>>25>>27
あれだって、プロパガンダだろ
俺達こんなに一生懸命戦ったんだから土地くださいのために

84 : ハイイロネコ(神奈川県):2012/10/22(月) 19:31:31.29 ID:dEawjbei0
単なる陸上戦ならともかく、上陸戦って難易度高いぞ。
逆に当時の日本側が朝鮮なり中国なりに攻め込むと過程して、絶対に成功しない。

85 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:33:03.15 ID:ZDOvqbyH0
>>82
元軍の強弱は関係ないよ。
ちなみに元寇での恩賞要求不足が不満で云々は嘘。
元寇で戦ったのは大半が九州の御家人だし、鎌倉幕府を倒した主な武士に
元寇とゆかりのある人物は一人もいない。

ただ、得宗家があれだけ専制化したのは、元寇によって権力基盤を固めたためだから
まあ、遠因のひとつではあると思う。

86 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:34:41.41 ID:ZDOvqbyH0
>>83
恩賞もらったずっと後に書かせた物だよ。
ちなみに恩賞奉行の安達泰盛や口添えをしてくれた少弐家への鎮魂が目的で
作成されたもの。

87 : ウンピョウ(京都府):2012/10/22(月) 19:35:15.11 ID:2ouVCZT70
ネトウヨ討伐しようぜ

88 : ユキヒョウ(神奈川県):2012/10/22(月) 19:35:19.47 ID:nQSHAWaE0
>>49
>>今までなぜか武士が奮戦した資料が隠されていたか、無視されていた

恩賞払えない鎌倉幕府の所為

89 : 茶トラ(山口県):2012/10/22(月) 19:36:34.47 ID:jHWu9/a50
船も朝鮮製だったしな

90 : サビイロネコ(沖縄県):2012/10/22(月) 19:36:51.84 ID:7v3Mut1B0
蒙古軍の上陸地点に地雷を敷設してバリケードで阻まれて立ち往生してたところに機銃掃射だろ
そりゃ勝てないと思うな

91 : ヒョウ(神奈川県):2012/10/22(月) 19:39:03.36 ID:sKetr4AR0
>>90
どんな装備だよ侍
それ1900年ぐらいじゃないと無理だろ

92 : ユキヒョウ(和歌山県):2012/10/22(月) 19:39:38.13 ID:dmKh1rfj0
基本的に日本人はこの四つの島に引きこもってるんだからモンゴル人もわざわざ刺激しに来ないでいいのにな。

93 : (dion軍):2012/10/22(月) 19:40:52.92 ID:fWXUlUur0
>>92
今と同じで内部に不満が溜まり始めて民衆の目を外に向けるためだよw

94 : デボンレックス(東京都):2012/10/22(月) 19:41:03.36 ID:dp2Jx4Kw0
>>92
チョンが煽ったんだよ、元々元朝には日本という島は眼中に無かった

95 : ブリティッシュショートヘア(埼玉県):2012/10/22(月) 19:42:24.14 ID:Z3Jo+yaW0
>>25
うちの学校の先生はそう言うとこまで教えてくれたわ

96 : オリエンタル(東京都):2012/10/22(月) 19:43:57.64 ID:T9FtH6fH0
世界最大最強の軍との戦いってわくわくする

97 : アメリカンカール(愛知県):2012/10/22(月) 19:44:02.79 ID:Jz01hxWg0
元軍の最大の強みであった機動力を
上陸戦ではまったく活かせないのだから負けたのも無理はない

98 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:45:15.27 ID:ZDOvqbyH0
>>84
どうだろうなぁ。文永の役は上陸を終えてから戦闘が始まったし
弘安の役なんて上陸した2日後の陸上戦で海に追い出されてるからな。



99 : ラグドール(関西・東海):2012/10/22(月) 19:46:09.34 ID:1ZN+xDzm0
>>94
元々南宋を屈服させるために
南宋を孤立化させようと先に交易相手でもある日本を元側に組み込もうとしたのが
拒否されて遠征せざるを得なくなった。
つまり手段が目的化してしまった

100 : ハイイロネコ(禿):2012/10/22(月) 19:47:42.61 ID:5oAC6XK70
博多には山笠があるけん負けたったい!

101 : メインクーン(大阪府):2012/10/22(月) 19:49:35.48 ID:8xnn2JDOP
普通に日本を攻めきれずに海に退避してたら台風時期が来てやられちゃったって話

102 : オセロット(やわらか銀行):2012/10/22(月) 19:49:48.08 ID:NnWTBsFN0
フムフム玉を包む皮の先に柱か・・・

103 : しぃ(関東・甲信越):2012/10/22(月) 19:50:32.27 ID:s8eAfhf7O
>>70
カミカゼ来るまで1ヶ月間なにしてたんだよwww

104 : スミロドン(関東・甲信越):2012/10/22(月) 19:53:11.35 ID:QlqO7qK/O
陸続きの国とばっかり戦争してた元としては
ちょっとやってみようかな
くらいの感覚だったかもしれない。
秀吉も、じゃあちょっとやってみようか
だったかもしれない

っていうか
このあたりの日本史はあやしい

105 : クロアシネコ(宮崎県):2012/10/22(月) 19:54:15.37 ID:JmEDdQQu0
>>15
あとは死にぞこないのじじいが鎧を着て、わざわざ自殺としか思えないような
攻撃をしてくるのも元は理解出来なくて、怖かったらしい

鎌倉武士としては
・年寄りが死んだ分の口が減って、家の暮らしが楽になる
・戦死見舞金(恩賞)が期待できて、家の暮らしが楽に成る

という理由だったんだけどね

106 : スペインオオヤマネコ(静岡県):2012/10/22(月) 19:57:26.89 ID:CKojHsEa0
上陸戦って大変なんだぞ!

おまえら環境も衛生面も最悪の船の上で3ヶ月も生活したら
敵と戦うよりも船から降りたことが一番嬉しいだろ。

107 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 19:58:04.44 ID:ZDOvqbyH0
こんなに海上にいたら台風を受けて当たり前。

5月3日、元軍出航。
6月6日、北九州上陸。
6月8日、元軍、海に叩き出される。壱岐島に避難。
6月29日、日本軍、壱岐島攻撃。
7月2日、元軍、壱岐島放棄。
7月上旬、江南軍と東路軍合流
7月27日、元軍東進。鷹島付近で日本軍が元軍襲撃。元軍、進軍停止。
7月30〜8月1日、猛烈な台風。
8月5日、日本軍、残存元軍船殲滅。
8月7日、鷹島に避難していた元軍10万を総攻撃。元軍壊滅。捕虜2,3万。
    南宋人以外のモンゴル人、高麗人、漢人は処刑される。

108 : メインクーン(やわらか銀行):2012/10/22(月) 19:58:40.52 ID:B5sNLTUBP
>>106
慣れていない兵士がうじゃうじゃいたって言う話だから
さぞかしゲロまみれだったんだろうな〜

109 : スミロドン(関東・甲信越):2012/10/22(月) 19:58:47.80 ID:QlqO7qK/O
>>104
だっさ 秀吉何歳だよ
ww

110 : オリエンタル(東京都):2012/10/22(月) 19:59:24.97 ID:tomNhmt80
>>70
あれ武士の発言力を抑えるためのプロパガンダらしいな

111 : (dion軍):2012/10/22(月) 19:59:42.32 ID:fWXUlUur0
>>107
どう考えても日本軍無双だろw

112 : リビアヤマネコ(京都府):2012/10/22(月) 19:59:52.71 ID:vz241dCH0
兵の強さ以前に、あの時代兵站も危うい戦いで元軍に有利な要素なんて皆無じゃない
東南アジアまで出兵させられた日本軍みたいなもんだろ、もう何の為に戦ってるのかも終わりも見えない

113 : メインクーン(やわらか銀行):2012/10/22(月) 19:59:52.75 ID:B5sNLTUBP
>>107
台風に当たらない方が奇跡だなw
これ旧暦で今の季節と一ヵ月ずれてるんだよな?

114 : アメリカンワイヤーヘア(兵庫県):2012/10/22(月) 20:00:27.26 ID:88GSAVdG0
モンゴルって中国にはかなり手こずってたような印象がある

115 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 20:01:42.62 ID:RLs2jwdq0
>>95
良い先生にあたったな
俺は切取り絵見せて最新兵器てつはうで鎌倉武士ボロ負け征服される所を台風で助かったラッキーってな教えだったわ
太平洋戦争でも日本侵略で中国朝鮮人に迷惑かけまくり図書室ではだしのゲンを班で強制読書感想文とか

当時は何にも思わなかったけど今思うと明らかにアレ教師だな

116 : デボンレックス(東日本):2012/10/22(月) 20:04:29.67 ID:HtcnjIfj0
>>115
昭和の認識だったらそれが当たり前だろ
お前こそネットに洗脳されてるだろ
大体、昭和の時代でも壱岐の住民が虐殺されたとか
手の甲に穴を開けて、鎖を通して連行したとかちゃんと教えている
こっちのほうが重要
絵なんか後から書き足したとか、手柄を誇るために苦戦を強いたとか
プロパガンダに使ってんだから

117 : ノルウェージャンフォレストキャット (東京都):2012/10/22(月) 20:05:03.04 ID:t/fi98P+P
勝っても領土を与えられないから大苦戦でしたと大本営発表しないと反乱起こされそうだったからって説あったろ

118 : マンチカン(禿):2012/10/22(月) 20:05:21.14 ID:/iLp6W8S0
>>44
信仰の自由を認めることで宗教団体の協力を得たんだよな。

119 : スペインオオヤマネコ(静岡県):2012/10/22(月) 20:05:42.01 ID:CKojHsEa0
>>115
元寇の記録をチョンの軍勢だから捏造したのかと書くキミもちょっとアレだと思う。

120 : マンチカン(禿):2012/10/22(月) 20:06:12.66 ID:/iLp6W8S0
>>53
それデマだし。

121 : シャム(神奈川県):2012/10/22(月) 20:07:14.65 ID:P6+b9xA30
要約すると上陸できなくて海の上で漂ってたら沈んだっていう戦いだろ

122 : パンパスネコ(大阪府):2012/10/22(月) 20:08:05.69 ID:lB0g3iI70
もともと数と物量で押すだけのアメ公みたいな低能軍隊だからな
マジ過大評価
中東とかがゴミすぎただけ

123 : カナダオオヤマネコ(香港):2012/10/22(月) 20:09:30.76 ID:WYjocOtv0
中国人って環境が変わると欝っぽくなるからな。

>>107
ちなみにこれらは中国の教科書では
モンゴル人の責任になっているww

124 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 20:10:36.09 ID:RLs2jwdq0
>>116
教科書作成した人間や教えてる人間は素人じゃないんだぞ?今ある一次資料が将背後に発見されたとでもいうのか?
お前も大概アレだな
>>119
勿論冗談だが明らかにおかしい以上そういう風に勘ぐられても仕方あるまいよって話な

125 : サーバル(北海道):2012/10/22(月) 20:10:47.96 ID:reGjkFUG0
>>122
まて
アメリカ軍は兵士の数で人海戦術で押すだけの軍隊じゃないよ
少ない人員でも、最新兵器とか使って多数の敵を殲滅する

126 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 20:11:50.53 ID:RLs2jwdq0
昭和以後 ね

127 : ヒョウ(神奈川県):2012/10/22(月) 20:11:51.20 ID:sKetr4AR0
>>125
まあそれはソ連軍とかのほうだな

128 : 白黒(島根県):2012/10/22(月) 20:12:51.57 ID:phP8kfRu0
>>123
世界中に散らばってるからタフかと思ってた
まあ一口に中国人ていってもアレだけ人がいりゃあイロイロか

129 : スペインオオヤマネコ(静岡県):2012/10/22(月) 20:12:54.76 ID:CKojHsEa0
モンゴルは内部の組織構成が拡張に追いつけなかった帝国って印象
知らないけど、イケイケすぎて中核の人材を育ててなかったのかな?

