5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大島渚の幻の名作が再放送 日本軍に従軍し両目失明、戦後韓国籍になり社会保障を受けられない元兵士

1 : 魔神風車固め(三重県):2014/01/12(日) 23:01:27.64 ID:zFhI+mSg0 ?PLT(12013) ポイント特典

昨年1月15日に亡くなった大島渚(なぎさ)監督のドキュメンタリー作品「忘れられた皇軍」が半世紀ぶりにテレビで再放送される。
DVD化もされていないため、幻の作品とされていた。ファンからもう一度見たいとの声が多く寄せられ、大島監督の没後1年を機に再放送が決まった。

「忘れられた皇軍」は、1963年、日本テレビの「ノンフィクション劇場」で放送された約30分間の映像だ。
日本軍に従軍し戦傷を負いながら、戦後、韓国籍となり社会保障制度からはじかれた元兵士を追う。

戦争で失った両目からこぼれる涙をカメラはアップでとらえる。
大島監督は「カメラは加害者」と話し、怒りや悲しみなど、戦傷者が感情をあらわにした瞬間を容赦なくアップで撮影。
電車内や海水浴場など東京五輪前年で盛り上がる街と白装束で募金活動する姿の対比を映し出す。
最後は「日本人よ、私たちはこれでいいのだろうか」というナレーションで締めくくっている。

放送当時、称賛の声が相次ぎ、優れた番組に贈られる第1回ギャラクシー賞に輝いた。
大島監督が在日問題に取り組むきっかけとなった作品とされる。映像を寄贈された川崎市市民ミュージアムには、今も作品を見ようと来館者が後を絶たない。
ただ契約上、館外には出せないため、幻の作品と呼ばれるようになったという。

再放送を決めた番組ディレクターの鈴木あづささんは「横っ面を殴られた気がしました。最近のお涙ちょうだいのドキュメンタリーとは違う。社会に怒りをぶつけている」と話す。

「反骨のドキュメンタリスト」(日本テレビ系列で13日午前0時50分(12日深夜)、BS日テレで19日午前11時)で放送予定。
「忘れられた皇軍」全編のほか、関係者が当時の制作秘話を語る。(江戸川夏樹)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140111002198_commL.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASG1B66MHG1BUCVL01C.html

89 : マシンガンチョップ(愛知県):2014/01/13(月) 22:51:27.05 ID:4QIe4VtG0
下朝鮮に帰れよ

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★