5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年「え、今日テスト?やべー全然勉強してねーわー(赤目)」

1 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:10:43.90 ID:r8cpol0lI
少女「……眼、真っ赤だよ?」

少年「は?これちげーし。一晩中ゲームしてただけだし」

少女「……そのわりには、ノートびっしりだね」

少年「は?ちげーし。急いで友達のコピーしただけだし」

少女「手書きに見えるけど……」

少年「だからちげーし!徹夜でテスト勉強とかやってねーし!」

少女「……」

少年「あーやべー。マジやべーわー」

2 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:8) :2012/10/13(土) 19:12:10.26 ID:TeXTOfkr0
この少女は少年のことが好きと見た


くっそがぁあああああああ

3 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:19:48.58 ID:6SrGJmdf0
ちょっとかわいい

4 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:20:50.52 ID:r8cpol0lI
〜 一週間後 〜


少女「……学年一位取ってるし」ボソッ

少年「は?そんなのたまたまだし。勘で答えたら当たっただけだし」

少女「……やけに嬉しそうだね」

少年「は? べ、別に嬉しくねーし!」

少女「……そう」


少女「……わたしだって、頑張ってるのにな……」

5 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:30:45.29 ID:r8cpol0lI
〜 二週間後 〜


少年「あー、マラソン大会とかマジだるいわー」

少女「どうしたの?そのテーピング」

少年「は?何でもねーし」

少女「サポーターまで付けて。怪我してるなら休めば……」

少年「だから怪我なんてしてねーし!こっそり走り込みとかしてねーし!」

少女「……」

少年「あーやべー。マジだるいわー」

6 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:32:12.62 ID:WUV5ylPT0
こんなやついるよな

7 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:33:40.73 ID:yl4qsXah0
だから赤目軽減の設定しろとあれほど

8 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:36:10.58 ID:/suRd3Qdi
書き溜めてから来いよ

9 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:40:21.48 ID:r8cpol0lI
〜 一時間後 〜


少女「……校内一位取ってるし」ボソッ

少年「は……?そ、そんなの……たまたま……だし……」ゼェハァ

少女「……息切れてるよ?」

少年「は……?そんなこと……ねぇし……」ゼェハァ

少女「……そう」


少女「……すごいな……くんは……」

少女「……それに比べて私は……」

10 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:46:01.32 ID:6mgBfn/CO
>>1だけ見ると地獄のミサワ

11 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:50:03.41 ID:r8cpol0lI
〜 二週間後 〜


少女「うぐっ……ひっく……」

少年「……」

少女「うぇえっ……うぇぇぇ……」

少年「……」

少女「……! ……くん!?」

少年「げっ……」

12 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 19:56:55.06 ID:r8cpol0lI
少女「ど、どうしたの、こんな所に」ゴシゴシ

少年「は?夕飯のおつかい頼まれただけだし」

少女「……こんなスタジアムに?」

少年「は?ち、ちげーし!買い物の帰りだし!」

少女「そのわりには、袋の中身が小さいような……」

少年「だ、だからそんなんじゃねーし!お前の試合見に来たとかじゃねーし!」

少女「……!」

13 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:00:08.27 ID:jZAOnFhP0
期待

14 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:00:23.91 ID:ln68/S5r0
支援

15 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:00:39.76 ID:dUDS7E7a0
書き溜めてないのかよ、チッ


しゃーねーから俺がゆっくり見ててやるか、しゃーねーから

16 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:02:15.85 ID:r8cpol0lI
少女「……そっか……見に来てくれたんだ……」

少年「だからちげーし!勝手に納得すんなし!」

少女「そっか……じゃあ、カッコ悪いところ見せちゃったね……」

少年「だ、だから……」

少女「……ごめんね……せっかく……見に来てくれたのに……」

少年「……」

17 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:03:34.76 ID:Cs4kZPV+0
        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ____
        /⌒   ー \
       / (●)  (●) \  +
     / :::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
      |     |r┬-|    |  +
.      \_   `ー'´   _,/
      /            \     +
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
   _(,,)    早く続きを    (,,)_
  /  |     頼みます |  \
/    |_________|   \

18 :奈良県民@さらだぱん ◆YJlzW4M4/U :2012/10/13(土) 20:04:54.58 ID:D0wfUo1R0
早く続きが読みたいぜ

19 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:06:54.61 ID:r8cpol0lI
少年「ん」


少女「へっ……?」

少年「ん」

少女「何これ……?」

少年「アイスだし」

少女「……くれるの?わたしに?」

少年「は?他に何の意味があるんだし」

少女「で、でも……これっておつかいのなんじゃ……」

少年「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

20 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/13(土) 20:09:20.76 ID:cwOmoqBV0
いいね

21 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:10:26.87 ID:SPXhtuna0
まとめ希望

22 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:11:29.96 ID:r8cpol0lI
バサッ!


