5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妹さんの影響力について (あるいは交換日記の話)

1 :名も無き被検体774号+:2012/05/28(月) 22:37:26.93 ID:AdpNOxmE0
知り合いに、妹の頼みなら、何でも聞く兄ちゃんがいた。

体が弱く、長い入院生活を送る妹さんは、
たちの悪いことに、なんか妙に可愛かった。

ある日、兄ちゃんは、妹さんに写真を見せてやった。
花見に行ったとき、友達と撮ったものだった。

「桜なんて、病室からでも見えるけどさ」と兄ちゃんが言うと、
妹さんは首をふり、「こういうの、もっと欲しい」と言った。

大事件だった。

妹さんが音楽以外のことに興味を示すのは、
四年前にスヌーピーにはまったとき以来のことで、
”これを利用しない手はない!”と兄ちゃんは考えた。

84 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 22:13:17.85 ID:va83xvoH0
しかし俺は、誰が見ている訳でもないのに、
存在しない誰かの期待を裏切りたくなった。

俺さえも予想しない行動に出てみたくなった。

というわけで、俺はマネージャーさんの素晴らしい誘いを断り、
課外が終わるなり大急ぎで祭の会場へ向かい、
一人で屋台や山車を撮影した後(気が狂っている)、
また大急ぎで病室へと向かい、妹さんにあきれられた。

85 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 22:17:44.15 ID:llioa4ai0
交換日記してたから読ませるのが上手いのかな?

86 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 22:32:10.76 ID:va83xvoH0
「こんな日に面会なんて、馬鹿じゃないですか?」

「誰にも誘われなかったんだ」

「本当ですか?」

「ほら、これがトルネードポテトの写真」

「おおー……行ってきたんじゃないですか」

「まあね」

「うそつき」

「まあね!」

「うそつきは泥棒の始まりですよ」

俺はいつもなら踏みとどまるような
あほな思いつきを実行に移した。
「うん。恋泥棒なんだ」

妹さんは笑うまいと努力したらしかったが、
ついふきだしてしまって、悔しそうにしていた。

87 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:02:44.49 ID:llioa4ai0
>>86
こーいーどーろーぼーwwwwwwwww

…よく言えたな、俺なら無理

88 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:05:52.02 ID:va83xvoH0
>>87
よく言えたよねー

89 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:09:15.80 ID:lGhp/cyM0
>>86
恋泥棒・・・読んでるこっちが赤面だわ

90 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:11:22.90 ID:va83xvoH0
「馬鹿じゃないですか?」
妹さんは笑いが収まらない様子だ。

俺は交換日記を手渡して言う。
「まあ本心は日記に書いてくれ」

「わかってます。わかってますよ」

「期待してるよ」

「誰と撮ってきたんですか?」

「一人でだよ。恥ずかしかった」

「何やってるんですか……」

「でも、よく撮れてるでしょ?」

「本当に。屋台って撮るの難しいんですけど」

「そうそう。神輿といい屋台といい、祭ものは難しい」

「詳しいですねえ」

「いつも君の兄さんの隣で見てたからね」

91 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:21:03.34 ID:bTS6wggP0
すごくイイ。ペースも良いし、文体が魅力的だ。

92 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:26:10.24 ID:va83xvoH0
>>91
文体について言ってもらえるのは嬉しいね!

93 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:40:26.62 ID:va83xvoH0
一通り撮影技術について二人で話すと、
妹さんは、祭の写真を、ちょっとだけ遠くに置いた。
俺はその動作が、なんだか妙に気になった。

俺はその写真に手を伸ばすと、ひっくり返して置いた。
妹さんはそれを見て、「ばれたか」という顔で笑った。

「ちょっと嫌な気分になった?」

「あはは、そうなんですよ。自分で頼んでおいて」

「やっぱり自分で行きたいよね、祭りは」

「ていうか、写真見て、『ここにいたかったなあ』って思って」

「そっか」と言った俺が感じていたのは、
正直なところ、祭に行けない妹さんへの同情ではなく、
彼女が俺と祭に行きたいと思ってくれていたことへの嬉しさだった。

94 :名も無き被検体774号+:2012/05/29(火) 23:47:31.65 ID:va83xvoH0
その日の妹さんの日記は、
文末にハートマークが三つあった。

俺はハートひとつにつき一回のガッツポーズをした。

95 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:08:26.68 ID:z9bbWpXD0
君はどれだけキザなのか

支援

96 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:10:43.95 ID:GzJVChvk0
六日目にあったことで覚えているのは、
二人で友人(兄ちゃん)に電話をかけたことだ。