130 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 20:13:49.75 ID:ZDOvqbyH0
>>113
西暦でいうと5月29日〜8月7日だな。

131 : アメリカンショートヘア(大阪府):2012/10/22(月) 20:17:35.87 ID:ZDOvqbyH0
しかし、スレ題の「高校生が「投石機」を復元」については見事に語られていないな。

132 : ギコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/22(月) 20:20:04.51 ID:8o50QkbR0
>>131
>およそ2キロの石を最長で44メートル飛ばすことに成功しました。
だってこれ何の役にも立たないじゃん、弓矢でアウトレンジされるレベル

133 : (dion軍):2012/10/22(月) 20:21:05.01 ID:fWXUlUur0
>>132
高台に設置すれば100m以上

134 : アフリカゴールデンキャット(長野県):2012/10/22(月) 20:22:37.08 ID:tg8IkFRs0
籠城戦で使うんかな

135 : スペインオオヤマネコ(静岡県):2012/10/22(月) 20:25:47.82 ID:CKojHsEa0
>>1の画像を見るまでこんなのを想像してた
ttp://klio.icurus.jp/kck-dic/dic_pics/ka03/ka03-7.jpg
ttp://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/P-CROW/20071126/20071126082448.jpg
どっちも投石機って呼ぶからまぎわらしい

136 : マンクス(中国地方):2012/10/22(月) 20:30:14.78 ID:QQ80+BJW0
まあ当時、元軍って聞けば即逃げ出すような状態なのを
小さい島国の民族が、世界情勢に疎かったとは言え、果敢にも立ち向かってきたのは驚きだったんじゃなかろうか
これだけの兵率いて圧力かければ、降伏すると思ってただろうし

137 : 茶トラ(秋田県):2012/10/22(月) 20:36:08.16 ID:IEEQkSYM0
>>136
日本人が、今でもそうだが怖いもの知らずだったって事か

138 : ジャガー(埼玉県):2012/10/22(月) 20:42:40.83 ID:SAvoLIMC0
諦めんなよ三度目来いよ

139 : 黒トラ(富山県):2012/10/22(月) 20:49:00.51 ID:RnFVliE00
>>23
なんつーか、のちのガンダム水泳部の皆さんだな

140 : アメリカンボブテイル(静岡県):2012/10/22(月) 20:50:19.70 ID:tUGW126h0
昔の日本人は戦闘民族だからな、そこら辺から集められた兵士とは違う

141 : マヌルネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/22(月) 20:50:22.27 ID:v/ny2iqM0
朝鮮人を味方にしたことで勝負は最初から決まっていたのだ

142 : アメリカンボブテイル(四国地方):2012/10/22(月) 20:50:41.93 ID:TkkS3zcB0
装甲悪鬼村正の元寇の場面みたいなエグイことほんとにやってたりするの?

143 : スナネコ(やわらか銀行):2012/10/22(月) 20:59:36.55 ID:VlcJvzTV0
有名な馬上の日本の武士が数人のモンゴル兵に矢を受けて苦戦してるように見える絵があるだろ?

あれは捏造版だよ。 本物はもっと左側に複数の逃げ回ってる兵が書かれてる。

こうやってシナチョン低脳左翼共はごまかすんだよ。

144 : (dion軍):2012/10/22(月) 21:03:21.23 ID:fWXUlUur0
>>143
これか
ttp://blogs.yahoo.co.jp/sa341gazelle/2953448.html

145 : デボンレックス(東日本):2012/10/22(月) 21:06:10.48 ID:HtcnjIfj0
>ところが、驚くことにこの3人の蒙古兵は、後世に加筆されたもので資料的価値はまったく無いのです。

資料的価値はまったく無いのです。
資料的価値はまったく無いのです。
資料的価値はまったく無いのです。

ちゃんと載せてないからおかしいんだ!って言ってる連中のほうがおかしいって
言ってる意味わかった?

146 : メインクーン(dion軍):2012/10/22(月) 21:08:11.84 ID:jna6WNIUP
>>137
江戸初期と中期じゃもうかなり雰囲気が違ったっていうからどうだろうね
初期はまだ戦国の名残が強くてものすごい殺伐としてたらしい

147 : ボブキャット(千葉県):2012/10/22(月) 21:08:21.02 ID:lAoANjYy0
アシカ作戦も図上演習で失敗することが分かったから
中止したんだっけ
圧倒的な戦力差が無いと上陸戦は難しいな

148 : (和歌山県):2012/10/22(月) 21:10:10.64 ID:qQgIjBtY0
>>147
元々攻める気も能力もなかった

149 : 茶トラ(秋田県):2012/10/22(月) 21:11:58.50 ID:IEEQkSYM0
所で鎌倉幕府も朝鮮に攻め込もうとしてなかったっけ?

150 : メインクーン(dion軍):2012/10/22(月) 21:14:11.04 ID:jna6WNIUP
>>148
さらにその前に伍長閣下の出した条件が無理ゲー過ぎた

151 : スナネコ(やわらか銀行):2012/10/22(月) 21:14:33.15 ID:VlcJvzTV0
>>145

だったら教科書なんかに都合よく切り取って洗脳に使うなや。

ボンクラ左翼日教共産低脳左翼!!

152 : ボブキャット(愛知県):2012/10/22(月) 21:15:04.20 ID:8NMjRp2V0 ?2BP(0)

昔、両親が層化で、

俺は座談会とかいう会合に無理やり連れて行かれた。

層化の連中によると、元寇の件は日蓮の法力だそうだw



153 : ジャパニーズボブテイル(埼玉県):2012/10/22(月) 21:16:08.80 ID:aGqBExhA0
現行犯逮捕されたわけだな

154 : ぬこ(茨城県):2012/10/22(月) 21:18:25.53 ID:IENb24EH0
何でもありとかやっちゃうからこっちも「・・・キレちまったぜ・・・」ってなったんだと思う
逆に一緒に一緒にやあやあ我こそはってやってりゃもしかして向こうのが強かったかも

155 : 黒トラ(富山県):2012/10/22(月) 21:20:49.17 ID:RnFVliE00
>>154
「なに言ってんのかわかんねーよ日本語で言えやコラ」→バッサリ

156 : ノルウェージャンフォレストキャット (兵庫県):2012/10/22(月) 21:21:55.30 ID:Jv0S5UcZ0
博多ら辺落とされたけど兵站が十分でない元軍を兵糧攻めして弱ったところを乗り込んでってブチ殺しまくったって2chで見た

157 : ラグドール(九州地方):2012/10/22(月) 21:24:28.31 ID:/M6NjVN30
>>14
ぶっちゃけそれ戦後教育だぞ

158 : 猫又(関東・甲信越):2012/10/22(月) 21:26:04.31 ID:brmJta3YO
実際船上で高句麗の反乱が凄まじかったらしいね

159 : ライオン(新潟県):2012/10/22(月) 21:26:48.10 ID:ASmdUl0H0
元寇時代のものと見られる船が海底で見つかったけど、
どうやら奴隷船だったらしいね。
無理やり日本に送り込まれて戦う気なんて更々なかったんだろうな。

160 : マンチカン(禿):2012/10/22(月) 21:28:27.30 ID:/iLp6W8S0
>>152
親鸞会乙

161 : スコティッシュフォールド(千葉県):2012/10/22(月) 21:28:39.23 ID:UB1xL7Qw0
             兵力   機動力   攻撃力  防御力
鎌倉武士       B     C      A      A
元・高句麗連合軍  A     S      B      C

162 : アメリカンボブテイル(東日本):2012/10/22(月) 21:31:36.52 ID:p1o/oSIH0
場所が悪いよな
修羅の国だもの

163 : キジトラ(内モンゴル自治区):2012/10/22(月) 21:31:56.20 ID:Gq5o4KHyO
キッチリ皆殺しにして首塚の下に埋めました。壱岐対馬は被害が甚大だったのでシナや半島を復讐で荒らし回ったのが倭寇です。

164 : ターキッシュバン(山梨県):2012/10/22(月) 21:34:00.74 ID:TYpslOWy0
橋頭堡作らせなかった武士団は凄いよな

165 : ボブキャット(千葉県):2012/10/22(月) 21:37:12.91 ID:lAoANjYy0
>>148>>150
ビッグベンにハーケンクロイツがひるがえるところを見…
いえ、なんでもありません!


166 : オリエンタル(兵庫県):2012/10/22(月) 21:37:16.89 ID:JqCjZ+nS0
現在の日本人に、モンゴル人の血が残らなかったってのが凄いと思う
上陸してきたモンゴル人を徹底的に根絶やしにしたってことだからな

167 : ぬこ(茨城県):2012/10/22(月) 21:37:34.68 ID:IENb24EH0
やっぱ九州侍って当時の日本でも強かったのかな
関東侍って元寇ぜんぜん戦わなかったんでしょ?

168 : スコティッシュフォールド(千葉県):2012/10/22(月) 21:39:08.84 ID:UB1xL7Qw0
モンゴル軍に得意の機動戦術をやらせなくて
局地戦に持ち込んだ武士の勝ち

一対一なら紙装甲のモンゴル兵なんかカカシだから

169 : ピクシーボブ(東京都):2012/10/22(月) 21:39:56.80 ID:cpnvLIwU0
朝鮮人を味方にしたからだろ。

170 : (東京都):2012/10/22(月) 21:44:11.09 ID:EYdoOrI90
マジレスすると元軍は兵站に難があったと思われる

171 : ノルウェージャンフォレストキャット (新潟県):2012/10/22(月) 21:45:17.03 ID:R+P3z3xwP
昔の日本人ってまるでサイヤ人だな。。

172 : ピクシーボブ(東京都):2012/10/22(月) 21:46:51.21 ID:cpnvLIwU0
>>168
そもそも馬連れて来てたの?

173 : パンパスネコ(熊本県):2012/10/22(月) 21:50:55.41 ID:OttOOeqk0
てつはう(笑)
元寇と聞いて蒙古襲来絵巻の絵が思い浮かぶ奴はおっさん

174 : アメリカンボブテイル(東日本):2012/10/22(月) 21:51:04.02 ID:p1o/oSIH0
【修羅の国】「標章貼ってると、次はお前の番だぞ」脅迫電話続く
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1350898004/


175 : デボンレックス(東日本):2012/10/22(月) 21:53:01.90 ID:HtcnjIfj0
>>166
捕虜は全員殺して、南宋人は手厚く保護して返してやったらしい

176 : スフィンクス(東京都):2012/10/22(月) 21:54:28.73 ID:hUCnxcra0
てつはうとは何だったのか

177 : 茶トラ(秋田県):2012/10/22(月) 21:55:27.44 ID:IEEQkSYM0
>>175
三万人のモンゴル人、朝鮮人、漢人の首を跳ねたんだろ
凄いな

178 : カラカル(関西・北陸):2012/10/22(月) 21:57:31.56 ID:mv7YLrj2O
滅びますぞ!!

179 : ラグドール(九州地方):2012/10/22(月) 21:59:39.34 ID:/M6NjVN30
>>162
そうきたか

180 : ラグドール(九州地方):2012/10/22(月) 22:01:58.36 ID:/M6NjVN30
>>172
船に居たが、結局食ったんじゃねぇか?長期戦となりゃ上陸出来なきゃ馬は意味ない
飯にするしかない

181 : ギコ(内モンゴル自治区):2012/10/22(月) 22:09:21.64 ID:Rre75ME1O
鷹島の対岸の御厨港の辺りって元寇の時の首塚がいくつもあるよな

182 : バーミーズ(栃木県):2012/10/22(月) 22:11:56.80 ID:YhqOPbb30
>>171
元寇はドラゴンボールに例えるなら、サイヤ人襲来をなぞっているみたいで燃える

誰か漫画化してくれよ。

183 : ギコ(関東・甲信越):2012/10/22(月) 22:12:14.11 ID:p0jFv5V2O
ジンギスカンは義経

184 : ベンガル(家):2012/10/22(月) 22:12:40.19 ID:Lyl7O2Xf0
大野城か大宰府まで進軍したんじゃなかったけ?

185 : 黒トラ(富山県):2012/10/22(月) 22:16:43.95 ID:RnFVliE00
>>184
敵さんはどんな気分だったんだろな
ベトナム戦でジャングルに進軍するアメ兵みたいな気分だったんかな

186 : トラ(東京都):2012/10/22(月) 22:16:44.15 ID:/c/JCaAb0
鎌倉時代の日本刀はキチガイみたいにな切れ味だったらしいな。
蒙古兵の片手持ちの盾・鎧・鎖帷子・肉・骨を纏めて両手持ちの日本刀で一瞬で切断。
身体がふたつがに分かれて即死。蒙古兵は恐怖で身動きが取れず惨敗したと言う。

187 : ノルウェージャンフォレストキャット (やわらか銀行):2012/10/22(月) 22:23:29.58 ID:eqhU6VAPP
お得意の馬が使えないんだから
大分戦力ダウンでしょう

188 : アジアゴールデンキャット(三重県):2012/10/22(月) 22:23:53.27 ID:cD3GoGO50
これって
戦前は日本は神の国ということにしたいから神風のおかげって事になって
戦後は日本は弱い国といくことにしたいから台風のおかげって事になったらしいな

189 : コドコド(東京都):2012/10/22(月) 22:24:15.14 ID:MK4KPTAo0
日本の地形は平野は水田、あとは樹や雑草が茂った山岳地帯・・・
そもそも、騎兵の集中運用は難しかったろうな

190 : デボンレックス(埼玉県):2012/10/22(月) 22:27:10.94 ID:hsOCzR540
メイン朝鮮人だったんだろ?
船作ったのも

191 : キジトラ(千葉県):2012/10/22(月) 22:27:58.83 ID:PQ2xUx420 ?2BP(0)

まああの法則なんだけどな

192 : シンガプーラ(東日本):2012/10/22(月) 22:29:15.43 ID:OeoiBkoE0
元軍を斬りまくってる鎌倉武士は間違いなくアヘ顔。

193 : ジャングルキャット(岐阜県):2012/10/22(月) 22:29:41.55 ID:mjRRWm3Q0
>>180
馬の餌は?
大量の青草が必要だが船上では無理なので干し草になるがそれだと更に大量の
水を与えないと馬は便秘になってしまうので馬は連れていないと思う。

194 : バーミーズ(やわらか銀行):2012/10/22(月) 22:33:40.84 ID:45ey7LHF0
日本は武士は教育を受けているから強いけど
一般兵は何もしらない村人だからなあ

