5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人を自殺させるだけの簡単なお仕事です

1 :名も無き被検体774号+:2012/07/22(日) 12:29:03.95 ID:4S5e64sI0
僕の仕事は、主に、部屋の掃除でした

なぜ他人の部屋をわざわざ掃除するのかと言うと
自殺には身辺整理がつきものだからです

きちんと掃除して、遺書を残して死ねば
その人の自殺を疑う人は、まずいません
とにかく綺麗にすること、それが大事なのです

手順は以下の通り定められています

@その人の体をのっとる
A辛そうに振る舞う
B身の回りを綺麗にする(これが一番大変)
C遺書を書く
D死ぬ

616 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 20:09:49.85 ID:C52lEJ8p0
志田未来


617 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 20:10:56.75 ID:FLhoa5yD0
ただいま。ほしゅ

618 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 20:15:02.11 ID:o34a/l0Z0
追いつき保守!

619 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 20:21:39.37 ID:QEokXViZO
北乃きい

620 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 20:46:40.17 ID:gRxAZzyX0
モデルだが中条あやみを推す

保守がてらに

621 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 21:43:38.07 ID:DrLqZlrpO
ほしゅ

622 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:02:14.96 ID:lE2eu6q10
保守いすぎだろアホか









保守

623 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:35:09.70 ID:cFDsypt00
支援&保守

624 :1:2012/08/08(水) 22:36:27.35 ID:p/vEXlSh0
今までのあらすじ
・松山と吉高とかどこのGANTZだよ!

625 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:42:59.20 ID:p/vEXlSh0
当てもなく車を走らせました
途中で寄ったCDショップで青空が買った
「ラバーソウル」がカーステレオから流れています

山道に入ると、急カーブが多くなり、
貧弱な青空は左カーブに入るたびに
「わー」と運転席に倒れ込んできます
いつの間にかベルトを外しているのです

一度は間違えて、右カーブなのに
運転席方向に倒れてきました

「さて」と青空が切り出します
「いまから、身勝手な話をします」

626 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:47:08.41 ID:p/vEXlSh0
「私、これまでに、八人殺したじゃないですか。
 そのことを後悔してはいるんです。

 今思うと、あの人たちが具体的に
 どんな悪さをしたのか私は知らないし、
 仮に悪い人たちだったとしても、
 私個人は全く恨みもなかったんです。

 なんであんなことしちゃったんでしょう?
 あの中にくもりぞらさんがいたとしても、
 当時の私だったら殺しちゃったと思います。
 そう考えると、やっぱりとんでもないことを
 やらかしちゃったんでしょうね、私は。

 ……でもですね、九人目でやめて以降、
 私の身に起きた一連の出来事については、
 ひそかに、気に入ってさえいるんです。
 それと引き換えにこれから起こる、
 さみしい事態も考慮した上で、ですよ」

627 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:54:26.33 ID:p/vEXlSh0
「そのことについてなんだが――」
僕は以前思いついた仮説を青空に話します

「なるほど」と青空は言います
「確かに私も、疑問には思ってたんですよ。
 そもそもどうして、標的に関する情報が
 自動的に頭に浮かんでくるのか」

「他にどうとでも利用できそうなその能力を、
 標的の殺害だけに注ぎ込もうとしてしまうのか」

「そうそう。今考えると、妙ですよね」

628 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:54:45.60 ID:QEokXViZO
お帰りなさい

629 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 22:59:38.21 ID:7HDnO2mMO
>>1さんキター!!!(=゜∀゜)

630 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 23:02:12.45 ID:p/vEXlSh0
「でも」青空はきっぱり言います、
「証拠はどこにもないんでしょう?
 私たちを操ってる人がいるっていう」

「そうだけどな、そんなこと言い出たら、
 極端な話、俺たちの他殺にも証拠なんてない。
 俺たちは自殺させたと思い込んでるだけで、
 実際は、彼らがきちんと彼らの意志で
 そうしていたのかもしれないんだ」