話題が尽きて、二十秒くらい沈黙が流れたあと、
妹さんは突然、「電話かけましょう」と言った。

まずは、俺が一人でいる風を装って電話をかける。
妹さんが横で、「私がそばにいるのは内緒ですよ」と言う。

電話に出た友人は、妹のことが心配なのか、
自分の話も早々に切り上げて、
「仲良くやってるか?」と聞いてくる。

「帰ってきたお前が嫉妬するくらいに」と俺は答える。

「へえ……実際のところ、妹のこと、どう思う?」
言い逃れはさせないぞ、という感じの声。

97 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:17:38.30 ID:GzJVChvk0
俺はどうやってはぐらかそうか考えたが、
そばに妹さんはいないことになっているので、
嘘偽りなく本心を言うことにした。

「関係を壊すのが怖くて安易に告白できないほど好きだよ」

友人は案外驚かない。
「そうだろうなー。お前ら、気が合いそうだと思ってたんだ」

「妹さんくれ」

「親に言えよ」

それから俺は、俺の衝撃発言を受けて
挙動不審になっている妹さんに電話を代わる。
俺はなんだか楽しくて一人で笑い転げてしまう。

98 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:20:14.89 ID:R4GpnCt/0
寝る前に開いてしまった寝れん

支援

99 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:23:08.86 ID:vEp4LgpN0
結末を知るのが怖いな
俺はブルーで

100 :名も無き被検体774号+::2012/05/30(水) 00:26:40.45 ID:WgMA+c1l0
支援にゃあ

101 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:27:15.08 ID:GzJVChvk0
妹さんが友人と何を話していたのかは忘れてしまった。
俺自身も、自分の言ったことに動揺していたのかもしれない。

ただ、妹さんは、一回の電話の中で忙しく、
怒ったり笑ったり困ったり喜んだりしていて、
電話を切る直前、最後にぼそっと、

「関係を壊すのが怖くて安易に告白できないほど好きだよ」

そう言ったことだけは覚えている。
真似かよ。

102 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:32:08.68 ID:0c6BjIeIi
書き出しが面白いと内容も面白い、なかなかわかってるなこの>>1は。

俺は緑で!

103 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:35:42.80 ID:GzJVChvk0
そういう感じで夏は過ぎて行った。
まあ後は、ひたすら仲良くしてただけだ。

一般的な両想いの男女がするような探り合いを楽しんでた。
でもそれこそが幸せってもんだよ。

友人は全高総文では、良い賞は取れなかった。
いや、賞を取っただけでも、すさまじいことなんだけどさ。
友人が言うには、「審査員が腐っていた」らしい。
くだらないパンフレットの写真みたいなのが最優秀賞だった。

友人が帰ってきて、夏休みが終わり、
俺が面会に行ける機会は少なくなったが、
それからは、友人が交換日記配達人になってくれた。

104 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:41:39.41 ID:GzJVChvk0
一度はクラスメイトに日記をわたす現場を見られ、
俺と友人が交換日記をしているという
一番されてはいけない種類の誤解を受けた。

妹さんにそのことを話すと、
「あほだー」と一通り笑ったあとで、
”学校いいなー”みたいな顔をしたので、
髪をわしゃわしゃやってやった。

当然妹さんも俺の髪をわしゃわしゃしてきた。
この子が早く学校に戻れればいいなあ。
そう思った。

105 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 00:51:38.71 ID:GzJVChvk0
急に電話が来た夜があった。

「もしもし? 10円は60秒なので、手短に言いますね」

「そういえば番号教えてたね。かけてくれて嬉しいよ」

「ここじゃ、あんまり大きな声では言えませんけど、
 私、じつは先輩のこと大好きなんですよ」

「俺も君のこと大好きだよ。かっさらいたいくらい」

「やったー! よかったー」

「よかったよかった」

「……参りました、40秒くらい余りました」

「どうしようか」

「ふー」

「息吹き込まないで」

「照れ隠しです」

「ふー」

「わー、うるさい」

106 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:15:30.58 ID:W2yy4GR7O
BBAとosnね会話みたいだなw











C

107 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:21:55.80 ID:Q7hpYihQ0
「照れ隠しです」
「ふー」
この感じ、たまらん

108 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:23:43.39 ID:GzJVChvk0
一度、八月の寝苦しい夜に、
妹さんと蛍を見に行く夢を見た。

だから俺は蛍の撮り方を勉強して、
友人と協力して蛍の写真を一杯撮った。

その写真を作る工程がいかに複雑か
説明しながらふと妹さんの顔を見ると、
ちょっと目が潤んで赤くなっていて、
俺は知らないふりをして説明を続けた。

交換日記には妹さんの本心も書かれていた。
その辺りで、俺の外の生活はお終い。

109 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:26:02.93 ID:W2yy4GR7O
おい