195 : ジャングルキャット(東日本):2012/10/22(月) 22:40:05.02 ID:A7VyX/Wy0
>>193
文永の役で蒙古側が馬を博多周辺の戦場で使用したことは『八幡愚童訓』や『蒙古襲来絵詞』にも描写されており、
『高麗史』にも高麗南部に遠征に用いる軍馬のための糧抹を配給する奥魯が設置されていた事からも、軍馬が舶載され海上を渡航したことは間違いないが、
文永の役や弘安の役で、テュルク・モンゴル的な騎馬兵の部隊がどれだけ派遣されたかについては不明な点が多い。

196 : サイベリアン(岡山県):2012/10/22(月) 22:51:35.10 ID:xSpJ2nkG0
対馬の復讐するために高麗兵はみな死刑にしたらしいな
元軍の主力は高麗軍

197 : ボンベイ(東京都):2012/10/22(月) 22:52:44.32 ID:vXO4wmhc0
元寇ではがんばったけど、朝鮮出兵では醜態をさらしたけどな(笑)


198 : サイベリアン(岡山県):2012/10/22(月) 22:55:32.70 ID:xSpJ2nkG0
>>197
朝鮮出兵でも別に負けてないだろ
日本の武将が勝手に講和して撤退しただけ
一ヶ月くらいでソウルは占領されてるし

199 : コドコド(東京都):2012/10/22(月) 22:58:45.27 ID:MK4KPTAo0
>>194
まあ、その一般村人が作った防塁が二度目の侵攻では大いに役に立ったわけで

200 : カラカル(長野県):2012/10/22(月) 23:00:38.90 ID:/anuwmoC0
いや撤兵は秀吉の遺言だし。

201 : キジ白(熊本県):2012/10/22(月) 23:09:15.36 ID:hnSiZ/p30
向こうの文献にはいろいろ残ってておもしろいよね

奇声とともに飛び込んできて
一瞬で3〜4人切り殺されてマジキチ
サムライ超怖い

みたいなのあった

202 : オリエンタル(東京都):2012/10/22(月) 23:12:52.33 ID:tomNhmt80
>>188
そんなことを言うのは低能かバカかしかいない

203 : スノーシュー(家):2012/10/22(月) 23:22:07.07 ID:u0tIrALD0
>>67
匿名で戦う上に負けたにも関わらずホームでは大勝利宣言
・・・ν速民に通じるものがあるな

204 : ジャングルキャット(岐阜県):2012/10/22(月) 23:23:46.89 ID:mjRRWm3Q0
>>195
騎馬軍団を編成できる程乗せられるとは思えないし乗せても健康状態に問題が
発生したと思います。

205 : ボンベイ(東京都):2012/10/22(月) 23:30:11.13 ID:vXO4wmhc0
>>198
はー、負けてないって!
明国を征服するために20万もの兵力で出兵しておいて
明国内に入ることもできずに撤退したのに。

206 : エキゾチックショートヘア(島根県):2012/10/22(月) 23:34:25.20 ID:U7Y3Naap0
依頼を受けたのは先生
作ったのも先生

207 : ツシマヤマネコ(やわらか銀行):2012/10/22(月) 23:38:09.30 ID:S9pwiyCB0
あの石垣みたいなのもよく作ったもんだよな

208 : ボンベイ(大阪府):2012/10/22(月) 23:40:12.22 ID:fWOl6EBG0 ?2BP(1390)

日本は修羅の国

209 : アフリカゴールデンキャット(東日本):2012/10/22(月) 23:42:08.90 ID:RLs2jwdq0
>>198
残念ながら負けだろ戦略目標を達成してないんだから


210 : マレーヤマネコ(東日本):2012/10/22(月) 23:45:23.40 ID:ofTfMy8B0
モンゴル人のライフスタイルは、文明の進んだ中国と違っていた。
後世に書かれた中国の年代記には、彼らが野蛮な民族として描かれている。
めったに体を洗わず、洗うとしても小便で洗い、ただ略奪と殺戮の術だけを心得ていたというのだ。

彼らはまず、退却すると見せかけて小部隊を谷底に残していく。中国の武将はこの囮を見逃すわけにはいかず、攻撃する。
と、そこへ四方の山頂からモンゴルの軍団が一気に駆け下り、中国軍に襲い掛かる。
雨あられと矢を射かけ、雄叫びをあげ、剣で斬りつける。モンゴル人とその馬の強烈なにおいに、中国人はショックを受けた。
あっという間に勝敗が決まり、そのあとには残酷極まる殺戮が繰り広げられた。

しかしついにこの巨大な帝国も崩壊するときがやって来る。ローマ帝国と同様、モンゴルの領土も広がり過ぎたのだ。
また、モンゴル人は勝者にありがちな致命的な過ちを犯した。被征服民に同化して、自分たちの習慣を捨ててしまったのだ。
もはや戦いや虐殺を好まなくなり、軍馬の訓練も怠るようになった。略奪した絹の衣服に身を包み、石鹸と水で体を洗うことも覚えた。
戦闘技術は錆び付き、パレスチナではエジプトに敗北を喫した。イランからメソポタミアにかけての領土も失った。
日本への侵攻も不調に終わり、東南アジア遠征にも失敗した。
ロシアではモスクワ大公が反旗を翻し、モンゴル軍を打ち破った。モンゴル人の輝かしい日々は終わったのだった。
 『人間ものがたり』 ジェイムズC.デイヴィス


211 : スミロドン(静岡県):2012/10/22(月) 23:55:45.60 ID:ZXiIm2Gg0
>>90
わろたw
武士強すぎだろw

212 : しぃ(福岡県):2012/10/23(火) 00:03:12.81 ID:QolMNXTf0
>>210
>めったに体を洗わず、洗うとしても小便で洗い、ただ略奪と殺戮の術だけを心得ていたというのだ。

その残滓が彼の国の人たちか


213 : ソマリ(四国地方):2012/10/23(火) 00:04:19.02 ID:63/P5MPO0
>>210
しっこで体洗うってなんでこんな土人丸出しの連中が文明の進んだ国々を
ピンチに追い込むことができたんだよ
ていうかなんで遊牧民とかってどの地域でも強いんだよどうやって戦いの
技術学んでるんだ

214 : トラ(dion軍):2012/10/23(火) 00:09:29.89 ID:uX0meHn70
陳興道最強伝説(・∀・)

215 : スミロドン(やわらか銀行):2012/10/23(火) 00:10:04.68 ID:bME/Wops0
侍こわっ
言葉も通じないから容赦とかなさそう

216 : 猫又(静岡県):2012/10/23(火) 00:11:35.60 ID:JD0WdlvJ0
>>213
騎馬っていうのは、元来、強力だけどなかなか揃えられない。
昔は一部の貴族だけとか、そんなん。
その騎馬が、圧倒的な数そして練度も高いとなれば…
圧倒的な騎馬戦力と、それに加えて毒弓を雨の様に降らせられたら大体どこも勝てないだろ。
日本みたいに水際で相手の利を活かせない状態ならなんとかなるだろうけど

217 : アメリカンボブテイル(大阪府):2012/10/23(火) 00:27:12.79 ID:L12cTbKt0
全く

218 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 00:31:06.13 ID:BKXxG6Ld0
そもそも、モンゴル軍なんて日本人の方から海を渡って大陸で戦っても楽勝できる連中。
渡海作戦だとか関係なく単純に日本軍の方がモンゴル軍よりも強い。

日本側の史料:『太平記』
「結局此賊徒数千艘の船をそろえて、元朝高麗の津々泊々に押寄せて明州福州の財宝を奪い取り、
官舎寺院を焼き払いける間、元朝三韓の吏民是を防ぎかねて、浦近き国々数十箇国皆栖む人々もなく
荒れにけり。
(中略)
賊徒の異国を犯奪事は、皆四国・九州の海賊共がする所なれば、帝都より厳罰を加るに拠なし」

モンゴル帝国側の史料:『論倭』
「今の倭奴は昔の倭奴とは同じではない。むかしは「至弱」と雖も、なお敢えて中国の兵を拒まんとする。
いわんや今は険を恃んで、その強さはまさにむかしの十倍に当たる。さきに慶元より航海して来り、
艨艟数千、戈矛剣戟、畢く具えている。(中略)その重貨を出し、公然と貿易する。その欲望を満たさなければ、
城郭を燔?して居民を略奪する。海道の兵は、猝かに対応できない。」

219 : ユキヒョウ(東京都):2012/10/23(火) 00:31:37.40 ID:GXeu7FvV0
>>186
日本刀でも太刀の部類だからな。
刃の厚みが違う上に、中には現代で云う合金みたいな刀があって
今では完全なロストテクノロジー。

220 : ユキヒョウ(東京都):2012/10/23(火) 00:34:35.24 ID:GXeu7FvV0
>>205
残念ながら、明は秀吉の朝鮮出兵での援軍にかかる費用の増大で財政が逼迫し
滅びた。目的は達成したわけだな。

221 : アメリカンボブテイル(大阪府):2012/10/23(火) 00:35:38.66 ID:L12cTbKt0
鎌倉武士は蒙古軍に対して相当な自信を持っていたことは間違いない。
文永の役の後、日本は第一次高麗征伐計画を考えているし、弘安の役の後も
第二次高麗征伐計画を考えている。

文永の役は100%陸上戦だったし、弘安の役にしても海の中道を舞台に陸上戦を
展開して元軍を破ってる。日本側の認識ではこれと言って蒙古軍の陸上戦術を
これと言って畏れてはいないんだな。

実際に日本で倭寇になった武士とかが元の沿岸から内陸部に侵攻して城を燃やしたり
海防の兵や住民を殺戮して元を苦しめてる。

222 : コーニッシュレック(東京都):2012/10/23(火) 00:45:53.60 ID:RwitHw2D0
>>209
文禄の役は確かにそうだが、慶長の役ではそれなりに達成はしているのでは?

223 : スミロドン(和歌山県):2012/10/23(火) 00:47:23.56 ID:+7Dbu49m0
支那の恐ろしいのは入ってきた異民族をすべて支那化してしまうところ。
もし秀吉の明征服が成功していたら今の世に日本人はいなかっただろう

224 : ジャパニーズボブテイル(福岡県):2012/10/23(火) 00:54:49.49 ID:6Hxc8msd0
単純な理由
福岡県民が優秀すぎたそれだけのこと

225 : コーニッシュレック(兵庫県):2012/10/23(火) 00:56:18.22 ID:gM24Qxr40
福岡県民は世界最強の戦闘民族ウゥゥゥ!

226 : ジャパニーズボブテイル(岡山県):2012/10/23(火) 00:57:19.45 ID:mn+u7oTp0
>>205
小西か加藤かどっちkは忘れたが渤海のあたりまで進軍してるぞ。
ウィキにはそう書いてある
ッ知ったかすんな

227 : バーミーズ(家):2012/10/23(火) 01:05:37.61 ID:OB1nL7Vf0
>>10
モンゴル騎兵
はい論破

228 : シャム(チベット自治区):2012/10/23(火) 01:09:44.85 ID:UHf8OdiD0
北条氏が動員兵力を確保してた時点で勝ちは決まってた
実質九州武士だけで片がついたしな
九州すら占拠できないようじゃ無理
まあ日本が強いというよりモンゴルが海に馴れてなかったのが原因だと思うけど

229 : ジョフロイネコ(東京都):2012/10/23(火) 01:15:13.42 ID:Etvz1CV60
あっち補給線伸びきってるだろ メシは現地調達の腹積もりかよ
間違いないのは元の船は相当クサイ 真の敗因は臭気によるゲロだろ

230 : マンクス(東京都):2012/10/23(火) 01:21:05.93 ID:RLjj52wm0
>>218
>そもそも、モンゴル軍なんて日本人の方から海を渡って大陸で戦っても楽勝できる連中。
>渡海作戦だとか関係なく単純に日本軍の方がモンゴル軍よりも強い。
朝鮮出兵に失敗したのに(笑)

231 : オセロット(岡山県):2012/10/23(火) 01:24:46.97 ID:FpcowI440
赤マフラー涙目

232 : コーニッシュレック(東京都):2012/10/23(火) 01:29:06.27 ID:RwitHw2D0
>>230
その朝鮮出兵で大陸で戦って楽勝で連勝したからそう言っているんじゃないの?