少女「わっ!」


タッタッタッタッタッ…


少年「……」

少女「ちょ、ちょっと!……くん!?」


タッタッタッタッタッ…


少年「……」

少女「ね、ねぇ!待ってってば!」


タッタッタッタッタッ…

23 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:16:24.37 ID:r8cpol0lI
クルッ


少年「おい!!」

少女「え……?」

少年「……ぁ……」

少女「……?」

少年「……ぁ……あし……」






少年「明日は笑って学校に来いよ!!」






少女「……!!」

少年「へへっ……じゃあな!」

24 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 20:19:37.43 ID:Cs4kZPV+0
トトロのカンタ思い出した

25 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/13(土) 20:24:24.11 ID:i3IIE6iB0
なんかいいなぁ…こういうの

26 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 21:00:04.90 ID:4Vha1u/d0
この>>1は青春を分かってる

27 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 21:16:03.98 ID:YV3oXue00
甘酸っぱいなぁ

28 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 21:39:22.31 ID:aWlSBzyU0
え?おわり?

29 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 21:50:57.20 ID:9FKOs9Hd0
http://blog-imgs-51.fc2.com/y/a/r/yaraon/9kd7v.jpg
http://blog-imgs-51.fc2.com/y/a/r/yaraon/v3A1t.jpg
http://blog-imgs-51.fc2.com/y/a/r/yaraon/201210122320382a1.jpg

2つめの答えが分からん
誰かサイコパスの方、解説してください

http://bakusyouten.blog92.fc2.com/blog-entry-5099.html

さっぱり分からん


30 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 22:17:57.88 ID:qAZ7UW9C0
これはいいミサワ

31 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 22:22:54.29 ID:qAZ7UW9C0
>>29
俺サイコパスじゃないから、多分だけど社長の妻と息子じゃなくなったからかな

32 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 23:41:02.84 ID:RjSLLw7U0
支援

前にもSS書いてなかったか?

33 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 00:24:19.47 ID:rJlkz2hz0
ええね

34 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 09:44:30.91 ID:GM8UaKGGI
〜 一週間後 〜


少年「……」

少女「あっ、いたいた……くーん!」パタパタ

少年「ぉ……」

少女「ごめん、まさかこんなに早く来てるとは思わなくて……」

少年「は?今日はたまたま早起きしただけだし」

少女「そっか……って!すごいクマだよ!大丈夫?」

少年「は?マンガ読んでて夜更かししただけだし」

少女「よくそれで早起きできたね……」

少年「べ、別に! 今日が楽しみすぎて眠れなかったとかじゃねーし!」

少女「ぇ……」

35 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 09:54:52.58 ID:GM8UaKGGI
少女「……そ、そうなの?」モジモジ

少年「だ、だからちげーし!ヘンな勘違いすんなし!」

少女「……そっか、ふーん……」

少年「おい!だから勝手に納得すんなし!」

少女「……」

少年「お、おい……」

36 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 10:01:16.17 ID:GM8UaKGGI
少女「……今日はごめんね、急に誘ったりして」

少年「……は?」

少女「このあいだのね、お礼をしようと思ったの。あのアイスの……」

少年「は?あんなのメッチャ安いやつだし」

少女「ううん、そうじゃなくて……」

少年「……?」

少女「……な、なんでもない」

37 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 10:17:08.59 ID:GM8UaKGGI
少年「……?」

少女「だからその……迷惑じゃなかった? わたしなんかに誘われて……」

少年「は?お前バカかし」

少女「えっ……」

少年「本当に迷惑なら、はじめっから来てねーし」

少女「……!」


少女「……ふふっ」

少年「な……何だし」

少女「じゃあ行こっ!」ギュッ

少年「お、おい!勝手に手つなぐんじゃねーし!」

少女「へへ……今日はいっぱい楽しもうね!」

38 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 12:07:14.11 ID:NsDLFut40
続きマダー?