「そして何より」と僕は言います、
「どんな理由であれ、青空が自分の意志で
 人を殺したりするとは思えないんだ」

「八人殺しました」と青空は言います

「ナイフは人を殺さない。ナイフで人を殺すんだ。
 どっかの誰かが、青空で人を殺したのさ」

631 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 23:08:23.06 ID:p/vEXlSh0
「都合よく考えようぜ」と僕は続けます、
「俺たちはおそらく、人を殺したっていうことから
 気を逸らそうとするあまり、逆に必要以上に
 責任を負おうとしてしまっていた部分がある。

 だが、特にならない殺人をする理由がどこにあった?
 いくらでも自分に利益をもたらせられるはずの
 この能力を、どうして活用しようとしなかった?

 おそらくこの能力には制限がかかっていたんだ。
 俺たちが向こうの意にそぐわない行動をしないように」

632 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 23:13:36.55 ID:p/vEXlSh0
「うーん、もしそうだとしたら、嬉しいんですけど」
青空はうつむいて、少し間を置きます
「でも、なんにせよ私は、だめですよ。
 八人殺したおかげでくもりぞらさんに会えた、
 あーよかったって考えてるようなやつですから」

「違う、八人で止めたから俺と会えたんだ」

青空は困ったような笑顔を浮かべます
「確かに、決してないとは言い切れない話です。
 ですが、それでも犯人が確定するまでは、
 ひとまず私がその責任を負うべきだと思うんですよ」

「素晴らしい心がけだな。犯人が分かるまでは
 ひとまず殺されておこうってわけか?」

「だって、しかたないじゃないですか」

633 :名も無き被検体774号+:2012/08/08(水) 23:16:36.41 ID:b1m5Vjvq0
青空ちゃんになって恥ずかしいことされたい・・・

634 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 00:14:13.03 ID:9EVIAKkk0
保守

635 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 00:19:56.94 ID:x5DzCkmi0
保守 まだ書いてくれてる?

636 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 00:22:21.66 ID:3dNv+elR0
>>6
面白い(尾も白い)
支援

637 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 00:30:40.41 ID:tw7IGCwp0
気分が落ち込んでいた自分に最高のスレ
支援

638 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 00:34:29.22 ID:rmUa4vCuO
おいついたった
支援

639 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 01:05:14.48 ID:W9H8Yp6M0
ついに追いついてもた…
保守(´・_・`)

640 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 01:30:13.34 ID:dDF8LYW1O
今までのも全て見てきました
最高です
日本語が綺麗で魅力的です
頑張ってください

641 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/08/09(木) 01:32:18.90 ID:EG04OTIbO
これは間違いない

642 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 01:58:11.60 ID:/toIbLND0
保守


一気に読みたくなる

643 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 02:14:13.13 ID:tw7IGCwp0
青空になりたい

644 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 02:20:02.61 ID:8+N7R/ln0
時々男前化するくもりぞら
そして、何とも言えずキュートな青空
傑作だ

645 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 03:17:24.37 ID:E0G5p1Y2O
保守しますね

646 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 03:43:18.49 ID:dJXFE/vT0
>>1さんおかえりー!
今夜もねれませんなぁ!

647 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 03:44:45.48 ID:g6N2pYHw0
満島ひかりで脳内再生

648 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 03:54:37.26 ID:dJXFE/vT0
ほす

649 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 04:48:45.63 ID:8+N7R/ln0
>>647
じゃあ男役は瑛太だな

650 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 07:23:06.58 ID:it1RNPeP0


651 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 09:00:26.70 ID:uikDAzTj0
素晴らしい

652 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 09:06:10.97 ID:LXW1qWPQO
追いついてしまった
保守

653 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 10:27:56.04 ID:GGIh9Ptr0
「ひだり」と青空が突然言います
言われなくても僕だって気付いています