233 : ピクシーボブ(チベット自治区):2012/10/23(火) 01:31:54.33 ID:bpwNxtNs0
グーグルアースで見れば分かるが日本列島は山岳地帯だらけで騎馬民族はまともに戦えない。
上陸したって勝てなかったよ。海戦&上陸戦&山岳戦なんて超マイナス効果の地形に突っ込んできたやつらがバカすぎた。

234 : ハバナブラウン(東京都):2012/10/23(火) 01:36:31.47 ID:34lek/dz0
カミカゼ台風♪

235 : マンクス(東京都):2012/10/23(火) 01:36:43.11 ID:RLjj52wm0
>>232
>その朝鮮出兵で大陸で戦って楽勝で連勝したからそう言っているんじゃないの?
20万もの兵力を投入して明国に攻め込むことさえできなかった武士風情に
幻想をいだくなよ。
朝鮮義兵に苦戦して、明軍5万の襲来によりゲームオーバーした文禄の役の
どこに楽勝で連想したなんて状況があるんだよ。



236 : ユキヒョウ(東京都):2012/10/23(火) 01:37:10.51 ID:GXeu7FvV0
>>233
カトリック宣教師が本国に、日本の植民地化は不可能って報告するくらいだからな

237 : ハバナブラウン(東京都):2012/10/23(火) 01:38:29.93 ID:34lek/dz0
>>157
ゆとり♪

238 : (関東・甲信越):2012/10/23(火) 01:40:29.87 ID:opZX3mncO
>>235
皇帝不在で強固な中央集権体制なく
作戦も糞もなく個々勝手バラバラに攻め込んでたんだから
健闘した方だろ。


239 : マンクス(秋田県):2012/10/23(火) 01:41:56.53 ID:SfgO7m6X0
焦土作戦採られると辛いな。兵站弱いからなー


240 : ジャガーネコ(熊本県):2012/10/23(火) 01:44:17.07 ID:4wpffO6O0
>>238
ちょっと遊んでこいよ的なノリだよなw
ボシタ祭り楽しいです

241 : シャルトリュー(東京都):2012/10/23(火) 01:46:42.61 ID:nsNaFDie0
朝鮮兵が突撃させられてたんだろ?ざまぁないね
倭寇には略奪されるしw

242 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 01:48:40.08 ID:BKXxG6Ld0
>>235
明史には明軍の戦死者は数十万人って書いてあるじゃん
楽勝で連勝が事実だよ

243 : シンガプーラ(大阪府):2012/10/23(火) 01:52:06.51 ID:mYKh/7lq0
>>53
そもそも、日蓮正宗の信徒団体であるのに、日蓮宗の清澄寺には行かないし、
行ったとしても大事な用事なんだから聖教新聞に載るはずなにの載ってない、また月日をごまかしているのはデマの証拠。
また、教義的に生まれ変わりとかを自覚できる超能力は否定しているよ。
正法、像法時代の聖人ならともかく、末法の衆生はそんなものないし、凡夫即極の教義から行ってそんな能力を持つ必要はない。

244 : コーニッシュレック(東京都):2012/10/23(火) 01:58:09.33 ID:RwitHw2D0
>>235
義兵ってのは現地ゲリラという認識でいいんだよな?
ゲームオーバーが何を指しているのかは分からないが講和のこと?
少なくとも、ゲリラの抵抗で目立ったものはなかったはずだが

245 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 01:59:56.98 ID:+2R/gD1C0
>>15
モンゴルは海戦、船戦で結構苦杯をなめてるんだよな。
曹操が赤壁で苦杯をなめたのを思い出す。
陳興道のゲリラ戦とかも面白いよ。
元の侵略を3度にわたってしりぞけ、特に最後の白藤江の戦いでの
潮の満ち引きによる杭の罠の奇策→支流におびきよせ→干潮で動けなくなったところを
軽船で襲撃し火計で大逆転するところはクライマックス。
誰か筆力のある歴史小説家がネタにしてくれないかなぁ。

>>214 いいよね。

246 : サイベリアン(千葉県):2012/10/23(火) 02:00:21.89 ID:AIxM5FjP0
>>167
千葉頼胤

247 : カラカル(石川県):2012/10/23(火) 02:04:54.38 ID:kg7bmOBc0
>>238
楽勝とは思わんけど、その後の明の没落振り見ると、致命傷だったんだろなー。

248 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 02:15:10.25 ID:BKXxG6Ld0
>>245
モンゴルの第一次ベトナム侵攻でベトナムは首都を占領破壊された挙句に属国化してるのに
何でしりぞけたことになってるの?

249 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 02:26:09.44 ID:+2R/gD1C0
>>248
まだ陳興道は地方の一将軍だったからな。それでもその陳興道の軍は負けずに抵抗を続けていたし、
撤退するモンゴル軍をボコボコにしてるよ。ナポレオンのモスクワ戦みたいなもんだろう。

250 : アメリカンボブテイル(長屋):2012/10/23(火) 02:31:12.09 ID:y1hZeuCB0
>>233
モンゴル軍もちゃんとグーグルアース見てから仕掛けるべきだったな

251 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 02:51:36.99 ID:4yvEgKpU0
逆に大陸で戦えば武士はモンゴル騎兵に負けるだろうな
ヨーロッパの騎士がフルボッコにされたみたいに

252 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 02:56:58.14 ID:BKXxG6Ld0
>>249
陳興道にボコボコにされたはずのモンゴル軍は翌年何ごともなかったかのようにベトナム領内を通過して
南宋に侵攻してるんだけど。
ナポレオンのモスクワ戦とは全然違うじゃん。

253 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 03:07:01.78 ID:+2R/gD1C0
>>252
それは講和したからだよ。もともと陳朝の国力は大したことなかったから、
どこで落としどころをつけるかの戦いだった。国内には非戦派もいた。
追撃戦をしたのも講和条件を有利にするための駆け引きの一環。
まぁ退けたってのは言い過ぎだったね。1戦目は何とか滅ぼされずに済んだって感じの戦いだったから。

254 : マーゲイ(東日本):2012/10/23(火) 03:07:02.51 ID:JQik/h0/0
朝鮮兵捕虜は処刑したが、南宋兵は解放した。
今も昔も朝鮮は鬼畜。

255 : ジャガー(鹿児島県):2012/10/23(火) 03:33:27.63 ID:I5yBGLA+0
モンゴルが恐ろしいのは、捕虜を戦いに駆り出すこと。

・例えば、城壁の堀に捕虜を突き落として土嚢がわりにしちゃう。
・槍だけ持たせて囮にしちゃう。
・捕虜百人を虐殺する所を捕虜に見せてから放つ。そうすれば、噂をきいた他の町も降伏する。
・暇つぶしに矢で射る。


256 : カナダオオヤマネコ(北海道):2012/10/23(火) 03:37:40.78 ID:nQOlLYCq0
>>186
>蒙古兵の片手持ちの盾・鎧・鎖帷子・肉・骨を纏めて両手持ちの日本刀で一瞬で切断

さすがに、それは無理じゃね?

257 : サーバル(禿):2012/10/23(火) 03:40:28.53 ID:N10NPS7+i
>>256
モンゴル兵は馬上で戦うから
防具はマジで紙装甲

258 : スコティッシュフォールド(東京都):2012/10/23(火) 04:20:01.46 ID:pyrHVWXD0
マジレスすると食糧が尽きてた


259 : セルカークレックス(長野県):2012/10/23(火) 04:21:05.90 ID:vEuSen6q0
上陸に失敗して海上をさまよい、挙句に船を失い皆殺しにされた元軍。
上陸にあっさり成功し橋頭堡をがっちり確保して明軍の反撃をことごとく撃退した秀吉軍。
どこで差がついたのか。慢心、環境の違い。

260 : ユキヒョウ(埼玉県):2012/10/23(火) 04:27:46.99 ID:m5J0fPGZ0
元に占領されて、「今日からお前、元の兵士な、日本行ってこい」っつって船ではるばる日本まで来てまともに戦えるわけない。

261 : ジャパニーズボブテイル(北海道):2012/10/23(火) 04:28:55.62 ID:pzsEP01T0
日本の技術は昔から凄いな。

262 : スナドリネコ(長野県):2012/10/23(火) 07:21:34.51 ID:httMUWbQ0
高校で軍歌の「元寇」覚えさせられたなぁ。
今でも歌える。懐かしい。

263 : アメリカンボブテイル(大阪府):2012/10/23(火) 07:31:05.10 ID:L12cTbKt0
>>258
マジレスすると、兵糧が尽きたのは東路軍。
なぜ、兵糧が尽きたかというと、武士団に海に叩き落とされて、
兵糧の現地調達ができなかったから。

>>250
まず、元軍は山岳戦云々なんて段階まで攻め込めてこれていない。
文永では、上陸してから百道原などの平地で戦われたし、弘安の役も
海の中道の砂州での陸上戦で敗北して海に逃げていった。
海上戦が行われたから、元軍が不利だったのではなくて
陸上戦で敗北したから海戦をせざるを得なくなった。

浜辺で待ち受ける武士団の矢嵐の中、元軍上陸なんていう
プライベートライアンのような上陸戦は元寇では一度も
なかった。

264 : クロアシネコ(やわらか銀行):2012/10/23(火) 09:57:26.39 ID:x3xiFh5Z0
チョンマゲの力を身に染み込ませて

265 : ヤマネコ(神奈川県):2012/10/23(火) 11:03:14.93 ID:UVKsKz+80
今の時代はちょんまげすると逮捕されるからな

266 : ターキッシュアンゴラ(石川県):2012/10/23(火) 11:05:59.07 ID:jt9raWtl0
すべてがうそ臭い
神風ということにして真実は隠されてる感が
ぷんぷんする

267 : ラ・パーマ(関東・甲信越):2012/10/23(火) 11:15:40.63 ID:ddkHvrEv0
まぁ鎌倉幕府も徳政令なんて出すことになって崩壊したが

268 : ライオン(茸):2012/10/23(火) 15:10:42.11 ID:5Da1ZOgV0
マングダイは最強ユニットだが実際に来たのはチョン兵なんだろ
余裕で勝つはwww

269 : ヤマネコ(神奈川県):2012/10/23(火) 15:14:47.58 ID:UVKsKz+80
朝青龍とか弱すぎ

270 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 15:48:39.61 ID:BKXxG6Ld0
>>251
いや、大陸で戦っても武士がモンゴル軍に勝つ。
モンゴル軍は日本から海を渡って大陸を襲撃する倭寇に歯が立たなかった。

271 : ハバナブラウン(東京都):2012/10/23(火) 15:58:46.19 ID:WWEp+v/Q0
モンゴルは海に慣れてないから全員船酔いで死にそうだったんだろ

272 : アメリカンワイヤーヘア(四国地方):2012/10/23(火) 16:01:11.34 ID:aDzQ6FSU0
学研の年号覚え
「一人船酔い1274 文永の役」

273 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 16:09:01.92 ID:DASTiYSE0
短頭の民族(アジア系)は、空間把握能力で、白人・黒人に劣る、これ豆知識な。

短頭の民族(アジア系)は車の運転が下手として知られてる。
ハリウッド映画ではアジア女性の運転下手は揶揄されてる。
白人女性は運転はへただが、とくにアジア系女性は輪をかけて酷いらしい。
これは女の脳が空間把握する部分が足りないためだ。

アジアの農耕民族は、狩猟を必要としなかったために短頭化が促進され
白人・黒人は狩猟生活が長かったために視覚を司る後頭葉の拡大がすすんだ。
短頭のスラブ民族(スキタイ人)も農耕民族である。

関東武士は長頭で、その後頭部つまり後頭葉は視覚を司る部分らしい。
空間把握能力に長けていた結果、弓や射撃の名人、騎馬や剣術の達人が多かった。
弓の達人といえば那須与一、剣術の達人といえば新選組の局長・組長クラスが有名だな。
長頭の白人・黒人や狩猟民族アイヌは武勇に優れていた。

由比ガ浜だったですか、鎌倉時代の大量の関東武士の骨が出てきて
学者が調べると、現代日本人と頭骨が著しく異なることがわかりました。
つまり、現代人が中頭〜短頭なのに、これらの武士は長頭だったのです。

つまり短頭の人は車の運転がへた。

顔がブサイクの上に車の運転がへたなんて、つくづく気の毒な人種だな。

頭型
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E5%9E%8B

長頭・短頭ってのを説明してくれ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1131264218/l50


274 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 16:10:14.37 ID:DASTiYSE0
              ,,. -─- 、.._
            ,.‐'        `‐、
          /           ヽ
             l                `;
          l                   i
           l              i
           l                 i
          i   ヘ     '"゛_``,‐ノ
             i   ! ぃ、      ;_〈:),〈
          i   `''¬        ヽ
             i     |        __)
             i     '、     __(
             i     \    ' ̄)
          i         ヽ,___/
           /          |
        日本人の短頭型(絶壁頭)


275 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 16:11:39.81 ID:DASTiYSE0
           ,,. ―──- 、.._
        ,. ‐'           `‐ 、
       /                \
      /                 ヽ
     |                     l
     l                   l
      l                     i
      i      ヘ.    '"゛_``,,`'‐ノ
       i      ! ぃ、     ;_〈:),, 〈
       ヽ    `''¬         \
        `,      |         ,-'´
         i      '、      __/
          i       \.   ' ̄〕
            i           \___)
         /          |
         関東武士・白人の長頭型


276 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 16:12:51.37 ID:DASTiYSE0
弓射儀礼(歩射)の成績(『中右記』、『吾妻鏡』)
          回数 命中 命中率 射手数
1096年(京都) 140  11  7.9(%)  14  最高成績:源明国(多田源氏) 40%
1260年(鎌倉) 240  181 75.4(%)  12


277 : ハバナブラウン(東京都):2012/10/23(火) 16:13:43.68 ID:WWEp+v/Q0
朝鮮人と関西人は短頭
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/images/7722a.gif

278 : セルカークレックス(長野県):2012/10/23(火) 16:14:52.88 ID:vEuSen6q0
>>276
武士の鍛錬すげぇw

279 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 16:15:16.60 ID:4yvEgKpU0
>>270
倭寇なんか内陸まで攻めてないじゃん
得意の沿岸沿いで戦っただけでしょ?