39 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 15:05:42.34 ID:UVzd/Za6i
少年可愛いなw

40 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:03:01.51 ID:GM8UaKGGI
〜 七時間後 〜


少女「ふわぁ〜〜……いっぱい遊んだねぇ!」

少年「……も、もう限界だし……」

少女「うわ!すごい、もうこんな時間だよ!」

少年「だから、さっきからそう言ってるし……お前はしゃぎすぎだし」

少女「えー、だって楽しかったんだもん……」

少年「……」

少女「あ、そっか……くん、寝不足だったんだっけ?」

少年「……」

少女「……ごめん、やっぱり楽しくなかった?」

41 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:06:00.61 ID:GM8UaKGGI
少年「……そ、そんなこと一言も……」

少女「あっ!見てほら!夕陽!」

少年「…………人の話を聞けし」

少女「わぁ……きれい……」

少年「ん……まぁ、悪くはねーし……」

少女「……」

少年「……」

少女「……」

少年「……」

42 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:13:11.19 ID:GM8UaKGGI
少年・少女「「あ、あのっ……!」」




少女「あ……」

少年「……! な、何だし……」

少女「……くんこそ、何?」

少年「お……オレはあとでいいから、お前が先に言えし」

少女「わ、わたしの方こそ、あとでいいからさ!」

少年「……」

少女「……聞かせて」

43 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:18:12.15 ID:GM8UaKGGI
少年「……じゃあ、言うし」

少女「うん……」

少年「……」

少女「……」

少年「あ、あの……」

少女「……うん」

少年「オレ……オレさ……」

少女「……」ゴクリ

少年「オレ……」








少年「オレ…………引っ越すことになったんだ」

44 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:19:28.33 ID:eJvTxHCP0
ん!?

45 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:25:18.96 ID:GM8UaKGGI
少女「……………………え?」


少年「な……何だし」

少女「ひ、引っ越す……って……くんが!?」

少年「は?だからそう言ってるし」

少女「な、なんで!? 聞いてないよ!」

少年「……だって今言ったし」

少女「……そ、そんな……」

少年「……」

46 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:31:10.90 ID:GM8UaKGGI
少女「…………いつ、引っ越すの?」

少年「来週の日曜にはもう……」

少女「ええっ!?急すぎるよ!」

少年「べ、別に急じゃねーし!前々から先生や友だちには言ってあるし!」

少女「ぇ……」

少年「……な、何だし」

少女「……じゃあなんで……わたしには言ってくれなかったの……」

少年「……そ、それは……」

少女「……」

少年「……なんで、お前に言わなきゃいけないんだし」

47 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:35:35.05 ID:YStsmq2/0
うわああああああ

48 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:38:59.45 ID:UVzd/Za6i
oh…

49 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 16:41:38.52 ID:GM8UaKGGI
少女「……っ!」


バッ!


少年「おわっ!?」


ダッダッダッダッダッ…


少年「お、おい!ちょっと待てし!」


ダッダッダッダッダッ…


少年「おい!さっきお前は何を言いかけたんだし!」

少女「知らないッ!」


ダッダッダッダッダッ…


少女「……くんなんか……くんなんか……」

少女「……くんなんか、どこへでも行っちゃえ!」

50 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/14(日) 16:43:50.89 ID:TSeduzqP0
見栄張って嘘ついたパターンと見た

51 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 18:05:54.71 ID:UrWyElov0
純情でいいよね
こんな風でもいいから気持ち伝えてえよな





泣きてえよクソッ

52 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 18:25:43.73 ID:nBnrMtsk0
>>50
同意

53 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 18:52:53.49 ID:GM8UaKGGI
〜 一週間後 〜


少年「……」

姉「……こんな所にいたか」

少年「……!」

姉「電車、そろそろ出るよ」

少年「……まだ十分以上あるし」

姉「父さんと母さんも待ってる」

少年「……」

姉「……」

54 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 18:56:17.06 ID:GM8UaKGGI
姉「……あんた」

少年「……」

姉「もしかして、まだ例の子のこと……」

少年「……」

姉「……まぁいいけどさ」

少年「……」

姉「五分前には、ちゃんと来るんだよ」

55 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:03:07.48 ID:GM8UaKGGI
〜 五分後 〜


少年「……」

少年「……」


『……くんなんか、どこへでも行っちゃえ!』


少年「……」

少年「……」


ー○○行きの電車が、まもなく出発しますー

ーご乗車の方は、一番ホームへお急ぎくださいー


少年「……」

少年「……」

少年「……あのバカ」

56 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:04:08.30 ID:TSeduzqP0
おっ、始まったな

57 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:08:03.82 ID:GM8UaKGGI
少女「……くん!!」




少年「……!!」

少女「はぁ……はぁ……」

少女「……ま、間に合ったよ……」

少年「お、お前……」

少女「……へへっ」

58 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:11:46.54 ID:GM8UaKGGI
少女「ん」


少年「……へ?」

少女「ん」

少年「い、いきなり何だし……」

少女「アイスだし」

少年「は……?」

少女「あげる。メッチャ安いやつだけど」

少年「で、でも……お前……」

少女「……」

59 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:14:35.09 ID:GM8UaKGGI
バサッ!