車を停めて、外に出ます
視界の上半分が青い空と白い雲なのに対し、
下半分は黄色と緑で埋め尽くされています
大きな白い風車が、いくつか回っています

「ひまわりもあるし、風車も回ってるし、
 とってもくもりぞらさん的空間ですね」
青空が僕の隣で言います

654 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 10:32:56.91 ID:GGIh9Ptr0
こんな光景を、昔見たことがあるような気がしました

制服の女の子とスーツの男
妙にちぐはぐな印象を与える二人が
並んでひまわり畑を見下ろしているのです

もちろん実際はそんなものを見たことはなく
たぶん単純に、その光景があまりにも
僕の好みに適合していただけなのでしょう

655 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 10:42:06.52 ID:GGIh9Ptr0
青空は指折り数えます
「んーと、メリーゴーランド、観覧車、
 オルゴール、時計、ひまわり、天体」

そして、「ですよね?」という目をこちらに向けます

「そうだ」と僕はうなずきます

「それと、ゆっくり回転する私」

「ああ。別に回転しなくてもいいけどな」

青空は僕の目を見たまま固まります
「おー……不意打ちですね」

「こういうのは逆に困るだろう?」

「困ってます。照れてます」
まわんなくてよかったのかー、と青空はひとりごちます

656 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 10:51:44.02 ID:GGIh9Ptr0
「ひまわりは達成したので、次にいきましょう」

「全部回る気なのか?」と僕は訊きます

「そうです。ゆっくり回るものを、
 ひとつずつ、ゆっくり回りましょう」

それは確かに、理想的な過ごし方でした
「お前はそれでいいのか?」と僕はたずねます

「それがいいんですよ。好きなものばかり見て、
 くもりぞらさんは生に執着しちゃえばいいんです。
 死ぬのいやだーって私に泣き付けばいいんです」

「なるほどな」

657 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 10:52:21.18 ID:V31zjOUeO
追い付いたら降臨していた件

658 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 11:00:23.60 ID:GGIh9Ptr0
からかうように、青空が軽く体当たりしてきます
「何だか、くもりぞらさんらしくないですね。
 決定権は、いつでもあなたにあるんですよ?
 したいと思ったことをすればいいじゃないですか」

「いや。もう俺も、あのうさんくさい力は失ったんだ。
 もう青空を操ることはできない。良かったな」

「そんなこと問題になりませんよ、私、
 あなたの言いなりになるの、癖になっちゃってますから」

「そうか」僕は納得します、「まわれ」

青空はその場でくるくる回りはじめます

659 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 12:47:50.52 ID:Wubqar3W0
そこらの小説より面白い。

660 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 13:37:07.92 ID:K7vqqGWD0
青空ちゃんに恥ずかしいことしたい

あと青空ちゃんのかわいさに隠れがちだけど
小道具選びや音楽のチョイスが趣味を感じさせるね

661 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 14:29:29.33 ID:YLUVPDak0
更新キテター!

662 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 14:29:33.75 ID:BojKzBTG0
空気感が好き

663 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 ◆5HXCUDcjmMRJ :2012/08/09(木) 14:33:43.61 ID:Kh2v39El0
こんなことになってたなんて

664 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 14:40:59.18 ID:K7vqqGWD0
ちなみにあおぞらは橋本愛で想像

665 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 14:47:41.13 ID:mLuwumSa0
ほほほ

666 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 14:50:15.67 ID:dJXFE/vT0
起きたら降臨してた。
ほんとにおもしろい。

667 : 本日の利用料 4,065円 :2012/08/09(木) 17:17:23.08 ID:fRCJlb2G0
C

668 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 17:42:50.23 ID:vfMwXGUw0
>>664
橋本愛ぴったり
くもりぞらさんは瑛太



669 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 18:13:35.43 ID:F/s6nuWEO
橋本愛って実写版アナザーの子か

670 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 19:42:41.86 ID:Y48ycBxt0
「じゃあ、ゆっくり回転する私」