ユーラシアの大平原で機動力に劣る武士が
モンゴル兵にどうやって勝つんだよwwwww

現にヨーロッパの重装備の騎士や重装歩兵は攪乱されて
手も足も出なかったし

280 : サーバル(茸):2012/10/23(火) 16:16:19.90 ID:PzTX9qmr0
>>107
さっさと逃げ帰ればよかったのにバカか

281 : セルカークレックス(長野県):2012/10/23(火) 16:21:07.73 ID:vEuSen6q0
しかし孤島に孤立した元軍10万を皆殺しって凄い戦いだな。

282 : ペルシャ(千葉県):2012/10/23(火) 16:22:38.76 ID:jIviJ9sj0
>南宋人以外のモンゴル人、高麗人、漢人は処刑される。

GJ鎌倉武士!!
どうせなら全員殺しとけばよかったのに

283 : アジアゴールデンキャット(dion軍):2012/10/23(火) 16:23:56.50 ID:tH3H5oa40
実際のところ、船団組んで上陸して
日本の中央まで攻め入って占領、支配するのはムリだろ。
壱岐と対馬くらいは取れるかも知れんが九州でもムリ。
何しに来たんだ。

284 : イリオモテヤマネコ(京都府):2012/10/23(火) 16:25:32.96 ID:xuCceRhn0
坂東武士=東国武士=関東武士の源流は韓国
日本の埼玉県に高麗村があるが、これは高句麗の王族が定着して生活しながら生まれたものである。
日本に使節団として渡った高句麗王族の若光は…(略)
当時、日本では高句麗と百済、新羅の遺民を歓待する政策を実施したが、それは彼らが日本に乗馬と農業技術を普及し、建築と美術発展に大きな影響を与えたからである。

285 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 16:32:58.96 ID:BKXxG6Ld0
>>279
倭寇はモンゴル軍が厳戒体制敷いてる中、交易の最重要拠点の慶元府攻め落としてる。
あきらかに日本人より弱い。
大草原で戦っても騎兵として武士に劣るモンゴル兵に勝ち目はないよ。

286 : ジャパニーズボブテイル(佐賀県):2012/10/23(火) 16:36:22.77 ID:vT1TzBhf0
最近は大宰府の独自外交権なんかも見えて来まして
文永の役が起こる前に大都へ使節を派遣していた事が確認されています

287 : シャルトリュー(チベット自治区):2012/10/23(火) 16:40:23.30 ID:Fcvk0eAi0
>>39
なんで世界征服できなかったんだろ
光栄のゲームだと、一番でかくなったぐらいだともう虐殺モードのイージーゲームなんだけどな

288 : セルカークレックス(神奈川県):2012/10/23(火) 16:41:33.11 ID:ry+WX4Td0
>>169
船に乗ったことのないモンゴル兵がメインだったら日本はもっと楽勝だったよ
むしろ帆走術なんてないから日本に辿り着くことさえ出来てなかったろうね

289 : ラ・パーマ(大阪府):2012/10/23(火) 16:42:31.76 ID:aWcw2G9h0
船の上でてつはうでも作ってたんだろう
1回目に帰る時に台風にあったのに、2回目も船の上で遊んでたらダメだわ
学習能力ない馬鹿の集まりのようだな

290 : ヤマネコ(芋):2012/10/23(火) 16:48:21.70 ID:G2t6VLOZ0
九州スルーして関門海峡突破してこいよ

291 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 16:50:10.89 ID:4yvEgKpU0
>>285
モンゴルは兵の特性上、攻城戦や防衛線は弱いよ

山岳地が多くて、平野の少ない日本だと大規模戦が起こりにくい。
自然と個人戦や小規模の局地戦が主体となるから
必要のない機動力を殺して、個の戦闘力と防御力を極限まで高めた兵士が武士

局地戦の特化戦士って考えるべき。
当然重い鎧を着ているわけだからモンゴル騎兵の機動力には足元にも及ばない

モンゴル兵は軽装備で極限まで機動力を高めた戦士
全軍の8割以上が騎兵で大平原でその特性が発揮される
当然個人の戦闘力や防御力は武士に劣る

大平原で戦えば鈍足の
武士団の陣形なんか一瞬でズタズタにされるよ

レグニツァでドイツ・ポーランド騎士団が壊滅したみたいに

292 : 黒トラ(九州地方):2012/10/23(火) 16:54:23.01 ID:qzlHaLVKO
>>290
川みたいな細さの関門海峡に侵入したら前後を塞がれて檀ノ浦コース突入

293 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 17:00:10.66 ID:BKXxG6Ld0
>>291
日本は人口が多いからモンゴル軍が暴れ回ったヨーロッパや中東よりも遥かに大規模戦が行われていたよ。
つまり大規模戦こそ武士が最も得意とする戦い。
ドイツ騎士団なんて当時の構成員が1000人程度。
そんな弱小勢力に勝ったからって、武士に通用するわけないだろ。
大草原で戦っても武士ならモンゴル騎兵を瞬殺できる。

294 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 17:04:49.69 ID:DASTiYSE0
>>284

何時だったか鎌倉時代の人骨が鎌倉から大量に掘り出されたが、ほとんど縄文人と区別つかなかったそうだ。
つまり、14世紀になっても関東の大部分は、まだ縄文人の系統が、マジョリティーだった。
関東の武士団は、土着の地方豪族たちで、土着の地方豪族たちは、土着の農民たちを兵としていたから、関東武士の骨が、縄文人の骨と区別が、つきがたいほど似ていた、
ということは彼らが居住していたであろう関東は、14世紀になっても縄文人系が多かった。

関東人は長頭、朝鮮人は短頭。
とくに鎌倉から発見された頭骨900体あまりは白人並に長頭。

鎌倉市材木座の八幡宮参道沿いで、一の鳥居のすぐ東隣から、
鎌倉時代の関東武士と推定される人骨が、1953年から1956年にわたる三回の発掘によって、少なくとも910体も発見された。

しかし、北部九州や畿内や山陰の古墳に埋葬されてる骨の多くは、短頭から中頭。それは何故か解るだろ?
朝鮮半島や中国からの渡来人だからさ。


295 : イエネコ(東京都):2012/10/23(火) 17:11:47.30 ID:DASTiYSE0
416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 00:04:57.87 ID:aulc0nOA
http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/12012223
歯の形態の個体レベルでの解析による先史・原史時代日本列島住民の地域性と系譜
松村 博文
国立科学博物館・人類研究部・主任研究官

弥生時代から現代に至るまで、大陸からの渡来系集団の遺伝子がどのように拡散していったのか、土着の縄文系集団との混血の度合いが各時代を通じてどのように変遷してきたのか、地域による混血率の違いはいかなるものか。
渡来系集団と縄文系集団の歯の形態にみられる相異にもとづいて、これらの問題の解明を試みた。
分析手段としては、歯冠計測値を用いた判別分析を適用し、各時代や地域の人骨が、土着系あるいは渡来系のどちらのタイプに近いがを判定するという方法を用いた。
結果として、弥生時代には少なくとも東海地域から関東西部の太平洋側地域、さらには長野県にいたる中部地域にも渡来系の人々が来ていたことや、古墳時代では、東に向かって渡来人の遺伝的影響が小さくなるという明瞭な西高東低の勾配が示された。
関東地方における時代的変遷をみると、古墳時代から中世へと渡来系タイプの率が減じており、江戸時代になると再び増加に転じた。
このことから、近世においても渡来人の遺伝子の西から東への拡散がつづいていたものと考えられた。
沖縄では関東に比べて渡来系タイプの割合が約15%ほど小さく、関東の中世とほぼ同等である。
これらの分析結果は、直接混血率を示すものではないが、混血率を反映しているものとあえて仮定すると、土着系と渡来系集団の遺伝子の割合は、関東の現代人では概ね3:7、沖縄が4:6、北海道アイヌが7:3という比率が推定される。
一方、縄文人の起源については、歯と頭骨計測値の両面において先住オーストラロ・メラネソイド系集団と北方モンゴロイド系集団の混在が認められる新石器時代のインドシナ半島の集団に類似することが明らかになった。
このことから、後の日本人のみならず縄文人自身も、後期旧石器時代に大陸辺縁部における先住南方系集団と北方拡散系集団の混血によって形成されたのではないかという可能性が浮かび上がった。


296 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 17:12:30.87 ID:4yvEgKpU0
>>293
ドイツとポーランドの連合軍だけどな
モンゴル軍の方が少数で地の利も使えないアウェイで完勝っすよw

関ヶ原行ったことある?三万も並べば戦場一杯一杯だよ

8割が騎兵で一撃離脱の毒矢攻撃を得意とする
モンゴル騎兵に自由に暴れさせて
どうやって武士が勝つの?猛ダッシュで追いかけるの?ww
勝つ絵が全く浮かんでこないんだが

大平原で重装歩兵(武士)で戦うとか無いよマジで
もうちょっと兵の特性を考えたら?

武士は攻撃力・防御力に特化してるだけで、
モンゴル兵に比べれば動く石像レベルの機動力なんよ、決してオールマイティな兵科ではない

297 : スコティッシュフォールド(東京都):2012/10/23(火) 17:13:06.91 ID:FRU1IdZe0
河川用の平底船
    ↓
波で簡単にひっくり返る


298 : サーバル(茸):2012/10/23(火) 17:14:14.58 ID:PzTX9qmr0
元寇以来、日本人は朝鮮人を見下すようになったという解釈でいいかな?

299 : (関東・甲信越):2012/10/23(火) 17:19:53.73 ID:98dh0FZhO
斬新な物語考えたわ。
元寇の時代にイージス艦がタイムスリップすんの。
このアイディア使っていーよ。

300 : サイベリアン(西日本):2012/10/23(火) 17:20:56.71 ID:ZB3llgdQ0
九州ごときに負けてるようじゃ大阪来てたら皆殺しにされてたな

301 : 黒トラ(秋田県):2012/10/23(火) 17:21:10.11 ID:0xdi5Qap0
>>299
レーダーに元の船映るのかよw


302 : ラ・パーマ(大阪府):2012/10/23(火) 17:21:26.64 ID:aWcw2G9h0
モンゴル帝国で画像検索かけたら
朝鮮半島が含まれてない地図多数
これが自尊心だ

303 : サーバル(禿):2012/10/23(火) 17:24:37.07 ID:N10NPS7+i
>>296
ギリシャのファランクスだっけ?
固まって戦えば勝てるんじゃね?

304 : エキゾチックショートヘア(大阪府):2012/10/23(火) 17:24:56.39 ID:Zkov4Y3F0
南宋人と漢人ってどう違うん?(´・ω・`)
南宋人=今の広東系みたいな感じ?(´・ω・`)

305 : ジャパニーズボブテイル(東日本):2012/10/23(火) 17:25:54.31 ID:VDaUxOFm0
>>298
まあ人質で半島に帰りたいからって日本攻めますんで準備の為にも帰してほしいニダ
とか言う国見下すに足りまくりではあるけどな

306 : スノーシュー(千葉県):2012/10/23(火) 17:26:31.30 ID:4yvEgKpU0
>>303
狭い所でそれやれば武士は最強だな

307 : 黒トラ(秋田県):2012/10/23(火) 17:27:59.73 ID:0xdi5Qap0
>>304
漢人って金の国にいた中国人だろ。こいつらは尽く首を跳ねられた
南宋人は日本にも南宋人がいたので同情されて許された

308 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 17:33:28.03 ID:BKXxG6Ld0
>>296
ドイツ騎士団は当時1000人程度の構成員でポーランドやリトアニアと互角に渡り合っていたわけで、
つまり東欧なんてそのレベルの世界。
そんなのに勝っても全く凄くない。
それから関ヶ原は東軍西軍合わせて20万人近くが実際に戦ってるじゃん・・・

モンゴル騎兵が攻撃力と防御力で武士に劣る以上、どこで戦おうとモンゴル軍の勝ちはないよな。
あと、遊牧民って機動力あるのは戦闘員だけで、その後方の補給部隊はトロイよ。
羊なんて1日の行動半径6キロ程度しかないわけで。
だから後方部隊捕捉されたら定住民の軍隊にも簡単に負ける。
ナヤンカダアンの乱で、100パーセントモンゴル騎兵のカダアン軍が高麗兵とか漢人兵とか連れて
戦象に乗ったクビライの元軍に草原で大敗してるし。

309 : セルカークレックス(長野県):2012/10/23(火) 17:39:41.67 ID:vEuSen6q0
ポーランドに攻め込んだモンゴル軍の主力ってアラブ人とかロシア人だろ?
結構な重装だったんじゃねぇの?