少年「おわっ!」


タッタッタッタッタッ…


少女「……」

少年「お、おい!」


タッタッタッタッタッ…


少女「……」

少年「ちょっと待てし!なんで……」


タッタッタッタッタッ…


少年「なんで……お前……」

60 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:23:30.13 ID:GM8UaKGGI
クルッ


少女「ねえ!!」

少年「え……?」

少女「…………すーっ、はーっ……」

少年「……?」

少女「……っ」

61 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:24:17.91 ID:/3ZW+AQ20
じらさないで///

62 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:32:52.11 ID:2LgCMoPCI
少女「ありがとう!!」




少年「……!!」


少女「あのとき慰めてくれて、ありがとう!」

少女「あの日は付き合ってくれて、ありがとう!」

少女「すっごく……すっごく嬉しかった!」


少年「……な……」


少女「わたし……わたしね!」










少女「……くんのこと、だーいすき!!」

63 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:36:02.25 ID:/cNMAYYF0
わりぃ・・・

はんにゃ金田で脳内変換されてしまう・・・


くっそ・・・

64 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:39:33.18 ID:2LgCMoPCI
プロロロロロロ……


少女「……だからね、さよならじゃないよ」

少年「……!」

少女「絶対……」

少女「絶対、また会おうね!」

少年「……」

少年「……」

少年「……おう!」

65 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 19:43:08.02 ID:2LgCMoPCI
姉「……行くよ」

少年「……うん」










少女「……くん、約束だよ」

少年「絶対……絶対……」


少年・少女「「絶対……また会おう」」

66 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 20:24:42.65 ID:UVzd/Za6i
>>63
やめろwwwwww
お前のせいでwwwwww

67 :名も無き被検体774号+:2012/10/14(日) 20:55:12.44 ID:BFXb0TqC0
コレいい話のやつや!

68 :名も無き被検体774号+:2012/10/15(月) 10:15:00.48 ID:0qV4kCRQ0
泣いてねーし

69 :名も無き被検体774号+:2012/10/15(月) 13:01:35.81 ID:9F8fMnFT0
終わりかし?

70 :名も無き被検体774号+:2012/10/15(月) 18:15:12.91 ID:Jvdje8cR0
べっ、別に続きを期待してる訳じゃねーし

71 :名も無き被検体774号+:2012/10/16(火) 15:45:41.13 ID:ulezPWIR0
続きまだかし

72 :名も無き被検体774号+:2012/10/17(水) 00:43:06.25 ID:BgsrkwHDi
終わりだったのかし?

73 :名も無き被検体774号+:2012/10/17(水) 05:46:20.22 ID:A9TPWuIb0
私まーつーし

74 :名も無き被検体774号+:2012/10/17(水) 07:22:29.30 ID:qJ4qcbxZ0
いつーまでーもまーつーし

75 :名も無き被検体774号+:2012/10/17(水) 08:09:18.49 ID:jpbhPQEDO
バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄

76 :名も無き被検体774号+:2012/10/17(水) 22:37:23.70 ID:wY7BDr090
まぁこれはこれでキリがいいかもしれんが…
それでも俺は続きを待つし

77 :名も無き被検体774号+:2012/10/18(木) 13:19:10.19 ID:obJbPmhVi
保守し

78 :名も無き被検体774号+:2012/10/19(金) 18:14:44.34 ID:9F+Y0r6J0
ほ、保守じゃねーし

79 :名も無き被検体774号+:2012/10/20(土) 16:33:29.23 ID:RUgDrshK0
続き読みたし

80 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 10:03:45.67 ID:W03qTS6HI
〜 数年後 〜


少女「……」

少女「……」

少女「……」

少女「……」チラッ

少女「……」

少女「……そろそろかな」

81 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 10:14:36.82 ID:W03qTS6HI
少年「……よう」