なんかもう、この台詞にやられてしまった
続きが楽しみです

671 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 21:43:51.11 ID:YLUVPDak0
限りなく保守に近い何か

672 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 22:47:59.84 ID:NoR23G9N0
支援。
面白ですー

673 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2012/08/09(木) 23:02:34.31 ID:8p6U8HYx0
ほす

674 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 23:06:19.56 ID:CA5JTVsa0
なにこれ面白い
ほしゅ

675 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 23:07:23.88 ID:iCZuI2uG0
ほすほす

676 :名も無き被検体774号+:2012/08/09(木) 23:10:36.65 ID:7OyLUHBs0
っC

677 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 00:20:46.67 ID:71kgF5Al0
俺の青空はきききりん

678 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 00:26:00.91 ID:KxOZjPlV0 ?2BP(0)
>>598
ないわw

679 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 00:31:15.47 ID:KxOZjPlV0 ?2BP(0)
>>647
友達の姉貴だわw

680 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 00:49:42.57 ID:LMQDwvW10
まってる。

681 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 01:20:19.09 ID:rIb3sVvH0
保守

682 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 01:34:31.57 ID:xqwnr3OJ0
オヤスミー( ^ω^)ホシュー

683 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 02:09:25.79 ID:aYU3p4ct0
ほっしゅーと

684 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 04:17:02.57 ID:JWJ1JzxFO
続き気になるー!
ほすっ!

685 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 04:39:41.45 ID:LMQDwvW10
ほすぴたる

686 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 04:42:52.46 ID:mXUIscl40
ホシュー

687 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 04:48:08.24 ID:sPsEUzfZO
青空は…









死にました。
終了〜(^o^)/

688 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/10(金) 12:11:22.49 ID:DYJ04u+d0
ほす

689 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 12:26:25.23 ID:3yZzjeQkO
ここまでつまらないの久しぶりに見た
過激にするだけでここではウケるんだよな

690 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 14:32:57.78 ID:QOoMwnQg0
てかショッカーの人じゃないのか、なんでタイトルパクったの?
んで中弛み?尻すぼみ?
しっかりしてよ

691 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 15:00:54.88 ID:PM6G4KQD0
夏だなあ

692 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 15:40:13.06 ID:3QdzGHwD0
>>689
>>690
はいはい。ゴミは黙っててねw

693 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 15:47:56.30 ID:9EyK2Q+C0
>>1は間違いなくfafooさんだと思うけど、ショッカーの人?ってのが書いたスレ教えてくれー

694 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 15:52:06.67 ID:9EyK2Q+C0
あ、ニートがショッカーになる奴の話か。ごめん、分かった

695 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 18:13:56.45 ID:wlySJbwn0
保守

696 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 18:15:58.04 ID:LMQDwvW10
ほしゅいってしゅ

697 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/10(金) 18:39:12.23 ID:QrQFK3KB0
ほしゅ

698 :1:2012/08/10(金) 19:46:59.48 ID:Z/us+aeL0
今までのあらすじ
・保守ありがとうございました
・今日こそ完結させます

699 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2012/08/10(金) 19:52:11.10 ID:0+fOwA+Z0
おお
待ってる

700 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 20:01:40.87 ID:sIQvmOhP0
おおおおお期待しておりますでありますっ

701 :1:2012/08/10(金) 20:03:21.21 ID:Z/us+aeL0
二時間ほどで、青空の言うデパートに到着します
屋上遊園地などという時代錯誤的なものが
未だ存在していたことに驚きました
外装も城みたいで、大時代的です

「未だっていうか、新しく出来たんですけどね。
 時代錯誤がむしろ格好良いみたいな
 最近の風潮に合わせて作られたらしいです」

ここにはくもりぞらさんの好きなものが
いっぱいあるんです、と青空は言います

地下駐車場に車を停めると、店内に入ります
天井は呆れるほど高く、冷房ががんがんきいています
自分が縮んだような気になる場所でした
まだ夢が売っていた時代のデパートみたいです