310 : キジ白(新疆ウイグル自治区):2012/10/23(火) 17:41:41.43 ID:oupv7Zjn0
馬は助かったのか!?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/03/M%C5%8Dko_Sh%C5%ABrai_Ekotoba_2.jpg/1280px-M%C5%8Dko_Sh%C5%ABrai_Ekotoba_2.jpg

311 : 黒トラ(秋田県):2012/10/23(火) 17:42:43.61 ID:0xdi5Qap0
>>309
ワールシュタットの戦いか
モンゴルのバツの偵察隊と聞いたけど

312 : 黒トラ(九州地方):2012/10/23(火) 17:44:02.85 ID:qzlHaLVKO
なんで300年も時代が離れてるものを比較対象にしてんだ

313 : ラ・パーマ(大阪府):2012/10/23(火) 17:47:54.58 ID:aWcw2G9h0
>>309
モンゴルって支配地域の人を次の侵略地と戦わせるからな

314 : ジャパニーズボブテイル(東日本):2012/10/23(火) 17:48:15.17 ID:VDaUxOFm0
>>309
騎兵でヒャッハー!は最初だけで
占領地の兵を雪だるま式に増やして使っていたとは聞くな

315 : サビイロネコ(石川県):2012/10/23(火) 17:50:42.80 ID:dyzlFQJ/0
何でモンゴルって世界中から恨まれてないの?
東アジアちょこっと占領した日本がこんだけ恨まれてるのに

316 : 白黒(東京都【緊急地震:鳥島近海M6.7最大震度不明】):2012/10/23(火) 17:56:44.89 ID:XHxTvZdS0
>>315
嫌悪の対象というか、かなり滅茶苦茶やって畏怖されてた存在だからな。
黄禍論の根底にはモンゴルの侵略があったわけだし。
ロシアや東欧は、モンゴルとの混血が多いから、表立って批判できないのでは。
認めたくない人間もいるだろうけど、自らのルーツを否定することにも成りかねないし。

317 : マーゲイ(東日本):2012/10/23(火) 17:58:48.92 ID:sRwpsQug0
>>316
すごい地震!

318 : 三毛(北海道):2012/10/23(火) 18:00:32.28 ID:Yw2o7fu/0
モンゴルに蹂躙された朝鮮人より遥かに強かった

319 : ベンガル(長崎県):2012/10/23(火) 18:01:13.88 ID:0aoHFg1d0
>>213
放牧民が生活する環境と言うのは、とにかく衛生的な水を入手する機会が少ないからな
わずかな水も無駄にできないから、体を洗うために小便を使うのは、むしろ賢い

なんせ小便は無菌だから、お前が毎日飲んでる水よりも衛生的なんだぜ

もちろん、栄養価が高いから、汲み置きすれば水よりも腐敗はしやすいが、
本当に野蛮人なら、動物の糞便が入り混じったそこらの泥水を使っていただろう

ちなみに現代のモンゴルの遊牧民も、とても水を大切にする
顔を洗う時は手の平1杯の水だけで顔を洗うほどだ

320 : ブリティッシュショートヘア(福岡県):2012/10/23(火) 18:04:40.04 ID:ilYDLhoV0
>>15
防人なめんなよwww

321 : サバトラ(関東・甲信越):2012/10/23(火) 18:08:19.47 ID:Ku6Y0qS4O
台風がたまたま来て撃退出来たって後の世の作り話ではないか?
そもそも台風が上陸する数十時間前から海は荒れてるはずで、当時の航海技術で辿り着けるのかと。
日本の武士が実力で撃退したんじゃないの。

322 : 黒トラ(九州地方):2012/10/23(火) 18:09:57.34 ID:qzlHaLVKO
タタールの軛のその後のせいでモンゴルへの恨みつらみは
まとめてロシアに転嫁されちゃってる

323 : スノーシュー(チベット自治区):2012/10/23(火) 18:35:34.64 ID:E1KKKSRa0
>>273
俺、典型的な短頭、確かに空間把握力に根本的な欠陥がある(-_-)
そうだったのか。


324 : サビイロネコ(大阪府):2012/10/23(火) 19:30:09.59 ID:Yx2HhfkN0
>>323
パリーグのホームラン王争いみろよ、
一位大阪人、二位韓国人、この結果だけで嘘だって分かるだろ。

325 : クロアシネコ(やわらか銀行):2012/10/23(火) 20:12:50.80 ID:LYbrcBC40
>>172

馬はな。 長いこと動かずにいると蹄がダメになっちゃうんだよ。

326 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 20:15:49.63 ID:BKXxG6Ld0
>>325
ピサロがインカ帝国征服した時も馬は大活躍だったけど、どうやってヨーロッパから運んだの?

327 : ボルネオヤマネコ(関東・甲信越):2012/10/23(火) 20:16:11.56 ID:fWyOMVl+O
上陸作戦って船酔いではなっから厭戦気分になりそうだわ

328 : マンクス(千葉県):2012/10/23(火) 20:27:59.05 ID:0EbXZbK90
>>326
・お馬さんにリハビリ期間を設けた
・渡航途中に数箇所寄港して、お馬さんの蹄をケアしてあげた

329 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 20:33:01.32 ID:BKXxG6Ld0
>>328
大西洋横断中に寄港なんてできないじゃん。
対馬、壱岐と島伝いに侵攻した元寇なら途中でお馬さんにリハビリ期間を設けることも余裕だけどさ。

330 : オセロット(広島県):2012/10/23(火) 20:33:24.27 ID:YcgdJXCW0
キラキラ武士

331 : マンチカン(やわらか銀行):2012/10/23(火) 20:34:53.86 ID:F28AZsFZ0
>>1
日本と中国の戦争の歴史を、それぞれまとめてみました

【日本から中国大陸へ】

■古代
・古代日本人(大和朝廷)によって朝鮮半島の国々が属国支配される。朝鮮半島南部には日本領土。
 古代朝鮮半島の百済、新羅などが日本人によって打ち負かされ王子や王女を日本に差し出す属国状態となる。(新羅王の多くが日本人)
 好太王碑・・・日本軍が朝鮮半島を縦断し満州地域まで進軍したという記述。

■中世
朝鮮征伐
 豊臣秀吉が朝鮮半島を完全に征服して奴隷化し、そのまま中国へも攻めこみ中国人を叩き潰す。
 秀吉死亡により日本軍は引き上げるが、日本によって弱体化した明王朝はこの後すぐに滅亡。

■近代
日清戦争
 日本が中国に完全勝利。
 多額の賠償金及び領土を勝ち取る。この時に乞食民族の朝鮮猿を独立させてあげる。

日中戦争
 日本がまたしても弱小民族の中国人を完全に打ち負かす。
 あまりにも日本が中国をボコボコに叩いて征服してしまったため、未だに弱小民族の中国人が泣きながら謝罪をしろと言ってくるw


332 : マンチカン(やわらか銀行):2012/10/23(火) 20:35:25.76 ID:F28AZsFZ0
>>331続きです


【中国大陸から日本へ】

■中世
刀伊の入寇
 満州族が壱岐、対馬から九州へ侵攻を試みるが、九州の武士団によってフルボッコされ撃退される。

元寇
 モンゴルに征服支配された弱小民族の支那人と、奴隷民族の朝鮮猿が日本に攻め込む。
 しかし弱小民族の中国人は鎌倉武士のあまりの強さにまともに上陸すら出来ず、海上でウロウロするしか出来なかった。
 その海上でも鎌倉武士に追い込まれ、さんざん打ち負かされて最終的に全滅。


【結論】
日本から中国大陸への侵略は古代から何度も行われ、日本人が中国大陸奥地まで進出。
日本が何度も中国人及び朝鮮人を打ち負かし、領土まで獲得した。

一方、中国大陸から日本への侵攻は何度やっても失敗。
逆に日本人によってボコボコにされ、毎回海岸地域をうろうろすることしか出来ず惨めに敗走。


2つ疑問があります。
なぜ日本人はこんなに強いのですか?
逆になぜ中国人(漢民族)はこれほどまでに弱いのか?それ以上に弱い奴隷民族の朝鮮猿は完全に問題外ですけどw


333 : 猫又(静岡県):2012/10/23(火) 20:36:02.48 ID:JD0WdlvJ0
>>308
元寇で来たのって、モンゴル軍主力に負けて鹵獲された南宋の兵
モンゴルに勝ったとは言えないんじゃないかな。

実際のモンゴルの動員兵力↓

対南宋征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍30万〜40万

対金征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍約15万、南宋援軍30万

対ベトナム征服戦
動員兵力:モンゴル帝国軍最大50万

対アッバース朝戦
動員兵力:モンゴル帝国軍10万人

本当にすごいのは、南宋も金も100万近く兵居たのにそれに勝ってる事
当時モンゴル軍が最強だったのは間違いないよ。

334 : アメリカンボブテイル(兵庫県):2012/10/23(火) 20:41:21.58 ID:fOp0A3Ms0
韓国の刀剣技術が遅れていた最大の原因は秀吉の刀狩にあった、

それまで日本ではマトモな刃物が作れず、韓国を侵略した秀吉は韓国刀の
切れ味に苦しんだ末、刀狩でそれを奪い始めた、

中には先祖伝来の刀を奪われまいと必死に抵抗する韓国人もいたが、
彼らは日本刀で韓国刀ごと真っ二つに切り殺されたという、、、

335 : ハバナブラウン(やわらか銀行):2012/10/23(火) 20:45:49.53 ID:SAI6RuFw0
室伏兄貴より飛ばないのか投石器

336 : トンキニーズ(神奈川県):2012/10/23(火) 20:51:44.12 ID:BKXxG6Ld0
>>333
モンゴル帝国の動員力は1229年時点で12万9000人。
実は大したことない。
そこから征服した民族を加えて動員増やしていったんだけど、元寇のモンゴル軍の民族編成は
モンゴル皇帝オゴデイの直属軍と一緒。
つまり元寇で日本に来たのがモンゴル帝国内最強編成で、武士はそれに圧勝したってこと。

あと、ベトナムに侵攻したモンゴル軍が10万人超えたことはないよ。
ベトナム侵攻軍は鹵獲された南宋の兵を加えて最大9万人程度。

337 : コーニッシュレック(東京都):2012/10/23(火) 21:02:25.50 ID:RwitHw2D0
>>332
明は弱くないお

338 : バーマン(神奈川県):2012/10/23(火) 21:23:14.15 ID:DFt8tizQP

勝利の功労者、台風様の解説をよく読め

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A8

339 : 猫又(静岡県):2012/10/23(火) 22:40:42.01 ID:JD0WdlvJ0
>>336
あほか

340 : アメリカンボブテイル(大阪府):2012/10/23(火) 22:51:56.51 ID:L12cTbKt0
>>333
おいおい、適当な兵力数書くなよ。
ベトナムに派兵したのは9万だぞ。
数十万とかになってる本は、敵側の資料を基に無批判に載せてるだけだから。
元側の資料では9万。
そもそも、元と敵対した側の兵力を記載したら、日本と戦った元軍は100万になるw

341 : パンパスネコ(和歌山県):2012/10/23(火) 23:31:14.24 ID:S6k4iOGs0
動員力に関しては日本が結構すごい、山がちの島国とは思えない人口

342 : ジャングルキャット(東京都):2012/10/23(火) 23:47:47.66 ID:+2R/gD1C0
>>308 >>333
関ヶ原の20万は多少盛ってる感は否めない。
まぁモンゴルの動員数も多分盛ってるし、
記録が残ってる現代戦ならともかく近代以前の兵士数は
どの国の記録でも大概盛ってるところがある。

草原での平地戦に関しては少なくとも日本武士は相当苦戦する気がするな。
モンゴルの騎兵は機動力と射撃によるヒットアンドアウェイに特化した
兵士だからスペースを自由に与えるとそもそも追いつくことすらできず
一方的になぶり殺しになる危険性がある。
日本武士の装甲は固くて重いから、接近集団戦に持ち込めば互角以上に
戦えると思うし、百道原の二の舞になるだけだろう。

まぁ朝鮮兵とかが主力の大きなウエイトを占めていて、
兵站の概念も乏しい元軍が何度攻めてきても
負ける気はしないけどね。三度目の元寇計画が頓挫したのは元にとっても幸いだったろう。

343 : スノーシュー(東京都):2012/10/23(火) 23:58:28.99 ID:6pqZHNl20
学生の頃、元寇の役について日本の武士は「やあやあ、我こそは〜」って
語り口上を始めるから苦戦を強いられたとか、無茶苦茶書かれていた。

344 : 縞三毛(東京都):2012/10/24(水) 00:55:44.42 ID:2Ryr0xRW0
>>310
この絵、教科書にも載る有名な絵だけど、
自分が学生の時、左半分の逃げ惑う元軍兵士の絵が無かった

この絵の左半分があることを知って、自虐史観に基づく恣意的なトリミングだったと実感したよ

345 : ジョフロイネコ(中国):2012/10/24(水) 00:59:30.11 ID:keNfdA7a0
>>344
全体を今初めて見た
少なくとも日本の劣勢とは読み取れ得ない絵だな

346 : しぃ(静岡県):2012/10/24(水) 01:04:20.21 ID:BPmuxZwi0
>>342
モンゴルは自分たちの損害を極端に嫌う傾向があったらしい。
征服した国の兵士を積極的に使ってたのは、そのせいもあるとか。

モンゴルの得意戦術って、釣りだして包囲してフルボッコ
元寇じゃ騎馬なんてほとんど持ち込めなかったから、実質、軽装歩兵&弓兵のみの編成だし
それこそ重装騎兵クラスの鎌倉武士と真正面からやり合うには相当分が悪かったと思う。