少女「……!」

少年「……な、なんだし」

少女「ぁ……」

少年「……まるで幽霊でも見たような顔だし」

少女「そ……そんな顔してない!」

少年「……っていうかすごいクマだし」

少女「えっ……」

少年「どっちかっていうとお前が幽霊だし」

少女「……」

82 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 10:25:12.53 ID:W03qTS6HI
少女「……ふふっ」

少年「……な、なんだし」

少女「相変わらずだね……くんは」

少女「ちょっと安心したよ」

少年「……」

少女「ふふっ……それにその喋り方」

少女「もう大学生にもなるのに、ヘンなの」

少年「べ、別に!いつもこんな喋り方なわけじゃねーし!」

少女「ウソばっかり」

少年「ほ……本当だし!なに疑ってるんだし!」

少女「……ふふ」

83 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 10:38:22.95 ID:W03qTS6HI
少女「……」

少年「……」

少女「……今日はありがとね、来てくれて」

少年「は? 俺から行くって言ったんだし」

少女「うん、まぁそうなんだけど……」

少女「……ありがと」

少年「……」

84 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 10:44:11.94 ID:W03qTS6HI
少女「実はわたしね……」

少女「あの時……くんに、伝えきれなかったことがあるの」

少年「……」

少女「だから今日、伝えようと思って」

少女「新生活が始まる前に……」

少年「……奇遇だな、オレもだし」

少女「……そうなんだ」

少年「……」

少女「……じゃあ、ちょっと移動しよっか」

少女「それを伝えるのに……ふさわしい場所があるから」

85 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 11:00:51.11 ID:JqCfRKW1O
早よ早よ

86 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 11:05:58.94 ID:E/sVI2auO
なぜか魅力的だ。
引き込まれる。

87 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 11:08:47.02 ID:8Sm/tlrk0
>>43

謎の急展開だし。

88 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 11:21:20.43 ID:JT/Jim6d0
>29
え?2番目は自分が倒産する苦労したのに手伝ってくれなかったからでしょ?

3番目は、普通に生活するためってか、生活続けるためじゃないの?

89 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 11:26:19.72 ID:JT/Jim6d0
>29
Q1.今までと何変わらぬ生活したかった
Q2.自分の彼氏を奪った女が許せなかった
Q3.散らかってたから片付けたかった
Q4.頭から白い塊出てるの見て 射精イメージしたんじゃね?

90 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 12:53:40.30 ID:Fl8vJCQ1I
〜 一時間後 〜


少年「……なぁ、まだ着かないのかし」

少女「もうちょっと」

少年「もう結構歩いたし……」

少女「あっ、もしかして疲れちゃった?」

少年「べ、別に……んなことねーし!」

少女「本当かなぁ〜?」

少年「本当だし!」

少女「……ふふふっ」

91 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:00:11.17 ID:Fl8vJCQ1I
少女「……」

少年「……」

少女「……あのさ」

少年「ん?」

少女「その場所に着く前に……聞いておきたいことがあるんだけど」

少年「は?何だし」

少女「うん……」

少年「……?」

少女「……くんが……」

少女「……くんがT大受けたのってさ」

少年「……?」

少女「その……わたしもT大を受けるって知ってたから?」

92 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:05:29.53 ID:Fl8vJCQ1I
少年「は?んなわけねーし」

少女「……」

少年「っつーか、連絡をとったことすら数年ぶりだっていうのに」

少年「お前がどこの大学行くかなんて、知りようがねーし」

少女「……」

少女「……そっか」

93 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:06:52.32 ID:csZ8heLX0
今追いついたらまだ終わってねーし

94 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:11:00.05 ID:Fl8vJCQ1I
少年「……?」

少年「それがどうしたし?」

少女「ううん……なんでもない」

少年「……」

少女「でも……」

少女「それを聞いて安心した」

少年「……?」

少女「その答えが聞きたかったの」

95 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:18:26.03 ID:Fl8vJCQ1I
少年「は?」

少女「……ふふ」

少年「な、なに笑ってるんだし」

少女「なんでもなーい」

少年「おい、一体何を……」

少女「あっ!ほらあれ!見えてきたよ!」

少年「だ、だからお前は人の話を……」

96 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:22:48.78 ID:Fl8vJCQ1I
少年「……!!」




少女「……ふふっ、思い出した?」

少年「えっ、あれって……」

少年「まさか……」

少女「そうだよ」

少女「わたしが……」

少女「……くんを初めて好きになった場所」

97 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 13:29:34.63 ID:AROCItor0
>>29
社長の妻と息子じゃなくなったからってどっかで見た

98 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 15:48:09.86 ID:tHGjHTG+0
数年後って予想通りだったw

99 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 18:46:42.24 ID:NJhhaGHQ0
まだ終わってねーし

100 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 18:47:26.98 ID:yV6ZIWV50
まさかそんなに年月がたったとはな。

101 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 18:56:29.59 ID:i3FYC8hD0
続き気になるし

102 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 20:05:59.91 ID:JxafBn6L0
待つし

103 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 20:08:40.15 ID:YUHBCuiu0
は?支援じゃねーし!IDチェックだし!