702 :1:2012/08/10(金) 20:09:58.31 ID:Z/us+aeL0
良い雰囲気の雑貨屋を見かけると
青空は僕を置いて中に入っていきました
ついていこうとすると、追い払われます

「くもりぞらさんはメロンでも見ててください」

青空なりにやりたいことがあるようです
仕方がないのであたりをうろつきます

デパートに来るのは久しぶりでした
おかげで、子供の頃の記憶が
そこにそのまま残っている気がしました
もちろんこの場所を訪れたことが
あるわけではないのですが

703 :1:2012/08/10(金) 20:14:37.07 ID:Z/us+aeL0
エントランス付近のベンチに座って青空を待ちます
行き交う人々は、みんな幸せそうに見えます
実際、ここを訪れるような人は、ある程度裕福で、
「余計なこと」に金を割く余裕のある人たちです

子連れの客が多く、どこの子供も、
絵本の中から出てきたような感じです
立派な服、整った顔立ち、綺麗な体つき

彼らの将来を考えて、自分の現状と比較し、
僕は勝手に落胆して溜息をつきます

704 :1:2012/08/10(金) 20:19:48.10 ID:Z/us+aeL0
いつの間にか青空が脇に立っています
「さ、いきましょう」と青空は言います
何をしていたのかは聞かずにおきます

エレベーターが混んでいる様子だったので
いつも見るものより数段長いエスカレーターに乗ると
青空は壁に貼られた注意書きを指差しました

「黄色い線の内側では手を繋いでください、ですって」

「お子様と手を繋いで黄色い線の内側に、な」

「似たようなものです。私、年下ですから。
 ほら、黄色い線の内側ですよ」青空は手を差し出します

僕はその白くて細い指をそっと握ります
すかさず青空がぎゅっと握り返してきます

705 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 20:25:20.89 ID:wlySJbwn0
見てます
支援

706 :1:2012/08/10(金) 20:28:38.01 ID:Z/us+aeL0
「あれみたいですね、恋人みたいです」
僕の顔を見上げて青空が笑みを浮かべます

「これだけじゃあ兄妹と似たようなもんだ」

「傍から見ても、そう見えますかね?」

「ああ。どう見ても仲の良い兄妹だ」

「これでも?」青空は自分の指を
僕の指の間に入れて、握り直します

「おいおい」と言いつつも、
僕はその手をしっかり握り返します

707 :1:2012/08/10(金) 20:35:51.94 ID:Z/us+aeL0
僕らが屋上遊園地に到着した途端
場内に大きな音楽が流れ始めます

真上にある時計台からの音のようです

「からくり時計ですね」と青空が言います
「10万人目の来場者になったかと思いました」

「雨だ」と僕は手を差し出して言います
今はまだ弱いですが、徐々に強くなる類の降り方です

「雨ですね。じゃ、さっさと乗っちゃいましょう」
メリーゴーランドと観覧車を指差して青空は言います

濡れた石畳が遊具のカラフルな光を反射して
屋上はクリスマスみたいなことになっています

708 :1:2012/08/10(金) 20:40:58.97 ID:Z/us+aeL0
メリーゴーランドは、よくある子供騙しの
チープなものではなく、凝った造形のものでした

念のために僕は言っておきます
「俺は見るのが好きなわけで、
 別に乗りたいわけじゃないんだよ」

しかし青空は二人分のチケットを購入し、
結局僕たちは馬車に向かい合って座ります

合図が鳴り、馬車が動き出します
青空は身を乗り出して、僕に言います

「『とても酷いやり方』でいつか殺す、
 くもりぞらさんはそう言ったわけですけど」

「言ったなあ、そういえば」

「どんなやり方なんです?」

709 :1:2012/08/10(金) 20:46:01.84 ID:Z/us+aeL0
少し考えてから、僕は答えます
「そうだな。まず……簡単に殺しはしない。
 時間をたっぷりかけて、じわじわ殺すんだ。
 死ぬときに未練や後悔が残るように、
 できるだけ生に対する執着が増すような、
 そういう暮らしを、長期に渡って送らせる」