不思議なのは、綿密な情報収集とか、工作も得意だったのに
何故かそれをしなかった事。
中国も朝鮮も日本を超見下してて、その情報をもとに動いたとしたら、
よっぽど過小評価してたんじゃないかと思うよ。
とりあえず知ってる大宰府を落として、次の事はそれから考えるっていうふう

347 : ハバナブラウン(やわらか銀行):2012/10/24(水) 01:53:48.90 ID:zMzgBhbRP
>>346
文永で4万、弘安で12万の大兵力投入して見下してたとかないわ。
それだけの兵力投入すれば当時地球上のほとんどの国は瞬殺だろ。

あと、情報戦においてはモンゴル帝国より鎌倉幕府の方が一枚上手だったんだよ。
使者を太宰府以外には立ち寄らせず、十分な情報収集させなかった。
一方の日本側は元の首都大都まで使節団送ってるし、高麗にも内通者がいて
モンゴル軍の配備状況も正確に把握してたし。

348 : アメリカンワイヤーヘア(大阪府):2012/10/24(水) 04:43:34.23 ID:BinUXylY0
あまり知られていないのが、鎌倉幕府は元朝領内にスパイを派遣していて
元史には日本のスパイが捕まったとかいう記録がある。

349 : スフィンクス(芋):2012/10/24(水) 06:36:20.39 ID:YzEJ9PO40
昭和の日本軍より優秀な鎌倉幕府


350 : ボブキャット(東京都):2012/10/24(水) 07:41:59.74 ID:8mGBLqjG0
『かかってこいや』野田首相

351 : リビアヤマネコ(千葉県):2012/10/24(水) 07:45:59.62 ID:8oXvXdA70
単に輸送能力がなかっただけ

352 : ブリティッシュショートヘア(埼玉県):2012/10/24(水) 07:54:13.39 ID:LdY+x+/j0
モンゴルの弓が日本の鎧に効果がなかったと報告されてるからな
明清のころも日本兵は鉄兵と言われてたくらい東アジアじゃ最強防御力

353 : アジアゴールデンキャット(関東・甲信越):2012/10/24(水) 08:05:48.35 ID:5kk9kRFlO
御物の絵図屏風を見てると、炸裂弾の被害ばかり目立ってる。そして相手は短弓の軽装。
軽いマシンガンが短弓なら、バズーカが和弓じゃないか?さらに長巻でぶん殴るだけでも充分な重歩兵部隊。
朝鮮出兵では、圧倒的大多数で詰め寄る明を撹乱した。向こうの連中は戦いは数で決すると思って油断してるんじゃね?
韓信が執った背水の陣は、まさにそんな連中への有効な対抗策だったんだろうね。最前線に出た兵士を誉める文化は日本くらいなんだろうか?

354 : ジャガランディ(熊本県):2012/10/24(水) 08:24:31.52 ID:FANi6UU80
>>53
俗衆増上慢乙

355 : アジアゴールデンキャット(長野県):2012/10/24(水) 08:26:56.13 ID:nP0x831I0
>>353
>最前線に出た兵士を誉める文化は日本くらいなんだろうか?

そんなわけないでしょう、世界中に驍将とか猛将といわれて逸話が残っている
中国なんか 蘭陵王、尉遅敬徳、戚継光、各時代各地域いくらでも出てくるよ

356 : ラ・パーマ(dion軍):2012/10/24(水) 09:21:24.55 ID:pHl9m3qM0
この頃までの武士は世界的にも珍しい重装弓騎兵。
戦闘の基本は弓矢によるロングレンジ攻撃。平原での大規模決戦とかには向いてないけど
元寇みたいな局所での歩兵集団との戦いはそこそこ有利だったのでは?


357 : ボルネオヤマネコ(大阪府):2012/10/24(水) 11:47:00.98 ID:3Tbq2Rxs0
>>298

百年後の神皇正統記に
「昔日本は三韓と同種也と云事のありし、かの書をば、桓武の御代にやきすてられしなり。」
となるから、割と当たってるかも。

358 : 縞三毛(芋):2012/10/24(水) 14:46:43.12 ID:6UlmIMhg0
弓って月光仮面みたいに避けれるもんなん?

359 : エキゾチックショートヘア(関東地方):2012/10/24(水) 14:54:41.27 ID:YKm/3heRO
>>334

酷い釣り針だなw

360 : バーミーズ(秋田県):2012/10/24(水) 15:05:33.65 ID:gyRHQikL0
首狩り族だった所もあるんじゃね
捕虜取って終わるところを首撥ねられて晒されるんだから怖すぎだろう

361 : (東日本):2012/10/24(水) 15:22:34.82 ID:p4G4Axde0
>>310
元軍は甲冑つけてないのか舐めてんな

362 : マヌルネコ(東京都):2012/10/24(水) 18:23:16.59 ID:M2+HqD4t0
矢の射程も、日本の方が長かったんじゃないかな
弓全体の長さが大きい方が飛ぶものだろう

向こうは毒矢を使うのがアレだけど・・・

363 : アンデスネコ(東京都):2012/10/24(水) 20:31:38.07 ID:ZcnPAnk90
ちなみに朝鮮出兵のときは日本側があっという間に釜山と東莱の要塞を
陥落させてしまっている。

>>346
元は伝統的な蒙古騎兵を打ち破る力を持った歩兵戦術を駆使する
中華国家なんですが。

364 : 猫又(チベット自治区):2012/10/24(水) 22:01:36.56 ID:eE2nN+Ee0
>>32
手榴弾投げ込まれたり、
顔面を刃物で切られた

365 : マンチカン(東京都):2012/10/24(水) 23:48:36.71 ID:2vmlQ2Ya0
>朝鮮征伐
>豊臣秀吉が朝鮮半島を完全に征服して奴隷化し、そのまま中国へも攻めこみ中国人を叩き潰す。
>秀吉死亡により日本軍は引き上げるが、日本によって弱体化した明王朝はこの後すぐに滅亡。
実際には明国に攻め込めさえもしてないのに(笑)
いったいお前はどこの歴史を語っているんだよ。

366 : キジ白(東京都):2012/10/24(水) 23:57:42.34 ID:NB9uscg20
>>365
煽り下手だな。そんな煽りでレスが貰えると思うなよw

367 : ソマリ(兵庫県):2012/10/25(木) 00:01:07.83 ID:h9F8Yzau0
船酔いは、どうだったんだ。
陸軍だからひどかったのかな。

368 : メインクーン(東京都):2012/10/25(木) 00:48:01.38 ID:j9oSUcwe0
>煽り下手だな。そんな煽りでレスが貰えると思うなよw
単に反論できないだけだろ(笑)

369 : ヨーロッパヤマネコ(やわらか銀行):2012/10/25(木) 00:49:45.11 ID:rOWCyrYo0
島津義弘が(・∀・)ニヤニヤしながらこのスレを見てます。

370 : メインクーン(東京都):2012/10/25(木) 00:56:21.03 ID:j9oSUcwe0
城に立て籠もってしか活躍できなかった島津義弘(笑)
明・朝鮮軍を20万の詐称した島津義弘(笑)


371 : 三毛(九州地方):2012/10/25(木) 00:57:44.81 ID:pS8oBw6v0
神風最強伝説

372 : イエネコ(京都府):2012/10/25(木) 01:07:35.39 ID:6mADHnH90
>>294半島にある百済新羅高句麗などの(中略)移民が日本に入ってきた。(一部略)
今の東京、埼玉にあたる。この地域はそれらの連中によって拓かれた。それまでの関東平野は、茫々たる原野と森林だった。
だから、坂東武士の原型はたぶんに朝鮮人であった。(海音寺潮五郎・司馬遼太郎「日本歴史を点検する」より)

373 : イエネコ(京都府):2012/10/25(木) 01:11:22.26 ID:6mADHnH90
武士!その源流が関東武士・坂東武士であることは異論を持たない。
そしてその源流のひとつが、朝鮮半島からの移民であったことを知らない人が多い。
地理、歴史、政治体制の差異から異なる運命を歩んできた両国であるが同じ祖を持ち共有するものが少なくない

374 : 三毛(関西・東海):2012/10/25(木) 01:17:39.42 ID:mIMuEsKX0
坂東武者の先祖は韓国人だったのですね。
以前知人が埼玉県に行った時、高麗王若光の神社を見学したことがあります。
鳥居の前にトーテムポールが両側に立っていたそうです。
「神社なのに何故トーテムポール?」と思ったことがあります。
謎が解けました。

375 : ハイイロネコ(大阪府):2012/10/25(木) 01:22:27.34 ID:RcCnOdji0
元軍の兵なんて怠惰な戦しかしてなかったからな
日本軍得意の朝駆け&夜討ちが相当効いたんだよ

376 : 三毛(関西・東海):2012/10/25(木) 01:25:07.76 ID:mIMuEsKX0
「武蔵」の語源は韓国語の説が濃厚ですね!

若光ら渡来人が活躍した8世紀の姿を頭に描いて欲しい。
(中略)
秩父氏は馬の飼育で勢力を拡大していくようであるので、騎馬民族との結びつきを抜きにして秩父氏の勢力拡大は考えられないし、
そのことを抜きにして関東における武士の成長は考えられないのではないか。
江戸氏は秩父氏の流れであるし、私は、そもそも武蔵という言葉の語源は高麗語ではないかと思っている。
このように考えてくると、坂東武士の源流に若光ら渡来人がいる。

若光ら渡来人の氏神が高麗神社である。高麗神社は、関東平野の西端・高麗川の畔にある。近くに八高線の高麗川駅がある。

377 : ジョフロイネコ(愛知県):2012/10/25(木) 01:26:21.35 ID:oTpS+qNW0
>>15
「海に突き落としたのに鎧着たまま泳いでた、なにあれ」

不覚にもワラタ

378 : イエネコ(京都府):2012/10/25(木) 01:32:49.02 ID:6mADHnH90
>>377ネトウヨが今度やると言っていたが、よろいを着たまま立ち泳ぎをする
古式泳法のことだろうな

379 : チーター(大阪府):2012/10/25(木) 02:08:26.23 ID:/i5Z2TWC0
島国を攻略するのは非常に難しいことをファミコンウォーズで知りました。

380 : アフリカゴールデンキャット(東京都):2012/10/25(木) 02:09:44.85 ID:jVBnLgoF0
坂東武者は縄文人の直系だろう。でも、乗馬の習慣は渡来系から伝わったかも

北九州・関西方向から流入した渡来系の人口が圧倒的に多かったので
遺伝子プールに溶けちゃったと理解しとけばよいのでは

381 : イエネコ(東日本):2012/10/25(木) 02:28:01.37 ID:FNPMzNo60
>>15
教科書に載ってる元寇の有名な絵って実はデタラメらしいね
http://blogs.yahoo.co.jp/sa341gazelle/2953448.html

382 : ラガマフィン(やわらか銀行):2012/10/25(木) 03:41:24.83 ID:PGpOyIeG0
>>372-374
歴史も文化も何も無い弱小民族のエベンキ朝鮮猿が、日本の歴史と文化に必死で捏造寄生虫

ブザマすなぁ・・・w


383 : ラガマフィン(やわらか銀行):2012/10/25(木) 03:46:43.27 ID:PGpOyIeG0

【遺伝子はウソをつかない】  ←つまり幼稚なウリナラファンタジーが通用しないって事w

百済系遺跡での出土した骨のDNA鑑定結果は現代韓国人に見られない
D系の遺伝子が、必ず見つかっている。
高麗(高句麗!?)の骨からもD系が検出されている。

(中国)高句麗〜百済までの流れを確認すると、当該国の中核的民族にD系統の遺伝子が確認される。
つまり、古朝鮮と呼ばれる国家・文化の担い手は、実は源日本人の一派であり、
現韓国人とは全く血縁関係の無い民族が中心であった

Y遺伝子D2系統を持つ人種
アイヌ人……88%
沖縄人……56%
本土日本人…42~56%
チベット人…33%
韓国人……0%

★結論…日本人と韓国人は全くの別人種


日本人と現在半島にいる朝鮮人との間には遺伝子的な繋がりがほとんど無いことがDNAの解析調査で判明している

しかし逆に古代朝鮮半島人の遺伝子と日本人の遺伝子には共通点が存在する
つまり古代朝鮮半島は日本人によって支配され数多くの日本人が実際に暮らしていた
更にいうと百済人と現在朝鮮半島にいる朝鮮民族とは何の繋がりもない民族だということも遺伝子の研究から解明されている

>>294のような人類学的な研究も合わせて見ればまあ議論の余地は無いわけで
いくら朝鮮人が日本人の歴史と文化に寄生虫しようと捏造虚言を繰り返しても、もうどうしようもないんですけどね・・・w

384 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 03:47:29.61 ID:+wP1WioGO
教科書