104 :名も無き被検体774号+:2012/10/21(日) 20:34:52.08 ID:csZ8heLX0
お前ら必死すぎだし

105 :名も無き被検体774号+:2012/10/22(月) 15:46:20.12 ID:198ygpIk0
>>104
必死じゃねーし

106 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 01:19:33.41 ID:4dGWyGW+0
いい加減>>1続き書けとか思ってねーし

107 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:08:07.71 ID:b0UfPe7HI
うおおおおおおおおおおおおおおおお!!

いけーーーー!!

ワー!ワー!ワー!




少女「おー!やってるねー!」

少年「……なんでちゃっかり観客席に座ってるんだし」

少女「いいじゃんいいじゃん!せっかくだから見ていこうよ」

少年「話があるんじゃなかったのかし……」

少女「……あっ、ほら!今戦ってるのわたし達の母校だよ!」

少女「いけーー!おせー!!」

少年「……」

108 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:15:02.92 ID:b0UfPe7HI
〜 十分後 〜


少女「……はぁ」

少年「……負けたし」

少女「惜しかったなー……いいところまでいったのに」

少年「……お前、泣いてるのかし?」

少女「だって悔しいじゃん!」

少女「あの子たちすごく頑張ったのに……」

少年「……」

109 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:20:33.68 ID:b0UfPe7HI
少年「……なんか、あの日を思い出すし」

少女「えっ……」

少年「ほら、忘れたのかし」

少年「お前がここでボロ負けした試合」

少女「……!」

少年「試合のあと、お前はあいつらみたいに大泣きしてて……」

少年「……オレはそれを、ちょうどこの辺から見てたんだし」

少女「……」

110 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:32:03.45 ID:b0UfPe7HI
少女「……くん」

少年「ん?」

少女「……あのさ……」

少年「……?」

少女「実はね……」

少女「あの時のわたし……」

少女「……そんなに一生懸命じゃなかったの」

111 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:38:28.27 ID:b0UfPe7HI
少年「えっ……」

少女「……わたしってさ」

少女「勉強はそれなりにできるけど、スポーツは全然ダメで」

少女「それがかなりのコンプレックスだったんだ」

少年「……」

少女「あの部活に入ったのも」

少女「そんなコンプレックスを克服するためだったんだけど……」

少女「……でもやっぱりダメだった」

112 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:40:39.51 ID:kQrJ7fPx0
来たか(ガタッ

113 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 04:47:40.30 ID:b0UfPe7HI
少女「みんなの足は引っ張るし、コーチからは怒鳴られるし……」

少女「……正直言って、全然楽しくなかったよ」

少年「……」

少女「人数が少なかったから、わたしもレギュラー入りできたんだけど……」

少女「……それでも練習は、ほとんど投げやりにやってた」

少年「……」

少女「……だからね」

少女「あの時泣いてたのは試合に負けたからじゃない」

少女「……自分の情けなさに、泣いてたんだ」

114 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 06:12:38.49 ID:b0UfPe7HI
少女「……そんな時だよ」

少女「スタジアムの廊下で……くんを見かけたのは」

少年「……あの時のお前」

少年「メチャクチャ驚いてたし」

少女「うん、だって本当にビックリしたもん」

115 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 06:17:59.62 ID:b0UfPe7HI
少年「……オレがお前の試合を見にきたのが」

少年「そんなに意外だったのかし……」

少女「うん、それもあるね」

少年「……?」

少年「じゃあお前にアイスをやったのが……」

少女「もちろんそれもあるよ」

少年「……?」

少女「でもね……」

少女「わたしが本当に驚いたのはそこじゃない」

少年「は……?」

少女「わたしはあの時の……くんを見て」

少女「世界が180度変わったんだよ」

116 :名も無き被検体774号+:2012/10/23(火) 20:09:43.13 ID:4dGWyGW+0
なぜそこで切るし

117 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/23(火) 20:12:19.38 ID:7z2OlQmZ0
なんだカンタか