「時間をたっぷりって、いつごろ殺すんです?」

「幸福慣れするのに時間がかかりそうな
 相手だからな、慎重にいく必要がある。
 十年、二十年、場合によっては、百年でも」

「私は時間かかりますよー」、青空が得意気に言います

710 :1:2012/08/10(金) 20:55:30.22 ID:Z/us+aeL0
想像通り、雨は次第に強くなっていきます
屋上の客はどんどん減っていきます

観覧車に乗り込み、半分くらいの高さまで
昇ったところで、青空はぽつりと言いました
「百年かけて、殺されたかったなあ」

「俺もそうするつもりでいたさ」

「でも、難しそうですね」

「今となっては、明日も知れぬ身だからな」

「なんとかして、逃げられないものですかね?」

「俺もそれをずっと考えてる。でも向こうは、
 その気になりさえすれば、何でも出来てしまう」

「うーん……」と青空は俯いて考えます

711 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 20:55:50.98 ID:PM6G4KQD0
>>1の欲望が文によく表れてる いいね

712 :1:2012/08/10(金) 21:00:13.21 ID:Z/us+aeL0
「こんなのはどうでしょう?」
観覧車が三分の二くらいの高さまで
来たところで、青空は言います

「くもりぞらさん、標的を自殺させる上で、
 定められた手順を言ってみてください」

僕は頭の中の文章を読み上げます、

@その人の体をのっとる
A辛そうに振る舞う
B身の回りを綺麗にする
C遺書を書く
D死ぬ

「そう。そして、一つ目を阻止することは困難です。
 でも、二つ目、三つ目、四つ目を、
 全身全霊で邪魔したらどうなるんでしょう?」

713 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 21:43:49.85 ID:sIQvmOhP0
C

714 :1:2012/08/10(金) 21:49:07.12 ID:Z/us+aeL0
「たとえばですね、Aを妨害するとして、
 自殺する理由が見当たらないどころか、
 絶対に自殺するわけがないって思われるくらい、
 幸せになっちゃえばいいんじゃないでしょうか」

「まあ確かに、向こうには、周りに自然な自殺だと
 思わせなければらない義務があるからな」

「そうです。くもりぞらさんの幸せはなんですか?」

「今まさにってところだな。青空といること」

青空は頬をかいて目を逸らします
「えーと……いや、すごく嬉しいんですけど、
 こんなことで満足しないでください。
 まだまだこれからじゃないですか。
 こんな陳腐なことは言いたくないんですが、
 生きてればもっと楽しいことが沢山ありますよ」

715 :名も無き被検体774号+:2012/08/10(金) 21:54:54.37 ID:sIQvmOhP0
>>713だが
Cはただの支援で「遺書を書く」
じゃないのです
紛らわしくてすまんな


716 :1:2012/08/10(金) 22:07:12.93 ID:Z/us+aeL0
僕らの観覧車が一番高くなる瞬間が訪れます
その高さからは、雨に濡れた街が一望できます

窓にはりつくように下を見ながら、青空は言います
「そう。私はくもりぞらさんと同じ大学へ行くんですよ。
 がんばって勉強して、くもりぞらさんの後輩になるんです」

「だいぶ頑張らないといけないな」僕は苦笑いします

「大丈夫ですよ。くもりぞらさんが教えてくれますから。
 そうしてまた、一緒にカフェに行って勉強したり、
 映画を観に行ったり、お酒を飲んだりするんです。

 毎年、私たちに殺された人たちのお墓参りにいって、
 あんまり派手な生き方はしないようにして、けれども、
 必要以上に卑屈にはならず、強かに生きていくんです。
 そう、明るい日陰で生きていくんですよ。

 そのときは、今までみたいな話し方をやめて、
 お互いとっても素直に、昔のことを話すんです。たとえば――」

163 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)