集団戦術を知らなかった時代遅れの武士団は最新戦術を駆使する高麗の歩兵隊が主力の元軍の前に一方的に敗れ、神風のおかげでどうにか独立を保てました


現実

元寇の戦いにおいては2回とも武士団の一方的な勝利
元軍の主力はモンゴル騎兵であり、それも4万(2度目は14万)という数字は数千の単位で攻め込むのが通例のモンゴル帝国の征服活動としては異例の大軍
文永の役において主戦場となったのは筑紫平野であり、これはモンゴル騎兵も武士団も共に騎馬戦を前提としていたため
また、歴史を振り返れば源義経は集団戦術により平氏を滅ぼしており、武士団が個人単位で戦っていたというのは左翼歴史家の悪意のある嘘
また、武士から見れば元軍は得体の知れない雑兵の集まりであり、名乗りを上げる理由が無いため「名乗りを上げている間に討ち取られていった」というのも真っ赤な嘘
そもそも、教科書に武士団が負けていたソースとして載せられている絵は、実際には敗走する元軍を武士団が追いかけている場面を描いたもの
つまり、武士団は文永の役において平地において正面からぶつかった上で一方的にモンゴル騎兵が主体の元軍を圧倒し勝利したというのが事実
元軍の船が座礁したのは船に逃げ戻り闇に紛れて敗走している最中のことであり、それにより勝手に被害を受けただけ
まだコンパスが発明されていないため当時の航海法は沿岸航法であり、夜中に出航すれば大惨事になるのは当たり前の話
台風が来たということそのものが左翼歴史家の嘘

385 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 03:48:25.16 ID:+wP1WioGO
弘安の役の経過は更に一方的なものであり、武士団は20分の1の兵力で正面から元軍と戦い一方的に勝ち続けた
文永の役の後に、再度の侵攻を防ぐために防塁を築いたのは有名な話だが、あれは近隣の村落を守るためのもの(文永の役の際、実際に元軍は無防備な村落を襲い民衆を虐殺している)
事実、最初に元軍が上陸を試みた際に武士団は防塁を背にして正面から交戦している
ここで案の定惨敗した元軍は、志賀島という島に上陸し野戦築城し防戦に入る
このように圧倒的大軍でありながら城まで築き防備を整えた元軍に対して武士団は20分の1の兵力で攻撃を仕掛け、連戦連勝の末に一方的に元軍を船に撤退させる
今度もそのまま逃げ帰ろうとするが、そこに台風が直撃し元軍の船が全て座礁
逃げ場を失った元軍は旧南宋出身者を除き皆殺しにされた(これは、文永の役において元軍が民間人を虐殺したことに対する報復)
元史には「生きて元に帰れたのは3人だけだった」との記述があるほど

つまり、元寇において武士団が敗勢だったというのはそれ自体が真っ赤な嘘
現実には武士団の戦闘能力はモンゴル騎兵を遥かに凌駕しており、事実として武士団は20倍の兵力の敵を一方的に撃破している

386 : ハバナブラウン(千葉県):2012/10/25(木) 04:01:17.60 ID:A+69oG0U0
珍風

387 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 04:04:00.47 ID:+wP1WioGO
加えて言うなら、文永の役において高麗軍の兵数は8000人
元の正規軍は2万5000人であり、「文永の役においては高麗軍が主力だった」「元軍には騎兵がいなかった」というのは左翼歴史家の妄想
文永の役では元軍の本陣にまで攻撃が及ぶほどに一方的に戦況が展開しており、この際に元軍副将の劉復亨が弓で射殺されている
騎馬戦において最も重要なのは弓の性能だが、日本製の弓は元の弓の4倍の射程を誇っていたことが知られている
「武士団は射程外から次々と元軍に射殺された」と主張する歴史家もいるが、これもとんでもない電波説

388 : スミロドン(東京都):2012/10/25(木) 04:06:43.68 ID:dobEzvy+0
上陸したらキチガイじみた戦士軍団にコテンパンにされて船に引きこもってたら
小舟に乗って切込みされてヒーヒー言いながら逃げたら台風でジエンド

389 : チーター(関東・甲信越):2012/10/25(木) 04:09:55.19 ID:qcN8F06sO
上陸戦は防御側に有利
どこから上陸するかバレてしまえば兵力集中でき攻守逆転する


390 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 04:12:26.53 ID:+wP1WioGO
書き忘れた

「騎兵が主体の元軍は海上戦や上陸戦に不馴れだったから力を発揮出来なかった」も嘘
元は南宋との戦いにおいて何度も水戦で南宋を撃破しているし、ベトナムを占領した際の主力は水軍
更に、元寇の際の元軍の主力は三別抄の乱を制圧した水上戦のエキスパート

武士団が寡兵で一方的な勝利を収めたのは、単に武士がモンゴル騎兵より強かったから

391 : イエネコ(東京都):2012/10/25(木) 04:14:13.18 ID:0As3ycLP0
那須与一クラスがゴロゴロしている国と戦うのが、そもそも間違い
農耕民族になる前は、一万年くらい狩猟・採集していたハンター集団だから

392 : ラ・パーマ(dion軍):2012/10/25(木) 04:26:19.37 ID:w3w+Rm6jP
>>287
中国征服後回しにしてたらウィーン落としてたかもしれんね
そしたら神聖ローマも危なかったかも

393 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 04:35:59.97 ID:+wP1WioGO
>>389
文永の役では上陸してきた元軍が筑紫平野に展開するのを待った上で戦って一方的に勝利しているし、弘安の役では大軍で築城し防戦体制を整えた元軍を20分の1の兵力で叩きのめしている
「上陸戦の不利のために負けた」というのも左翼歴史家の言い訳
上陸戦など弘安の役の緒戦でしか行われていないし、それにしても元軍の上陸時を狙い討った訳ではない
上陸側特有の不利など当時の元にはほとんど存在しなかったし、言い訳にならない
正面から大軍で戦ったのに負けたんだから単に元軍が武士より弱かっただけ

394 : サバトラ(関東・東海):2012/10/25(木) 05:01:00.16 ID:NWI5bqazO
>>334
www
そのコピペ何度読んでも
最後の2行で大笑いする
www

395 : ラガマフィン(やわらか銀行):2012/10/25(木) 05:22:20.90 ID:PGpOyIeG0
>>389
日本は古代・中世・近世と何度も朝鮮半島及び中国大陸に上陸&内陸奥深くまで侵攻し、朝鮮人・支那人をボコボコに叩き潰して征服しています
(古代日本による朝鮮半島南部の属国支配と朝鮮から満州方面への侵攻、中世の朝鮮征伐、日清戦争、日中戦争など)


一方その逆はただの一度も無し
元寇などのようにいつも沿岸部をうろちょろしか出来ず、毎回日本人によって撃退されている


以上、論破終了

396 : チーター(関東・甲信越):2012/10/25(木) 05:27:54.00 ID:qcN8F06sO
>>393
上陸戦は防御側有利って、一般論言ってるだけだろ
目くじら立てんなよ
上陸戦の場合、それでも防御側が理論上持ちこたえられる戦力差は2.5倍までと言われてる
仮に上陸戦だった想定でシナの兵は20倍、武士団どれだけ強いかが見えてくるよ


397 : (関東・甲信越):2012/10/25(木) 05:31:20.09 ID:k7C64NaUO
てつはう、て後から描き足されたらしいな

398 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 05:36:34.69 ID:+wP1WioGO
>>392
フビライが大ハーンになった経緯(彼は反乱を起こして帝国の正統な後継者だった兄を倒して即位している)から言って彼が大ハーンになったことはそのままモンゴル帝国の分裂を意味しているし、その辺りの政治的な情勢から言ってフビライ即位以降の西征はあり得ないと思う
事実、間もなくハイドゥ達がかなり大規模な反乱を起こしたりしているし

仮にフビライがアジアにおける全ての征服作戦(日本、ベトナム、チャンパー、インドネシアなど)を成功させていたら、元vsその他のハン国で東西内戦になってたはず
結果的にはことごとく失敗してどこも支配出来なかったけど、フビライがアジアに積極的に進出した理由は他のハン国に対抗する国土を得るためだったんだし


>>395
明治以降の近代戦は別としても、白村江や朝鮮征伐で日本は普通に大軍を送り込んでるからね
白村江では敗れたとはいえ、それまで日本は新羅と百済を屈服させた上で高句麗と戦って優勢時にはかなり北まで攻め上った
3世紀の倭にすら出来たことが、何故13世紀の大モンゴル帝国に出来なかったと言い張る人がいるのかが不思議

399 : アメリカンワイヤーヘア(沖縄県):2012/10/25(木) 05:45:27.57 ID:bNoCOraj0
もし日本列島が大陸と陸続きだったら終わってたな

あの英国も島国だったからローマ以降は進撃した例がない

島国、海に囲まれてる国最強説

アメリカも海軍力さえ増強しとけばいいって地政学上の国家戦略で動くてるからな

400 : アメリカンワイヤーヘア(沖縄県):2012/10/25(木) 05:49:34.08 ID:bNoCOraj0
だがある問題が起きる

アメリカは世界中のシーレーンを支配することで安全保障が確立されると思ってるから

もしアメリカが日本にある程度勢力増強を承諾したとしても

日本が勢力増強されてやはり危機感を覚えるアメリカは

必ず締め付けを始める

日本という国の不幸が中国や朝鮮半島の存在であるというのは

日本が中国といった国に脅威が晒されることで軍事力を増強せざる得ない状況に陥ることだ

どれだけアメリカが勢力拡大を許してもやはり脅威を覚える

それがこの地球上にある日本といったこれから勢力増強する国の宿命であり

つまり日本はもう終わってるということだ

太平洋戦争のように幾度となく日本はアメリカに潰される運命

国民も馬鹿だからその仕組みに気づかない 目先のことしか見えてない

401 : ジャガー(やわらか銀行):2012/10/25(木) 05:54:12.11 ID:9jP6W1HM0
九州は日本の源流だからね
簡単には負けないよ

402 : ラ・パーマ(dion軍):2012/10/25(木) 05:55:43.46 ID:w3w+Rm6jP
>>399
ノルマン人にフルボッコにされてたやないか

403 : アムールヤマネコ(福岡県):2012/10/25(木) 05:58:27.82 ID:QL//3n/90
元寇時に使ったロケットランチャーが博物館に残ってたな、たしか

404 : 白黒(関東・甲信越):2012/10/25(木) 06:21:06.40 ID:+wP1WioGO
>>396
すまない

当時の鎌倉幕府の総兵力は20万人だったらしいから、執権が直接出馬して指揮を執る形であれば計算上は元に日本を落とすのは不可能なんだよね
もし200万の大軍で攻められようが、計算上は日本が勝ててしまう


>>399
意外と知られてないけど、ローマの侵攻やノルマン・コンクエストは勿論のことイングランドはデーン人やノルウェーの侵攻も受けてる
デーン人にはしばらくイングランドを支配されたし、ノルマン・コンクエストがあっさり成功したのはイングランドが北でノルウェーと戦っていた後背を突かれたから

405 : ヨーロッパヤマネコ(やわらか銀行):2012/10/25(木) 07:18:20.83 ID:rOWCyrYo0
>>331

実は戦後も続きがあって
台湾に逃げ込んだ国民党を追って共産軍が一気に台湾を
攻略しようとしたいわゆる金湾門の戦い。
それまで対国民党連戦連勝のイケイケ共産軍が台湾攻略を大失敗したのは
密かに台湾に渡って国民党に加わった旧日本陸軍のエリートが作戦参謀として味方したから。
つまり戦後もシナは日本人にしてやられたということ。


406 : アジアゴールデンキャット(東京都):2012/10/25(木) 10:23:41.75 ID:9yTjrvBt0
>>404
よくドーバーは渡りやすいからイギリスの場合は日本と違って守りづらいとかいうけど
デーン人は北海から来てるからねえ。

407 : バーマン(神奈川県):2012/10/25(木) 10:34:14.26 ID:Xz+p92Ji0
ビザンツ帝国は約2000キロも海を渡ってきた第4回十字軍に征服されたな
対馬海峡なんて200キロ程度で、文永の役の元軍は第4回十字軍の約3倍の兵力なんだけど

408 : (SB-iPhone):2012/10/25(木) 11:08:37.84 ID:JXsmWCCDi
>>103
ダークソウルかモンハンだろ

409 : メインクーン(千葉県):2012/10/25(木) 12:14:09.34 ID:WfnJIx2o0
こういう薀蓄&雑学スレを、最初から最後まできっちりまとめてあるまとめブログないの?

410 : 猫又(中国地方):2012/10/25(木) 12:31:12.38 ID:8wkV0xC+0
ネトウヨってやっぱり小林チルドレンなんだよなあ

411 : アジアゴールデンキャット(東京都):2012/10/25(木) 12:35:38.84 ID:9yTjrvBt0
>>409
大抵いい加減なまとめ方されるからなあ。
肝心の史料とかの根拠を載せないで下らない煽りあいばっかりに
されたりするし。

412 : ターキッシュアンゴラ(長野県):2012/10/25(木) 12:38:16.05 ID:tBD8SQKM0
弘安の役の水際阻止も嘘だったのか。
そういや地図見たら「防壁無いところあるじゃん、そこから上陸すれば良いのに元軍アホだなー」
と思ってた。元軍は流石に俺でも思いつくことを思いつかないアホではなかったか。

413 : キジトラ(芋):2012/10/25(木) 15:45:58.03 ID:nQOJCo+00
江戸っ子は朝鮮人だったのか

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)