118 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 10:25:19.00 ID:y4KYoURP0
保守

119 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 00:25:38.46 ID:gKWTGgzv0
まだ続き書かないとか驚きだべし

120 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 16:42:17.57 ID:3pntJE++I
少年「何言って……」

少女「……気付いてた?」

少女「あの時の……くんさ」

少女「……眼、真っ赤だったよ?」

少年「えっ……」

少女「目の下にすごいクマもできてた」

少女「テスト前でもないのに」

少年「……」

少女「それに……なぜか足のテーピングも増えてた」

少女「マラソン大会は終わったのに」

121 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 16:46:52.51 ID:3pntJE++I
少女「……それを見たときね、思ったの」

少女「ああこの人は……わたしとは違う次元で生きてるんだなって」

少年「……」

少女「この人が頑張ってるのは、定期テストのためじゃない」

少女「マラソン大会のためでもない」

少女「もっと大切な何かのためだって……」

122 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 16:56:23.39 ID:3pntJE++I
少年「……」

少女「……だからわたしね」

少女「……くんの後ろ姿を見ながら、誓ったの」


少女「今はまだ敵わないけど」

少女「いつか絶対に追いついてみせる」

少女「そしていつか必ず……」

少女「……くんと同じレベルで勝負してやるんだって」

123 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 17:03:44.63 ID:3pntJE++I
少年「……」

少女「それからわたしは頑張った」

少女「……くんがいなくなったあとも」

少女「勉強、部活、オシャレや家の手伝い……」

少女「全てにおいて全力を尽くした」

124 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 17:09:50.83 ID:3pntJE++I
少年「……」

少女「今回わたしが最難関のT大を選んだのも」

少女「そういうわけなの」

少女「……くんならそれくらいやるって思ったしね」

少年「……」

少女「……くんが自分の意志で選んだ大学に」

少女「わたしは自分の力でそこに入って」

少女「そこで一緒に勝負する」

少女「……それがわたしの目標だったんだ」

125 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 17:12:05.47 ID:3pntJE++I
少年「……」

少女「だからね……くん」

少女「わたし、負けないよ」

少年「……」

少女「……ちょっと長くなっちゃったけど」

少女「それがわたしの伝えたかったこと」

126 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 17:58:02.89 ID:PrEl2Fhk0
感動してなんかねーし

127 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 19:17:10.36 ID:gKWTGgzv0
何にも伝わってねーし

128 :名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 19:26:10.15 ID:eH76Bzpe0
これは涙じゃなくて汗だし

129 :名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 20:57:53.41 ID:yo6wv1+S0
こんな青春したいとか思ってねーし

130 :名も無き被検体774号+:2012/10/27(土) 22:03:55.23 ID:fk9/uV/L0
次まだかし?

131 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:26:53.00 ID:h48O0hcBI
少年「……」

少年「……そうだったのかし」

少女「うん」

少年「……」

少女「……」

少年「……だったら」

少女「……?」

少年「だったら……お前は少し勘違いしてるし」

132 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:34:28.17 ID:h48O0hcBI
少女「えっ……」

少年「……オレはお前と違って」

少年「もともと勉強もスポーツも」

少年「どっちもダメだったんだし」

少女「……!」

少年「……でも」

少年「あの学校に入学して、初めてお前を見た時……」

少年「……オレは、頑張ろうって決めたんだし」

133 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:42:16.24 ID:h48O0hcBI
少女「……? どうして?」

少年「……お前に……」

少女「……?」

少年「お前に……」

少年「……振り向いてほしかったからだし」

少女「……!!」

少年「……お前は」

少年「成績トップクラスだったから」

少年「こんなバカ男……相手にされないと思ったんだし」

134 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:43:38.05 ID:h48O0hcBI
少女「……」

少年「だから頑張って……」

少年「頑張って頑張って……」

少年「初めてお前を追い抜いて……話しかけられた時」

少年「……オレは、飛び上がるほど嬉しかったんだし」

135 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:44:49.72 ID:36iaxj7iO
汗ばんできた

136 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 09:51:15.17 ID:h48O0hcBI
『……眼、真っ赤だよ?』

『……学年一位取ってるし』

『……やけに嬉しそうだね』




少女「……!」

少年「……だから」

少年「あの日誘ってくれたことも」

少年「大好きって言ってくれたのも」

少年「ぜんぶ……」

少年「ありがとうだし」

少女「……」

少年「……これが、オレの伝えたかったことだし」

137 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 10:04:44.40 ID:GzarGAMyO
なんで俺は手に汗握ってんだし...