おい…

110 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:27:49.95 ID:GzJVChvk0
妹さんの病気が治って欲しいという俺の願いは、
想像以上に早く聞き入れられた。

でも、俺は他人のことを心配してる場合じゃなかったらしい。
入れ違うようにして、俺の入院生活が始まる。

怪我して病院にいったときの検査で、俺の体に、
笑っちゃうくらい重大な欠陥が見つかったんだ。
今まで普通に過ごせていたことに、首を傾げてしまうくらいの。

111 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:32:00.58 ID:R4GpnCt/0
続きはよ

112 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:35:48.83 ID:GzJVChvk0
今では、高校の制服を着た妹さんが
俺の見舞いに来て、交換日記を置いていく。

友人も、かつて妹にしていたように、
写真を撮ってきて、俺に外の様子を知らせてくれる。

妹さんが映っている写真を俺は毎日眺めて、
一日の大半をベッドの上で過ごしている。
たぶん妹さんは、こんな感じの生活だったんだろう。

113 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 01:50:18.31 ID:GzJVChvk0
俺はそんなに悲観的に考えちゃいない。

そりゃあ、たしかに、妹さんと祭に行きたかったさ。
ろくでもない油まみれのポテトを一緒に食べたり、
山車や屋台にくだらない感想を言って歩きたかった。

妹さんが気に入っている写真を撮った場所に、
友人と妹さんと俺の三人で実際に行って、
同じような写真を、今度は妹さんを含めて撮りたかった。

写真も交換日記も電話もいらないくらい、
うざったいほど隣にいてみたかった。
そういう望みを挙げ出したらきりがない。

114 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 02:00:53.38 ID:BcPpTan70
なんか泣いてしまいそうだ

115 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 02:02:45.29 ID:GzJVChvk0
でもさ、今だってあの夏休みに劣らず楽しいし、
俺がこうなったことで、かえって好転したこともあるかもしれない。

なにより、妹さんと知り合ってからの一連の経験で、俺は、
「もののみかた」ってやつが変わった気がするんだ。

上手く説明できないけど、それは、この世に起こることの中で、
もっとも素晴らしいことのひとつだってことに、最近気づいた。

そういうわけで俺はしあわせに思う。
そこそこね。

116 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2012/05/30(水) 02:07:22.56 ID:flj7GuQz0
治るんだろ?
治るんだと言ってくれ
もしくは釣りでしたっていってくれ

117 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 02:10:41.21 ID:GzJVChvk0
歯切れの悪い終わり方だけど、これで話はお終い。
読んでくれた人は本当ありがとうだよ。

最後に、ちらっと宣伝だ。
http://fafoo.web.fc2.com/other.htm
念のための釣り宣言ってことでもある。

118 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 05:58:57.58 ID:TdxcxMsQ0
なるほど。

119 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 07:52:18.25 ID:GEO2NCO/0
>>117
凄い良かった 乙
妹ものならいくらでも読もう

120 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 07:56:26.65 ID:2NJn64s60
いや〜、面白かった。独特な世界観が出ていて、引き込まれましたわ。

121 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 08:15:03.31 ID:WF+bXRbm0
妹死ななくてよかたー
ただ。。。それだけだ。。。

122 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 08:23:26.48 ID:z9bbWpXD0
登場人物がみんな魅力的でよかった、乙

123 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 08:57:05.62 ID:739hikT7O
これぐらいのペースが一番いい

素敵な話ありがとなー

124 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 09:23:18.38 ID:flj7GuQz0
他もいくつか読まさせていただきました
良かった
爽やかをありがとう

125 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/05/30(水) 12:27:17.47 ID:Xdt1j/VIi
初期村上春樹的なかんじだ

126 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 13:51:01.66 ID:ins+6dTh0
ただのSSのようで、実はかなり大事なことについて書いてる感じ

127 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 17:30:58.42 ID:5kklwgKY0
よかった
>>1

128 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 17:39:15.28 ID:0wZ3DsJOi
タイトルは村上春樹を意識してそう

なんこか見たことあるわ。乙

129 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 17:54:36.57 ID:EapcieS00
おもしろかった
日本語が、きれいだ

130 :名も無き被検体774号+:2012/05/30(水) 20:36:29.41 ID:H4psZOFx0
お疲れ様でした

131 :名も無き被検体774号+:2012/05/31(木) 00:44:27.55 ID:LLdhTF7O0
もののみかた

132 :名も無き被検体774号+:2012/05/31(木) 02:40:33.87 ID:SSRPU4RQ0
面白かったよ
次作も楽しみにしてる。またな!

133 :名も無き被検体774号+:2012/06/01(金) 23:54:36.45 ID:ZHSCFdE/O
最後まで読んじまった 乙

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)