138 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/28(日) 10:15:10.80 ID:S8UO8Kmq0
少年かわいい

139 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 10:15:27.60 ID:NYgCWNNZ0
ツンデレ男版とか新しいな

140 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 13:18:31.70 ID:wB/iLktA0
胸が締め付けられるし

141 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 15:50:44.82 ID:h48O0hcBI
〜 十分後 〜


少女「うわ……もうこんな時間なんだ」

少年「……結局、閉館時間で追い出されたし」

少女「はは……」

少年「……」

少女「あの話……」

少女「係のおじさんに聞かれちゃったかな?」

少年「……知らねーし」

142 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 15:53:01.62 ID:h48O0hcBI
少女「……」

少年「……」

少女「……!」

少年「……? どうしたし?」

少女「しっ」

少年「……?」

少女「見て……あれ」

143 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 15:56:04.51 ID:h48O0hcBI
女の子「ひっく……えっぐ……」

女の子「うえぇぇぇ……」

女の子「うえっ……ひっく……」

男の子「……おい」

女の子「!」

男の子「……」

女の子「……くん!?」

144 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:00:41.50 ID:h48O0hcBI
女の子「き……奇遇だねっ、こんな所で」ゴシゴシ

男の子「……別に」

男の子「奇遇じゃねーよ」

女の子「えっ……」

男の子「……」

男の子「……その……」

女の子「……?」

男の子「……見に、来たんだ」

男の子「お前の、試合」

145 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:03:56.98 ID:h48O0hcBI
女の子「ぇ……」

男の子「……っ」

女の子「……」

女の子「……そっか」

女の子「そうだったんだ……」

男の子「……」

女の子「……じゃあ私……」

女の子「……くんに……あんなカッコ悪いところ……」

146 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:09:28.97 ID:h48O0hcBI
男の子「ん」


女の子「えっ……?」

男の子「ん」

女の子「なに……?」

男の子「肉まん」

女の子「……?」

男の子「腹、減ったろ?」

女の子「え……」

男の子「……これ食べてさ」

男の子「早く、元気になれよな」

147 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:15:31.46 ID:h48O0hcBI
少年「……」

少女「……ふふっ」

少年「な、なんだし……」

少女「おかしいよね」

少年「……?」

少女「だってわたしたちってさ……」

少女「結局、全部相手のために頑張ってたんだもんね」

少女「……我ながら不器用だよ」

少年「……」

148 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:17:20.83 ID:h48O0hcBI
少女「……」

少女「……ねぇ」

少年「ん?」




ちゅっ




少年「!?」

少女「へへ……」

少年「なっ……!」

少年「お……おおおお前……」

149 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:20:22.69 ID:h48O0hcBI
少女「……続き」

少年「は!?」

少女「あの日の続きだよ」

少女「こんなに夕陽が綺麗なんだから」

少年「……」

少女「……わたしのファーストキス」

少女「この日のためにとっておいたんだからね」

150 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:21:18.20 ID:vv3xfB+A0
うおおおおおおお

こ、興奮してねーし!

151 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:23:01.62 ID:h48O0hcBI
女の子「……ありがとう……くん」

男の子「……おう」






少女「ありがと……くん」

少年「……!」

少女「帰ろ?」

少年「……」

少年「……おう」

152 : ◆JN2nHBtqjw :2012/10/28(日) 16:25:23.24 ID:h48O0hcBI
おしまい

ここまで見てくれた方、ありがとう

153 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:26:51.06 ID:GzarGAMyO
ああああ


ハンカチいらねえとか言わねえし°・(ノД`)・°・

154 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:37:55.38 ID:NYgCWNNZ0
泣いてなんかいねーし

155 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:41:58.75 ID:77uJev380
>>1
おつかれだし
よくやったし

156 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 16:49:51.74 ID:36iaxj7iO
そんな甘い初恋も
この日を境に重く冷たいものとなってしまった。



157 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 19:51:38.29 ID:vv3xfB+A0
読んでねーわー、あー、読んでねーわ

158 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 19:56:46.42 ID:aWsjzqW10
感動なんかしてねーし
まず読んでねーし
>>1乙とか思ってねーし

159 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 20:22:03.85 ID:gyaM0b8P0
マジつまんなかったし
これ?汗だし

160 :名も無き被検体774号+:2012/10/28(日) 20:43:54.71 ID:OzV54JfV0
泣いてねーし
>>1乙じゃねーし








本当に面白かったし

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)